映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】僕のワンダフル・ライフ
2017年07月15日 (土) | 編集 |
27-dog-purpose.jpg
僕のワンダフル・ライフ(2017
アメリカ
原題:A Dog's Purpose
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:K・J・アパ/ブリット・ロバートソン/ジョン・オーティス/デニス・クエイド/ペギー・リプトン
【あらすじ】
ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、自分の命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれていく。やがて寿命を終えたベイリーは、愛するイーサンにまた会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すようになるが、なかなかイーサンに遭遇できない。3度目でようやくイーサンに出会えたベイリーは、自身に与えられたある使命に気づく。(映画.comより)


【感想】
今日はラッセ・ハルストレム監督の新作
50年間に三度転生した犬と飼い主の絆を描くファンタジー・ドラマです。

bailey-ein-freund-fürs-leben-2
幼い少年イーサンに飼われた犬のベイリー
ベイリーの台詞は『アナと雪の女王』でオラフの声を当てたジョシュ・ギャッドが担当していて、犬ゆえに少々ボキャブラリー不足、でも意外に観察力はしっかりしていて、彼のおっとりしたナレーションがまた楽しい。

とってもいい子のイーサンだけど、アル中の父親の存在がイーサンの人生に暗い影を落としていく
イーサンとともに成長し、固い絆で結ばれていくベイリーもやがて年老いて・・
でもご安心あれ、ベイリーは新しいワンコとして生まれ変わるのです!(笑)

原題は「ある犬の目的」
ベイリーが何度も生まれ変わる そのわけは・・って部分は
人間様の自己中心的な発想に思えたりもするんだけど
さらりと描かれる転生と言う部分に、意味を与えるかどうかは観る人の宗教観とかによっても違うかな。
なんにせよ、大切なペットを失くし「愛犬にまた会いたい」と思ったことのある人には、これはたまらないはず。
ワンコ好きさん必見の最高にハートウォーミングな一本です。
Dogs-Purpose-2017.jpg
ところでね、この映画で犬への虐待があったと聞いて、凄く残念に思っていたんだけど、中年期のイーサンを演じたデニス・クエイドによると、TMZで流された、「嫌がるシェパード犬を笑いながら流れの速い水の中に落とそうとする」フッテージは、映画撮影者とは全く関係のない何者かによるものだったらしいんです。
スマホ映像を後半の本物の撮影シーンと合体させているというから悪質。投稿者は特定されてないらしいですがプレミアの前に公開されて、プレミアは中止。ラッセ監督は動物虐待者と批判されたそうだからなんとも酷い話ですよね。
実際には安全に配慮され撮影されたらしいので、虐待の噂を信じて観るのをやめるという人が少ないことを願います。

ブログパーツ









 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
みたい、みたい!犬が3回生まれ変わるなんて(笑)
日本ではいつみれるのかしら?
ラッセ監督 いつも優しいまなざしで描いてるので動物虐待者じゃないはず。しかし、そんな悪質な悪戯をするやつがいることが悲しいことですね。
2017/07/15(土) 23:09:09 | URL | LAGUNA #-[ 編集]
調べたら9/29に公開でした(^^♪
2017/07/15(土) 23:15:50 | URL | LAGUNA #-[ 編集]
To LAGUNAさん
LAGUNAさんちはちぃーちゃんがいるからグっとくると思うな。
犬好きさん必見よ。
そうそう、ラッセ監督犬の映画撮るの3本目だし、絶対犬好きで虐待者なんかじゃないと思うの。
本当に悪質ないたずらだよね。
動物愛護を振りかざして動物を虐待するって最悪。
ラッセ監督らしい優しいファミリー映画でした。

2017/07/16(日) 07:54:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To LAGUNAさん
あー、公開日書いておけばよかった。
調べてもらってごめんね。9/29ですね。ありがとう!
2017/07/16(日) 07:55:53 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
世の中悪い奴がいるもんだわ  悪質
我が家のワンコは3代目ですが  みな先代を引きずってる
ま、おなじシ-ズ-だし  みな生まれ変わりのような気するし
先代2代もいい思い出が  寿命短いしね  ま、こいつら 毛皮着てるし暑いだろうけど 足元に3匹がゴロゴロ 踏んだり ええいうっとおしい とも思う
2017/07/16(日) 15:53:26 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
SNSの噂を信じてモヤってたので、嘘だと分かって安心したよ。
しかし嘘の噂を流すなんて酷いことをする輩もいたものだねー。
撤回の真実がまだそんなに広まってないかも。
もっと大々的にあれはデマだよって広がればいいのにな。
秋にもちろん観に行きます~🐶
ワンコ飼いたいなー。
2017/07/16(日) 17:02:19 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To おみゃあさん
ほんと、酷いですよね。
おみゃあさんのワンちゃんも三代目なんだ。
シーズーにこだわるのは、初代のワンちゃんへの愛情からかな。
みな生まれ変わりのような気するっていう気持ちわかる気がします。
愛がなければ3匹ものワンちゃんのお世話は出来ないよね。
2017/07/17(月) 07:27:43 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
私もデニス・クエイドのインタビューを読まなかったら噂をそのまま信じてたよ。
問題の動画が出回ったいきさつは知らないけど、今どきは誰でも気軽に映像を作成できて、YouTuberみないに冗談動画を作る人も多いよね。
遊びで作った動画がたまたま動物愛護協会の目に留まり大きなことになったのかなとか、そんなことを想像したわ。
製作側も調査をしてるだろうけど、結果が分かったらメディアもしっかり真相を伝えて欲しいね。
何はともあれ、犬好き必見。
みーすけさんますますワンコ飼いたくなるよ。観てね~。
2017/07/17(月) 07:56:53 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
うわ、なんて悲しぃ。悪質ですね〜心が痛みます。犬は大好きだしラッセさん久しぶりなんで観たいです。🐕💗
2017/07/17(月) 17:08:53 | URL | 翔 #-[ 編集]
To 翔さん
もしかしてビデオを撮った人は遊びの気持ちだったかもだけど、結果的に大ごとになっちゃった感じかなぁ。
ボイコット運動もあったらしいけど、興行成績は良くて、たくさんの人の心を温めたみたい。
犬好きさん🐕💗(←可愛い)には特におすすめです(^O^)/
2017/07/18(火) 07:28:08 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
ラッセ・ハルストレムは愛犬家なのかな?
「ハチ」も前に作ってましたよね。
アメリカでは日本より動物の撮影に関して厳しいみたいですけどね。
大きな犬好きなんですよね。
この間もペットショップでゴールデンレトリーバーの子犬を発見!
あんまり大きな犬は入らないので珍しんですよね。
夏バテを癒してくれそうな時期にこっちで公開ですね♪
2017/07/19(水) 19:25:00 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
そうそう、ラッセ監督は犬に関する映画これで三作目ですね。
多分ワンコ好きなんでしょうね。
アメリカは動物の撮影に厳しいんですか。
愛護団体とかも強そうだもんなぁ。

この映画にも出てくるけどゴールデンレトリバーいいですね。賢くて可愛くて。
観てるだけで癒されます。
2017/07/20(木) 06:52:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
犬に思い入れのない私は、大した期待をしないでスクリーンに臨みましたけど、子供向けの絵本のような内容を丁寧に映像化してあって楽しめました。ハルストレム監督は、どんな映画でも、きっちりと語り部職人の仕事しますよね。一人称ナレーションの使い方のさじ加減とかうまいなあって感心。動物苦手な私でも堪能できました。
2017/10/15(日) 20:24:38 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
犬好きさんは勿論のこと、そうでなくても映画に自然に入り込める、丁寧で温かい作品でしたね。
ナレーションの使い方のうまさも、einhornさんの記事から改めてそうだなぁと感じましたし、いつもながら大変参考になりました。
2017/10/16(月) 08:51:49 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ゴールデンリトリバーの子犬ベイリーは、8歳の少年イーサンと彼の母親に命を助けられ、ずっと「この子から離れない」と心に誓う。 高校生になったイーサンがハンナと付き合うようになったのも、ベイリーが側にいたからこそ。 天寿を全うしたベイリーは別の犬に生まれ変わるが、残念ながらそこにイーサンはいなかった…。 転生する犬の物語。 ≪僕の愛は不死身なのだ。≫
2017/09/08(金) 11:08:51 | 象のロケット
幸せにするのが、願い… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709210000/ 野良犬トビーの愛すべき転生 (新潮文庫) [ W.ブルース・キャメロン ]
2017/09/21(木) 22:54:33 | 日々“是”精進! ver.F
映画 『僕のワンダフル・ライフ(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(9/29)に劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 なお、原作である W・ブルース・キャメロンの小説『野良犬トビーの愛すべき転生』 (新潮文庫)は未読。 ディレクター目線のざっくりストーリー 野良犬として生まれたゴールデンレ...
2017/10/02(月) 12:13:54 | ディレクターの目線blog@FC2
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 9月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:50の回を鑑賞。 字幕版。
2017/10/04(水) 12:06:49 | みはいる・BのB
愛する飼い主との悲しい別れの後、ある目的を胸に何度も生まれ変わりを繰り返す健気な犬の一途な愛を犬目線で綴ったW・ブルース・キャメロンの世界的ベストセラー『野良犬トビーの愛すべき転生』を、「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「HACHI 約束の犬」の名匠ラッセ・ハ...
2017/10/04(水) 14:23:23 | パピとママ映画のblog
愛犬の輪廻転生。それは願うべきか、願わざるべきか。 なんて犬の演技が素晴らしい映画なんだ。ゴールデンレトリバーにシェパード、コーギー、セントバーナードと、どの犬も今すぐにでも助けてあげたいと思わせる魅力をスクリーンに振りまいているではないか。 ただスト...
2017/10/04(水) 23:22:05 | こねたみっくす
愛犬には留守番させて劇場で鑑賞。
2017/10/05(木) 06:32:27 | ネタバレ映画館
□作品オフィシャルサイト 「僕のワンダフル・ライフ」□監督 ラッセ・ハルストレム □キャスト ブリット・ロバートソン、K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド ■鑑賞日 9月30日(土)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆...
2017/10/05(木) 12:24:00 | 京の昼寝~♪
映画「僕のワンダフル・ライフ」を鑑賞しました。
2017/10/08(日) 12:19:13 | FREE TIME
【声の出演】  高木 渉(ベイリー/バディ/ティノ/エリー) 【出演】  ブリット・ロバートソン(10代のハンナ 声:花澤 香菜)  ジョン・オーティス  (カルロス    声:落合 弘治)  デニス・クエイド   (大人のイーサン 声:大塚 明夫)  ペギー・リ...
2017/10/11(水) 23:32:45 | 西京極 紫の館