映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『ライフ』そいつを地球に持ち帰ってはヤバい
2017年04月02日 (日) | 編集 |
life
ライフ
(2017)アメリカ
原題:Life
監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:レット・リース/ポール・ワーニック
出演:ジェイク・ギレンホール/レベッカ・ファーガソン/ライアン・レイノルズ/真田広之/アリヨン・バカレ/オルガ・ディホヴィチナヤ
【あらすじ】
国際宇宙ステーション(ISS)のクルーは火星探査機の回収に成功した。探査機が持ち帰ったサンプルを分析した結果、地球外生命体の存在を示すものであることが判明。喜びに沸くクルーだったが


【感想】
『デンジャラス・ラン』『チャイルド44 森に消えた子供たち』のダニエル・エスピノーサ監督の新作は、宇宙空間で繰り広げられる未知の生命体とのバトルを描くSFスリラーです。

『チャイルド44~』のと聞いたところでちょっと嫌な感じがしてましたが、冒頭からの独白による説明が退屈で、眠りこけそうになりました。でも謎の生命体と対峙するところから一気にスリラーが加速!
むっちゃ怖かったがな。
life.jpg
生命体と思われるサンプルを調べていたら、そいつが意外な凶暴性を示したことから
「やっちまいな!」になり、「生命体」VSクルーのバトルが幕を開けます。
宇宙空間で繰り広げられるサバイバル劇は確かにエイリアン的。

しかし、本作の「そいつ」はエイリアンよりももっと頭がよさそうで
ヒトデ型の小さな生命体相手に苦戦を強いられるこになるんですね。

タイトルの『Life』はおそらく「生命体」とクルーの命や、生きる力を表現しているんでしょうけど
知力の上回るものが生き延びる これ世の常あるね。

Life_2017-8.jpg
ジェイク・ギレンホールライアン・レイノルズ他、われらが真田さん等、インターナショナルなキャストが豪華。
スケジュールの都合で主演をジェイクに渡したライアンは、「なるほど時間がなかった」な出演ながら
結構なグロに貢献しております。

スリラーの種類としては「追いかけっこ」がワンパターンなのは少し残念。
「生命体」をやっつけるという決断も意外とすんなりなされているけど、そこもう少しためてクルー感の確執を描いてもよかったかも。
それでも「ヤツ」の能力が未知で、そんなことまでできるのかという恐怖と『遊星からの物体X』的な疑心暗鬼をスリリングに描いていて面白い。最後まで生き延びるのは誰かを予測する楽しみもありますね。

脚本のレット・リースとポール・ワーニックは『デッドプール』のコンビとあって
最後のオチにさり気にコメディを配したのは納得。

冒頭の宇宙ゴミも後半への伏線だったんだなと。


お気に入り度4.0


ブログパーツ