映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】エイリアン3
2017年08月30日 (水) | 編集 |
Alien3-1992.jpg

エイリアン3(1992
アメリカ
原題:Alien³
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:
シガーニー・ウィーヴァー/ チャールズ・S・ダットン /チャールズ・ダンス /ポール・マッギャン /ブライアン・グローヴァー /ラルフ・ブラウン

【あらすじ】
2270年、エイリアンの脅威から逃れたリプリーの乗る救命艇が囚人惑星フィオリーナに不時着。唯一の生存者だったリプリーは男ばかりの惑星に波紋を起こす。そんな中、エイリアンが惑星に紛れ込んでおり、囚人たちを次々と襲撃し・・


【感想】
ようやくネットが復活。色々やることがあって映画生活にどっぷりとはいかないんですが、今日はテレビで『エイリアン3』を観たので感想を。
恥ずかしながら『エイリアン3』、これまできちんと腰据えて観てなかったわ。

これ、エイリアンと死闘を繰り広げたリプリーが他の生存者とともに救命艇に乗り込んだところで終わる『2』の正当な続編という形ですね。その後救命艇は宇宙を漂流し、たどり着いたのは囚人たちの惑星。
案の定エイリアンを連れてきていて惑星で大暴れという設定。
alien3.jpg

監督はこれが長編初監督となるデヴィッド・フィンチャー
まだ無名の新人だったせいか、当時の評判はイマイチ。
新人監督がフルに手腕を発揮する環境ではなかったでしょうから、作品のアラはやむを得ないところもあるのかな。
囚人たちがリレーのようにエイリアンを溶鉱炉に追い込むさまはなかなかスリリングだったし、エイリアン目線と思われる逆さ映像も緊迫感があってよかったけどね。

古い映画なのでネタバレしますので未見の方はご注意ください。


個人的にはリプリーがチャールズ・ダンスさん演じる医師にモーションかけたのにはビックリw
リプリーってそんなキャラだった?(笑)
でもリプリーも女性だというのは強調されたのかな。
ボウズ頭でもシガニーさん美しかったわ。
Alien-3-A.jpg
『2』で守り抜いた少女の死を悲しむ姿には母性を感じたし
それでもエイリアンの存在を確かめなければならないところに、リプリーの背負った悲しき使命をみたよね。
その点はラストのリプリーの行動への伏線とも感じた。
Clemens_profile.jpg

まぁ、囚人たちのキャラをそれぞれに掘り下げてては時間が足りないでしょうから、ドラマ的にはこの程度でいいとして、それでもダンスさんの背負った十字架がきちんと説明されていたのはよかったな。

今観るとエイリアンが犬に寄生したとこなんかは『遊星からの物体X』だし、『ターミネーター』を彷彿とさせるところなど古い作品へのオマージュを感じるところも。
逆にエイリアンとの鬼ごっこは『ライフ』的で、新しい映画に影響を与えていくのも名作ってもんですね。

あと『エイリアン コヴェナント』を観た今これを観ると、あるキャラクターの言動が別の意味を持ってくるように感じる。
ここはネタバレできないけど、『コヴェナント』を観る前にこれもチェックしておくといいのでは?と思います。




ブログパーツ


[READ MORE...]
最近観た映画など
2017年08月14日 (月) | 編集 |
 引っ越しも無事終わりました。
新しいアパートはタウンホームっぽい戸建てで、したがって上の階の足音も壁越しの騒音も無く、快適に過ごしてます。
ブランニューのアパートでマネジメントに未熟さはあるものの、何もかも新しいのは気持ちいい!
ただ、前回帰省から戻ってネットの申込みをしたところ最速で10日後との返事。実は30日の法要のため明日から帰省するんですが、ケーブル会社に指定された日が出発の日と重なってしまったため変更せざるを得ず、帰るまでテレビもネットもない状況なのです。
どうせゆっくりテレビを見てる暇はないのだけどね。
それでも引っ越し後

映画館には二度足を運びました。
1本目はケイシー・アフレツク主演の『ゴースト・ストーリー』。
不慮の事故で突然命を奪われたケイシーが、死体安置所でかけれたシーツを被ったまま幽霊になってさまようの。ホラーと言うより恋愛映画。でも仏教的な視点も感じられて面白かった。
2本目はノーランの『ダンケルク』。ドイツ兵に追い詰められた英兵を空からの援護で脱出させようとするパイロットを演じたトムハがいい!
ほぼ目だけの演技で深い心情を表現できるのは流石だし、彼にはやっぱりカリスマ性を感じます。
行き帰りの機内でも色々観たし、ちゃんと記事を書きたいのだけど、なんせ時間が。
スマホからの投稿で画像の上げ方もわからんっちゅーね(^_^.)
そんなわけで、明日から帰省。
戻ってからゆっくりブログ生活に戻ります。

残暑厳しき折、皆様ご自愛下さい。ではでは。






近況など
2017年08月02日 (水) | 編集 |
DSC_0001_1-2.jpg

 またまたご無沙汰です。
夫方の母が亡くなり、田舎に帰っておりました。
状態が悪いとの連絡を受けこちらを出まして、最期をみとることは叶いませんでしたが
葬儀にはなんとか間に合いました。
入院期間39日。90歳目前の大往生です。
お通夜と葬式にのべ1200人、小さな田舎なのにたくさんの人に来ていただき
盛大に送り出すことができました。

田舎ではネットが上手く繋がらず、ブログも完全にお留守。
もっとも嫁稼業に明け暮れ、ブログどころではないかったですが
またボチボチと観た映画の感想などを記事にしていこうと思います。

あ、でもですね。
実は、アパートをまた引っ越すことにしました(汗)
今度は上の階と隣からの騒音のないものをと考え、たどり着いたのは戸建てスタイルのアパート。
時差ぼけの中、今週末に引っ越しを敢行する予定です。
全て落ち着くまでにはまだ少し時間がかかるかな。

そんな状況ですが、元気にしてますのでまずはご報告まで。