映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『キングスマン ゴールデン・サークル』英国紳士風味が足りない
2017年09月25日 (月) | 編集 |
 kingsmanScreenShot.jpg
キングスマン ゴールデン・サークル(2017イギリス
原題:Kingsman Golden Circle
監督:マシュー・ボーン
出演:タロン・エガートン/コリン・ファース/マーク・ストロング/ジュリアン・ムーア/ペドロ・パスカル/ ハル・ベリー


【あらすじ】
ロンドンの本社が破壊され、残されたキングスマンのメンバーは世界中のドラッグ使用者が人質状態だと知る。
そんなとき、アメリカのスパイ組織の存在を知り
・・


【感想】
あれから3年、『キングスマン』が帰ってきました。
今回はキングスマンのエースとして活躍する成長したエグジーの姿が。

Kingsman-golden-circle.jpg
そこにコリン・ファースの姿がないのは実に寂しいですが、エグジーの中には常にハリーの教えがあるという設定が良い。
冒頭からタロン君も見事なアクションを披露してくれますが・・
なんだろうな。
一作目では、アクションスターでもない中年のコリン・ファースがスパイとしてキレッキレのアクションを見せてくれるところに驚きと面白さがあったのだけど、今回はタロン君がいくら頑張っても「CGだよね」くらいの感慨しかない。前作で使った小道具は新鮮味がなくなるしで、どうしたって二作目のハンディってもんがあるなと。
609920-channing-tatum-kingsman-the-golden-circle.jpg
で、タロン君一人に主役を任せることを不安に思ったか、今回はアメリカの秘密スパイ組織「ステイツマン」ってのが出てくる。お待ちかねのチャニング・テイタム登場は嬉しかったものの、こってこての南部訛りがわかり難いw

で、今回はある世界の一大事に、キングスマンとステイツマンが協力しようって話になるんですが
うーーーん
個人的にはステイツマンいるか??!!ってのが正直な気持ち。
あの方を復活させるために必要だったという事情は分かる。
新しいアクションや小物が必要だったのもわかる

でもなぁ。英国紳士のスパイ組織という映画の最大の売りがすっ飛んじゃって
エンタメ性は十分なのに、前作のワクワク感がないんですよ。
しかもチャニングの出番が思いの他少ないし
というか、ステイツマン出てきてから退屈で少し寝たし(汗)

ま、と言っても、タロン君を中心に、人と人の関係が誠実に描かれてるのがいい。
思わぬロマンス、師弟関係
そして、まさかの大泣き映画だった。

ネタバレしたくないのでこのへんで。

日本公開は正月明け

ブログパーツ



【映画】聖書を当てはめると違った世界が見えてくる『マザー!』
2017年09月21日 (木) | 編集 |
Jennifer-Lawrence-Mother-Banner.jpg  

マザー!(2017アメリカ
原題:Mother!
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ジェニファー・ローランド/ハビエル・バルナム/エド・ハリス/ミシェル・ファイファー

【あらすじ】
1人里離れた古い屋敷に暮らす夫婦の元に、ある日見知らぬ男が現れ・・


【感想】
ダーレン・アロノフスキーが実生活で恋人のジェニファー・ローレンスを主役に迎えて描く、サイコロジカルスリラーな一編。
ツイッターに落ちてきた情報から「傑作!」との呼び声も高く、楽しみに観てきました。

ジェニファー演じるのはスランプ中の小説家の夫(ハビエル・バルデム)と、人里離れた古い家で暮らす妻(マザー)。
彼女は古い家を日々修理、リノベーションし、理想の家を作り上げようとしています。

若い奥さんもらってハビさん夫はさぞかしウキウキだろうと思いきや・・
妻が朝ベッドで目覚めると、隣にいるはずの夫がいないというシーンから
夫婦の関係が微妙であることを印象付けるんですね。

そんな夫婦のもとに見知らぬ訪問者エド・ハリスが現れる
ネタ来たーー!とばかりに訪問者を歓迎する自己中な夫とは裏腹に、妻は困惑
やがて映画はカオスへと突き進みます。
hero_Mother-TIFF-2017.jpg
んまぁ、わちゃわちゃ。正直お腹いっぱい過ぎて途中疲れましたわ。
どうやら、これ監督が高い熱にうなされてる間にみた夢が元らしい、納得です。

ノンストップで色んな感情掻き立て、アンリアルな内容でありながら、人の関係性としてはリアルでイタい。
音楽はなく、効果音が日本の古い楽器風なのも印象的
感情をむき出しにして動きのあるシーンなのに、ヒロインの表情をクリアに映し出す映像にも感心した。


と、深く考えずに感想を述べるとこんなもんなんですが
監督のインタビューで「聖書風」という言葉を目にして、ちょっと考えてしまったんだなぁ。

正直、聖書のことなどあまり知らないんですが、映画を観たまんまにとらえてはいけないんだなということで再考。
すると映画の思わぬ側面が見えはじめ、訳の分からなかったシーンも意味を持ってくることに気づきました。
 
以下クリックで続きを読む方はご注意ください。

ブログパーツ




[READ MORE...]
神々しい空の写真でも
2017年09月19日 (火) | 編集 |
家を売りに出すための補修を色々やってます。
最近高い買い物をしてお金がないので(汗)
自分たちでできるところはしようと頑張ってるんですが
プロに任せるべきところはお願いしてるんですね。

で、今日はマスターバスのシンクの水道2個の交換を依頼したのだけど
すっぽかされてしまいました。
「家族の急用で今もここにいます」とあとから携帯にメッセージ入れてきたから
家族の急病かも。

とりあえず6時間も無駄な時間を過ごしてしまった。
家にいたら『マザー!』の感想書けたのに。
考えたら『エイリアン・コヴェナント』も『ダンケルク』もまだ書いてなかったわ。
『IT』も行けてないしなぁ。


そんなわけで、今日はインスタに挙げた空の写真でも出しときます。
さりげに神々しいでしょ。

DSC_0001 (2)

数分後
DSC_0003.jpg

[READ MORE...]
【映画】スチュアート:ア・ライフ・バックワーズ(原題)トムハ&カンバーバッチで綴るあるホームレスの物語
2017年09月15日 (金) | 編集 |

tumblr_oflm4dqFFr1txsfmto1_500.jpg
 スチュワート:ア・ライフ・バックワーズ(2007イギリス
英題:Stuart: A Life Backwards
監督:デヴィッド・アットウッド
出演:ベネディクト・カンバーバッチ /トム・ハーディ /エドナ・ドール /ヒュー・アームストロングン

【あらすじ】
主にホームレスの支援をする福祉施設のファンドレイザーとして働く作家のアレクサンダーは、集会で出会ったホームレスのスチュアートに興味を持ち、彼の伝記を書きたいと申し出る。


【感想】
トムハ40歳のお誕生日おめでとう!!!
今日はトムハ2007年の出演作品。
アレキサンダー・マスターズの同名作をもとにした、あるホームレスの物語です。
stuart.jpg
トムハ演じるタイトルロールのスチュアートはなんとアル中のホームレス。
福祉施設のファンレイザーを務める作家のアレキサンダーが、施設の集会で知り合ったスチュアートに興味を持ち、彼の伝記を書きたいと申し出たことから、2人の不思議な交流が始まります。
スチュアートの提案でその人生を逆にたどるうち、彼のトラウマに満ちた半生が明らかになるわけです。

2007年の作品だからトムハもカンバーバッチもまだ殆ど無名ですが、2人ともとってもいい演技をしています。
カンバーバッチは一見冷徹に見えて、好奇心旺盛で人を見かけで判断しない寛容性も持ち合わせた男
生まれのよさがにじみ出るあたりカンバーバッチにピッタリです。


一方のトムハは汚い恰好をしたホームレス姿なんですが、それ以前にぼそぼそ力のない喋りとひょこひょこな歩きっぷりに驚きます。アル中でこんなになる?と思いきや、ちゃんと理由があった。

以降、少しネタバレで書いてますので、何も情報をもたずに観たい方はスルーでお願いします。

ブログパーツ







[READ MORE...]
【映画】ヒトラーの忘れもの
2017年09月11日 (月) | 編集 |
51cqsMA_ECL.jpg

ヒトラーの忘れもの(2015
デンマーク/ドイツ
英題:Land of Mine
監督:マーチン・サンフリート
出演:ローランド・ムーラー /ミケル・ボー・フォルスゴー /ルイス・ホフマン /ジョエル・バズマン /レオン・サイデル /エミール・ベルトン /オスカー・ベルトン

【あらすじ】
1945年5月。ナチス・ドイツの占領から解放されたデンマークだったが、海岸線にはドイツ軍が埋めた無数の地雷が残ったままだった。その除去に、捕虜となっていたドイツ兵たちが駆り出され、除去部隊の一つをデンマーク軍のラスムスン軍曹が監督することになったが・・


【感想】
ナチス・ドイツもので、ヒトラーやその取り巻きの高官たち、あるいやユダヤ人迫害について描かれることは多いですが、ドイツ少年兵たちのその後を描いたものは珍しいんじゃないでしょうか。
彼らの一部は捕虜となり、デンマークの海岸線に埋められた地雷を撤去するという過酷な作業を課せられるのです。
landofmine.png
観ているうちに兵士たちはどこにでもいる普通の若者だとわかってきます。
彼らは両親が生きているか、死んでしまったのかもわからないまま、故郷に戻るという希望だけを胸に、ひたすら地雷を掘り起こすのです。

しかし、簡単な指導を受けただけの少年兵ゆえ、誤って地雷を爆破させてしまうことも度々。
年端のいかない若者に背負わせるにはあまりに大きな戦争の代償。その不条理さに泣けて仕方がなかった。
兵士の人物像や、仲間の絆などが見えてくれば見えてくるほど、撤去作業シーンの緊張度は増すばかり。
『ダンケルク』でノーランは時間を刻むような「音」の演出で差し迫る恐怖や危機感を煽ってきましたが、登場人物に対する思い入れが増すことで観客の緊張を高める本作の狙いは王道にしてホンモノ。

しかし、緊張するだけでは映画は面白くならないわけで、
そこに指導のデンマーク人軍曹と少年兵の指従関係を盛り込み、映画に厚みを与えているのがいい。
この軍曹さんがいい味出すんだ、また。
4.jpg

戦争で受けた心の傷、未来への渇望、人と人の繋がりなどが深く描かれている点で、ヒューマンドラマとして大変見ごたえがありました。

日本でも『ダンケルク』が公開になり、英国の若い兵士の戦争体験がクローズアップされてますが、英兵もドイツ兵も、戦争によって運命を翻弄させられたという点では同じ。そういう意味で『ヒトラーの忘れもの』はダンケルクの合わせ鏡のような位置にある作品といえます。

デンマークがドイツ人捕虜に対し行ったこれらの行為は国の歴史として決して誇れるものではないでしょうけど、それを隠すことなく映画として表現することに寛容なデンマークは知的な国ですね。

ブログパーツ

[READ MORE...]