映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】20センチュリー・ウーマン
2017年03月30日 (木) | 編集 |
 centurywomenposter.jpg

20センチュリー・ウーマン(2016)アメリカ
原題:20th Century Women
監督/脚本:マイク・ミルズ
出演:アネット・ベニングルーカス・ジェイド・ズマン/エル・ファニング/グレタ・ガーウィグ/ビリー・クラダップ
【あらすじ】
1979年のカリフォルニア州サンタバーバラ、自由奔放なシングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、15歳の息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に頭を悩ませ、間貸ししているアビー(グレタ・ガーウィグ)と、近所に暮らすジェイミーの幼なじみジュリー(エル・ファニング)に相談する。


【感想】
『人生はビギナーズ』で、ゲイをオープンにした実の父親の物語を描いたマイク・ミルズ監督6年ぶりの新作です。

40歳で子供を産み、夫とは早くに別れたドロシアは15歳の息子を持つシングルマザー。
息子ジェイミーを心から愛しているけれど「アイラブユー」を連発するタイプでもなく、思春期の息子の冒険にも不安な思いをぐっと飲みこんで様子を見守る、ドロシアはそんな女性。
大恐慌時代を生き抜いてきた彼女は、近所で助け合って子供を育てた自分の時代に習って、身近な2人の女性に15歳になった息子ジェイミーの教育をお願いする。

前作で実の父親を描いたように、今回もドロシアには監督のお母さんを投影
これは育ててくれた女性陣へのラブレターであり、監督自身の青春のひと時を描くヒューマンドラマです。

甘酸っぱくて胸がきゅんとする作品でした。
アネット・ベニングがとにかくいい。
自分が得られなかった幸せを息子には目いっぱい感じて欲しいと願う母親。
さっぱりしてある意味男前な彼女は、その思いをストレートに表現しないことから確執を生むこともあるけれど、次第に親子が心を通じ合わせる過程に静かに感動。くりくりヘアーのルーカス・ジェイド・ズマン君もナチュラルにジェイミーの心情を表現していて巧いです。

20th.png
唯一の大人の男性として登場するビリー・クラダップのちょっとずれてるけど誠実な感じとか
赤いヘアーでがん患者を演じるグレタ嬢の切実なパンク感とか、大人と子供のはざまで背伸びしてるエルちゃんとか
出演者のキャラを引き立てる脚本もよし。(アカデミー脚本賞ノミネート)

70年代が舞台ということで、当時流行った音楽もたくさん出てくるし、『カサブランカ』の挿入歌「Time goes by」などドロシアが好んで聴くオールディーズも多くかかって、これがまた心地よいのです。

最近、ニュースで昔は宅配の品を近所で預かり合ったりしていたけれど今はそれがなくなったと言っていた。
この映画の舞台の70年代には、日本にもまだ近所で助け合う風潮があった気がするなぁと、自分の子供時代のことも思いだされる。そんなノスタルジーを引き出してくれるのもこの映画の魅力ですね。

しみじみといい作品。これはお薦め。

お気に入り度4.5

ブログパーツ




関連記事

コメント
この記事へのコメント
20th Century Women
NZでは、Undatedになっているので、いつ来るのか…。70年代は、わたしにとってもいろいろありました。懐かしい音楽がたくさん出てくるのでしょうか。
On demandになるまで待つしかないかな…。
2017/03/30(木) 17:08:49 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
映像探して見てきたら Talking Heads の Big Country がかかってましたが Time goes byがオ-ルディズならわかるけど
70年代の曲なんかもそうなってるんかな もう40年以上前か  ついこないだのようだけど 時間経ってるんやね  
2017/03/30(木) 17:19:42 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
Re: 20th Century Women
> NZ_RRさん
私は劇場逃してしまったので、今回DVDで観ました。
NZはまだでしたか。
70年代に思い入れがあると、これは一層ノスタルジックに感じられるはず。
音楽もお楽しみに。
2017/03/30(木) 22:52:09 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To おみゃあさん
オールディーズはお母さんの時代を見せるときにかかって、1979年を背景にかかる音楽とはまた別物ですね。
監督の青春時代の曲がいっぱいというところでしょう。
劇中、トーキング・ヘッズかブラック・フラッグかなどパンク談義もあるので、好きな人は楽しめるはず。
そのうちにぜひチェックしてみてくださいね。
レトロ通信で扱う映画の線引きに70年代までにすべきか80年代入れるか一応迷ったんですが
80年でもう37年前かぁと思ったらやっぱりしっかりレトロだよなって。
気持ち的にはついこないだみたいな気がするんですけどね(汗)
2017/03/30(木) 23:29:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
ご無沙汰ーーー!!

NETが繋がらず(工事が手間取って)1ヶ月が経っちゃった><
で、ここんち来たら、大好きなビリクラじゃ~ん!!
アネベニも好きだわ~ん!けど昔っからオバサンだよね?
あ、私に言われたくねーか(笑)
お、★4.5か!!観たいじゃないか!!

ここ1ヶ月、PCしなかった時間を全部映画に費やしたわん(ウソ)
子守りでヘトヘトさ。
あ、でも結構いっぱい観たよ。紹介する気が起きたらUPする(笑)
2017/03/31(金) 01:14:25 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
うわーーー、久しぶり。
病気してるんじゃないかと心配してたんだよー。
なんとネットが繋がらなかったんだ。
それは困るよねぇ。でもなければないで他の事できるかな。
なんにしろ元気そうでよかった。

はい、ビリクラさん出てました。
70年代の設定でもあるし、おひげの彼は『あの頃ペニー・レインと』を思いだしたな。
アネット姐さん、皮膚のたるみ具合も半端なく、歳確認して驚いた。
これで50代とは。日本人では想像もできないくらい老けてるよな。
いやいや、chacoさんが100倍若いわ。マジで。
映画はすっごいい感じよ。
ビリクラさんの出番少ないけどそのうちに観ちゃって~。
映画何観たのかな。感想記事待ってるね。
2017/03/31(金) 07:46:34 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
私の彼女が出ている作品ですね。ええ。(きょうの我が家の記事でわかります。)
2017/03/31(金) 18:08:01 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
To ボーさん
ありゃーー、予想大外れ。
てっきりアネット姐さんだと思いました(笑)

2017/03/31(金) 20:53:52 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
クラダップだクラダップだクラちゃんだ。
この間痛い目にあってたエルちゃんもでてる!
『アメリカン・ビューティー』でのヒステリーな役以降苦手意識が出てしまったアネット・ベニングだけど、これはおいしそうな香りのする映画だね~。
『人生はビギナーズ』大好きな作品なのでこれも好みが合うはず。観たいわ。

やっと体調戻ってきたけど、次仕事や家のあれこれがドタバタでほんと映画に行けない つらたん💧💧
来るかな日本?
2017/03/31(金) 21:02:31 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
クラちゃんでーす(笑)
キャストいいよね。
あー、アネット姐さんは今回『アメリカン・ビューティー』とは真逆なキャラなので大丈夫だと思う。
70年代のロックにも強いみーすけさんは音楽も楽しめると思うな。
デヴィッド・ボウイもかかるよ。
監督の作品、シュールなところもあるけど、根っこのところがあったかくて私も好き~。

ドタバタなの? 落ち着いて映画観れるようになるといいね。
病み上がりだし無理せずに。
という私も来週から映画どころじゃなくなるかも。

これは6月3日に公開だそうです。
2017/03/31(金) 21:25:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック