映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】シング・ストリート 未来へのうた
2016年12月13日 (火) | 編集 |
94-sing-street.jpg  
シング・ストリート(2016 アメリカ
原題:Sing Street
監督/脚本:ジョン・カーニー
出演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ/ルーシー・ボーイントン/マリア・ドイル・ケネディ/エイダン・ギレン/ジャック・レイナー/ケリー・ソーントン

【あらすじ】
14歳の少年コナーは、父親が失業したために公立校に転校させられてしまう。ある日、街で見かけた少女ラフィナの大人びた魅力に心を奪われたコナーは、自分のバンドのPVに出演しないかとラフィナを誘ってしまう。慌ててバンドを結成するコナーだったが・・


『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』のジョン・カーニー監督の半自伝的作品だそうです。

監督作品に一貫してるのは、逆境を乗り越え、音楽で道を開こうとする名もないシンガーたちの挑戦を描いていることですが、監督は前作『はじまりのうた』でメジャーなスターたちと仕事をしたことにモチベーションが下がってしまったようです(笑)

というか、歌もギターもだめなキーラを主役にし、しかも大物スターのドタバタに振り回されたのが相当ストレスだったようで、もう二度とスーパーモデルと仕事しないと言ってます(笑)キーラ結構よかったと思ったけど~w
ま、そういうことで、本作は無名のアクターを使い、原点回帰を図った一作ということですね。

監督が青春時代を過ごしたダブリンは不況のまっただ中にあって、登場人物の多くの家庭も問題を抱え、主人公コナーの家も父は失業し両親の喧嘩が絶えない状況。
学費削減のために公立校に転校させられ、戸惑うコナーですが、そんなときに街角でみかけた綺麗なお姉さんに思わず「音楽PVに出てみない?」と誘ったことをきっかけにコナーの生活は一変。
singstreet2.png
快諾されたはいいが、バンドなんか存在しない
慌ててバンドメンバーを募集するさまは桃太郎ばなしみたいでユーモアたっぷり。
X監督自身、20代に3年間所属したロックバンドでPVも担当していたとのことで、映画に登場する手作りPVも楽しく、監督は音楽と同じくらいPVが好きなんだろうと思わせます。
へたっぴだった演奏が次第に音楽として聴きごたえのあるものになっていく様にはワクワクしました。
sing-street.jpg
でもこの映画がただの音楽映画になっていないのは、それぞれに何らかの問題を抱える登場人物の心のひだを盛り込んでいる点。
音楽ヲタクでPV好きの兄ブレンダンも本当は挫折し葛藤の真っただ中にありながら、それでも弟の背中を押し、ダブリンからの巣立ちを応援する。兄弟っていいな。ブレンダンを演じたジャック・レイナーは『マクベス』にも出てましたが、クリス・プラットに似てますね。
ダブリンの冬は寒そうだ
sing.jpg
監督が新しい形のミュージカルというだけあって、音楽もたっぷり。
80年代音楽の懐かしさもあって、心地よく観れる一本。

ゴールデングローブ賞、ミュージカル/コメディ部門で作品賞にノミネートされています。


ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
80年代はすでにオッサンになってたんでこの頃の音楽は ラジオで聴いてる程度で詳しくないです  ジャズばかり聴いてた
2016/12/13(火) 17:17:59 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
80年代・・・もうかなり懐かしい響きになりましたね(笑)
オッサンでもジャズ好きでも、おみゃあさんはご存じの曲ばっかりかも。
私はうとくて曲名も知らないんだけどそれでも耳は憶えてるのがチラホラ。
2016/12/13(火) 20:41:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』はどっちも観たけどさ、
これのキャスト誰も知らん!無知オバハンだ!!
80年代音楽はいいね~。映画は音楽が命じゃけん!

あ、昨日『あん』観たで!!
桜と”あの手”が印象的だったわ。
記事にするかも、しないかもww
2016/12/13(火) 23:57:45 | URL | chaco #-[ 編集]
No title
80年代の洋楽は好きでよく聞いていたので、登場する歌のあるある感が楽しかったです。登場人物が若いせいか、前の作品のような人生の機微というか苦味が感じられず、甘さが口の中に残る後味だったように思います。特にラストはちょっと気恥ずかしさも感じてしまったのですが、作り手の世代的にこういうのやりたかったんだろうなあってのが伝わってくるのが微笑ましかったです。
2016/12/14(水) 02:50:55 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
No title
洋楽を聞き出した頃のドンピシャな音楽かかるし、もっとドッカン来るかとおもったんだけど、そんなでもなかった💧
がたがたしてる家の中の鬱憤とか、学校の面倒さとか、いじめとか、貧困とか。
観てるときはうんうん……だったのに、終わると何も残らなかったという珍しい経験をしたなー。
あれかな、最後の逃避行が若干ファンダジーぽくて逆に急激に現実に引き戻されて「いや。無いし」って思っちゃったのかな。
でも、お兄ちゃんの最後の行動は泣けた。どっちかってーとそっちのほうが切なくてあー!あー!もーー!だった。

キーラいーじゃんね、キーラ。
エンディングのまとめ方は嫌いだけどラファロもセクシーで良かったけどな。
監督はインディペンデント嗜好なのかな。
2016/12/14(水) 04:59:48 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To chacoさん
『はじまりのうた』で大物使ったのが監督としては画期的なことだったみたい。
で、そういうのは自分に合わないと感じたみたいだけどw
今回主役も新人だし、誰も知らなくても普通だと思うよ。
chacoさんは80年代音楽詳しいからいっそう楽しめるはず。

おー『あん』観ましたか。
桜と”手”ね。
きりんさんが施設にいた皆さんみたいにお鼻がなかったりすると、映画も違ったものになっただろうし
人の目は残酷だから法律が変わっても施設で暮らすしかない人が多いんだろうなとか
色々考えさせられたわ。
記事にしておくれ。
> 記事にするかも、しないかもww
2016/12/14(水) 08:12:38 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To einhornさん
これは絶対この時代の音楽に親しんでる方が楽しめるでしょうね。
場面に合ってるものとか使ってるんだろうと思いながら、私にはわかなず残念だったので。
あ、そうですね。登場人物が若くて、これは主人公と同じ世代の人の方に響くんだろうなというのはありました。
ははは、ラストは確かに。監督自身もちょっと後悔したらしいですが
海を越えるってのを勢いでやりたかったんでしょうね。
私も生暖かく見守りました(笑)
2016/12/14(水) 08:18:54 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
みーすけさん風邪の具合はどう?
あー、einhornさんの返信でも書いたけど、やっぱり主人公たちが若いので、も少し若い世代にはドンピシャきそうなんだよね。
おばさんな私は共感までいかず遠い目になったのは確か。
これが日本の映画だとノスタルジーを感じられるのかもしれないなと。

最後も確かに現実から離れすぎた感あるよね。
そうそう、お兄ちゃんの方に共感したし切なさかった。
ブランドンが影の主役 というか、私たちにとっての主役。

一番苦労したのはキーラだろうし、なのにキーラが素人で苦労したみいたなこと言われたらがっくりだろうね。
むしろどう見ても玄人なマルーン5アダムよりもキーラの初々しさがよかったけどなぁ。
ラファロとのコンビも好きだったし。
そう、監督は完全にインディペンデント嗜好だと思うよ。
2016/12/14(水) 08:35:39 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
うん、ありがとー随分咳は減ったけど、やはりまだ声が出ないわ💧薬と日にち薬かなー。早く治して映画は観に行きたい!
体調あげあげしてきたので、ちまちま「あの方」のお誕生日お祝い記事でも書くわwww
2016/12/14(水) 09:03:31 | URL | みーすけ #-[ 編集]
To みーすけさん
そっか、声でないのは体力奪われるし不便だな。
でも回復傾向なのは何より。
そろそろいい映画も公開になるし、はやく治して映画館にゴーできるといいね。
お、「あの方」というのは・・どっちかなw
お誕生日お祝い記事待ってるね!
2016/12/14(水) 09:50:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コジカです。

この作品にすっかりハマってしまいました。
で、コジカ的に2016年のNo.1にさせてもらいました。
学校のライブからラストシーンは、「小さな恋のメロディ」のラストと個人的にオーバーラップしてしまいました。(ちょっと古すぎですね)

本年もよろしくお願いいたします。
2017/01/05(木) 05:42:35 | URL | ひつこじのコジカ #-[ 編集]
To ひつこじのコジカさん
こんにちは。
留守にしてまして、お返事大変遅くなりました。
おーー、コジカさんのベスト作品になりましたか。
『小さな恋のメロディ』は随分前に観てよく覚えてないんです。
そっか。そうしたお気に入りの映画と重なってしまうと一気にのめり込みますね。
こういう音楽映画は、その音楽を聴いていた時代に引き戻されるのもいいところ。
コジカさんにはドンピシャだったかな。
昨年はお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2017/01/10(火) 01:55:37 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「シング・ストリート 未来へのうた」を川崎の川崎チネチッタ2で観てきました。シネスコ画面になるとき、画面が上下に縮むだけという作りは、昔のシネコンだなあってしみじみするところもありますが、神奈川県のシネコンの中で今もトップクラスにある劇場だと思います。ところで、この映画のプログラムは、LPレコードのジャケットサイズで900円もしました。今(2016年)のプログラムの相場は720円...
2016/12/14(水) 17:49:52 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
評価:★★★★【4点】(P) 退学間違いなしの校内ライブコンサート後の夢の逃避行に拍手!
2016/12/18(日) 12:25:08 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。