映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ
2017年01月24日 (火) | 編集 |
maggiesplanposter.png

 マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015 アメリカ
原題:Maggie's Plan
監督/脚本:レベッカ・ミラー
出演:グレタ・ガーウィグイーサン・ホークジュリアン・ムーア/ビル・ヘイダー/マーヤ・ルドルフ/トラヴィス・フィメル
【あらすじ】
ニューヨークの大学で働くマギーは、妻子持ちの文化人類学者ジョンと恋に落ちる。仕事ひとすじで家庭を顧みない妻ジョーゼットに愛想を尽かしたジョンは離婚を決意し、マギーと再婚。数年後、ジョンとマギーは子どもにも恵まれ幸せな毎日を送っているかに見えたが、小説家になるため仕事を辞めたジョンとの生活にマギーは不安を感じていた。

【感想】
 ニューヨークを舞台に3人の男女の奇妙な関係を描くハートフルコメディです。

グレタ・ガーウィグ演じるマギーは、数学に秀でた男性の精子の提供を受け、シングルマザーになることを計画中のニューヨーカー。偶然知り合った小説家志望で妻子持ちのジョン(イーサン・ホーク)と小説を通じて親しくなり、やがて求婚され結婚するマギー。数年後、マギーには可愛い女の子が生まれています。

ところがジョンと幸せな結婚生活を送っているはずのマギーの心境は複雑。
元妻との間にできた子供たちの世話もマギーに任せ小説に没頭するジョンとの暮らしに不安を感じ、マギーは、まだジョンに思いを残す元妻ジョゼットにジョンを返すことを計画するのです。

グレタ・ガーウィグは実はたまたま観た出演作2本があまりピンとこなくて、これまで興味を持てない女優の位置づけでしたが、本作を見てイメージが変わりました。今やメグ・ライアンに代わるニューヨークの似合うラブコメ女優とされるグレタ。
決して垢ぬけてはいないし、メグ・ライアンみたいにキュートというのでもないけれど、不器用でも前向きに、自分らしく生きるヒロインがハマります。
ストーリーだけ読んだらまるで共感できそうにないマギーというキャラも、グレタだと嫌味がなくて自然に受け入れられるんですよね。

マギーの両親のエピソードに触れているから、マギーがシングルマザーを目指していたことも、結婚生活で孤独を感じることには耐えられないことも理解できる。マギーの部屋のインテリアや友人との会話からも、マギーの飾りっ気のない正直さがうかがえる演出は、脚本も手掛ける女性監督レベッカ・ミラーのうまさでしょう。
maggies-plan750.jpg
ジョンにイーサン・ホークをキャスティングしてるのも絶妙ですよね。
そもそも好きな小説を書くことが最優先で、それを支えてもらいたいだけのジョンこそがトラブルの元凶なわけだけど、そんな優柔不断な役も大人子供が板についたイーサンだと憎めない。得な男だよねぇ。

『アリスのままで』とはまた違った種類のハイソな知的さを漂わせつつも、可愛い大人の女の情念と懐の深さを演じてみせるジョゼットにジュリアン・ムーア。お団子ヘアにモフモフファッション、フレンチ訛りもかわゆす。
Maggies-Plan-Photo-6.png

ビル・ヘイダーは相変わらず信頼できるバイプレイヤーだし、ガイ役のトラヴィス・フィメルもいい。

ラストシーンから想像するに、おそらくマギーはジョンに気兼ねなくオリジナルのプランに戻るのでしょう。
パパ付きのプランBもいいのでは?など想像を膨らませてみるのも楽しい。

複雑で滑稽で、でもそれぞれの方法で幸せを探そうとするニューヨーカーの生きざまを小粋なラブコメにした本作
ウディ・アレンほどくどくなく、終始ニマニマになる面白さがありました。これ好き。
でも邦題の副題「幸せのあとしまつ」っていうのはなんか違う気がするなぁ。



ちなみに監督のお父さんは劇作家で『クルーシブル』などの脚本も手掛けるアーサー・ミラー。
夫はなんとダニエル・デイ=ルイスだそうです。





お気に入り度★★★★


今年からお気に入り度で好き加減を(★5つで満点)記録に残すことにしました。
世間の評価とはかけ離れるものもあるかと思いますが、ご了承ください。


ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
わあ、ご覧になったのですね。それに気に入られたようで何よりです。何か、全体を流れる空気がおかしいんですよね。ニマニマしちゃう感じ私にもわかります。グレタ・ガーウィグって、ラブコメ女優と言われてるのですか。彼女の次のラブコメに期待しちゃいます
2017/01/25(水) 04:02:47 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
ダメ男としたたかな女二人に挟まれて モテモテですか
肩肘張った 男らしさよりもきょうび この手がもてるか
2017/01/25(水) 04:41:09 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
あ、この間劇場で見たチラシにイーサン出てて「お」って思ったのこれかー。
主演女優全く知らない~💧
星4つ!高得点!
あらすじだけ読んだらなんか勝手な女性ぽく感じたけど、そんな事ないのね。
イーサンやジュリアン・ムーアだし、センスあるラブコメ?楽しそう、観ようかな。

ところで星のお気に入り度っていーよね。
自分の好き嫌いだから他人にあれこれ言わせない強さがあるよ!

そして監督、ダニエル・デイ=ルイスの奥さん!
リンカーンでオスカー授賞した時、役に入り込むめんどくさい僕を支えてくれてありがとうってスピーチした時映ってたのこの人かー。
職業監督なら憑依型の面倒な役者と住めるよね(笑)
2017/01/25(水) 07:35:26 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To おみゃあさん
ははは、イーサンは独特のダメっぷりが逆に魅力だったりしますね。
普通はアカンだろと思うんだけど
確かに今どきはその正直なところが受けるかも。
女性にそれを受け入れる強さがあれば かな。
2017/01/25(水) 09:10:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To einhornさん
楽しい作品のご紹介ありがとうございました。
思えばへんてこりんな人間模様なのに、なんでしょうね、このほのぼのした可笑しさ。
ニマニマ口角上がりっぱなしになりました(笑)

グレタ嬢は今やそういう位置づけみたいなんですよ。
30代半ばなので、それなりに大人の味も出せるのが強みでしょうか。
前に観たものは作品のテイストもあって緩さが彼女のいい面を殺してましたが、今回はしっかりした面とかわいらしさの両方が引き出されててよかったです。
新作の話題作にも出てるようなので、私もチェックしてみます。TBありがとうございました。
2017/01/25(水) 13:55:04 | URL | pu-ko #-[ 編集]
To みーすけさん
イーサンはなんか気になる役者なんだよねぇ。
でも出演作多すぎて全然追いつけない(汗)

あ、グレタ嬢知らなかった?好みは別れそうだけどニューヨークを代表する女優と評判みたい。
そそ、センスある・・といってもスタイリッシュとかではないんですが、人の描写に優しさもあって楽しいラブコメでした。

そそ、お気に入り度は便利だよね。
B級映画と名だたる名作を同じ土俵で評価すれば、好きなのに低評価せざるを得ないものも出てくるもんね。
それでつまらない映画と受け止められるのは辛い。
そんなわけで、自分がどんだけ好きかっていう基準で記録に残すことにしましたよ。他人にあれこれ言わせない(笑)

監督がダニエル・デイ=ルイスの奥さんなのはビックリでした。
監督自身も元女優さんなんよね、多分『心の旅』でハリソン・フォードの不倫相手を演じてた人がそうかな。
わはは、父も劇作家だし、生粋の芸能一家に育った彼女だからデイ≒ルイスを支えられるのかもね。
役ごとに家でも人格変わってるんだろうなww
リンカーンならまだいいけど、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のおっさんになられた日にゃ・・(笑)
2017/01/25(水) 14:12:26 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「マギーズ・プラン」を、有楽町のヒューマントラストシネマ有楽町1で観てきました。初日の初回の割にはお客さんの入りはよくないようで、確かに売り文句の少ない映画だからかなあ。 ニューヨークの大学で働くマギー(グレタ・ガーウィグ)は、恋愛が6か月以上続かない体質。30過ぎても結婚できそうにない彼女は、大学時代に数学ですごく才能があった、今はピクルス屋をやっているガイ(トラヴィス・...
2017/01/25(水) 19:02:39 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
アメリカ・ニューヨークの大学で働くマギーは、妻子ある文化人類学者ジョンと出会い恋に落ちる。 コロンビア大学教授のキャリア妻ジョーゼットとの結婚生活に疲れ果てていたジョンは、離婚しマギーと再婚した。 …数年後、娘も授かり幸せに見えた2人だったが、マギーは「夫を前妻に返す」という、とんでもない計画を立てる…。 ラブ・コメディ。
2017/01/26(木) 14:52:39 | 象のロケット
ニューヨークで暮らす男女の奇妙な三角関係を、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ、「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク、「アリスのままで」のジュリアン・ムーア共演で軽やかに描いたハートフルコメディ。あらすじ:ニューヨークの大学で働くマギー(グレタ・ガーウィグ)は、妻子持ちの文化人類学者ジョン(イーサン・ホーク)と恋に落ちる。仕事ひとすじで家庭を顧みない妻ジョーゼット(ジュリ...
2017/02/02(木) 18:43:25 | パピとママ映画のblog
子供は欲しいが彼氏のいないマギー(グレタ・ガーウィ)は、NYの大学で働いている。ある日、妻子持ちの文化人類学者・ジョン(イーサン・ホーク)と出会ったマギーは、彼と恋に落ちる。ジョンの妻ジョーゼット(ジュリアン・ムーア)は、教授として働くバリバリのキャリアウーマン。家庭を顧みない妻に疲れ果てたジョンは離婚を決意、自分の小説を好きだと言ってくれるマギーと再婚する。数年後。娘も授かり幸せに見えた二...
2017/02/04(土) 01:05:24 | beatitude
NYに暮らす男女のねじれた三角関係を描くシニカルコメディードラマ。 音楽といい、作風といいどことなくウディ・アレン風味。 NY行きの機内(字幕付き)で鑑賞。 キャストがはっきりしてなくて目立たなかったんだけど、NY舞台っぽいからチョイスしたら イーサンの日本で未公開の新作ではないか 面白かったから、日本でやらないのかなーと帰国後調べたら、来年1月に日本でも公開決定した。 ...
2017/02/08(水) 00:04:36 | 我想一個人映画美的女人blog
 『マギーズ・プラン―幸せのあとしまつ―』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)『ブルーに生まれついて』で好演したイーサン・ホークが出演しているというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の季節は冬。場所はニューヨーク。  主人公のマギー(注2...
2017/02/11(土) 06:42:47 | 映画的・絵画的・音楽的
□作品オフィシャルサイト 「マギーズ・プラン-幸せのあとしまつ-」□監督・脚本 レベッカ・ミラー□キャスト グレタ・ガーウィグ、イーサン・ホーク、ジュリアン・ムーア ■鑑賞日 2月2日(木)■劇 場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <...
2017/02/13(月) 08:04:56 | 京の昼寝~♪
☆・・・変な映画で、この変さはヨーロッパ的で、とてもアメリカの作品とは思えなかった。 大学勤務の主人公は、予告編などでは「恋愛下手」などと語られているが、それでは済まない、ある意味、思い込みの激しい自己中なタイプ。 異性とつきあっても半年ともたないマギ...
2017/02/21(火) 14:57:54 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭