映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ライオン ~25年目のただいま~
2017年02月15日 (水) | 編集 |
Lion poster  
ライオン ~25年目のただいま~(2015) オーストラリア
原題:Lion
原作:サル―・ブライアリー
監督:ガース・デイヴィス
脚本:ルーク・デイヴィス

出演:
デヴ・パテル/ルーニー・マーラ/デヴィッド・ウェンハム/ニコール・キッドマン/サニー・パワーll

【あらすじ】
5歳の時にインドの駅で迷子になったサル―は、その後オーストラリア人夫婦に引き取られる。しかし彼の心には常に母や兄への思いがあった。

【感想】
 サル―・ブライアリーが自身の数奇な人生を綴った自伝小説『25年目の「ただいま」』を、本作が映画初監督作品というガース・デイヴィスが映画化した感動のドラマです。

初監督作品で作品賞にノミネートされるとは凄いなと思ったら、もともとかんとくはCM筋の作家として高い評価を受けてきた人らしい。
インドで迷子になった5歳の少年がオーストラリアで暮らすことになり、25年目にグーグルの力で故郷に戻ることができた
ストーリー自体が映画みたいなものだから、どう転んでも面白くはなりそうだけど、美術、音楽、映像すべてが美しく一本の映画としてのクオリティーが高い。少年時代のサルー少年がむちゃくちゃ可愛らしくて、少年の冒険を描く前半にも大いに引き付けられました。
lion_anatomy_-_5_-_embed_-_2016.jpg
どこのあらすじにも書いてるので書きますが・・サルーの故郷探しにはグーグルアースが大きな役割を果たしたんですね。
私も初めての場所に行くときなど、前もってグーグルでチェックするようにしています。
先日も、交差点がロータリーになってるのが分かったので、その場で戸惑わずに済みましたよ。ありがたいことです。

この世にグーグルがなかったら、おそらくサルー少年は一生故郷を見つけることはできなかったでしょう。
5歳の子供の記憶力では、土地名も駅名もわからないのだから。
lionkidman.jpg
オーストラリアでの暮らしは普通に裕福で両親も優しい
でも少年が一番幸せだったのは、家族と暮らした少年時代だったのだろうと
何も説明されなくてもわかるほど、インドの描写がいい!
貧しくても互いに助け合い、家族と繋がることの素晴らしさを描いた作品でもありますね。
lion brothers

デブ・パテル君の助演もいいですが、私ならサルーを演じたサニー・パワー君に賞をあげたいです。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
オ-ストラリア行ったとき  タクシ-のおっちゃんがインド人でした
こんな爽やかさはない ひげもじゃ  陽気でしたな
グーグルアースで うちの近所出すと 我が家は道から2軒目の奥だから出ないけど 道沿いの 知合いのアポ-が 出すたびに
違うポーズで  写真が変わっている  その度 写りこんでいて
アホやね
2017/02/15(水) 17:27:13 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
楽しみにしてる一作ざんす。
インドの風景が素晴らしいと何かで読んだけど、pu-koさんも同じ感想なのね。
いや~GoogleアースとかGoogleMAPって凄いよね~。
昨年大分に旅行中Googleアースを使ってドライブしてて途中スマホのバッテリが切れちゃって。やまなみハイウェイで2時間近く迷ったよ。魔境に取り込まれたみたいで怖かったよww友達一緒だったから良かったけど。
残念なことに普段のみーすけはGoogleMAP使っても目的地に行けない方向音痴ざんす。わたしが主人公だと故郷に戻れないな。

ところでデヴ・パテルって作品によって雰囲気変わるよね。
感じいい時とうるさくて嫌いな時があってwwそれってつまり上手いって事よね。
昨日観た映画でも、ものごっつー嫌なキャラなのに強烈に心掴まれて、内容うんぬんよりそれが一番凄いなと印象に残った。
わたしはホント役者で映画観てるな。
2017/02/15(水) 23:07:38 | URL | みーすけ #-[ 編集]
To おみゃあさん
こちらでもたまーにタクシー乗るとインド人だったりする。
数字にも車にも強いのかな。

グーグルアースって何で撮影してるんだろう。ドローン?
ご近所さんはドローンを察知して外にわざわざ出てたりして(笑)
次回どんなポーズになってるか楽しみですねw
2017/02/15(水) 23:58:04 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
そう、昼間の雑踏も夜のプラットホームも、映像がとってもきれいでセンスを感じた。
デイミアン・チャゼルしかり、最近は若い才能のある監督が出てきてるね~。
映画の新たな黄金期が来るんじゃないかとひそかに期待しちゃいますよ。

で、GoogleアースにGoogleMAPほんと凄い。
わはは、でもバッテリー切れてはせっかくの優れものも使えなくなるのは辛いとこやね。
みーすけさん方向音痴なの?私もーーー(笑)
もうね、自分以上の方向音痴にはお目にかかったことないくらいだから。って自慢にならんww

日本はさぁ、道の名前とかほとんどないじゃない?だから方向音痴には辛いんだわ。
その点アメリカは小さな道にもしっかり名前がついてるんですよね。
大きな道を頭に置いていれば位置がわかるし、勘(そいつが私には皆無)に頼らなくて済むのが私向きなのw

デヴ君ね、『マリーゴールド・ホテル』とかのインド風だとうざかったりするよねw
今回は別人みたいに暗かった(笑)
英語もインド風あるなし自在に操るよね。
うまいんだろうなぁ。よくわからんけど
ミリオネアの時から随分と成長した気はするね。
2017/02/16(木) 00:31:03 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Lion
これって邦題は”25年目のただいま”って結論をネタバレじゃないですか??(*´∀`*)。結構こんな感じで結論を副題タイトルにしちゃっているケースがあるんですよ、、。ワタシは”3週間目に行ってきま~す。
2017/02/16(木) 19:10:16 | URL | guch #-[ 編集]
Re: Lion
>guchさん
そういう有名な話を映画にしたってことで、ネタバレな感覚はないのかも。
でも余計な副題なくていい気がしますね。
ちなみに最後にタイトルの意味が文字で説明されるんですが、最後まで読んでしまえず、わかりませんでしたww
ご覧になったら教えてください(笑)
2017/02/16(木) 20:14:01 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
私はマハラジャの王女かも!
pu-koさん、こんばんは!
私も幼い頃はよく迷子になってました。もしかしたら、イギリス人に引き取られて、今頃はバッキンガム宮殿で暮らしてたかもしれませんよね~…
パテルくん、スラムドッグミリオネアの子ですよね?すっかり大人の男になっちゃって!何かゴツくなってるよな?オスカーでの健闘を祈る!pu-koさん注目のサニー・パワーくんにも期待!
2017/02/17(金) 05:33:07 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
Re: 私はマハラジャの王女かも!
>松たけ子さん こんにちは!
松さんも迷子になってましたか。マハラジャの王女ならよいけれど、北の工作員とかにさせられなくてよかった(笑)
本作もインドからオーストラリア夫妻に引き取られるという数奇な運命をたどる主人公の話ですが、
彼はまだ運が良かったのだと思えるインドの怖い実態も垣間見れます。
今もおそらくは変わらあないだろうと思うと、社会派な映画とも言えますね。
パテルくんはすっかり大人になりました。体も鍛えてるんでしょうね。
助演男優賞は今回突出した候補者がいないカテゴリーでもあって、みんなにチャンスがありますね。
サニー君は可愛いしうまいんですよ~。私が連れて帰りたいくらい(笑)
2017/02/17(金) 09:24:30 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック