映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
『パトリオット・デイ』 ボストンマラソンテロ事件で強固になる愛国心
2017年05月04日 (木) | 編集 |
Patriots_Day_Onesheet_AU_LR.jpg
パトリオット・デイ
(2016)アメリカ
原題:Patriots Day
監督:ピーター・バーグ
脚本:セオドア・メルフィ
出演:マーク・ウォールバーグジョン・グッドマン/ケヴィン・ベーコン/J・K・シモンズ/ミシェル・モナハン
【あらすじ】
13年4月15日。ボストン警察の殺人課に所属する刑事トミーはボストンマラソンの警備にあたっていた。50万人の観衆で会場が埋め尽くされる中、トミーの背後で突如として大規模な爆発が発生し・・


【感想】
『ローン・サバイバー』から快進撃を続けるピーター・バーグ監督が今回選んだのは、2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。膝から下が引き裂かれたカーテンみたいになって車いすで搬送される被害者の様子などショッキングな映像が映し出されたのも印象的でしたが、まもなく犯人と思われる2人の写真が公開され、犯人が潜伏したウォータータウンの民家を捜索する映像などニュースから目が離せない数日間でしたね。
Patriots-Day-3.jpg
犯人の特定に関しては、ここでも監視カメラが大活躍。
現場の観衆から集めたスマホ映像などを解析する捜査の鮮やかさには感心しきり。
クールなFBI捜査官を演じたケヴィン・ベーコンと地道で実直なボストン警察の殺人課の刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)のキャラクターは対照的で、だからこそそれぞれの役割が強調されてもいます。

タイトルのパトリオット・デイというのはボストン・マラソンがパトリオット・デイに開催されたからというのもあるんですが、事件によってより強固なものになるアメリカ人の愛国心がこの映画のテーマになってるからなんですね。

そのため、犯人側の思惑にはあまり深入りすることなく事件の進展を描き、関わった人々の活躍にフォーカスする作り。
銃と爆弾を武器に抵抗を続ける犯人に果敢に立ち向かう銃撃戦のシーンの緊張感たるや!
警察の勇気には敬意を払うしかありません。
patriotsday0002.jpg
ただ一つ疑問に思うのは、ウォールバーグ演じるトミーが架空の人物である点。
目の前で起きた事件の衝撃をリアルに伝えるという点では成功してるし、トミーの存在が映画をより人間味のあるものに仕上げていていいんですが、捜査の場面でのウォルバーグの活躍は作り事だったの?と思うと、実録ものとしての信頼性が低下する気がしてちょっと複雑な気分。

それでも、事件解決後のボストン市民の一体感は、ニュースからも伝わるところで、愛をもって事件をポジティブな視点で見つめているのがいい。
日本で「愛国心」というと右寄りなものを想像してしまうけれど、元来愛国心というのは純粋に国を愛するということ。
悲惨な事件を体験して人々が助け合い支え合う姿が感動的で、どんな邪悪な敵にも愛をもって立ち向かうことができると・・
文字にするときれいごとだけど、そのメッセージには心を揺さぶられます。

ただ、アルカイダにしろ北朝鮮にしろ、邪悪な敵の皆さんも彼らなりの愛国心を持っているんだよね、きっと。
愛国心をテーマにするのなら、爆弾犯の動機などにも触れないと偏ったものになるんじゃないかという気はしましたね。
とはいえ、捜査の全容を明かしつつ、事件現場のカオスを緊張感たっぷりに描いた実録スリラーとしては大変面白く見ごたえもたっぷりでした。


お気に入り度4.0


ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
そもそも、正義のぶつかり合いが戦争だと思うんですがね
元々伝承歌だっとものを ウッディガスリ-が作り、 ピ-トシガ-が歌い続けていった アメリカの第二の国歌とと言われる 多分知ってると思いますが 「わが祖国」 This Land Is Your Land は
労働者を歌った歌で この曲を公の場で歌うことを禁じられてきたという側面もあるんよね なんのこっつあ
2017/05/04(木) 16:43:15 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
そうなんだよな、ナショナリストの意味が
悪い方に(という言い方は語弊があるか)
なって生き辛いなあというのがオッサンの思うところです。
ちなみに俺にはナショナリズムって一切ないんだけどね。
ところでバーグの映画は感傷的に過ぎるところあるけど
映画自体は面白いし興味深いのでこれも楽しみ。
こちらでは前作と連続して公開されます。
2017/05/04(木) 19:57:16 | URL | HK #-[ 編集]
あ!これ来月かな?ネットで前評判凄く良くてねー。
おー熱そうで期待できるなー。
つい最近の大きな事件をすぐに映画にするのは色々と大変そうだけど、エンタメなのにちゃんと胸熱に仕上げるのはハリウッドの映画力の強さだよね。
しかも……うくく……ジョン・グッドマン❤ダイエット成功したジョン・グッドマン痩せてるね~。
2017/05/05(金) 02:57:53 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To おみゃあさん
どちらも自国のため、それが正義と信じて戦争するんでしょうね。
考えが狭くなって真実が見えない場合が怖い。
『This Land Is Your Land』は知ってました。
アメリカの第二の国歌的な存在なんだ。
どうして公の場で歌うことを禁じられてきたんだろう。
国民が思いを込めて歌える国歌があるといいなと思いますね。
日本の君が代はすでに意味が分からず歌ってる人多いと思うし(私もですがw)
反発する人もいる。そういうの抜きにみんなで親しみを感じて国に誇りを持てる新しい国歌作ってもいい気がするな。

2017/05/05(金) 07:22:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To HKさん
愛国心という言葉自体日本ではなにか違った意味合いを持ってきてるもんね。
ナショナリストとて、近頃ではなにかきな臭さを漂わせるというか。
そういう意味ではアメリカの愛国心は潔くて、スポーツ観戦で歌われる国歌にもみんなの気持ちが一つになるのを感じて感動すらするんだよね。

最近のバーグの映画は『バーニング・オーシャン』すっ飛ばしちゃったけど(レンタルしてたのに)、確かに感傷に走るところあるね。
今回もテロの映画としてはちょっとそっち強調すぎな気がして感動の反面違和感もあったのだけど。
それでも実録な部分はリアルな緊張感があったし、映画として面白かったのでお楽しみに。
にしても、バーグ監督精力的。
『最後の追跡』でも製作に関わってたみたいだし、いい映画作るわ。
2017/05/05(金) 07:35:56 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
そうそう、これ6月に日本公開ですね。
ネットの前評判いいんだ。うん、面白いのは間違いなし。
これは事件自体も凄く印象的だったけど、スリリングなアクションを展開しつつ、最後感動で〆るというエンタメな手腕はなかなかのものでした。
細くなったジョン・グッドマン・・
本当は最後まで彼の見せ場を期待してたけど特になくて
グッドマンさん今回は外観でキャスティングされたんかいなと疑いたくなったけどね(笑)
JKシモンズとかは短くてもちゃんと見せ場用意されてたんだけどなぁ。ベーコンさんもよかったし。
2017/05/05(金) 07:43:32 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
その昔 今もだけど、God Bless America という歌がありました これを聴いたウッディガスリリ-が こんな歌は絵空事だと触発されて作ったんがThis Land Is Your Landと言います
この歌はアメリカの底辺に生きる人々を歌った歌で それを広めたのがピ-トシガ-とそのグル-プで  当時 赤狩りがあり 目をつけられたんですな だからグル-プは解散されられ 歌詞も 肝心な部分を歌うことを禁止させられたたと記憶してます
君が代は  あなたを思う、慕う 未来永劫を願うという ラブソングですな  およそ国家にはそぐわない
2017/05/05(金) 16:54:13 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
おおお、面白そう!!

てかさ、初めのポスターのマークの目だけ見ると、目だけね、
若かりし頃のアラン・ドロンに似てないかい?ちょっとだけ。

で、ケビン・ベーコン、、、良きも悪きも警官役の多い事ったら(笑)
ここでは悪徳警官じゃないのね?

しかし彼って、飛び跳ねてダンスしてた頃や、透明になったりしてた頃(笑)とあんまり変わらないよね。
顔もスタイルも。万年青年てか。逆に昔っからオッサンだったのか??(笑)

マークは『TED』みたいなコメディよりこーゆー方が向いてると思うんだがな。
んで、『TED』の続編まで出る意味がワカラン。全くワカラン!!

話がそれ過ぎ~~!ゴメン!
2017/05/05(金) 17:50:22 | URL | chaco #-[ 編集]
Patriots Day
似たタイトルの映画なかったですか?ちょっと見たら”Games"が付くとハリソン・フォードだし”The"が付くと今度はメル・ギブソンとかスティーブン・セガール、、アメリカはコレが好きなんだ、、と感心してます。この映画は”Deepwater Horizon"のちょっと後で同じ事実に基づくテーマでしたね、。最後まで目が離せず良かったですね、、
2017/05/06(土) 00:20:06 | URL | guch #-[ 編集]
To おみゃあさん
なるほどー。そんな経緯が。
スーパーボウルのハーフショーでレディ・ガガが『God Bless America』と『This Land Is Your Land』を混ぜて歌ったじゃないですか。
純粋に歌声を絶賛する一方で、議論が巻き起こってたのはそういう背景を踏まえてのことだったんだね。
今頃納得しちゃいます。歌には作り手の思いがあり歴史があって、聴くものもそれを共有していくからね。
『君が代』はラブソングなんだ。言葉も古くて意味も分かりにくいし、新しい国歌作ったらいいのにと思ってしまう。
2017/05/06(土) 06:25:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
面白そうでしょ。
え?目がアラン・ドロン似?あ、ちょっとだけね。
男前の代名詞ドロン様の眼に似てるなんて、そりゃ、マークが聞いたら嬉しすぎて昇天しちゃいそうだわ。

ベーコンさん、今回は非常にクールなFBIエージョントを演じてます。
事件の証拠を守るため冷酷ともいえる手段を選択するんだけど、そのいい人なのか悪い人なのかわからないところがベーコンさんの持ち味だよね。グッジョブでした。
そういえばあまり変わらない。奥様と一緒にずっとスリムだし、食事の管理もいいんだろうなぁ。

わはは、『TED』はだめでしたか。
アメリカンカルチャーに通じていないとわかり難いジョークもいっぱいで、私もだいぶ置いていかれたから気持ちわかるわ。
なので続編は観てませんw
TEDはおかし可愛いんだけどね。
2017/05/06(土) 06:53:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: Patriots Day
>guchさん
そうそう、他の似たタイトルとも被るし、タイトルだけみるとボストンマラソンに関する映画だとわからないしで、私も最初はなんでこのタイトル?って思ったんですよね。
でも、まさにアメリカ人の愛国心がテーマだったので、作り手は譲れなかったのかも。
実録部分はスリリングで面白かったですね。
2017/05/06(土) 06:59:11 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Patriots Day
見ましたよ、、これは同じドキュメンタリータッチのあの油田事故より断然良かったですね、、。ケヴィン・ベーコンに似てるかな、、と思ってたのですがちょっと雰囲気が違ってました、、でもやっぱりそうだった。”Boston Strong"ってタイトルでも良かったんじゃないかな??
2017/05/12(金) 01:33:38 | URL | guch #-[ 編集]
Re: Patriots Day
>guchさん
ご覧になりましたか。なかなか面白かったですね。
ベーコンさん、いつも役に自然に溶け込みます。
あー、”Boston Strong"が良かったかもですねぇ。
たまたまパトリオット・デイに起きた事件だったのでこういうタイトルになったかもだけど、「愛国心」と謳われると少し抵抗もあります。後半はボストン市民の強さや一体感に重きを置いていたので、guchさんに賛成。
2017/05/12(金) 09:22:04 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック