映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ラ・ラ・ランド
2016年12月19日 (月) | 編集 |
la-la-land-sing-dance-trailer.jpg
 ラ・ラ・ランド(2016 アメリカ
原題:La La Land
監督/脚本:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリングエマ・ストーン/キャリー・ヘルナンデス/ジェシカ・ローゼンバーグ/ソノヤ・ミズノ

【あらすじ】
オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく・・(映画.com)


14年に『セッション』で映画界を沸かせたデイミアン・チャゼルの長編監督作品2本目にして、オスカー作品賞有力候補の『ラ・ラ・ランド』を観てきました。

わが地方は日中もマイナス9℃という猛烈な寒気に見舞われてますが、本作が往年のミュージカルをほうふつするとのうわさを聞いてか、ご年配の客が多かったです。
私ははっきり言ってミュージカルは苦手で、今日の客の期待するような感じだったらどうしようと思ってました。
ところどころ、そっち系?と思わせるところもあってビビりかけだけど、後半は目くるめく映画のマジックにハートを完全に持っていかれました!
もうこれはミュージカルというジャンルに収まらない、なんというか新しいジャンルだと思う。
デイミアン・チャゼル最高だぜー。
La-La-Land-Movie-2016.jpg
タイトルの「ラ・ラ」というのはLa Laすなわちハリウッドを有するロサンゼルス、ロスのこと。
この映画は夢を追い求めながらロスで暮らすミア(エマ・ストーン)とセバスチャン(ライアン・ゴズリング)のお話です。
出会った二人は互いの夢を応援します。
でも女優志望のミアはオーディションをいくら受けても受からず、ジャズクラブを持ちたいセバスチャンは好きでもない音楽でお金を得るしかないのが現実で、互いに自信を無くしかけている。ここにはこういう女優の卵やミュージシャンが数えきれないほどいて、多くは夢をあきらめLAを去ることになるんでしょうね。

映画は、果たして二人は夢を実現することができるのか、はたまた恋を実らせることができるのかを、ダンスや歌いっぱいで見せてくれます。2人のシンプルな歌声も素敵。観る前はエマの歌声が気に入っていたのに、映画の中ではゴズリングがいい。彼はピアノも実際に弾いていて、それだけでも惚れ惚れなのに、驚くことに監督はそれをワンテイクで撮ってるんですよ!! ピアノシーンだけでなく、ダンスシーンもワンテイクだったと思う。途中でそれに気づいてマジかとガン見しちゃったもんね。

監督の演出はクラシックなテイストを維持しながらも自由で美しく斬新。
終盤の興奮はネタバレしたくないので書けないけど、切なくて愛おしい最高の一本。
ゴズリングの人気も沸騰すると思うな。
主題歌もかなり好き。オスカーにどのくらい絡むかも楽しみです!




ブログパーツ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
デミアン・チャゼル最高?!
苦手カテゴリーミュージカル。苦手度はpu-koさんの比ではないのだけれど、これは勝手にイケそうな臭いを感じるのよ。
予告トレーラー観て「あれ?これは……もしかして」と。
レミぜもオペラ座怪人もシカゴも退屈で寝たみーすけ、果たして???
唯一大好きな第2の『オール・ザット・ジャズ』に、なるのか?!
主演二人も大好きだしとにかく楽しみよ~~ん♪
2016/12/20(火) 03:42:36 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
レ・レ・レのレ
こんばんは!
ラララ!ご覧になったのですね!私も早く観たい観たい!私もミュージカルはちょっと苦手なのですが、新しい系統のミュージカルということで、すごく楽しみです。オスカーでは、久々のミュージカルでの作品賞受賞となるでしょうか。
でもやっぱ、いちばん気になるのは主演女優賞…あの大女優が、せめてノミネートされますように!正直、N・Pが二度目の受賞とか、ええ~…って感じがします…
2016/12/20(火) 05:04:19 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
No title
そ、コレ!

いつも行く内科の待合室にあった「スクリーン」に載ってた。
あ、ゴズリングだーー!って目をキラキラさせて読んでみたら
なんとミュージカルって事。

うん、私もpu-koちゃんとおんなじでミュージカルは苦手。
でも吸い込まれるくらいイイんだね?
そっか。。。
だって「君読む」の彼だしね~(笑)
2016/12/20(火) 05:51:35 | URL | chaco #-[ 編集]
No title
夢を追い求める若者二人。それをミュージカルにして、さらに甘く,ロマンティックに仕上げているのでしょうか。その非現実な世界が、かえって核心を突いてくるような映画だと良いのですが。
「シェルブールの雨傘」の様に。
2016/12/20(火) 08:22:19 | URL | yymoon #-[ 編集]
To みーすけさん
冒頭から思いっきりミュージカルで私でもちょっとビビるんで、みーすけさんも前半は覚悟した方がいいかな(笑)
でも、そこ乗り越えればゴズリングとエマちゃん二人のパートはミュージカルと感じずに観れるはず。
デミアン・チャゼルはいいよ。ハリウッド映画に新風を吹き込むはず。
ラストスパートの歓喜と静寂は言葉にならないから。
とにかく観て~。
2016/12/20(火) 10:30:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: レ・レ・レのレ
> 松たけ子さん、こんばんは。
あ、やっぱりミュージカル苦手?お仲間が多くて心強い(笑)
監督はそういう今世代の映画ファンにミュージカルの楽しみ方を教えたいのかな。
オーソドックスなところもあるけど、ロマンスの中自然に音楽が使われているので普通についていけるし、うまくはないかもだけど二人のシンプルな歌声も心地よいです。
オスカーどうでしょうね~。古いアカデミー会員には絶対受けがいいだろうと思う反面、昨年のOscarsSoWhiteの問題が影響して『ムーンライト』を無下にできないでしょうからかなりの激戦になるのでは?
作品賞『ムーンライト』、監督賞デイミアン・チャゼルの線もありかと。
黒人はもう一つ最有力候補のでは、久々のミュージカルでの作品賞受賞となるでしょうか。
ユペール様の主演女優賞ノミネートは大丈夫でしょう。でもナタポー強そう(笑)
2016/12/20(火) 10:45:37 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
はい、ゴズリングだよ~。
もうね、これ見たらゴズリングファン増えると思うわ。
ピアノがこんなに上手だったのもびっくりだしね。
劇中シリアルを食べるシーンがないのは残念だけどw
『君読む』から大きく成長したゴズリングをぜひ堪能して~。
2016/12/20(火) 10:49:47 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To yymoonさん
はい、甘いかは観てのお楽しみということになりますが、ファンタジーな映像は十分ロマンティックだし、非現実な世界を描くことで現実が浮かび上がるという・・
あれ?ご覧になる前から凄い読解力。
そこ敢えて伏せた部分です♪
yymoonさんタイムスリップして映画観てこられたでしょう(笑)
『シェルブールの雨傘』の影響も受けてると思います。
2016/12/20(火) 10:59:59 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
たぶん、 見ないであろう作品  上の写真 両手広げて踊ってる  うぇ-
からして  見ない  誰か死むか脱がなきゃ 10 クローバーフィールド・レーン 手元にあるんだけど まだ見てない
2016/12/20(火) 17:32:48 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
わはは、両手広げて踊ってる部分は『はなればなれに』風。
そこだけ見ると うぇ- かもだけどw
たまには物騒じゃない映画もいいもんですよ(笑)
『10 クローバーフィールド・レーン』は面白かった!
2016/12/20(火) 17:42:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
LA LAND
ああ~、、クリスマスにならないと公開されないんですって、、。何となく”アーティスト”を思い出してましたがやっぱりあれに近い雰囲気じゃないですか?じいちゃんばあちゃんに混じって見てきます(*´∀`*)。
2016/12/20(火) 20:43:33 | URL | guch #-[ 編集]
Re: LA LAND
guchさん>
こちらも全米公開はクリスマスだそうです。
幸い3番目に近い映画館で限定公開されてて、昨日までだったので寒い中出かけましたよ。
あー、カラーで音もあるので『アーティスト』は思い浮かばなかったけど、ショービズ界で夢を見る二人という点では似てるのかな。
クリスマス公開にこだわる意味があったなと思いましたので、ぜひお楽しみに。
2016/12/20(火) 20:56:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
予告編を観たとき、ミュージカルみたいだけど、やけに画面が暗くて、何だかつかみどころがないなあって印象でした。記事を拝見しても、どういう映画なのか今一つよく見えなくて、とりあえず観てみないとわからない映画なのかしら。
2016/12/21(水) 10:21:58 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
冒頭から大人数のミュージカルシーンがありますが他は自分の心境を歌うシーンがあったりデートでダンスしたり。
音楽の大部分はジャズクラブの演奏などなので、歌で会話するタイプのミュージカルではないですね。
LAで女優を目指す女性とジャズピアニストとしてクラブを持ちたい男性が最悪のタイミングで出会う
それでも恋に落ちる二人の夢はかなうのかという話なんですが、ちょっと伏せなければならない理由があってこれ以上は書けないんです。わかりにくくてすみません。
とりあえず観てください(笑)
2016/12/21(水) 15:12:01 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
こっちで試写会見た人は大絶賛ですね。
トレーラー見る限り、
50年代のミュージカル調なのはよくわかります。
2月公開なんですよね。
見に行きますよwミュージカルだしw
2016/12/23(金) 06:49:56 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
日本の試写会速かったですね。
やっぱりこれは絶賛になりますね~。
50年代のミュージカル調となると、miskaさんの得意分野!(笑)
2月公開だとオスカーのタイミングで上映ってことですね。
miskaさんの記事を今から楽しみにしています。
2016/12/23(金) 08:51:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
ミュージカル
わかっちゃいるけどミュージカル苦手な人多いんですね(笑)
何かと言うと歌、ダンスの海外と日本の違いでしょうか・・・
2017/02/07(火) 16:48:35 | URL | まっつぁんこ #L1vigvx6[ 編集]
Re: ミュージカル
>まっつぁんこさん
コメントありがとうございます。
ミュージカルは好みが分かれる分野ですよね。
日本人も好きな方はいっぱいいると思うんですが、
そっか、日常に歌やダンスが溢れてる方が入り込みやすいのかな。
ともあれ、本作の音楽は非常に好みでした。
ミュージカルのスタイルも時代とともに変わってきているのかもしれませんね。
2017/02/08(水) 00:20:09 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
大人のファンタジー
序盤の展開にワタシの苦手なセリフが歌?と心配しましたが
そうでなくて、とにかく安心しました。
チョットしたトラブルありましたが、問題なく映画に集中できてよかったです(←ここ大きい・笑)
切ないラストに劇場内のあちこちから鼻をすする音が。。。
監督にとって、次の作品こそ真価を問われるかもしれませんね。
2017/02/24(金) 17:31:46 | URL | ituka #r4tB/SwE[ 編集]
Re: 大人のファンタジー
>itukaさん
私もいきなり歌いだすタイプのミュージカルが苦手なので、オープニングに少し不安がよぎりました(笑)
その手のじゃなくてよかったですね。
主演2人が歌う曲は予告を観たときから魅了されたし、ミュージカル嫌いを克服させてくれるくらいよかったです。

itukaさんも映画に集中できて何よりでした!!

次はどんな映画を出してくるんだろう。本当に楽しみですね。
2017/02/24(金) 19:50:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
La La Land
興奮が冷めないうちに…。
観てきました。シネマスコープが出てきたとき、何か素晴らしい予感が…。原色の鮮やかさ!! テトラード配色(赤・黄・緑・青)の調和。デジタルでは出せない、懐かしい原色のオンパレード。もう幸せな気分でした。
ジャズとミュージカルを蘇らせた(?)、Pu-koさんも書いたように、新しいジャンルかもれません。
思わず、涙が出た映画でした。最後のエンディングも、最高です。
じつは、わたしもミュージカルは苦手な方です…(苦笑)
2017/02/26(日) 01:14:58 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
Re: La La Land
>NZ_RRさん
監督が長くあたためてきただけあって映画愛に溢れる逸品でしたね。
ジャズとミュージカル監督の「好き」がさく裂
ラストの映画的興奮。これは本当にたまらない
私も思いだすと幸せな気持ちになります。
ミュージカル苦手な方、意外と多いのにちょっとホッとしてますがw
でもミュージカル嫌いを払しょくさせられますよね
まさにミュージカルの枠に収まらないニュージャンルな気がしました。
2017/02/26(日) 09:15:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
ちょっと
評判になりすぎたのが、あまのじゃくとしては逆効果になりそうでしたが…よかったです!
そもそもミュージカル好きのうえに、かわいこちゃん好きなので(笑)。
あ、節操がないとか言わないでー。
ミュージカルは根本的に、もー、楽しいんです! きょう、2回目観てきますわい。
2017/03/04(土) 19:13:32 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
Re: ちょっと
> ぼーさん
ミュージカルお好きならこれはもうたまらなかったでしょー。
しかもミュージカルへの見方を変える画期的な作品だたと思います。
楽しかったですね。
おーー、二回目ももうご覧になったかな。
私ももう一回観たい!
2017/03/05(日) 08:18:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
pu-koさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

残念ながらアカデミー賞で作品賞は逃してしまったものの、最多ノミネートするのも納得できる内容ではあって、自分も楽しく観れましたね。
そいえば確かに往年の名曲名作が多かったように思えましたからクラシックな雰囲気もありましたし自分もその辺りは殆ど分からなかったのですが、それでもその古さのようなものは観てて全然感じなかったんですよね。新旧のテイストみたいなのが上手い感じで混ざってる印象もあったので、それが飽きずに楽しめた理由だったのかなぁとも思いました。
2017/03/10(金) 06:02:16 | URL | メビウス #mQop/nM.[ 編集]
To メビウスさん
おはようございます。
作品賞は残念(しかも前代未聞の発表間違いw)でしたが、面白い作品でしたね。
私も古いものはあまり知らないんですが、ミュージカル苦手でもすんなり入れました。
賛否は分かれてるようだけど、これからどんな作品を撮っていくのか非常に楽しみな監督さんです。
TBありがとうございました。
2017/03/10(金) 08:49:12 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ラ・ラ・ランド@よみうりホール
2017/02/08(水) 07:45:01 | あーうぃ だにぇっと
[ラ・ラ・ランド] ブログ村キーワード  本年度アカデミー賞で、13部門・14ノミネート。本命中の大本命!「ラ・ラ・ランド」(GAGA)。“ミュージカル映画”って言うと、拒否反応を示される方もおられますが、果たしてこの映画を好きになれない人なんているんでしょうか?  夢を追う人々が集う街、ロサンゼルス。女優志望のミア(エマ・ストーン)と、ジャズピアニストのセブ(ライアン・ゴズ...
2017/02/20(月) 23:03:00 | シネマ親父の“日々是妄言”
歌で始まる映画にハズレなし 歌、恋、夢、ダンス❣️これ往年のハリウッド名画のラブロマンス&ミュージカルをカラフルに現代アレンジした感じロマンチックでほろ苦。 これは好みに分かれるかなライアンが久しぶりに等身大のリアルな男をチャーミングに演じてて魅了さ...
2017/02/21(火) 22:49:14 | 我想一個人映画美的女人blog
夢追い人が集まる街アメリカ・ロサンゼルス。 映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指しているが、オーディションに落ちてばかりだった。 ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾く青年セブことセバスチャンと出会う。 彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。 恋に落ちた二人は互いの夢を応援し合うが、徐々に気持ちがすれ違っていく…。 ミュージカル。
2017/02/22(水) 08:38:44 | 象のロケット
映画 『ラ・ラ・ランド(字幕版』(公式)を 2/24 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。女優を目指すミア(エマ・ストーン )は映画スタジオのカフェで働きながら、オーディションを受けては落ちての日々。一方、場...
2017/02/24(金) 17:34:03 | ディレクターの目線blog@FC2
『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイン』などのライアン・ゴズリングと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』...
2017/02/24(金) 21:28:48 | パピとママ映画のblog
評価:★★★★【4点】(10) ライアン・ゴズリングだけに 『ラ・ラ・ラースとその彼女』という
2017/02/24(金) 22:01:58 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
アカデミー賞14部門ノミネートのミュージカル映画だ。「セッション」のデイミアン・チャゼル監督がライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演で製作した。女優を目指す女性とジャズピアニストを目指す男性の物語である。冒頭のハイウェイ渋滞シーンから長回しのシーンがある
2017/02/24(金) 23:28:29 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
LA LA LAND観てきました。 アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。ある日、ふと立ち寄った場末のバーで、ピアノを弾いているセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼の夢は、自分の店を持って思う存分本格的なジャズを...
2017/02/24(金) 23:46:31 | まぜごはん
嗚呼、これが映画だ。これこそが「映画」だ。 ロマンティック、テクニカラー、ミュージカル、アメリカンドリーム、ジャズが口々に語る。これが「映画」だと。こんな恋が羨ましい ...
2017/02/24(金) 23:59:12 | こねたみっくす
今年のアカデミー賞史上最多の14部門のノミネート。 月曜午前中に、その結果が発表される。 その怒涛のノミネーションは以下。 ・作品賞 ・主演男優賞・主演女優賞 ・監督賞 ・脚本賞 ・作曲賞、主題歌賞(City of Stars、Audition の2曲ダブル・ノミネート) ・撮影賞 ・衣装デザイン賞 ・編集賞 ・美術賞 ・音響編集賞 ・録音賞 昨日日本公開...
2017/02/25(土) 08:49:38 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!  
2017/02/25(土) 17:48:45 | Akira's VOICE
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ、フィン・ウィットロック、ジェシカ・ロース、キャリー・ヘルナンデス、トム・エヴェレット・スコット、ミーガ...
2017/02/25(土) 21:42:44 | タケヤと愉快な仲間達
【LA LA LAND】 2017/02/24公開 アメリカ 128分 監督:デイミアン・チャゼル出演:ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ 夢をみていた STORY:何度もオーディションに落ちてすっか...
2017/02/25(土) 23:23:14 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
ネタバレ注意。 まず思ったのは、アメリカのエンターテイメント業界の奥深さ。冒頭、渋滞したハイウェイで、沢山の人が歌って踊るんですが、歌って踊れる俳優・女優を、あれだけの数が揃えられるのが凄い。ミアじゃ無いですが、それだけ出番を待っている俳優・女優が沢山居るという事ですね。 この作品の、セバスチャンの演奏シーンですが、全て吹き替え無しでライアン・ゴズリングが演じていたそう。念のために、吹き...
2017/02/26(日) 16:14:27 | 勝手に映画評
夢を叶える史上最高にハッピーなミュージカル映画!という印象を強く与えたCM作った人の腕がすごい!! 勿論本編も素晴らしいのだけど、実際にはハッピーなだけではないほろ苦い大人の夢語りにぐっとくる作品なのだ。
2017/02/26(日) 17:04:02 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
『セッション』のデイミアン・チャゼル監督がライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で創り上げたミュージカルです。 昨年から、もう何回予告編を観ただろうと思うほど観たので、ようやく本編に出会えると楽しみにしていました。 カラフルでロマンティックな世界は、意外に切ない余韻を漂わせていました。
2017/02/26(日) 20:49:19 | とりあえず、コメントです
JUGEMテーマ:洋画     「ラ・ラ・ランド」 原題:LA LA LAND 監督:デイミアン・チャゼル 2016年 アメリカ映画 128分 キャスト:ライアン・ゴズリング      エマ・ストーン      J・K・シモンズ   オーディションにことごとく落...
2017/02/28(火) 08:49:17 | マープルのつぶやき
☆・・・アカデミー賞候補と言うことで、かなり、厳しい目を向けて鑑賞したのだが、それでも面白かった。 いい作品だ。 二人の男女の出会いと成功と、ほろ苦い大人の結末の物語。 ミュージカルとしての統制が感じられない中、徐々に、ヒーロー、ヒロイン、ダンス、ミュージック、演技、ストーリーの個性が発揮されてきて、その個性の突出が、ジャズのセッションにも似て、次第に高度な位置で結びつく、とにらんでいた。 ...
2017/02/28(火) 09:28:57 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
ミュージカル映画だったので思わずカテゴリーをライブ♪にしてしまいました。 プレミアムフライデーとかいう日ができたそうで私も久しぶりに映画を観に行きました。 しかも初日! ネタバレはたくさんかるかもしれませんのでこれからもご覧になる方はご注意ください。 ...
2017/03/01(水) 12:15:40 | sweetmagicのブログ
【出演】  エマ・ストーン  ライアン・ゴズリング 【ストーリー】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミアは、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャンと出会うが、そのいきさつは最悪なものだった...
2017/03/02(木) 22:53:25 | 西京極 紫の館
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。
2017/03/04(土) 17:07:04 | 或る日の出来事
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、       ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ■鑑賞日 2月26日(日)■劇 場 TOHOシネ...
2017/03/05(日) 08:59:47 | 京の昼寝~♪
3月1日のファーストデーに映画「ラ・ラ・ランド」を鑑賞しました。
2017/03/06(月) 21:54:16 | FREE TIME
【監督】デイミアン・チャゼル 【出演】ライアン・ゴズリング/エマ・ストーン/キャリー・ヘルナンデス/ジェシカ・ローゼンバーグ/ソノヤ・ミズノ/ローズマリー・デウィット/J・K・シモンズ 【公開日】2017年2月24日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受け...
2017/03/10(金) 20:58:06 | シネマをぶった斬りっ!!
予告編で音楽を聴いた瞬間に「この映画、見たい!」となったのだけれども、公開直後のネットの反響を読むと、どうも自分が望んでる方向とは違う映画みたい。ということで鑑賞予定を立ててはキャンセルするを繰り返したものの、やっぱり気になるのでとうとう映画館へ。渋滞した高速道路で皆が歌い踊るオープニングから一気に惹きこまれ、うん、見に来てよかった。冬、女優を目指すミアと、自分の店を持つことを夢みるジャズピ...
2017/03/12(日) 15:18:09 | 【徒然なるままに・・・】
 『ラ・ラ・ランド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)米国アカデミー賞の様々な部門でノミネートされている作品ということで、映画館に行きました(実際には、大本命視されていた作品賞からは外れてしまいましたが)。  本作(注1)の冒頭では、ロサンゼルスのハイ...
2017/03/13(月) 06:02:58 | 映画的・絵画的・音楽的
素晴らしかった!そして愛おしかった。映画の快楽の彼方に連れて行ってくれる作品。抱きしめたくなる、というのはこのような作品のことを指すのだろう。とはいえ、鑑賞前の私はかなり斜に構えていた。元々ミュージカルに親和性がない上、ラブストーリーオンリーはあまり好みではない。あと、「夢を追いかける」「思い続けていれば夢は必ず叶う」といった、いかにもアメリカらしい、ディズニー的な押し付けにはちょっと、いや...
2017/04/20(木) 12:46:10 | ここなつ映画レビュー
個人的にはハッピーエンドにしてほしかったけど、この切ない展開はこれはこれでありなんでしょうね~。そうきたか~・・・。 自分の店を持ちたいジャズピアニストセバスチャンと ...
2017/05/11(木) 13:55:30 | ペバーミントの魔術師
24日のことですが、映画館「ラ・ラ・ランド」を鑑賞しました。 オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアはピアノの音色に誘われて入ったジャズバーでピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする そして後日 ミアはパーティ会場のプールサイドで不機嫌そ...
2017/07/22(土) 23:50:04 | 笑う社会人の生活