映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】クリーピー 偽りの隣人
2017年03月15日 (水) | 編集 |
クリーピーポスター

 クリーピー 偽りの隣人(2016 日本

監督:黒沢清
脚本:黒沢清/池田千尋
出演:
西島秀俊/香川照之/竹内結子/東出昌大/藤野涼子/川口春奈

【あらすじ】
大学で犯罪心理学を教える元刑事の高倉は郊外の一軒家に引っ越した。ある日、刑事の野上から6年前に起きた未解決の一家失踪事件の分析を依頼され、事件の鍵を握る一家の長女・早紀から話を聞くも事件の核心になかなか迫れない。そんな折、高倉と妻の康子は、隣人・西野の不可解な言動に振り回され始め…。


【感想】
久々の邦画です。
キャッチコピーの
あの人、
お父さんじゃありません。
全然知らない人です。
が結構衝撃的な一本。

新居に引っ越して、心新たに新生活をスタートさせようと思っても
隣人が変な奴だと憂鬱になるよね。
本作の隣人、香川照之扮する西野も、登場シーンから何か変で
高倉夫妻は違和感を感じまくりです。

そんな矢先、刑事時代の後輩が高野の犯罪心理分析能力を頼って
6年前に起きた未解決事件の協力を依頼してくる。
一家失踪と思われた事件は、やがて殺人事件へと発展

さて犯人は?となるわけですが、この映画いわゆる犯人探しのミステリーとはちと趣が違う。
というのも、犯人一択! ほかに怪しい奴など出てきませんから。

クリーピー
やー、気持ち悪かったね香川さん。
『レインマン』のホフマン歩きで、陰湿かと思えば妙に愛想が良かったり
人の心はどこに忘れてしまったのかと聞きたくなるような西野はとんでもサイコ野郎

これ観て思いだしたのが『ボーグマン』です。
いつのまにかやってきて、問題がある一家に入り込んでは人を殺す、
あるいは若い子は仲間にして、新しい住処を見つけるボーグマン。
冒頭、神父らに追われる様子から、彼らは「悪魔」なのかと想像するものの、正体は結局不明。
そんなボーグマンの雰囲気がこの映画にはあると思ったな。

クリーピー2


まずは問題のある家庭を選ぶ西野の嗅覚がボーグマン。
美男美女で素敵な夫婦に見える高倉夫妻だけど、妻の異常にも気づかない仕事バカ(しかも犯罪者の心理を追求するのはもはや趣味!)の夫との生活は壊れかけていたのかもしれない。

西野家の周囲で明らかに妙な「風」が吹くのは、よからぬことの前兆にも見えるけれど
近所のおばさんに「西野は鬼」と言わせているのも確信犯的で、私には西野は人間でないという演出にも感じられました。

終盤もはやファンタジーなのもボーグマン。
夏でもないのに扇風機に当たるという演出はよかったけど、薬剤の効用はリアリティ欠いたし
ま、そういう細かいことは追求しちゃいけないんだなと、振り上げそうになった拳を納めたよ。

何はともあれ、布団圧縮袋がボーグマンらによって爆買いされないことを祈ります。


お気に入り度4.0




 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ツッコミどころ満載でしたか  あたしゃ観ておりませんが  たぶん つまらないであろうと  テレビ放映したら  観てみます
西島 と香川のコンビは テレビドラマ 流星ワゴン でありましたが ま、不覚にも ヨメの横で 観てしまった  いちお- 原作知ってたし これが実につまらない 情けない西島、オ-バ-演技の香川  多分これもその類でしょう  香川サン  怪優 と呼ばれてるそうですが 演技のなさをオ-バ-な表現でしかできない
ヒマつぶし  にはなるかな
2017/03/16(木) 04:04:40 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
段々ね、リアリティがなくなってくるんですが、でもそこは黒沢監督だから、狙ってやってると思うんですね。
ハラハラするし先は気になるしで、つまらないとは思わずに観ました。
でも、賛否は別れるだろうなぁ。
香川さんは今回もオーバーアクトきみではありますね。
うまいんだけど、静かな狂気の部分も見せて欲しかったかも。
2017/03/16(木) 08:16:10 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
クリーピー、、?
お珍しいじゃないですか?pu-ko嬢の邦画って??
”クリーピーの入ってないコーヒーなんて、、”ってその昔、CMのキャッチだったんですよ、、ありゃ”クリープ”だったか??何れにせよ”クリーピー”はイラネーよ、、みたいな。
2017/03/16(木) 21:16:55 | URL | guch #-[ 編集]
Re: クリーピー、、?
>guchさん
邦画を観るチャンスがありましたので。
”クリープの入ってないコーヒーなんて、、”は流行りましたよね。
クリーピーが入ったら困るけど(笑)

2017/03/16(木) 22:25:32 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
こんにちは、先日はコメント+TBありがとうございましたm(__)m

>『レインマン』のホフマン歩き

なるほど、言われてみるとそういう動きでしたね(何処かで見たことある奇妙な行動だと思ってたんですが、コレでしたか(ーー;))

今思えばですけどここまでホラーの空気が濃厚だったんだからサスペンスじゃ無くてそっちに軸足移した話にしても良かったんじゃないかと言う気もしましたけど、 pu-koさんの仰っているように黒澤監督は敢えてそのボーダーを曖昧にしたかったのかなとも感じました。

それと「ボーグマン」がhuluに来ていたので、このあと見てみようと思います(^_^;)
2017/03/20(月) 17:44:21 | URL | しろくろshow #/obLmWO2[ 編集]
To しろくろshowさん
こんにちは
香川さんの違和感のある歩き方に『レインマン』のホフマンを思いだしてしまいました。
精神的な異常性を表現したのかなと勝手に思った次第です。

終盤は監督ならではのホラーな世界観でしたね。あの家はなんだねんという(笑)
リアリティなしと一蹴するか、そのあいまいさを楽しむかで好みは分かれるのかもですね。
わはは。『ボーグマン』はとーっても変な映画ですが、ぜひご覧になって感想を聞かせてください。
コメントありがとうございました。
2017/03/21(火) 08:29:07 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
昨年の初夏に試写で観たんだけど、前半は結構いいんだけど
後半が・・・黒沢清ぽくない終わり方で。
まあ香川照之のサイコ演技は見物でしたが。
2017/03/30(木) 08:27:30 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To 字幕さん
そうそう、途中から少しトーンが変わってきますよね。
後半は次第に現実味がなくなる。
黒沢監督と思うから受け入れられましたが。
終わり方も逆に意外性がありましたね。
でも女の子が犬とどっかに行っちゃうところとか
ひしと抱き合う夫婦に安堵はなく、明日がまるで見えない感じはよかったです。

2017/03/30(木) 09:15:31 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
あ、コレ私もこの前観たーー!!

そうだ、香川氏の歩き方『レインマン』のホフマン歩き、
ソレでやっとモヤモヤがスッキリしたょ!
どっかでコノ感じ観たよな~、って思ってたんだ。

んで、布団圧縮袋は閉所恐怖症の私にとって地獄だわ。
観てるだけで「おえ~っ」ってなりそうだったもん。

西島氏も竹内結子もうめ~よな。演じる役で何にでも変身!!
スゲーよ。ま、香川氏は言うまでもなくですが。
おっかなかったよね~、しかし。
2017/03/31(金) 22:23:07 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
ね、香川さんの独特の歩き方、ホフマンを意識したかどうかは知らないけど
どこか異常な感じで印象的でした。

布団圧縮袋の新たな用途にメーカーはちち引いたかもよね(笑)
shacoさんリルに想像しちゃったのねw

役者陣もよかった。
香川さんみたいな人間が世に溢れたらと思うと本当に怖い。
理解不能な怖さをひしひしと感じたわぁ。
2017/04/01(土) 07:24:46 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
全国の西野さんに失礼な映画でした。
2017/08/25(金) 03:14:32 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
To ボーさん
わはは、確かに~(笑)
香川さんとんでもな怪演でしたね。
2017/08/28(月) 08:01:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 黒沢清監督の新作映画なんだけど、登場人物がおかしな行動ばかりで、ずっと突っ込んでいました。香川照之の変質者役も少々、食傷気味かも。  作品情報 2016年日本映画 監督:黒沢清 出演:西島秀俊、竹内結子、香川照之 上映時間:130分 評価★★★(五段階) 観…
2017/03/17(金) 00:42:31 | 映画好きパパの鑑賞日記
少し前仕事の帰りに「貞子vs伽椰子」「クリーピー/偽りの隣人」(それにしてもなんて説明くさいタイトルなんだろう(__;))を2本立てで見てきた。ジメジメした梅雨のまっただ中わざわざなんでこんな組み合わせの映画を続けて見るの?と言われそうだが、平日に映画のハシゴをするチャンスはプロ野球交流戦が終わってインターミッションに入った今しかないと思い(野球と映画を両方好きな人間にはよくある問題なのだよ...
2017/03/17(金) 21:51:10 | You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて
評価:★★★☆【3.5点】(11) 初公開から4週間後の鑑賞は初日の初回をモットーにする
2017/03/17(金) 21:58:13 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
奇妙な隣人への疑惑と不安から、一組の夫婦の日常が 深い闇へと引きずり込まれていく恐怖を描いたサスペンススリラー 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:前川裕 第15回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作品
2017/04/06(木) 00:07:56 | cinema-days 映画な日々
とにかく怖い。こっっえ〜!のである。香川照之が異常者で西島秀俊が過去に傷を持つ有能な犯罪心理学者であるという、ステレオタイプな配役だったとしても、だ。ラストのクライマックスに至るまでの展開は壮絶な心理戦であるにもかかわらず、香川照之が異常過ぎて怖過ぎて、それが見えてこない程に。そしてこの2人は生物学的な立ち位置が全く違うジャンルに位置しているようにさえ見えるのに(あ、つまりイケメンかそうでな...
2017/04/26(水) 13:44:16 | ここなつ映画レビュー
拳銃をもったら、あいつを撃っちゃえばいいんじゃない?
2017/08/25(金) 18:48:58 | 或る日の出来事