映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】はじまりへの旅
2016年12月11日 (日) | 編集 |
captain-fantastic-poster-2.jpg  

はじまりへの旅(2016 アメリカ
原題:Captain Fantastic
監督/脚本:マット・ロス
出演:ヴィゴ・モーテンセン/フランク・ランジェラ/アン・ダウド/スティーヴ・ザーン/ミッシー・パイル/キャスリン・ハーン

【あらすじ】
現代社会から切り離されたアメリカ北西部の森で、独自の教育方針に基づいて6人の子どもを育てる父親ベン・キャッシュ。子どもたちは皆アスリート並みの体力を持ち、6カ国語を操ることができた。ところがある日、母が亡くなり、一家は葬儀に出席するためニューメキシコを目指して旅に出る。


マット・ロス監督によるアドベンチャー・ロードムービーです。

アメリカでは学校に行かず、ホームスクーリングと言って自宅で教育を受けるシステムが合法化されてます。公立学校の教師のとんでもない実態を描く『Waiting for 'Superman' 』なんてドキュメンタリーがありましたが、まともな学校がないから家で学ばせるというケースもあるんでしょうね。

この映画の場合、ヴィゴ演じるベンは無駄や無意味にあふれた世界を嫌い、世間から離れた森で子供たちにサバイバルの実践を学ばせています。哲学や語学なども教育して、長男などは有名大学にすべて合格する学力も。そんな彼らが病気療養中だった母レスリーの死を受け、葬儀に参加するために旅に出る。それはレスリーのある願いを叶えるためでもありました。

matt_ross_interview_3.jpg


これは面白かった。
特殊部隊みたいな特訓を受けた子供たちの身体能力の高さを見せる冒頭から新鮮。
ロードムービーへと移行する中盤からは、それまで一つの王国だった一家が、世間の目からどう見られるかを目撃することになります。ベンの妹夫婦の家族、レスリーの両親(フランク・ランジェラ&アン・ダウド)等からなどの視点を入れたり、子供たちの中からも自然に疑問が湧き上がったりで、一家を多角的にとらえているのが巧いところ。

ヴィゴは思わぬ現実を突きつけられたリ、挫折しながらも、子供たちの幸せを願う父親をユニークかつ人間らしく(すみません。いつもクールすぎるので)演じていて素晴らしい。
インディペンデント・スピリット賞やサテライト賞で主演男優賞にノミネートされています。

captain.jpg


サバイバル暮らしをする一家にしては子供たちが色白すぎて現実味がなかったですが、子役がみんな可愛く、衣装などがキッチュで目に楽しい。
長男役には『パレードへようこそ』で印象的だったジョージ・マッケイ。
ポスターなどに少しウェス・アンダーソンっぽさがあるけど、そこまでふわふわじゃないのは好み。
家族の物語としてもあたたかく見ごたえがありました。



日本公開は来年の4月です








関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
ポスタ-でリトルミスサンシャイン思い出したんだけど  あの一家も個性的 ロ-ドム-ビ-だし
2016/12/11(日) 02:39:04 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
ポスターが「ムーンライズ・キングダム」と「パレードにようこそ」に似てるなと思っちゃったのは偶然かしら。でも、アドベンチャー映画なんですよね。スティーブ・ザーン、ミッシー・パイルといった名前も気になります。
2016/12/11(日) 03:34:26 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To おみゃあさん
そうそう、私もバスで『リトルミス~』思いだしてました。
個性的な家族が旅を通して再生する物語というのも共通点がありますね。
バスは壊れませんけどw
2016/12/11(日) 08:24:22 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To einhornさん
あ、そうですね。作品自体もウェス監督作品を彷彿とさせるところがありましたが、 特にポスターは「パレードにようこそ」に似てますね。
アドベンチャー込みのロードムービーであり、再生物語です。
スティーヴ・ザーンは久しぶりに見ましたが、ヴィゴの妹の旦那という役柄、ミッシー・パイルは意識したことのない女優さんでしたがキャンプ場で出会ったティーンエイジャーの母親で出てた方だと思います。
ちょい役だけど印象的でした。
2016/12/11(日) 09:04:40 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
こんにちは~。って、そっちは真夜中かい?

ヴィゴってさ、サスペンスタッチの映画によく出てない?
あと凶悪犯とかww
顔が顔だから(何だよソレ)ね~。

こーゆーポジティブな映画はいいね。

ところで、スティーヴ・ザーンって昔『アウトオブサイト』に出てて可笑しなヤツ
って思ってたんだけど、ここではどんな役なのかな!?
2016/12/11(日) 21:51:32 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
おはよーになりました(笑)
ヴィゴは独特なお顔立ちで悪役もやれちゃうよね。
なのでこういうホンワカコメディは意外な感じだけど、なんでもハマるのはうまさなんだろうね。

スティーヴ・ザーンは昔はどっか足りないような(失礼w)役が多かったけど、『レスキュードーン』くらいからか痩せて本格派ぽくなったんだよねぇ。
今回はヴィゴの妹のダンナって役柄で、困った親戚を戸惑いながら受け入れるって感じ。
コメディリリーフでもなくて、昔のザーンを期待するとちょっと物足りないかも。
2016/12/12(月) 07:45:25 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
私もリトルミスサンシャイン関連かと思いました。
衣装がちょっと変なのでおかしな家族のような感じですが、何が起きるのか楽しいそうなので観てみたいです。
2016/12/12(月) 22:13:28 | URL | yymoon #-[ 編集]
To yymoonさん
バスが『リトルミスサンシャイン』っぽいですね。
バスには名前がついてました(笑)
ポスターの衣装は葬式に参列するための彼らの目いっぱいの正装です。
常識にとらわれないエキセントリックな家族が、自分たちの生き方を見直す話でもあります。
終盤のドタバタ含め映画的でとても面白かったのでお勧めします。
2016/12/13(火) 07:57:15 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック