gooブログにTB機能がないため、こちらをTB用に併用します。
【映画】ある一点に向かって運命が交錯する『イレブン・ミニッツ』
2016年08月20日 (土) | 編集 |
11-minute-1.jpg


イレブン・ミニッツ(2015
ポーランド/アイルランド
原題:11Munites
監督/脚本:イエジー・スコリモフスキ
出演:リチャード・ドーマー / パウリナ・ハプコ / ヴォイチェフ・メツファルドフスキ/  アンジェイ・ヒラ/  ダヴィッド・オグロドニック/  アガタ・ブゼク/ ピョートル・グロヴァツキ/ ヤン・ノヴィツキ/ イフィ・ウデ
日本公開:2016/8/20

【あらすじ

ホテルの一室で面接を受けようとする女優のアンナ、アンナを連れ戻したいやきもちやきの夫、ドラッグを届けるバイク便の男、ホットドッグ屋、画家、パラメディック、シスターたち・・それぞれの5時が始まろうとしていた・・

【感想
『アンナと過ごした4日間』『エッセンシャル・キリング』のイエジー・スコリモフスキ監督の新作は、女優アンナ(パウリナ・ハプコ)とアンナを面接する自称映画監督(リチャード・ドーマー)、面接を阻止しようとホテルに踏み込む女優の夫(ヴォイチェフ・メツファルドフスキ)のエピソードを中心に様々な人の5時からの11分をで描くちょっと変わった群像スリラーです。
ROB_7027.jpg 

11分といっても、簡単なエピローグがあって、登場人物は携帯カメラや防犯カメラでを紹介されます。
低飛行でジェット見たり、5時を告げる時計台の鐘の音を聴いたりすることから、彼らが同じ街で同じ時間を共有していることがわかってくる。
彼らは街ですれちがったり、同じビルを眺めたり。
07ca95d419fddbe247a7db2296d7f3d6.jpg 

そしてひとたび運命が時を刻み始めると、ある運命の一点に向かって集結するのです。
袖振り合うも多生の縁といいますが、スピリチュアルな視点でいえば全てははじめからプログラムされていたこと。ジグソーパズルのピースは運命共同体なのです。
11_minutes_2.jpg 

11という数字やジェット機のシーンなどは否が応でもNYの同時多発テロを思い出しますが、監督は本作で911を表現したわけではないと言います。
ただし、ニュースで見たジェット機の映像はトラウマ的に残ったそうで、そのイメージから解放されるために映画に取り入れたというから、まったく関係ないとは言えないのでしょうね。
2012年に息子さんを亡くしたことも、運命について考えるきっかけになったのかな。
11minutes_0.jpg 

効果音にもあおられ、ドキドキしながら「その時」を迎える至福。
再見すると一度目に気づかなかったことも発見できて一層楽しめます。
あの「黒い点」は予言なのか、はたまた宇宙侵略なのか。
最後まで答えを見出せないとしてもそれも面白さのうち。
77歳のイエジー監督の遊び心には感服です。

ブログパーツ

[READ MORE...]