映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】エル(原題)
2017年03月23日 (木) | 編集 |
elle-thumb.jpg

エル(原題)
(2016)フランス
原題:Elle
監督:ポール・ヴァーホ―ヴェン
脚本:
デヴィッド・バーク
出演:イザベル・ユペール/ロラン・ラフィット/アンヌ・コンシニ/シャルル・ベルリング/ヴィルジニー・エフィラ/ジョナ・ブロケ

【あらすじ】
テレビゲーム制作会社のディレクター、ミシェル(ユぺール)は自宅で覆面の男に襲われる。
警察に通報しないのは、過去を蒸し返されたくないからだ。
その後、犯人と思われる男からEmailが届き、その日の服装をどこかで観ているらしき内容に恐怖を覚えるミシェルは・・


【感想】
ポール・ヴァ―ホ―ヴェンが監督し、イザベル・ユペールがアカデミー主演女優賞にノミネートされたサスペンスドラマ。
DVDで鑑賞しました。

あらすじを見て「あれ?ヒロインはエルという名前じゃないの?」と思った人がきっといると思う。
私も完全にそう思ってました。
じゃタイトルの【Elle】は何かというと、「彼女」という意味のフランス語らしいのね。
常識?すみません。。

elle3.png
冒頭から強烈な強姦シーン
男が立ち去った後、ユペール演じるミシェルは割れた食器の散乱する床を掃き、湯船につかる。
表面に赤い血が浮かんでくる描写も生々しいけれど、
両の手でそれを揺らして混ぜ、何事もなかったかのように無表情のユペールに
なぜ彼女は静かにことを受け流そうとするのか と ここまでのシークエンスだけですでに衝撃的。

ミシェルが警察に通報しないのは、実は過去に関係があり、彼女は蒸し返されたくない秘密を持っている。
ところが、犯人からと思われるEmailが身近なものの犯行を匂わせたことから、誰がやったんだということに。
elle.png
90年代ならば、ヒロインの過去を暴きつつ、犯人を捜しリベンジするエロチックスリラーになりそうだけど
本作はそれだけに終わりません。
レイプをきっかけにミシェルの中で何かが弾け、ある転機とも重なって、彼女に変化をもたらす。

時にユーモアを湛え、ヴァーホ―ヴェンらしいインモラルな部分も盛り込みつつ
湯船のシーンのように、たおやかにことを受け流し前を向くヒロインを筆頭に
女はみんなサバイバーというヒューマンドラマが意外にも爽快でした。
還暦すぎとは思えない美しい肢体にも驚くけれど
ヒロインを辛辣に、でも正直で可愛らしく演じたユペールが最高。
受賞は逃したけど、間違いなくオスカー級!!

お気に入り度4.1



ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
あ、エルちゃんじゃないんですね。
さて、噂では聞いていたけれどユペール様またもきっつい映画に……。
ユペール様がアメリカ国籍をお持ちだったら、間違いなく今年のオスカーはゲットしたのではないかしらんと勝手に考えておりんしたが。

だってユペール様だぜ。
初見『ピアニスト』の衝撃、ある意味トラウマ、ラストの表情、女の業。
授賞式で普通の女性でめっちゃ安心した思い出www
実はヴァーホーヴェンは『ロボコップ』の昔から『氷の微笑』も『スターシップ~』も『ショーガール』も好きなんだな~、あのグロさエロさはっちゃけ方。
楽しみざんす♪
2017/03/24(金) 01:45:08 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
自分のブログなのに、何度返信しようとしても不正なコメントと出てしまって
思うこと書けないんですけど~。
とりあえずこれ投稿してみてあとで追加するね。ごめんなさい。
2017/03/24(金) 07:38:38 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
みんな!エルっちゃお!
pu-koさん、こんばんは!
Ooh.la la!ついに!pu-koさんもご覧あそばされたのですね!衝撃度ハンパない怪作でしたよね~。ヴァーホーヴェン健在!なゲロゲロオッタマゲーションなトンデモ映画!ララランドのラララな気分も、この映画を観たら軽く吹っ飛ばされるショックと妖気、そして黒い笑いに満ちた毒々映画!好き嫌いが別れる映画だとは思うけど、私の中ではもう今年日本公開映画ではベストですわ~。
この映画、何と言ってもイザベル・ユペールですよね~。スゴすぎるわ~。体当たりの熱演とか、そんなんじゃないところが圧巻ですよね~。オスカーはやっぱユペールが受賞すべきだったと、今でも思います。ラララのエマ・ストーンも素晴らしかったけど、正直エルのユペールは神レベルでしたから…
ああ~早く映画館で変態熟女ミシェルと再会したいです♪
2017/03/24(金) 10:29:02 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
To みーすけさん
ユペール嬢は張り飛ばされたり床に転がったり、体張ってたなぁ。
ボディダブルだろうか。
でもそう、オスカーはアメリカのお祭りだから仕方ないかもだけど、やっぱユペールでしょって感じはある。

これ観る前に『ピアニスト』観なおしときたかったんだよねぇ。
インタビューによると、役に取り込まれるとかじゃなく、演じることを楽しむんだそうな。
余裕だ。
ヴァーホーヴェンはおいくつになられたんだろう。「らしさ」を生かしつつ、成熟味も感じさせてくれる。
ますます楽しみな監督さんです。
2017/03/24(金) 17:56:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: みんな!エルっちゃお!
>松さん、こんばんは~!
ようやく観ることができました!!
なかなかの衝撃度でしたね。
でもなんだろ、思いのほかヒューマンドラマでそこもよかったんですよね。
ユペールは毒も吐くしエロいし怖いところもあたけど、可愛らしくもあってね。
こんな役はユペール様しかできないよなぁ。

おー、早くも松さんの本年度ベストになりそうですか。
劇場で観れるなんて羨ましい。楽しみですね~。
2017/03/24(金) 18:03:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Je te aime ,,, とか 、 アイ とユ-がありますね
elle  が彼女だけど 彼は il    フランス語  とってたけど動機が不純で な~んも覚えてない  担当教官がじぇにふぁ~ちゃんとか 京大前の日仏会館 のおねいさんが目当てとか
2017/03/25(土) 04:46:13 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
Je te aime そっか。ちゃんと考えていけば自然に学べる言葉もあるね。
そういえば雑誌の名前もElleだったなぁとか、一つ知れば繋がるところもあります。
フランス語難しそうだけど、英語に似た発音の単語もあるし、ルールを覚えれば少しわかってくるかもなぁ。
あーでもこの歳になると無理かな。
カッコいいお兄さん先生がいると励みになりそうだけどw
2017/03/25(土) 10:03:32 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
elle
おっ、そんなお話だったんだ、、ヴァンホーヴェン監督って事からしても一筋縄ではいかんじゃろう、、とは想像してましたが、。来週以降見れるようなので、、待ってます。
2017/03/27(月) 22:45:12 | URL | guch #-[ 編集]
Re: elle
> guchさん
これは「こんな映画」と説明するのがちょっと難しい類の映画です(笑)
私はタイトルからも「女性たちのサバイバル」と言った風のヒューマンドラマととったけど、そう思う人は少ないかも。
一筋縄ではいかないのだけは確かですね。
ぜひguchさんの感想をお聞かせください。
2017/03/28(火) 08:36:55 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
久々のヴァーホーベンの映画ということで期待しています。また、悪意とユーモアのこってりした映画になっているのかしら。それとも、ややあっさり風味になっているのか、とにかく、公開したら観に行きたいと思います。
2017/05/17(水) 07:21:58 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
はい。悪意というか、女は怖いぞって映画でした(笑)
ユーモアがなければ辛いところですが、ユペールのキャラづくりもあって楽しめました。
こってりと観るかあっさりと感じるかは個々の思い入れによるかな。
2017/05/18(木) 10:18:35 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 皆さま、メリークリスマス  素敵なクリスマスをお過ごしのことと存じます私は老母とトイレマジックリンを買いに出かけた帰りにうどんを食べて、今は自室でクリぼっち中ですさっきベランダから物音が。サンタクロース・イズ・カミング?それとも、中国人強盗が侵入?ドキドキ  明日から29日までガッツリ仕事なので、今夜は早めにgo to bed!その前に、クリスマスにピッタリな映画の感想をUP皆さま、クリス...
2017/03/25(土) 01:36:26 | まつたけ秘帖