映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ラビング 愛という名前のふたり
2016年12月05日 (月) | 編集 |
 loving-poster-ruth-negga-joel-edgerton.jpg

ラビング 愛という名前のふたり(2016 アメリカ
原題:Loving
監督/脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:ルース・ネッガ/ジョエル・エドガートン/ウィル・ダルトン
日本公開:2017/3

【あらすじ】
白人と黒人のカップル、リチャードとミルドレッドは妊娠を機に結婚を決意するが・・


ジェフ・ニコルズの新作です。
黒人差別の残る50年代のアメリカ、ヴァージニア州で、州の禁じる「異種族結婚」に立ち向かった白人と黒人のカップルを描く実話です

妊娠を機に結婚した二人ですが、ある日、二人が眠るベッドルームに保安官や警察が押し掛け
州法を破ったかどで夫妻を逮捕し牢屋に入れてしまうんです。
Loving-2017-Movie-Download-Free-720p-BluRay-Free-Movies-Download.jpg
就寝中だったミルドレッドは着替えも許されないまま連行され、保釈時も寝間着のままだったのには気の毒すぎて言葉が出ません。そんな娘を目にしても何も言えない両親の悲しい顔も忘れられない。
黒人は黙って耐えるしかない。これが50年代のヴァージニア州の現実だったんですね。

二人はそれでも結婚を諦めません。
冒頭に書いたように「異種族結婚」に立ち向かったというのは、差別問題に取り組んだ活動家の話のように思われそうだけど、決してそんな風ではない。
彼らは静かに、一緒にいられる術を自然体で模索するんです。
タイトルのLovingは彼らの性でもあるんですが、もちろん愛し合う二人を表してもいるんでしょう。
そんな二人が法律までも塗り替えてしまうのには感動します。
582156d7ebc80Loving.jpg
エドガートンは怒りや焦燥感を言葉にすることなしに、真摯に妻子を愛する誠実な演技
逆境に耐え、夫を全身全霊で信頼し寄り添うミルドレッドを演じたルース・エッガは特に素晴らしく
2人そろって前哨戦のいくつかで主演男優賞、女優賞にノミネートされてますね。

ちなみにこちらが本物のラヴィング夫妻
loving.png



ジェフ・ニコルズにしては緊張感でピリピリするところもなかったですが、彼らの姿勢はムーブメントの貴重な一歩。実話ならではの重みがありました。
ブロードキャスト映画批評家協会賞、サテライト賞で作品賞にノミネートされています。

ジェフ・ニコルズ作品なのにマイケル・シャノンは出てないの?と思ったらやっぱり出てきました(笑)



ブログパーツ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
あーーーーこれも楽しみにしてるやつだわ!そしてこれも公開未定なんだわ!
お兄ちゃんが髪をブロンドにして、誰?って最初思ったんだわ。
深く心に沁みるって書いてたけど一体わたしはどこでこの作品の内容を知ったのかしらん、全く思い出せないwwwでも楽しみに。
そりゃー出るでしょーよシャノンたん!www
さあ、良い役か?ゲスか??そっちも楽しみ~♪
2016/12/05(月) 06:14:37 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
No title
愛情だけでは法律を塗り替えるのは難しいというのを、最近の映画「ハンズ・オブ・ラヴ」で観ただけに、どうやって、政治の部分で勝利を勝ち得たのかすごく興味あります。記事を拝見する限り、どう見ても二人に勝ち目はなさそうですもの。
2016/12/05(月) 06:25:03 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
No title
ジョエル・エドガートン
確かこの前観たよな~・・・・・って。

あ、『ブラック・スキャンダル』だ!
ジョニデが前髪剃りあげて頑張ってたやつ!
ジョエドって悪徳刑事役でよく出てる印象が強いぜ。
パツキンで眉までキンキンだとイメージ違う~。

法律まで変えちゃう素晴らしい映画なんだね。
感動だーー!!昔の人種差別ったら酷いもんね。
今ではウソのような話だね。
2016/12/05(月) 07:31:34 | URL | chaco #-[ 編集]
To みーすけさん
これもまだ公開決まってないね。
そそ、誰?って感じ(笑)
歯までガタガタにしてご本人に似せたみたいね。そこまでしなくてもいいんじゃないかと思ったw
エドガートンは『ミッドナイト・スペシャル』に続いてのジェフ・ニコルズ作品で、新しいミューズか?と思ったけど、やっぱりシャノンたんwwが出てきて微笑ましかったわ。
ちょい出です(笑)友情出演かも~w

2016/12/05(月) 08:13:40 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To einhornさん
あ、『ハンズ・オブ・ラヴ』では「難しい」という結論なんですね。そっか~。
記事では詳細はあえて伏せましたがラヴィング夫妻のケースは、時代の波に乗れたということだと思います。
ケネディ大統領が出てきたことも大きいでしょうね。
彼らの力ということでいえば、ひたすら愛を貫き誠実に生きたこと。それが波を引き寄せたという形です。
2016/12/05(月) 08:25:37 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
そうそう、ジョエドw『ブラック・スキャンダル』出てたね。
あの役はグレイだったけど、普段はいい人役が多いよ。
でね、みーすけさんとも何度かお勧めしてると思うけど
だまされたと思って『ウォーリアー』を観なはれ。
ジョエルのこともきっと好きになる。もちろん最高のトムハに遭えるからさ。

今も人種差別は根強く残ってるけど、この時代はまさに過渡期ですね。
2016/12/05(月) 08:32:43 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ルース・ネッガ、、見たことあるゾって思ってたらエージェントオブシールズのおねいちゃんだわ
このカップル逆だったら オトコが黒人だったら殺されてたやろうね
2016/12/05(月) 16:46:13 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
ルース・ネッガ、観たことある映画に出てるのに、私は全然記憶になかった。
それなりにベテランさんだったのね。静かな表現だけど、うまさを感じました。

> このカップル逆だったら オトコが黒人だったら殺されてたやろうね
うわぁ、そうかもねぇ。
そんな時代背景をもっと意識してたら、より緊張感を味わえたかもです。
2016/12/05(月) 23:46:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Loving
此方では1月12日公開なんですよ。本当についこの間まで実際にあった事なんですよね、60年代の初めは流石にNY北部ではそんな事はなかったですが、、南部じゃまだ続いていたんでしょうね、。
2016/12/06(火) 01:41:24 | URL | guch #-[ 編集]
No title
うん分かった。
『ウォーリアー』はWOWOWを録画してもらって
あるからいつでも観れるんだけど、
余計なのばっか観てる。
今度こそみるで~!!
2016/12/06(火) 06:48:26 | URL | chaco #-[ 編集]
ジョエル・エドガートン
こんばんは!
新大統領トランプさんにも観ていただきたい作品でしょうか。
つらい、厳しい内容みたいだけど、愛は無敵であることをあらためて教えてくれそうな映画ですね。日本公開の際には、ぜったい観たいです。
ジョエル・エドガートン、働いてますね~。同郷のラッセル・クロウやガイ・ピアースはもとより、ヒュー・ジャックマンさえも今や抜く勢いでしょうか?メルギブも頑張れ!オージーガイズ大好き。オージービーフはビミョー(^^♪
2016/12/06(火) 07:36:15 | URL | 松たけ子 #-[ 編集]
Re: Loving
>guchさん
ジョエルは地元オーストラリアではやっぱり人気ですか?

結婚が許されないといった表立ったところはなくなっても、黒人差別は永遠になくならないような気もしちゃいます。
60年代初めの南部ではあからさまなものがあったんでしょうね。
2016/12/06(火) 09:48:58 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
おーー、『ウォーリアー』手元にあるのね。
ぜひ観て!!私なんか号泣しちゃうよ。

2016/12/06(火) 09:51:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: ジョエル・エドガートン
> 松たけ子さんこんばんは
ははは、マイノリティへの失言がこれからも問題になりそうなトランプさんには
こういう映画もお勉強に観て欲しいですねw

ジョエル・エドガートン、最近の活躍は目を見張るものがありますよね。
監督作品も撮ったけど、脚本も書けるし、製作にも係るなど役者だけじゃないのがまたすごい。
オージー勢では一番の働き者かもw
メルギブも今年は監督作品がオスカーにノミネートされる可能性も
復活ののろしを上げて欲しいね。
2016/12/06(火) 09:59:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
評価:★★★★【4点】(11) 第89回アカデミー賞主演女優賞ノミネート作品がこれ。
2017/03/20(月) 20:09:22 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
その名の通り、ラビングさんの実話の愛のお話☆ ラビング氏は知恵は無いけど男気のある、まさに彼こそが愛する人をひたすら守り抜いた男の中の男。 彼の男泣きに思わず目が潤んで胸が熱くなる・・・・・・
2017/03/21(火) 08:37:44 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
ただ夫婦として生きていきたい。そう願った「愛」という名前のふたり。 何とも地味な映画だ。でも大人の味わい深い映画だ。既婚者の方がより深くこの映画を堪能出来るのではない ...
2017/03/21(火) 23:34:13 | こねたみっくす
 『ラビング 愛という名前のふたり』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)出演しているルース・ネッガがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞台は、1958年のバージニア州(注2)。 ...
2017/03/22(水) 06:24:26 | 映画的・絵画的・音楽的