映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【追悼】ジョン・ハート『殺し屋たちの挽歌』
2017年02月02日 (木) | 編集 |
The Hit 1984
殺し屋たちの挽歌(1984
イギリス
原題:The Hit
監督:スティーヴン・フリアーズ
脚本:ピーター・プリンス
出演:
ジョン・ハートティム・ロス/ラウラ・デル・ソル/テレンス・スタンプ/フェルナンド・レイ

【あらすじ】
強盗仲間を裏切り、スペインで隠れ住む男の元へ二人の殺し屋が現れた。二人の目的は、組織のボスが待つパリへ男を連れていくこと。そこへ誘拐事件に巻き込まれた少女が加わり、奇妙な4人組の旅が始まった……。

【感想】
  ジョン・ハートの追悼2本目です。
本作でジョン・ハートが演じるのは渋い殺し屋ブラドック。
彼の任務は、強盗仲間を裏切り10年間もスペインに隠れ住んでいたウィリー・パーカー(テレンス・スタンプ)をパリのボスのもとまで連行すること。相棒に若いチンピラ、マイロン(ティム・ロス)、ひょんなことからマギーという15歳(多分ウソ!)の女性まで巻き込んで、4人の奇妙な旅が始まります。
the-hit-main-review.jpg

ところが間もなく、パーカーの落ち着きはらった態度が2人の殺し屋の心をざわつかせるんですね。
マイロンはパーカーが何か企んでいるのではと気が気じゃない
また、ブラドックは、死を恐れていないように見えるパーカーの心を理解できないのです。

殺し屋映画も数々あれど、殺す側、殺される側の心情にここまで踏み込むものは少ないんじゃないでしょうか。
10年間、いつ暗殺者がやってくるかと怯えて過ごしたはずのパーカーは、しかしついにその時が来て、むしろ喜んでいる。
読書家の彼はいくつもの本を読み、運命を受け入れ、最後の舞台を自分の納得のいく形で終わりたいと思っている。
それでも死の受容のステージは、ちょっとしたことで後戻りするのが人間というもの。
テレンス・スタンプはそんなパーカーを見事に演じていて素晴らしい。

thehitmaggie.jpg
ジョン・ハートはベテラン殺し屋ですが、心優しいゆえの詰めの甘さに、自分が一番落ち込むという複雑な役どころ。
ティム・ロスは若気の至りのどチンピラを奔放かつ繊細に演じていて、3人ともが怪演ですね。
でも本作で最もたくましいのが紅一点のマギー。セクシー投入だけの要員じゃなかったのね。
ブラドックが用なしになったマギーを殺せないのは、単に優しいからだけでなく、マギーのたくましさへの憧憬と尊敬の気持ちがあったのかな。
それぞれの関りが4人の心模様を複雑に絡め合うという卓越した脚本。しかも半分コメディかと思うほどの可笑しみも交えて描き出したフリアーズ監督の演出の素晴らしいこと。

長い旅の終わりを微笑みとウィンクという穏やかな表情で決めたブラドック。
スーツ姿の寡黙なジョン・ハートももちろん最高でした。
thehit.jpg
舞台はスペイン。フラメンコギターの音色も心にしみた、これ間違いなく傑作。


お気に入り度4.7

ブログパーツ









関連記事

コメント
この記事へのコメント
うわ!凄い高得点!
どっかのアジア映画みたいな邦題だけど未見です。
しかし面白そうだ。
みんな若いけどティム・ロスなんて、レザボアの6年前ってまだぴっかぴかの頃じゃないですかい。
テレンス・スタンプも出てるしなんて豪華なんだ。
これはすぐにTSUTAYAで探せそうかな。
公開ラッシュの消し込みが落ち着いたらレンタルする。あーもー時間が足りない!!
2017/02/02(木) 17:30:24 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
これ好きだったよ~。
そそ、私もこのタイトルで長年、手出せずにいたんだけど、観てよかった。
ティム・ロス、お肌もピッカピカ。
主演級のキャストで内容も渋いんだから。
この時期公開昨品追うのに大忙しになるよね。ボチボチどうぞ。
アマゾンなんかはDVD在庫なしってなってるけどレンタルはあるんじゃないかなぁ。
チェックしてみて。

2017/02/02(木) 21:10:20 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
10年以上たった映画は新鮮味たっぷりで観ることができるという特技を持っています  すぐ忘れる
これは 当時 ス-パ-マンで凄みをきかせたてれんす スタンプ
エイリアンで情けなやのジョン は-と 絶妙でしたな 終わり情けなや 音楽が またクラプトン 、 パコ・デ・ルシア 悪いわけがない
2017/02/03(金) 17:13:37 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
The Hit
これは全く知らなかった作品ですね、、ナンでだろう?この時代は随分見ているんですがね、、こんなのがハイッとFOXで検索して見れると嬉しいんですがね、、、流石にダメだろうな、、
2017/02/04(土) 00:15:58 | URL | guch #-[ 編集]
To おみゃあさん
私も二度観てるものはしっかり記憶に残るけど、一度では忘れるものが多いですね。
まぁまた新鮮に観るもよしです(笑)
でもこれは何度も観たいです。きっと観るたびに発見がありそう。
キャストも音楽も最高でしたね~。うん、悪いわけがない
スタンプさんもジョン・ハートもますます好きになったし。
2017/02/04(土) 10:50:14 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: The Hit
>guchさん
フリアーズ監督のイギリス時代の作品で、日本ではあまり知られてないかな。
でもとっても面白かったのでguchさんにもお勧めします。
FOXで見つかるといいなぁ。
ところでそちらはiTunesとかは利用できるんですか?
2017/02/04(土) 10:56:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
iTunes
pu-koさん、、出来るらしいですよ。何時もダウンロードするっ?って聞いてくるのですが今度ね、、今度ね、、って断ってました。
2017/02/06(月) 21:47:33 | URL | guch #-[ 編集]
Re: iTunes
> guchさん
あ、できるのですね。
私はほかのメディアがあるので利用しないんですが、そちらはアマゾンのストリーミングがないなら、iTunesという手もありかなぁと思います。フォックスさんも結構お高そうなので。
iTunesはbuyとrentを選べて新作を購入すれば14.99㌦くらいになりますが、デジタルで所有することに抵抗なければありかも。
旧作のrentなら3.99㌦くらい。サントラもあって『ラ・ラ・ランド』は9.99㌦で買えます。
でも『The Hit』はタイトル見つからず残念。国が違えばあるかな。
2017/02/07(火) 00:38:41 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック