映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】LOGAN/ローガン 
2017年03月21日 (火) | 編集 |
logan.jpg

 LOGAN/ローガン(2017)アメリカ
原題:Logan
監督:ジェームズ・マンゴールド
脚本:マイケル・グリーン/
スコット・フランク/ジェームズ・マンゴールド
出演:ヒュー・ジャックマン/パトリック・スチュワート/リチャード・E・グラント/ボイド・ホルブルック/スティーヴン・マーチャント/ダフネ・キーン

【あらすじ】
ミュータントがほぼ全滅した荒廃した近未来。ローガンは治癒能力を失いつつあった。


【感想】
X-menシーリーズ、ヒュー・ジャックマン主演の『ウルヴァリン』スピンオフ、シリーズ3作目。
ヒュー・ジャックマンと、パトリック・スチュアートは本作でX-menシリーズ卒業だそうで、
何か寂しい思いに駆られて劇場に足を運びました。


舞台は2029年。
ミュータントはほぼ絶滅し、X-menはコミック誌の中の昔話となりはてています。
わずかな生き残りの一人、ウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)はしがないリムジン運転手として細々と生計を立て、年老いたプロフェッサーX、チャールズ(パトリック・スチュワート)の面倒をみている という、マジか?な設定。
logancar-554173.jpg
冒頭、車内で仮眠中のローガンのリムジンのタイヤを奪おうとする強盗集団が登場し、ローガンが制裁を加えるんですが、「あれっ?」と思うのが、アクションの残酷性。ウルヴァリンの爪が敵の頭を貫通しますからね。案の定R指定。

そしてもひとつあれ?となるのが、ローガンの傷が完全に癒えないこと。
ローガンは傷ついた足をその後もずっと引きずっている。
彼は回復能力を失いつつあるんです。
logan_2017_movie8734q_1366x768.jpg
その後ローガンは、ある女性に託されたローラという少女を安全な場所に連れていく役割を担う。
チャールズとローガンとローラ。
おじいちゃんと父娘と言った風な3人の旅は、『ペーペームーン』次第に絆を深めるロードムービーのごとし。

ユーモアもありつつ、信頼を感じさせるヒュー・ジャックマンとパトリック・スチュワートのやり取りもツボで
インタビューで「エモーショナルになったシーン」を問われたヒュー・ジャックマンが、
チャールズを抱えて階段上るシーンと答えていて、私も泣けてきた。
このシーン、特に泣かせるシーンではないし、ローガンも後ろ姿しか映らないのだけど
ヒューの思いに、年老いた親を持つすべての人が共感するよね。
長いシリーズを終える感慨みたいなのもあったんだろう。
logan movie still patrick steward hugh jackman



ローガンからローラへの言葉やラストシーンなどグッとくるシーンはいくつかあるのだけど
かつて家族を失い、怒りを力に変えてきたローガンが、ローラの膝で穏やかに寝息をたてる瞬間でさえ静かな感動がある。
X--メンに通じていればいるほど泣ける、渋い大人の映画だと思うな。



ビルを壊したり、空を飛んだり、X-men本来の派手なアクションはなく
生身のアクションが売りの西部劇&ロードムービー、そして愛のお話。
私としてはそこが良かった。

かなり身体を酷使したであろうヒュー・ジャックマンには心からお疲れさまと言いたいです。
日本公開は6月1日。

お気に入り度4.3