映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ラドクリフ君が死体になる『スイス・アーミー・マン(原題)』
2016年07月13日 (水) | 編集 |
swissarmyman_tn.jpg


スイス・アーミー・マン(原題)
アメリカ

原題:Swiss Army Man
監督/脚本:ダニエル・シャイナート/ダニエル・クワン
出演:ポール・ダノダニエル・ラドクリフメアリー・エリザベス・ウィンステッド
 

生きる望みを失い、無人島でまさに自殺を図ろうとしていたハンクは海辺に打ち上げらえた死体に気づき・・
swiss-army-man-006-1280x535.jpg 


【感想
 
ダニエル・ラドクリフ君が死体を演じて話題の本作
生きる望みを失くしていたポール・ダノ君演じるハンクが死体を見つけ、
ともに島を脱出しようとするというヘンテコな話
swiss-army-man-image_2048_0_0.jpg 

死体を生きているように見せてハチャメチャするというと『バーニーズ/あぶない!?ウィークエンド』を思いだすところだけど、本作でも死体のハチャメチャ振りでは負けてない。

ハンクが見出すことになる死体の思わぬ能力はスイスアーミー・ナイフばりに万能(笑)
その力を利用して島を脱出しようとする展開は爆笑です。

そもそもは「死体がこんな風だったら」という監督のジョークが高じて作られた作品らしく
ひたすら繰り広げられる死体ネタは小学生か!と突っ込みたくなるし
見続けていると少々引いてもくるw

でも死体が能力を発揮し始めるオナラとエレクションはハンクのトラウマにもつながるもので
死体との出会いがハンクの生きる力になっていくことに意味がありました。

劇場予告も観てたので、大方は予定調和。
でも最後の10分くらいの思わぬ展開にちょっと呆然としてしまってね。
正直受け入れられないままに劇場を後にしたものの
帰ってじっくり考えて、これでいいんだと納得したんですよね。
ネタバレしたくないので詳しく書けないけど・・

ただ作り手の思いを理解できずに終わる人の方が多いんじゃないかな。
もう一歩説明を加えてもよかったんじゃないかと思うけど
ストレートじゃないだけに、気づいた時の感動もありますね。
限りなくオリジナル
ラドクリフ可笑しくて切なくて、真剣な映画でした。

ブログパーツ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
これは観るよーー!www カンヌ映画祭の紹介記事で、あまりのユニークさに映画好きの血が騒いだけど、皆さん同じなようで。
死体をいじるギャグがかなりベビーなのはトレーラーでわかるけど、そうか、引くほどなのか。
その気になるラストも楽しみ。わたしに分かるかなー。
今の日本ではきっと作れない種類の映画だろうな。
2016/07/13(水) 15:23:43 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
No title
なかなか、面白そうですね  死体役もただ黙ってなくて大変そう
バーニーズ めちゃ面白かったし 期待大ですね
2016/07/13(水) 15:58:37 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
これはキャストの三人が絶対にハズれない人たちなので絶対に見ます。
2016/07/14(木) 02:48:40 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To みーすけさん
ほんっとユニークw
よくまぁこんなこと考えたわなぁという新しい感覚がいいいよね。
そのギャグが長いし小学生なのも好みは分かれると思う。
見終えて年配のお客さん2人が席を立つ後姿が少し怒ってるようだったしw、
ラストは論議をかもすんじゃないかなぁ。
観てのお楽しみ!
2016/07/14(木) 06:53:34 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To おみゃあさん
『バーニーズ ~』はなんかおかしくてテレビでやってるとつい見てました。
こちらはそんな単純なお話になってないのが現代的かも。

2016/07/14(木) 07:13:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
インディーズ系の雄。
今もっとも期待できる3人ですよね。
おお楽しみに
2016/07/14(木) 07:14:31 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ラドクリフ君って、変な映画チョイスするよねw
子役出身の人って反動があるんだろうね。
これはポール・ダノって云うのが
また面白そうですね。
こっちで公開されれば見たい。
そう云えば、ラドクリフ君の「フランケンシュタイン」DVDスルーみたいですね。
公開するにはいまいちだったのか?
2016/07/15(金) 01:12:39 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
そうそう、ラドクリフ君って変な映画選んでますよねw
でも『ホーンズ』も見た目あんなだけど意外にいい映画で、
インディーズ系の面白い監督作品をチョイスしている気がする。
本作もIMDbで7.9と評価も上々です。
かなりなチャレンジャーには違いないですけどね。

ポール・ダノ君も作品選びではラドクリフ君に通じるものがあるような。
ダノ君も信頼できる役者です。
公開はほぼ間違いないと思います。

『フランケンシュタイン』のDVDスルーは仕方ないかな。
2016/07/15(金) 08:56:07 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
1年以上も前にみてらっしゃる~さすが。
ラドクリフ君、よくやりましたね~凄い扱いだし(笑)びっくり
死体なのにハンクの生きる力になってましたね(^^)
最後は私も唖然・・・(笑)私もどちらかというとあとから色々考えました。可笑しな映画でした。
2017/10/04(水) 10:31:14 | URL | LAGUNA #-[ 編集]
To LAGNAさん
わぁ、わざわざこちらにコメントありがとうございます。
もう一年以上前になりますか。どうりでだいぶ忘れてます(笑)
ラドクリフ君、ハリポタで名声を得てるのに、こんな役に挑戦するんだから凄い。
こんだけ存在感のある死体役もそうないですよね(笑)
最後はポカーンってなるよねww
でも色々考えさせてくれる面白さがありました。
2017/10/05(木) 15:21:47 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが無人島に漂着した腐りかけの死体を怪演し、遭難していた青年の心の友となるばかりか、“スイス・アーミー・ナイフ”ばりに様々な場面で役立ち、彼の過酷なサバイバルを助けていく奇想天外アドベンチャー・コメディ。遭...
2017/09/25(月) 18:44:04 | パピとママ映画のblog
評価:★★★☆【3.5点】(P) 偶然流れ着いた死体がまさかの機能性を持っている奇想天外な映画。
2017/09/25(月) 20:01:56 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
「美しい」と「気持ち悪い」は紙一重。 やはり映画はマイノリティが作る文化だ。そう思わざるを得ない、この映画の本当のテーマが何とも切ない。 けれどシュールでブラックな笑いがインパクトとして強く残らないのは勿体無い。それでもこの監督コンビ「ダニエルズ」の今...
2017/09/25(月) 23:10:57 | こねたみっくす