映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
2016年12月06日 (火) | 編集 |
freeheldposter.jpg

 ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015 アメリカ
原題:Freeheld
監督:ピーター・ソレット
脚本:ロン・ナイスワーナー
出演:ジュリアン・ムーアエレン・ペイジマイケル・シャノンスティーヴ・カレル

【あらすじ】
20年以上にわたり刑事として働くローレルは、ステイシーと出会い恋に落ちる。やがて一緒に暮らし始める二人だったがローレルが病に冒されていることが発覚。ローレルは自分の死後、ステイシーが遺族年金を受け取れるよう郡に申請するが・・


第80回アカデミー賞で短編ドキュメンタリー映画賞を受賞したドキュメンタリーを映画化した作品です。
freeheld-main-compressor.jpg
同姓婚カップル、ローレルとステイシーにジュリアン・ムーアエレン・ペイジ
愛し合う二人は出会いから間もなくパートナー登録し、晴れて公的なカップルになります。
しかし家も買い幸せな毎日を送る中、ローレルが癌に罹患。余命いくばくもないことを知り、ローレルは遺族年金をトレイシーが受け取ることを希望するのですが、郡は無碍もなく却下。
それでもローレルの思いは強く、同僚デーン(マイケル・シャノン)の助言もあって郡の委員会にかけあうことに。
委員会は同姓婚カップルの権利に対し、どんな判断を下すのかという話です。
freeheld2.jpg
全米で同姓婚が認められることになったのは昨年のこと。それまでは認める、認めないは州によって違っていたんですね。舞台となるニュージャージー州が同姓婚を認めたのは2013年。ですから、当時のローレルとステイシーの関係はあくまでドメスティック・パートナー・システムで許可されたものにすぎず結婚とは違うもの。委員会がローレルの申し出を却下するのも、不思議ではないのです。
そんなこともあって個人的には同姓婚には異論はないものの、ローレルのケースで「平等」を求めるのには無理があると思ったんですが、支援グループが参加し自体が動き始めるのを興味津々で観ました。
hol9.jpg
後半は法廷もののような展開になるんですが、活動家スティーヴンを演じるスティーヴ・カレルがゲイ・トークで笑わせてくれるし、朴訥としていながらも誠実にローレルを助ける刑事の相棒マイケル・シャノンとのやり取りも楽しい。友情だったり、同情だったり、あるいは信念や勇気だったりと、支援者の思惑もベクトルも違うのだけど、それがかえってリアルで、映画の楽しみどころにもなっていたのはサプライズ。

ローレルとステイシーの力は微力でも、同じ考えのものが集まれば声は大きくなる。
結局委員会は痛いところを握られるということもあり、ごり押し的ではあるものの最後は二人の愛と支援の力が大きなうねりを生み出す様には感動しました。

ジュリアン・ムーアは刑事でレズビアンで癌末期という難しい役でしたが、終盤は観ているこちらが苦しくなるほどの喘鳴を伴う息遣いを見せるなど細かい演技も秀逸。流石ですね。
製作にも携わるエレン・ペイジもナチュラルでよかった。プライベートでもゲイをオープンにするエレン、脚本のロン・ナイスワーナー(『フィラデルフィア』)ともに、思い入れの強さも感じるところでした。



ブログパーツ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
色々な思惑を持った人たちの、あの手この手の駆け引きの結果、最後に主人公が勝利を手にするまでの流れを丁寧に描いているのが面白く、見応えがありました。同性愛絶対やだって人もいるし、同性愛って好きじゃないけど、平等に扱われるべきだと思う人もいるし、当事者と同じ境遇の人もいる。単に主人公だけの物語ではないところにドラマとしての奥行があったように思います。
2016/12/06(火) 12:10:26 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
No title
ちょっとづつ市民権を得てるようですが
この手の映画も増えましたねぇ
極論  両面ソレやったら 人類滅んでしまうんですが  ボクのようなマトモな(女好き)がいるから 種の保存に役立っているようで
日本でも むかしから 織田ゴム長 森乱丸(字が違う)があったように衆道の世界が当たり前で 坊主に稚児とか
陰間なんて商売も  おおやだやだ
2016/12/06(火) 18:01:06 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
40歳の●貞男、頑張ったんですね(笑)

えええ、エレンってゲイなの?知らなんだ!
オヤジ狩りしてた頃(笑)が懐かしいね。
こりゃ要チェックですわ!

因みに、あのワード●にしないで投稿したら、
不正な投稿です、って蹴られたゎ><
2016/12/06(火) 22:41:14 | URL | chaco #-[ 編集]
To einhornさん
> 色々な思惑を持った人たちの、あの手この手の駆け引きの結果、最後に主人公が勝利を手にするまでの流れを丁寧に描いている

私もその部分が凄く面白かったです。
社会的なテーマなので、当事者だけの考えで押し通さないことで、見るものも自分の意見に近いものを探せるのもよかった。
警察の仲間の中にも色んな意見の人がいて、それでも最後はみんなで駆け付けるところがすがすがしかったです。
よくできた映画でしたね。
TBありがとうございました。

2016/12/06(火) 23:14:32 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To おみゃあさん
そうですね。全米で同姓婚が認められることになったのだから、文字通り同姓婚も市民権を得たわけですね。

> 極論  両面ソレやったら 人類滅んでしまうんですが 
それは言えてる。ま、でも、先日記事にしたトム・フォードもゲイですが、同姓婚をして子供を育ててるようだし、
同性愛者も何らかの形で子供を持つ夫婦も増えてます。
我が家みたいな子供のない夫婦よりも、ずっと種の保存に貢献してますね。

そうそう、江戸時代なんかは結構そっちもお盛んだったようで、
武士同士の方が高尚だったんでしょうね。その時代にタイムスリップしたい人もいそう。
2016/12/06(火) 23:29:32 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
はい、カレルさん頑張ってました。
そういえば彼はゲイの役が多いような・・
で、「●」が要ったのね(笑) FC2は意外に厳しいんだわ。
気づいて訂正してくれてよかった。

エレンは2年位前かな、ゲイをカミングアウトしてちょっと話題になったよ。
クローゼットの頃は自分らしさを出せないことにストレスがあったんだって。
オヤジ狩りもストレス発散・・なわけないかw

今では恋人(ブロンド美人)もできて幸せそうです。
2016/12/06(火) 23:45:47 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
えっと、以前から「つぶやき」の
絶対にシリアルを食べないライアン・ゴズリング
に超ハマってて、見る度に分かっていても笑っちゃう。
サイコーだね!!スプーンがそーっと出てくるとこも笑える!
2016/12/07(水) 05:05:22 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
観た観た。シーンにピッタリで笑える。
でもってこれアップした方亡くなったんだよね。
で、あれ?chacoさんツィッターやってる?
2016/12/07(水) 06:47:58 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Freeheld
これは日本じゃ劇場公開、なのにオーストラリアじゃアデレイドの映画祭で公開されたっきりなんです。何ででしょうね、、結構理解、受け入れられそうな気がするんですが、、又、FOXさんかな、、
2016/12/07(水) 19:18:10 | URL | guch #-[ 編集]
No title
これもキャストが魅力で、楽しみにしてます~。
ジュリアン・ムーアに出来ない役って無いんだよね~。凄い役者だわ。リスペクトだよ。
エレン・ペイジもカミングアウトしてから何だか色々吹っ切れたみたいな感じがして非常に好印象だな。
シャノンたんとかカレルさんとか上手い人ががっちり脇を固めてるし、内容もガチガチに固そうで無いので楽しみ。
映画行きたいんだけど、喉風邪拗らせて全く声が出なくなってハスキーみーすけ状態。うちのブログも早く更新しないとまた放置プレー宣伝出てヤヴァイ!💧💧
2016/12/07(水) 23:16:53 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
Re: Freeheld
>guchさん
これ、こちらでも多分どこかではやったんんでしょうが、近くでは公開なくてDVDで観ました。
キャストもいいのに、厳しいですね。
日本で公開されたのは凄いと思います。
いい映画でした。機会があれば。
2016/12/08(木) 08:35:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
キャストいいよね。
ジュリアン・ムーアのうまさも再認識しちゃったわ。
動作にいつものフェミニンさがなくて、びっくり。
エレンはまさに吹っ切れた感あるね。自然体でいい感じ。
本気でジュリアンに恋してるだろうと思うほどだったし。
そう、脇を固める面々がユーモラスで、「難しい、悲しい」っていうだけの映画になってないのもいいんですね。

ありゃりゃ、風邪ひいちゃったのかぁ。
声が出ないなんて重症じゃないか。みーすけさんち覗いてもいつも『この世界の片隅に』なので忙しいのかなと思ってた。
お大事にね。宣伝出るまでに更新できますように。
って、宣伝恐怖症か(笑)
2016/12/08(木) 08:47:46 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ジュリアン・ムーアのこの映画への思いの強さを感じさせる演技でした。
日本ではたぶんいまだに知名度は低いのでしょうが、今や大女優の一人だと思います。
2016/12/08(木) 09:39:09 | URL | yymoon #-[ 編集]
To yymoonさん
ジュリアン・ムーア素晴らしかったですね。
オスカーをとるのが遅すぎた女優さんかもしれません。
本作でも細かい演技の技量に目を引かれましたが、最後のスピーチも圧巻で内面の演技に感動させられました。
まさに大女優。品もあっていいですね。
2016/12/08(木) 12:01:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」を川崎の川崎チネチッタ7で観てきました。原題の「Freeheld」は「自由を抑える、維持する、守られる」などのたくさんの意味を込めた言葉だそうで、邦訳するのは難しいタイトルだとは思いますが、エンドクレジットに流れる歌のタイトルを映画のタイトルに持ってこなくてもいいじゃないかと思うのですが。副題の「手のひらの勇気」も歌のタイトルからの派生であっ...
2016/12/07(水) 03:10:14 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
28日のことですが、映画「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」を鑑賞しました。 刑事として働くローレルは、ステイシーという若い女性と恋に落ち 一緒に暮らし始めるが、ローレルが病に冒されていることが発覚する 余命はわずか半年 ステイシーに遺族年金が受け取れる...
2017/02/27(月) 01:45:14 | 笑う社会人の生活