映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ゲット・アウト(原題)
2017年03月04日 (土) | 編集 |
 
getoutposter.jpg
ゲット・アウト(原題)(2017 アメリカ
原題:Get Out
監督/脚本:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ
/アリソン・ウィリアムズ/キャサリン・キーナー/ブラッドリー・ウィットフォード/ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ/リル・レル・ハウリー/キース・スタンフィールド/ベティ・ガブリエル/マーカス・ヘンダーソン

【あらすじ】
クリスは白人のガールフレンドの実家を初めて訪ねる。


【感想】
コメディアンのジョーダン・ピールの初監督作品にして、IMDbで8.3という高評価の一本です。

ガールフレンドの実家を訪ねる日。クリスは緊張しています。
というのもクリスはアフリカ・アメリカンで、ローズは白人。
「家族は僕が黒人って知ってるの?」
「知らないわ。我が家は差別主義じゃないから心配しないで」

と言われてもね・・。

get-out-trailer-screen1.jpg
それでも彼女にぞっこんのクリスは、意を決してローズの家に。
ハグで迎えてくれる家族に一安心のクリスですが・・
この家、なんか変じゃね? という話。


クリスが訪れたローズの家では黒人の労働者を雇っていて、なんだか彼らが異様なムードを醸し出します。
タイトルの「ゲットアウト」もそんな一人がクリスに放つ言葉。
getoutpearent.png
最初は親しみやすいと感じた家族も、ローズの弟(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ!!)が登場したあたりからなにやら怪しい雰囲気に。あれよあれよという間に、とんでもない事態になってしまうんですね。

Get-out-2017-movie-Jordan-Peele-1.jpg
いやはや、これは面白かったね。
ホラーに人種差別をぶち込み、しかも根底に笑いを仕込むあたり
白人の母と黒人の父を持つコメディアンという特殊なバックグラウンドをもつ監督ならではでしょう。
当然監督の経験も盛り込まれているはずですが、自伝ではないと言ってます。
そりゃそうだ(笑)

緊張感とオリジナリティに溢れ80年代や90年代のホラーを彷彿とさせる
こういうホラーを待ってたよというファンも多いはず。

日本公開は今のところ未定かな。

お気に入り度4.2










関連記事

コメント
この記事へのコメント
え、これホラ-なん  コメディタッチ、、?
招かざる客からかなり経ってるけど全然変わってないんだ
2017/03/04(土) 17:02:08 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
ホラーなんですよ。
招かれざる客のオリジナルは観てないんですが
同じ黒人問題に起因しても、とんでもないことになっちゃうので中身は随分違いますね。
ホラーとコメディは紙一重ってことで。
2017/03/04(土) 17:46:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
ポワチエ主演のあれが土台?
ホラーだけどブラックコメディ臭が薫るのかな。
非常に面白そうだけど、単館でも公開は難しいのかなー。
未体験映画シリーズ(だったかな)とかで回数制限ありなら落ちそうな雰囲気はあるなー。
あとはスタチャン落ちを待つ。
2017/03/05(日) 18:25:04 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
うーん、ポワチエのが元ネタということは別にないような。
あくまで黒人と白人の両親を持つ監督自身のバックグラウンドからきた話かと。
怖いけどほのかに笑えたりして『ドント・ブリーズ』とか『ビジット』とかに近いし(汚いシーンはないよw)
興行も今週はダントツトップでトマトメーターも99%と評判いいから
これは日本でも公開あるんじゃないかな。
2017/03/05(日) 22:18:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック