映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】沈黙 ーサイレンスー
2017年01月22日 (日) | 編集 |
Silence-2016.jpg

 沈黙 ーサイレンスー(2016 アメリカ
原題:Silence
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス/マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールドアダム・ドライバー/浅野忠信/キアラン・ハインズ/リーアム・ニーソン/窪塚洋介/イッセー尾形/塚本晋也

【あらすじ】
17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、若き宣教師のロドリゴとガルペは日本にやってくる。


【感想】
 ようやく今年の劇場1本目
先日帰省の際、原作をゲットしたので読んでからと思っていたんですが、昼間の上映最終日ということで、慌てて観てきました。

隠れキリシタンが迫害を受けた江戸時代初期の日本を舞台に、信仰と向き合う若きポルトガル人宣教師の姿を描くマーティン・スコセッシ作品です。

「踏み絵」や「隠れキリシタン」というのは日本史の授業でも教わったことですけど
幕府による迫害の実態についてはイメージできなくて、ちゃんと習ったんだっけ?

本作は残忍な迫害シーンもたっぷり。信仰に篤そうなお年寄り夫婦とかに交じっての鑑賞だもので、キリスト教徒でもない日本人の私としては、ちょっと肩身の狭いものがありました。
『レイルウェイ 運命の旅路』の時の感覚にも近いもの。

もちろん段々には、これは「真の信仰とは」を問う映画だとわかって来るので、日本人としての肩身の狭さは薄れてはきます。
幕府に迫害されながらも、懸命に信仰を全うしようとする姿に心を打たれるのもあります。
出てくる隠れキリシタンたちは外観はうす汚れてはいても、心の清純さを感じさせるんですよね。
silencekichijiro.jpg
そんな中、目を引くのが窪塚洋介演じるキチジロー。
インタビューでは自らを「踏み絵マスター」と称してましたがw他の信者が踏み絵を頑なに拒む中、彼は何度も踏み絵をする(笑)
でも軟弱なのに、それでも神にすがることをやめない=信仰を捨てないところに柳のような強さがあるんですね。キチジローが登場すると会場に笑いが起きたりして、裏切者でもどこか憎めない存在となっているのは窪塚のうまさかな。救いを求めようとするキチジローの存在が宣教師の信仰心を保たせることにもなっていたことを思うと、彼は完全にキーパーソンでした。

silenceisseiogata.jpg


個人的にツボだったのはイッセー尾形ですね。
一つ一つの動作に計算しつくされた可笑しみや、時には怖さがあって、和製クリストフ・ヴァルツとお呼びしたい。
塚本晋也もよかったんですが、私には英語がわかり難かったのが残念。
silence-1024x397.png


ガーフィールド君ももちろん熱演で、宣教師の葛藤は観ていて辛くなるほど伝わりました。
神父さんと思しき方々の感想をyoutubeで聴いてみると、宣教師ロドリゴに対しはっきり「裏切者」と言い放つ人もいて、聖職者でも理解しがたいものがあるようす。スピリチュアルな表現をしてる部分は賛否の別れるところかも。
それでも背徳者の立場に身を置きながらも、誰かの命を救うことに生涯をかけたロドリゴの生きざまに心惹かれずにはいられません。

波の音を聞きながら崇高な気分になる、静かだけど力強い映画でした。

ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
日本も先週末から公開されて、タイムラインが賑やかだよー。
原作で号泣したんだけれど、なんせ読んだのが前過ぎて(笑)色々覚えてない。再読してから観ようか悩んだけど、わたしもまっさらな感じで観てきます。
しかし窪塚くん、色々あったけど久々に見たらなんかすっきりいーかんじな男になったなー。
イッセーさんも好きだし、スコ爺のインタビューもメチャ熱くて、とにかく楽しみ💠
2017/01/23(月) 05:04:09 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
TVで予告観たょ。
みてーーーー!!と思った。
和洋俳優入り乱れだね(笑)

ガーフィールド君は、首が細くて長いから何となく華奢に見えるよね。
唇が色っぺ~しね。

窪塚洋介は変人さんぽいけど、演技派上手いんだよね。
私は隠れキリシタンじゃねーけど、踏み絵はしたくねーなー。
何となく。ただ何となく。踏んづけるのヤダな~。
2017/01/23(月) 05:21:00 | URL | chaco #-[ 編集]
ヨースケ
こんばんは!
私もこの映画が今年初劇場鑑賞映画になりそうです(^^♪
私も隠れキリシタンのように、隠れキムタクファン、隠れ阪神ファンとかしてます(汗)。でも、キムタクの踏み絵も金本監督の踏み絵も、躊躇なくできます(笑)。
窪塚洋介、美味しい役みたいですね!彼の芸名がまだ“ヨースケ”だった頃から好きだった者としては、感無量な彼の活躍です。キャリアで大きく羽ばたくのはいいけど、ベランダから羽ばたこうとするのはもうやめてねヨースケ!
ガーフィールドくんの熱演も楽しみ!オスカーに彼がノミネートされますように!あの大女優も!ノミネーション発表が怖い~
2017/01/23(月) 08:40:10 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
To みーすけさん
流石に今回は日本もほぼ同じ時期の公開だったね。
原作号泣だったんだ。でも気持ちわかる。
窪塚君は順風満帆に思えた頃に起きたあれはなんだったんだろう。
ま、でもきっと痛みは彼の人生にプラスに働いたんだろうな。
これで大きなステップアップとなるか。でも天狗にはならずにいて欲しいね。
淡々として退屈という意見もあるけど、私は時間の長さを感じずに観たよ。
みーすけさんの感想楽しみ!
2017/01/23(月) 10:27:11 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
天下のスコセッシが日本の役者もいっぱい使って遠藤周作作品に挑んだんだから、日本は盛り上がってるでしょうね~。
ガーフィールド君は、結構身体作って細マッチョになってたんだけど、今回は凄く痩せてたわぁ。
アダム・ドライバーがインタビューで撮影中、スタッフ、キャストがお昼するときも、ガーフィールド君と二人食べられなかったって言ってるから食事制限したんだろうね(哀)

窪塚洋介って主演作品観たことないわぁ。
もともと演技には定評があったよね。今後の活躍も楽しみ。
うん、踏み絵で隠れキリシタンをあぶりだすなんて、考えたら「踏むことに抵抗のある」日本人の心をよく理解した迫害だわぁ。
2017/01/23(月) 10:38:51 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: ヨースケ
>松たけ子さん こんばんは!
松さん隠れキムタクファンなの?知らなかった~。隠れ阪神ファンも(笑)
わはは、大丈夫。踏み絵を強要されることはないから(笑)

窪塚君の役は誰がやっても「美味しい役」では決してなかったかも。
飄々とユーモアを湛えつつどこかピュアな感じが出せたのはよかったです。
名前が“ヨースケ”の頃があったのは知らなかった。
この映画がステップアップにつながると信じてるけどまじベランダから羽ばたかないで欲しいよね(汗)
オスカーノミネーション、もうすぐですね。
ガーフィールド君はハクソ―リッジの演技も高く評価されてるから凄い。
ユペールさまにももちろん期待。 ドキドキだなぁ。
2017/01/23(月) 10:59:27 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
おおむかし 読んだような 海藻と毒薬 だとか 狐狸庵先生ですな  確か、篠田正浩だったか映画化されていたような
拷問してもなにしても転ばなかったキリシタン  みのむし焼きだとか  いろいろ思案した結果 一番効果あったんが メシ減らすことだったとか 当時は1日 オカズないし 何合も食べてたんを減らしたとか そしたらなんぼでも転んだとか 読んだ気がします
イッセー尾形 はファンで 何本もビデオ持ってたのにみなおジャンで 
2017/01/23(月) 17:30:34 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
原作はだいぶ前に読みましたが、映画はどんな感じで出来上がっているのか。是非観てみたい映画です。
2017/01/24(火) 07:20:40 | URL | yymoon #-[ 編集]
To おみゃあさん
私も中学生の頃かに結構好きで遠藤周作を何冊か読んだんだけど、これは記憶にないんだんぁ。
おー、映画化作品も観てましたか。
そうそう、みのむし焼き(汗)それ出てきたなぁ。

イッセー尾形はコメディの人かと思ってたら演技もうまいね。
オスカーは残念ながらノミネートされてなかったけど、前哨戦の「オンライン映画&テレヴィジョン協会賞」のブレイクスルー演技男優賞にノミネートされてました。

2017/01/24(火) 14:54:19 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To yymoon さん
原作を読まれてると、一層興味がわくでしょう。
原作との違いなども分かるかもしれませんね。
外国映画にありがちななんちゃってニッポンみたいなところが全然なく日本映画と言っていいような出来栄えです。
映像も綺麗で壮絶さも含め、観るべきもののある映画でした。
2017/01/24(火) 14:57:51 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
おやっ。観てしまったのですね(^^)NZは、2月中旬からです。
この映画は興味あるので、文化的背景の違い、時代背景、
そして、カソリックとプロテスタントの相違などを比較して観たら、
いろいろと違う感想になるかもしれませんね。
2017/01/24(火) 16:49:16 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
沈黙
これはオーストラリアでは2月公開なんですよ、、、さて観客からどんな反応が出るのか??原作はもう二度も読んでいるのですが楽しみにしています。以前の篠田正浩版ではキチジローをマコ・岩松が演じたんですよ、、アレとは大分違うように聞いているのですが、、
2017/01/24(火) 18:55:17 | URL | guch #-[ 編集]
To NZ_RRさん 
観てしまいました(笑)
キリスト教にも疎いのでカトリックプロテスタントの違いなどは頭になかったですが、色々知って観るとまた新しい気づきがあって深まることもあるかもですね。
原作を読むときに頭に置いておこうと思います。
2017/01/25(水) 08:57:37 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: 沈黙
>guchさん
2月公開ですね。
オーストラリアもクリスチャンが多いのかな。
反応気になりますね。
リアルで美しい映画でしたが、オスカーに蹴られたのは宗教的な部分もあるのかなぁと思ってみたり。
へー、キチジローはマコさんでしたか。窪塚とはイメージの違ったものになっていそう。
そちらも観てみたいです。
2017/01/25(水) 09:07:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
これ見たいです。
確かにアカデミー賞ではあまり評価されてないですね。
スコセッシの最近の作品は、解りやすいんですけど
その分、なんだろう、内容が題材に対して薄いようにも感じられる傾向があるかなー。
なんとなく今これを作る意味、が評価されなかったのかな?
とも思ったり。
見てないので何ともですが。
ただ、日本人の監督だと、宗教的に???
になっちゃいそうな作品なので、
海外の監督が作る方がいい感じはします。
2017/01/30(月) 06:22:39 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
結局撮影賞のノミネートのみになりましたね。
インタビューで「なぜ今これを?」と聞かれて、「自分も歳をとって、死=神に近くなったので、そろそろこれを撮ることも許してもらえるかなと思って」と言ってました。
「原作を完全に理解できたかはわからない。まだ道半ばだ」とも。
突き詰めようと思っても難しいところがあったのかもですね。
本国で評価が分かれているのも、棄教に所以するとこは大きいかも。
を描くわけで、キリスト教を重んじる人には受け入れがたいのものもありそう。

私もわかったようなわからないような・・な状況なので、ぜひmiskaさん観て解説してください。
2017/01/30(月) 11:44:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
やっと劇場で観てきました。スコシージ監督がキリスト教をかなり客観的に描いているのは伝わってきたのですが、これでは、クリスチャンの人が見たら地の果てでのキリスト教弾圧地獄巡りにしか見えないよなあって気もしちゃいました。だから、、もっとクリスチャンは団結して強くならねば的なメッセージになりかねない上っ面を持った映画ではないかしら。私のような宗教に縁がない人間には価値観の葛藤のドラマとして大変面白かったのですが。
2017/02/18(土) 02:11:35 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
キリスト教弾圧地獄めぐりw
そうですね。スコセッシらしく延々と拷問シーンが繰り返されるのは辛かった。
クリスチャンのとっては腹立たしい部分もあったのかな。
でも神は苦しみとともにあるというメッセージや、外をどう繕おうと信仰を失わなかったというオチには納得する方も多いのではないかと思いました。アイデンティティの揺るぎを演じたガーフィールドも頑張ってましたね。
TBありがとうございました。
もしかしたらeinhornさんから頂く最後のTBになるかもですね。
2017/02/18(土) 13:40:53 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
17世紀(江戸時代初期)。 長年、日本で布教活動していたポルトガル人宣教師フェレイラは、幕府の激しいキリシタン弾圧に耐えられず棄教したと噂されていた。 師の安否と真実を確かめるため、弟子の司祭ロドリゴとガルペは、日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 そこでは想像を絶する苛酷な弾圧が行われていた。 囚われたロドリゴは、究極の選択を迫られる…。 歴史ドラマ。
2017/01/26(木) 14:54:02 | 象のロケット
映画 『沈黙-サイレンス-(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、原作の遠藤周作氏の小説『沈黙』は未読。 ざっくりストーリー 17世紀江戸初期、長崎で厳しいキリシタン弾圧の中で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が棄教したとされる真実を確かめるため、...
2017/01/27(金) 10:19:04 | ディレクターの目線blog@FC2
 『沈黙-サイレンス-』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗闇の中でしばらく虫の声がします(注2)。  その後タイトルが流れて、熱湯が地下から湧き出ているところ(雲仙地獄)のそばで、キリシタン...
2017/01/31(火) 21:39:43 | 映画的・絵画的・音楽的
【出演】  アンドリュー・ガーフィールド  アダム・ドライバー  リーアム・ニーソン  浅野 忠信  窪塚 洋介 【ストーリー】 江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラが捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリ...
2017/02/01(水) 21:20:52 | 西京極 紫の館
沈思黙考を促される映画。
2017/02/02(木) 10:14:15 | Akira's VOICE
遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が、原作との出会いから28年の時を経て遂に撮り上げた渾身の歴史ヒューマン・ドラマ。非情なキリシタン弾圧が行われ...
2017/02/02(木) 18:44:22 | パピとママ映画のblog
構想26年。マーティン・スコセッシによって、遠藤周作の小説『沈黙』の映画化。 159分にも及ぶ長い作品ですが見せます。流石にスコセッシですねぇ。それともちろん、遠藤周作の作品も良いのでしょう。時間の長さを感じさせません。加えて、キリシタン弾圧と言う非常に重...
2017/02/08(水) 22:13:17 | 勝手に映画評
 信仰をめぐる遠藤周作の名作を30年近くかけてマーティン・スコセッシ監督が映画化。長時間、真面目でアメリカになじみが薄い題材のため、オスカー候補は逃しましたが、昨年のアメリカ映画を代表する作品といっていいでしょう。  作品情報 2016年アメリカ、イタリア、…
2017/02/13(月) 07:02:19 | 映画好きパパの鑑賞日記
今回は新作の「沈黙-サイレンス-」をTOHOシネマズ上大岡3で観てきました。ここは、劇場のキャパの割にはやや画面が小さめという、シネコンにしては珍しい映画館。後ろに座ると画面の迫力がなくなるし、前に座ると画面を見上げることになっちゃうんだよなあ。 江戸時代の初期、激しいキリシタン弾圧のあった長崎で、宣教師のフェレイラ神父(リーアム・ニーソン)が棄教したという知らせがヴァリニャーノ神父(...
2017/02/18(土) 22:54:41 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)