映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】Mr.チャーチ(原題)
2016年12月25日 (日) | 編集 |
mr-church-thumb.jpg
 
Mr.チャーチ(原題)(2016 アメリカ
原題:Mr.Charch
監督:ブルース・ベレスフォード
脚本:スーザン・マクマーティン
出演:エディ・マーフィー/ブリット・ロバートソン/ナターシャ・マケルホーン他

【あらすじ】
母子家庭のマリーとチャーリーの家に黒人の料理人Mrチャーチがやってきた。はじめは拒否反応を示すチャーリーだったが、Mrチャーチの繰り出す料理マジックに魅せられていく・・

【感想】
脚本家スーザン・マクマーティンの実体験をもとにしたヒューマンドラマです。

エディ・マーフィ演じるMr. チャーチはある母子家庭の家に料理人として雇われた男。
マリー(ナターシャ・マケルホーン)の死んだ恋人リチャードから、6か月間マリーの面倒を見るようにと派遣されていたのでした。期間限定なのはマリーが乳がんを患い、余命6か月と宣告されていたから。
mrchurch.jpg

ジャズを聴きながら軽快な包丁さばきで料理を作り上げていくエディがなんだかいい感じ。
お料理もおいしそうで、我が家にも来て欲しい
mrchurchcook.jpg

6か月のはずのお勤めはマリーの思わぬ踏ん張りにより長らえ、Mrチャーチは一家と長期にわたり関わっていきます。
高校生になったチャーリーを演じるのは『トゥモローワールド』のブリット・ロバートソン。このチャーリーのキャラに脚本家スーザンは自身を投影したんですね。
02-mr-church.jpg
インタビューで「Mrチャーチがいなければ、自分の今はない」というスーザン。
後半部分がやや現実味に欠けるのは、脚本家が「そうあって欲しかった」という架空の話をつなぎ合わせたからだと知って納得。

黒人の使用人が白人一家のかけがえのない存在になるというのは監督の代表作『ドライビング・MISS・デイジー』にも通じるものがありますが、『ドライビング~』のモーガン・フリーマンに文盲という背景を付け加えていたように、本作のMrチャーチにもミステリアスな秘密があって、彼はプライバシーを頑なに守ろうとします。

その秘密に繋がる要素を伏線として描いてはいるのだけど、どこか曖昧。酔った時のセリフから大体のことは想像がつくものの、Mrチャーチの秘密を明確に描かないのは脚本家の心遣いなのかな。
映画的には、どこかでその秘密を明かしてトラウマを乗り越えるように持って行ってもよかった気もするんですが。

それでも「誰かに助けられたと思っていたら、自分もその人の助けになっていた」「誰もが誰かのかけがえのない存在」ということに素直に感動できる好きな映画でした。
ドラマを演じるエディ・マフィーもよかった。
サテライト賞で助演男優賞にノミネートされてます。
eddy.png

ブログパーツ


























関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
うわっっ……エディ・マーフィーおじいちゃんになってる!
コメディどころか映画に出てる?わたしがみてないだけかなー。なんか含みのあるキャラで面白そう。
『ドライビング~』はいい映画だった。デイジーさんとホークの立場を越えた友情が優しく沁みてホント好き。息子役のダン・エイクロイドのキャラがまたいーんだよー。そんで最後、悲しくないラストにしたのが絶対勝因!
あ、また別の映画を語ってるwww
で、これ観たいけど配給されるかなぁ……。
2016/12/26(月) 06:24:39 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
あ、一番下の画像はそれから30年後ってやつね。
エディ・マーフィーあんまり変わってなかったよ。
そういえば最近出てなかったね。『シュレック』以外ではラジーノミネートの『ジャックはしゃべれま1,000』が最後だったかな。見てないけど(汗)
今回はそれまでのコメディ色を払しょくしてこんなのやれるんだって思ったな。

ビバリーヒルズ・コップの新作の前に健在をアピールできてよかったと思う。
『ドライビング~』のダン・エイクロイド、思いだした。よかったね~。
ラストもほのぼのウルウルだったわ。
わはは、いくらでも語って(笑)
> で、これ観たいけど配給されるかなぁ……。
2016/12/26(月) 08:33:02 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
エディ・マーフィーも、もう50なんぼですか  すっかりおっさんになってもうて  最近あまりパッとしないんであがいてるようで  いよいよ演技派か
昨日、ドリトルテレビでやってましたが
2016/12/26(月) 17:12:43 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
もう55歳かな。もういいおやじですね。
ここのところおバカすぎるコメディに出てましたが、自分の方向性を考えあぐねてたのかもですね。
本作は台詞が少ないんですが、目の表情だけでチャーミングに演じているシーンに彼らしさを感じました。
ユーモアも湛えつつ演技派にシフトしてくれたらいいなと思いますね。
ドリトル懐かしい。
2016/12/27(火) 00:35:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
なんか、ふわふわした設定だなあと、パスかなあとも思ったのですが、ブルース・ベレスフォードが監督しているってことで俄然観たくなりました。キャラの描きこみのうまい監督さんだけに、期待しちゃうのですが。
2016/12/27(火) 03:38:10 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
No title
普通のオジサン化したエディ・マフィーだ!!

若かりし頃、動物相手に頑張ってたよね(笑)
実はあんまり好んで観る役者じゃないのだ(失礼)
でも内容によるわな。(おお偉そ)

『ドライビング~』は良かった。良く覚えてないけどww

いま、こっちはノロにインフルに大流行なんだよ!
そっちも気を付けてね。ウチは今んとこセーフ。今んとこ・・・
2016/12/27(火) 03:51:15 | URL | chaco #-[ 編集]
To einhornさん
なるほど、本作も脇役もしっかりキャラ付けされてて、演出が丁寧でした。
そういうのが上手い監督なんですね。
ただ残念なのは全般をナレーションで語っているため、小説を読んでる気になるところですね。
雰囲気はすごくいいんですが。
2016/12/27(火) 23:32:16 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
一番下の写真はそれから30年後という設定ね。
最盛期の頃と並べて比べれば経年変化はあるはずだけど、久々のエディさん、あまり変わってないんですよね。

わはは、chacoさんのタイプじゃなかったですか。
私は割と好きだったんだけど、近年はあまりにもおバカなものに出てて、作品観てなかったんだよねぇ。
これは世間の評価以上に私は好きでした。
『ドライビング~』もよかったよね。
ノロにインフル、いやーーー
明日から、あ、もう今日だ、帰省の途につきますよん。
もらわないようにしないとなぁ。。
chacoさんも気を付けて~。
2016/12/28(水) 00:11:16 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Mr. Church
アクセル・フォーリーがこんな役柄を??まあ”Dreamgirls"も素晴らしかったので別に驚きませんよ(*´∀`*)。そう言えばまた戻って来るらしいですね?4作目かな??ナターシャって”Ronin"に出てましたよね?どうも日本の小雪と似ている気がしてて、、
2016/12/28(水) 00:29:55 | URL | guch #-[ 編集]
Re: Mr. Church
>guchさん
随分とイメージが違いますよね。
出演は少ないようだけど、コメディアンからいい感じにシフトしていってるようですね。
あ、でもまたビバリーヒルズ・コップやるんですか。
歳とってどんなアクセルを見せてくれるのか楽しみですね。
ナターシャは私はクルーニーと共演した『ソラリス』が印象的です。
人間離れした美貌が謎の存在にぴったりはまってました。小雪と少し似てるかもですね。
2017/01/10(火) 01:10:10 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
去年の映画では、お気に入りの一本に入ります。私的には、pu-koさんとは反対で、トラウマを乗り越えられなくても、静かに彼の心に家族という絆が生まれたことによって癒される・・・。だから、素直に感動できたみたいです…(^^)
2017/01/15(日) 18:57:36 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To NZ_RR さん
確かに。
最後に彼らが家族同然になっていてとても穏やかな気持ちになりました。
トラウマを乗り越えるばかりが映画ではないですね。
2017/01/16(月) 00:20:41 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック