映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ニースの疑惑 カジノ令嬢失踪事件
2016年11月23日 (水) | 編集 |
inthenameofmydaughterposter.jpg

 ニースの疑惑 カジノ令嬢失踪事件(2014)フランス
原題:L'homme qu'on aimait trop/In The Name of My Daughter
監督:アンドレ・テシネ
脚本:セドリック・アンジェ/ジャン=シャルル・ル・ロー/アンドレ・テシネ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ/ギョーム・カネ/アデル・エネル /ジュディット・シュムラ

【あらすじ】
76年、南仏ニース。カジノの筆頭株主である女性実業家ルネの娘アニエスが、結婚に失敗して故郷へ戻ってくる。ニースではイタリアのマフィアがカジノ経営権を狙っていたが、ルネは顧問弁護士モーリスの助言によってカジノの新社長の座に就く。一方、母ルネに強い反発心を抱くアニエスは、モーリスと恋に落ちてルネと対立する立場にまわり……。


ミステリー祭り6本目

アンドレ・テシネがフランスのニースで実際に起きた事件を映画化した作品です。
タイトルの「失踪事件」につられましたけど、ミステリーとはちょっと違った(汗)
inthenameof.jpg
ギョーム・カネ演じるモーリスはルネ(ドヌーヴ)の顧問弁護士を務めながら、ルネのカジノの共同経営者に収まることを目論んでいる。しかしその野心を見抜いたルネはモーリスを解雇。すると今度は娘のアニエスに取り入るわけです。甘いお顔でとんでも強欲なギョーム・カネのワルっぷりが半端ない。
wk-name0522-2.jpg
アニエス自身、空港に迎えに来た初対面のモーリスと運転手を待たせて海で泳いだりする奔放かつ自己中な女性。母に対してそれほど美人でない自分に引け目を感じてか、どこか卑屈な雰囲気も。
そんな女の子が恋に落ちると、周りなんか見えやしない。
妻子や愛人までいるモーリスを愛し、冷たくされ始めると自殺するぞと脅す始末。
いや、モーリスでなくても殺したくなるかも・・。

実際彼女は自殺未遂を起こしてしまい、電話に出ないからとモーリスは警察に通報。
しかし、このときモーリスはアニエスの住所を間違えて伝えるんですよね。
発見が遅れることを期待したんでしょ、これ。
幸い(不幸にも?)アニエスは一命をとりとめる。
しかし、間もなくアニエスは忽然と姿を消してしまいます。

アニエスはどこに?

と思っていたら、映画はいきなり20年後に飛んでみんな急に老けた(笑)
アニエスの失踪に関する20年前の裁判結果を受け入れられないルネが、再びモーリスを訴え裁判を起こす。10年争って新たな判決が出るんですが・・。

カジノ社長時代の華やかさは影を潜め、老けて質素な佇まいのドヌーヴが悲しかったなぁ。
疎まれ、裏切られても母は娘を愛し、その捜索と裁判に実に30年の月日と財を投じたんですね。

邦題はいかにもミステリーを思わせますが、英題はIn The Name of My Daughter
謎を解くというより、娘の名にかけて真実を追求しようとする悲しき母の物語ということでしょう。
ただ、ドヌーヴの心境は映像でおもんぱかる部分が殆ど。それならミステリー部分を際立たせる演出にした方が面白かったかも。


終盤、悪夢に目覚める若きモーリス。間を置かず映し出される、同じように夜間目を覚ます現在のモーリスの姿に、彼が30年間、こうして夜を過ごしてきたであろうことを知ることになりました。この演出はよかった。

娘の裏切りにより社長の座を追われたルネがカジノを後にするとき
カーラジオから聴こえてきた『うわさの男』(イタリア語バージョン!)を運転手の青年とやけっぱちで歌うドヌーヴさまを貼っておきます。









 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
ドヌーブ姐さんのお出ましね!

業務連絡ならぬギョーム・カネ
好きなのよね~。気が多いってか~!?
ゴメンよ。

でさ、読んでて
>と思っていたら、映画はいきなり20年後に飛んでみんな急に老けた(笑)
私も笑ったよ。

よくあるパターンだよね。
「え?もうそんなに!マジ?」みたいな(笑)

ミステリー祭り絶好調ですね!!
2016/11/24(木) 06:18:59 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
ドヌーブ姐さん出たよ~。
わはは、業務・兼ね君ですww
何と兼ねてるんだ(笑)

兼ね君好きなの?ソフトな男前が好きなのね。
でも彼は悪役もうまいよねぇ。やな奴だけどこか憎めない タチが悪いですw

みんな「はぁ?」って老けるのよ。
ドヌーヴさまの老け方はいいとして、兼ね君に至っては、どこにも面影ないですから(笑)
2016/11/24(木) 07:45:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
カトリーヌ・ドヌーヴ、すっかり貫禄ついてもうて  もう70過ぎか
ダンサーインダークの頃がいいですね
若い頃は美人過ぎてまぶしい  ちょうどシワがよった頃がベストか
2016/11/24(木) 16:22:16 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
なんか火曜サスペンス劇場みたいな邦題。センス悪~、もう少しなんとかならなかったンだろかwww

内容は母と娘の悲しいすれ違いっぽくて、ドヌーヴとかキャストも良さげ。
ミステリか母娘の確執を描くか、ちょっと焦点ボケで残念なのかな。
イマジカあたりで落ちそう。てかもうやってるのかな。チェックしてみるねー。

ところでドヌーヴ様が歌ってるのスタンド・バイ・ミーじゃない?
2016/11/24(木) 17:11:55 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To おみゃあさん
ですね~。フランス女性歳とってもスレンダーな人が多いけど、ドヌーヴさん結構恰幅いいです。
お歳を考えたら十分綺麗だけどね。
昔は美人の代名詞でしたよね。
2016/11/25(金) 00:16:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
ははは、火サスか探偵小説かって感じで(笑)
ミステリーを期待したので肩透かしに感じてしまったけど、殺人(についてはエンドロールまではっきりしないんですが)の動機となる部分を丁寧に描写したものとして観るとまずまず。
母と娘の確執は想像するしかなくて、でも残された母の悲しさは十分想像できました。
wowowでも放送あったみたいよ。この邦題だと見落とすよねw

あ、そうそう、ドヌーヴ様が歌ってるのは『スタンド・バイ・ミー』の主題歌の「うわさの男」だね。
2016/11/25(金) 00:28:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
アンドレ・テシネ監督
こんばんは!
ミステリ祭りたけなわですね♪
アンドレ・テシネ監督作!大好きな監督なのですが、コンスタントに映画撮ってるみたいなのに、日本では最近まったく公開されなくなって、ほんと悲しいです。
この作品も面白そう。確かに邦題が、もうちょっと何とかならなかったのでしょうか。同じミステリでも、Howよりもwhyのほうに重点を置いた作品のほうが好きです。
2016/11/25(金) 06:10:24 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
Re: アンドレ・テシネ監督
>松たけ子さん、こんにちは
アンドレ・テシネは私もドヌーヴとのコラボ作品も好きだったんですよねぇ。
そうそう、日本ではあまり名前聞かないけどコンスタントに撮ってはいるんだ。
邦題がいかにもこの特集にぴったりだったんだけど、ちょっと・・ですよね。
Howよりもwhyに重点を置いたほうが好きだと、これは楽しめるかもです。
2016/11/25(金) 17:59:38 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
30年にも渡るミステリーの結末は気になるところです。殺人の有無とかあいまいなところをたくさん残してあるようなので、そこでいろいろと解釈の遊びもできそうですね。誰にも感情移入できそうもないお話のようなのが、ちょっと気がかりではあるのですが。
2016/11/26(土) 02:28:17 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
とりあえずエンドロールで何があったのかはわかる作りです。
事の結末より、なぜそれが起こったのかと母の執念にフォーカスしたということでしょうか。
ドヌーヴ様好きなので母親は気の毒でした。
2016/11/26(土) 08:46:16 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック