gooブログにTB機能がないため、こちらをTB用に併用します。
【映画】ザ・コンサルタント
2016年10月15日 (土) | 編集 |
accoutant.png  
ザ・コンサルタント(2016 アメリカ
原題:The Accountant 
監督:ギャヴィン・オコナー
脚本:ビル・ドゥビューク
出演:ベン・アフレックアナ・ケンドリック/J・K・シモンズ/ジョン・バーンサル/ジョン・リスゴー/ジーン・スマート
日本公開:2017/1/21

【感想
『ウォーリアー』のギャヴィン・オコナー監督の新作
ベン・アフレックが謎の会計士を演じるアクション・スリラーです。
the-accountant-affleck.jpg
クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)は数字にめっぽう強い町の会計士。
ある日クリスはハイテク会社のブラック氏(ジョン・リスゴー)から仕事の依頼を受け、会計の矛盾を発見したクラークのダナ(アナ・ケンドリック)と帳簿を精査することに。しかし作業半ばで中止を言い渡され、まもなく二人は身の危険にさらされることに・・


クリスが数字に強いのは彼がアスペルガー系の自閉症だから。
実は世界にはびこる悪の組織の帳簿を預かるという裏の顔を持ち、しかも戦闘スキルまで身に着けたクリスは、レインマンとジョン・ウィックのハイブリッドみたいなもの。
クリスの正体が明かされるのをダナと目撃する前半は凄く面白いし、ダナに心を開いていくクリスもキュートで楽しいんです。
the-accountant-ben-affleck-anna-kendrick.jpg
ただ、オコナー監督の「キャラをとことん掘り下げたい」病が、本作ではちょっと裏目に出たような。

現在のクリスを形成する部分が徐々に明かされるのはいいとして
財務省のJ・K・シモンズの部下の、そんな背景要らんだろみたいな、枝葉が過剰に感じてしまったんですよね。
その割には、肝心の動機とか、行動の理由はイマイチよくわからなかったりするw
ベンアフのアクションはいいし、出演者の演技もいいのだけど
あちこちに飛ぶことで映画全体が淀んでしまうのはちょっと残念。
JK.png
スッキリさせたら『ジョン・ウィック』並みの痛快アクション映画になりそうなのにね。
でも終盤は「『ウォーリアー』やん!」とワクワクしたので、オコナー監督やっぱり嫌いになれない。

ブラックユーモア込みのコメディとして楽しむのが正解かな。
ベンアフのちょっとしたリアクションにはほっこり笑わせてもらいました。



 



ブログパーツ































【映画】ラスト5イヤーズ
2015年05月13日 (水) | 編集 |


ラスト5イヤーズ(2014)アメリカ
原題:The last Five years
監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
日本公開中
作品情報

 あらすじ
ニューヨークで出会った女優志望のキャシー(アナ・ケンドリック)と小説家を目指すジェイミー(ジェレミー・ジョーダン)は激しい恋に落ち、やがて結婚。しかし、夫が若くして成功を収めていく一方、キャリアに伸び悩む妻の心は徐々にすれ違っていく・・・

トレーラー

感想
オフブロードウェイの人気舞台の映画化で、愛し合う二人の破局までの5年間を
時間軸を交錯させミュージカルで描いた一本。 
監督は『P.S. アイラヴユー』のリチャード・ラグラヴェネーズ
キャシーにアナ・ケンドリック、ジェイミーにジェレミー・ジョーダン

男女の出会いから別れを時間を遡らせ描いた作品で思い出すのは
フランソワ・オゾンの『ふたりの5つの分かれ路』。
ライアン・ゴズリングのハゲ具合で時間の経過をあらわした『ブルー・バレンタイン』も同じ系統で、したがって本作も手法としては目新しくないですが、キャシーは別れから時間を遡らせ、ジェイミーは時系列どうりにと、二人の視点を逆方向に向かわせているのが面白いと言えます。

まず、これ最初から最後まで歌うタイプのミュージカルでして
「ジェイミーが出て行った、私は傷ついてる」と陰鬱な表情のキャシーが歌う冒頭から
ジェイミーがベッドでキャシーの服を脱がせるラブラブなシーンまで
とにかくアナとジェレミーが歌いまくる。
知らない楽曲ばかりだったので、ミュージカル苦手な私は正直きっついなぁと思ってしまった(笑)でも結構中毒性があって何度も聴くうちに脳内リフレイン状態になります。
アナとジェレミーのパフォーマンスもいいしね。


『ピッチ・パーフェクト』、『イントゥ・ザ・ウッズ』とミュージカル系の出演が続くアナは
声にもう少し丸みが欲しいところだけど、歌が上手いのは確か。
本作ではさらに彼女のポテンシャルの高さを感じさせてくれます。
出会いの頃の初々しさ+ちょっとセクシーなシーンもあり、ファンにはたまらないはず。


構成の話に戻ると、時間軸を交錯させることによって、ときめき輝く時間とすれ違う心が対比されるのはいいんですが、2人の視点が交錯する中間地点では、どっちを主にしたパートなのか混乱してしまうのは弱点。正直キャシー視点の前半部分はあまり意味をなさない気がした。

この手法が効果を表してくるのは終盤部分かな。
前に登場したシーンもそれまでの経過を知った上で見ることになるわけで
出会いの頃のキャシーの一途な想いと対比されることもあり、一層やるせない。
きわめつけはラスト、仕掛けられたあるトリックに気づく瞬間は切ない気持ちでいっぱいになりました。
リアルな痛みに共感できるかどうかで好みは分かれるかな。
嫌いじゃなかったけど、破滅に向かうことがわかって観るのはちと切ないね。