映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ブレードランナー 2049
2017年10月13日 (金) | 編集 |
bladerunnerposter.jpg
 ブレードランナー 2049(2017アメリカ
原題:Blade Runner 2049
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング/ハリソン・フォード/ロビン・ライト/ジャレッド・レトー/アナ・デ・アルマス



【感想】
前作から30年が経過した2049年を舞台にした『ブレードランナー』の続編です。
リドリー・スコットは製作総指揮に回り、カナダの新鋭ドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンをとりました。

2049年、前作でレプリカントを製作していたタイレル社に代わって、ウォレス(ジャレッド・レトー)が従順なレプリカント「ネクサス9」を労力として世に送り出している。
ライアン・ゴズリング演じるLAPDの刑事「K」はすでに解任されたタイレル社製の「ネクサス8」をハンティングするブレードランナー。
レンガの壁も平気で破る頑強ぶりからkが生身の人間でないことがうかがえます。
Gosling.jpg
デッカードがレプリカントか否かは35年に及ぶ議論を呼んできたのに
今度はいやにあっさりと・・と思ったのだけど、いやはや
それがそう簡単でもなくってね。
ハンティングしたレプリカント、モートンの言葉から、kは自分のアイデンティティを模索することになり
私たちは謎を解き明かすミステリーを楽しむのです。



いや~、面白かった。
ハリソン・フォードの登場は思いのほか遅いんですが
彼がそのまんまの役で登場することが貴重だし、逃避行後の思いを知る過程ではノスタルジーも相まって感無量になります。でも監督が凄いのは、単なる懐古主義に終わらせず、映画のさらなる深みに観客を誘ってくれるところ。

デッカードや新ブレードランナーkは勿論のこと
kのバーチャルな恋人AIのジョイ(『ノック、ノック』のアナ・デ・アルマス!)や
ウォレス社で製作される新しいレプリカントらなど
それぞれが背負わされた運命と彼らの葛藤をしっかり描いてくれていて深い。
Blade-Runner-2049-13.jpg
結局デッカードはレプリカントなのか?については明白な答えは出していませんが
この映画は彼がレプリカントかどうかを追及する映画ではないのだと思いましたね。
それよりも人間以上に「人」としての人生を渇望するレプリカントやAIの姿が切なく
私たちは果たして彼らの手本になれる存在だろうかと思ってしまいます。

人としてどう生きるかを問う映画なのでしょう。

序盤は正直少し眠くなるところもあるんですが、あの涙は・・等々
言動の一つ一つに意味があったことに気づいて、今はもう再見したい気持ちでいっぱい。

映像と音に言及すれば
ダウンタウンの猥雑とした世界観を継承していて嬉しいし
美しい近未来映像も秀逸で、撮影関連でオスカーに絡んでくることは間違いなし。
地面に響く音響には、自分がそこにいるかのような感覚に陥るし、体感する映画になっている点で
ドゥニ監督のが新しい時代をけん引する監督なのを実感しました。

ロスに降り積もる雪が印象的。
二時間44分という尺ですが、色んなミステリーが解き明かされることもあり
後半長さを感じることはありませんでした。
美しく物悲しい 珠玉の一本です。




ブログパーツ




[READ MORE...]
【映画】『ブレードランナー』を大スクリーンで。新作への準備が整いました。
2017年10月07日 (土) | 編集 |
 blade.jpg

ブレードランナー(1982アメリカ/香港
原題:Blade Runner
監督:リドリー・スコット
出演:ハリソン・フォード/ルトガー・ハウアー/ショーン・ヤング/エドワード・ジェームズ・オルモス/ダリル・ハンナ/ブライオン・ジェームズ/ジョアンナ・キャシディ

【あらすじ】
植民惑星から4体の人造人間=レプリカントが脱走し、“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが……。


【感想】
新作の前に前作を観ておかなくっちゃと思っていたところ、近所の映画館のレトロ枠でやってくれました。
このレトロ枠というのは不定期の水曜日に古い映画を16時と19時の二回上映してくれるレトロ・ナイトという企画です。二階席もある大きなシアターのグランドスクリーンで上映されてお値段も5ドルぽっきりという、ありがたーいものなんですが、この時間帯主婦にはちと厳しくて、これまでに一度も利用してなかったんですよね。
でも今回は頑張って行ってきました!

『ブレードランナー』はいくつかバージョンがあるらしいですね。
私が唯一観たのがファイナルカット版。他のを観てないので今回観たのがどのバージョンかよくわからないんだけど、バージョン違いのキーらしい「ユニコーンの夢」のシーンがあったので、多分ファイナルカット版だったかも。

総体的な感想は2008年にブログに書いたものとそんなに変わりません。
だけど、スクリーンで観ると静寂感やレプリカント追走劇の迫力と刹那感のどれもが際立って感動もひとしおでした。

もう語りつくされているだろうと思うので書きますけど、
前作では「デッカードはレプリカントなのか?」と示唆する終わり方になっています。

続編では30年間行方の分からないままになっているデッカードを、ライアン・ゴズリング演じる若いブレードランナーが探すという話らしく、ハリソンも出演してるので、必然的にデッカード=レプリカント説の答えも明らかになるわけかな。

おそらくは4年間の命を終えたであろうレイチェルと別れ、自らもレプリカントであることを知ったとしたら・・。
レプリカントを殺す任務についていたデッカードの長い苦悩を思うと胸が痛みます。
今回監督を任せられたのは『灼熱の嵐』『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。
アイデンティティを模索する映画を撮り続けるドゥニ監督が、デッカードの葛藤をどう描いているのか、
そしてゴズリングがどう絡んでくるのか、これはもう確認しないわけにはいきません。

というわけで、新作近いうちに観てきます。



ブログパーツ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
2015年12月23日 (水) | 編集 |
tfa_poster_wide_header.jpg 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
(2015)アメリカ
原題:Star Wars: The Force Awakens
監督:J・J・エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン/ J・J・エイブラムス/ マイケル・アーント
出演:ハリソン・フォード / キャリー・フィッシャー/ アダム・ドライバー/ デイジー・リドリー/  ジョン・ボイエガ/  オスカー・アイザック 
 ルピタ・ニョンゴ/ アンディ・サーキス/  ドーナル・グリーソン

【あらすじ
『ジェダイの帰還』から約30年・・・

観る順番はどうするの?から始った私のSW祭り
旧三部作を復習して新作に臨みましたが、これ正解。
必要最低限の流れと人物相関図がわかって、スムーズに新しい世界に入り込めました。
劇場鑑賞したエピソード6ですらすっかり忘れてましたからね(笑)


今回は「あれから30年」という設定で
消息を絶ったルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)を探すという話ですね。

ほぼオリジナルを踏襲した展開に興奮するし
懐かしい面々との再会が同窓会気分で嬉しい。

彼らもリアルに年を取っていて時の流れを感じるところだけど
私たちが知らない間に彼らなりの30年を生きてきたのだという作りこみが感慨深い。

かつての闘いは伝説となり、同時に哀しみの連鎖が始まっていて
ときを重ね、さらに複雑になった家族のサガがなかなか深くて見ごたえあったなぁ。

Star-Wars-The-Forc_3531150b.jpg 

おなじみのキャラクターに加えて、今回は球体二つを重ねただけの新型ドロイドBB-8が可愛いね~。
この子に花を持たせるためか、元祖アイドルの出番を控えめにする心配り(笑)

新しいヒロイン レイ(デイジー・リドリー)の活躍も期待以上で
彼女がライトセイバーを握った瞬間から涙ポロポロになってしまった。
見たら斜め前のおじさんも涙を拭っていて、あぁ、私だけじゃないんだなと。

昨日ツイッターでハリソン・フォードのギャラがダントツというニュースが流れてたけど
SW後の彼のキャリアを考えてもそれは納得です。

飛行機事故で怪我をしたときには誰もが冷えたはずだけど
無事に出演し大活躍してくれてありがとうと言いたい。

チューイとのコンビを見るだけでも感無量だったよ。


star-wars-trailer-780x439.jpg




[READ MORE...]
大リーグ初の黒人選手を描く『42~世界を変えた男~』
2013年04月27日 (土) | 編集 |



42~世界を変えた男~(2013)アメリカ
監督:ブライアン・ヘルゲランド
出演:チャドウィック・ボーズマン/ハリソン・フォード/ニコール・ベハーリー
日本公開:2013/11/1
 米メジャーリーグドジャーズ幹部のブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人リーグで活躍していたジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)をメジャーにスカウトする。

 米大リーグ初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンの伝記です。
1945年のアメリカは人種差別の真っ只中。ジャッキーが最初に入団する南部では公共のトイレや水のみ場も黒人用に分けられている。野球も黒人のスポーツではなく、チームメイトからは疎まれ、球場ではブーイング、審判にも退場を告げられたりと、行く手は困難を極めます。
そんな中、ドジャースに移ったジャッキーは背番号42を手に入れる。徐々に力を発揮し、差別の壁を壊していく様を、たっぷりの野球シーンで描く作品でした。





 まず、ジャッキー・ロビンソンを演じたチャドウィック・ボーズマンが魅力的ですね。もともとは切れ易い青年だったジャッキーが、スカウト時にリッキーに「我慢し自分をコントロールする」ことを指導され、数々の差別発言にも必死でこらえる姿は泣けます。そんなジャッキーを支えた妻も偉い。


 
 やがて、ジャッキーの存在が選手の心を動かし、チームが一体になっていく様子には胸が熱くなります。
スコセッシ並の眉毛で一見お茶目なオジさんブランチ・リッキーを演じたハリソン・フォードもいいのですよ。
野球を通し人種差別撤廃を図った彼の貢献は大きい。
ジャッキー役のボーズマンともに、本物に少し似てますね。



 監督&脚本は『ROCK  YOU! [ロック・ユー!]』『悪霊喰』のブライアン・ヘルゲランド
『LAコンフィデデンシャル』『や『ミスティック・リバー』の脚本も手がけてますね。
名作と駄作の差が大きいかな。でも今回は大成功でしょう。
スポーツを介し、人と人が距離を縮める様子も自然で感動的。
野球ファンが観ても十分に楽しめる映画に仕上がってると思います。お勧め









【映画】ブレードランナー ファイナルカット
2008年07月09日 (水) | 編集 |


2007年(米)
監督:リドリー・スコット
原作:フィリップ・K・ディック
出演:ハリソン・フォードルトガー・ハウアー/ショーン・ヤング/エドワード・ジェームズ・オルモス
ダリル・ハンナ/ブライオン・ジェームズ/ジョアンナ・キャシディ/M・エメット・ウォルシュ
ウィリアム・サンダーソン/ジョセフ・ターケル
【ストーリー】
2019年。この頃、地球人は宇宙へ進出し、残された人々は高層ビルの林立する都市に住んでいた。
植民惑星から人造人間=レプリカントが脱走した。彼らの捕獲を依頼された“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが…。

黒く塗りつぶせ! ロンドン・タイム誌100選!

今日は★5つと評価された「ブレードランナー ファイナルカット」です。
これは82年に製作された「ブレードランナー」の25周年を記念して、監督のリドリー・スコット自らが新たに再編集したバージョンだそうです。
近未来を舞台にしたSFサスペンスである本作は、これまでにインターナショナル・バージョンやディレクターズ・カットなどが存在し、カルト的人気を誇っているのだとか。

近未来、環境汚染の進んだ地球を離れ、宇宙に移り住むようになった人間たちは、宇宙開発を進めるための労働力として優れた身体能力を持つ人造人間=レプリカントを開発。
見た目は人間にそっくりでも、レプリカントに感情は与えられない。ところが数年経てば、彼らにも感情が芽生え始め、あるものは人間に抵抗を始める。そんなレプリカントを探し出し抹殺するのがブレードランナーの仕事なんですね。

ブレードランナー、デッカードを演じるハリソン・フォードは地球に潜入した4人のレプリカントを追います。
レプリカントのリーダー的存在ロイを演じるのがルトガー・ハウアー!!
「ヒッチャー」の彼や~ん^^; ここでもその怖さは健在!
本作では限りある命におびえながら生きるレプリカントの哀しみを表現し、
そのカリスマ性のある演技で完全に主役のハリソン君を食っちゃってますね。遠吠えが怖いわ。。

新しいタイプのレプリカントは、自分がレプリカントであることも知らないのです。
で、少々ネタバレとなるかもしれませんが、ファンの間では、これまでにハリソン演じるデッカードはレプリカントか?!
ということが議論されていたようです。バージョンによっては、それが明らかにされておらず、ハリソン君自身も意識せずに演じたようですよ。

他のバージョンは未見なので違いについては述べられませんが、原作の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』にあるように「夢」が鍵になり、ラストシーンからもある結論に達する作りでした。

とにかく映像が美しい!
人間が置き去りにした地球の多国籍で退廃的な映像と近未来的な映像が混在するのも魅力的で、
変かもしれないけど先日観た「マイ・ブルーベリー・ナイツ」に共通する切なさと心地よさを感じました。

画質や映像技術を少し修正して、今回のファイナルカットとなったのでしょうけど、
25年前にこれだけのものを世に送り出したことにも驚きです。リドリー・スコット恐るべし!

共演にショーン・ヤングダリル・ハンナ。それぞれのロマンスもちょっと切ない。

静寂感溢れる映像と音、人造人間の悲哀、近未来の刹那感。。
好きな作品でした。


★★★★☆