映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『マーシュランド』ネタバレでラストシーンの解釈を追加しました
2016年11月20日 (日) | 編集 |

marshlamdposter.jpg
 マーシュランド(2014)スペイン
原題:Marshland
監督:アルベルト・ロドリゲス
脚本:ラファエル・コボス/アルベルト・ロドリゲス
出演:ラウール・アレバロ/ハビエル・グティエレス/アントニオ・デ・ラ・トーレ

【あらすじ】
1980年、スペインのアンダルシア。湿地帯にある小さな町で、10代の姉妹の行方がわからなくなる。やがて姉妹は拷問を加えられた果てに殺され死体となって発見された。ベテラン刑事のフアン(ハビエル・グティエレス)とペドロ(ラウール・アレバロ)は、これまでにも似た事件が起きていたことを知る。


ミステリー祭り5本目

スペインのアカデミー賞にあたるゴヤ賞で10部門を受賞した本作は
フランコ死去から5年のスペイン、アンダルシア地方を舞台に、連続少女殺人事件の真相を追う本格ミステリーです。

この映画まず面白いのが、その複雑さですね。
早々に犯人と思しき人物が浮上するものの、被害者のストッキングに付着した精液と血液型が一致しないなど、捜査は混乱を極めます。複数の被害者それぞれに関わる参考人から様々な情報を得て、新たな容疑者を特定していくという緻密な捜査を展開し、全てを105分に収めるというのは凄いこと。それだけ無駄がないわけですが、ぼんやり見ていると置いていかれること必至。人の顔も覚え、情報提供者の言葉一つ一つを聞き逃さないようにしないといけないのでトランプの神経衰弱みたいに記憶力と集中力を試されますね。
marshland.jpg
まぁ複雑な割に捜査が早いのは、ベテラン刑事フアンの暴力的な尋問によるところが大きいんですけどねw
容疑者だろうと参考人だろうと女だって殴って脅して本音を吐かせる。でもこれも実はあることの伏線でした。
Marshland-2014-Full-Movie-Watch-Online-HD.jpg


息抜きになるのは協力者の存在。彼らは貧しいゆえ情報を提供するのに見返りを求めてくるんですが、それでも報酬の分はしっかり協力する律義さがあって、一風変わったバディものの趣で楽しめます。



marshland-bird.jpg


監督のアルベルト・ロドリゲスは、マーシュランドを撮影した写真家アティン・アヤの写真展でその美しさに感銘し、マーシュランドを舞台にした映画を作ろうと思ったんだそうです。
この美しい風景にふさわしい映画をと考えたとき、監督の頭に浮かんだのがフランコ政権からの移行を描くことだったのだとか。事件の背景にある権力や暴力、組織との癒着といった部分がフランコ政権のメタファーであり、それは亡霊のように新しい世代にも受け継がれていくといった不気味さを湛えている。
最後にみんな引き寄せられるように入っていくマーシュランドこそが、映画の主人公でした。


Isla-minima-6.jpg
ペドロを演じた役者さんはショーン・ペンに似てました。
ペドロはフアンのよからぬ噂を聞いていて、はじめは反発してましたが、次第にフアンの実力も認め始める。
それでもどうしても受け入れられない部分が二人の関係を複雑にします。

映画の中で霊能者がフアンに「死者があなたを待ってる。もうすぐその時がくる」と言うのも印象的。
いつ危険が迫るのかとハラハラさせられましたから。

フアンを待っている死者とは、おそらくは過去に関わった人たちなのでしょう。
フアンは排尿時に血尿が見られ、時々苦痛に顔をゆがめ薬を服用してました。そのことになんの説明もなかったけれど、彼はがんだったのかもしれませんね。自分の業はフアン自身が一番わかってるんじゃないかな。
それでも一度染み付いた習癖は簡単には消えない。

とはいえ、巷で言われているフアン犯人説には反対です。

≪追記≫
記事を書き上げたあと、Filmarksのレビューを見てみると多くの人が「犯人」と「ラストシーンの意味」について考えあぐねているようです。そこで自分なりの考えをネタバレで書いておくことにしました。

未見の方はご注意ください。
興味のない方はスルーでお願いします。









まず犯人ですが、姉妹が下着姿で写る写真からの情報で
イケメン青年キニがそこにいたことは確実です(手の刺青で確認)
そしてもう一人、カメラのフラッシュで顔の見えない人物が鏡に映っていて、これが誰かという問題になります。

その人物と同じ時計をしているということで、これがフアンだと思う人が多いんですね。

でもそれはないでしょー。
だってフアンは懸命に捜査してきたじゃないですか。

第一この人物は写真を撮影している当人でもあります。
ジャーナリストの話によると、使われているフィルムは高級かつ珍しいもので
これを買える人物を一人知っているというくらいなので、それ相応のお金持ちだと思われます。

そこで浮上するのが町の有力者コラレスの存在。
フアンは労働者を雇用する集会で氏を発見。近づき握手を交わします。
①高級コロンの香りのする柔らかい手をした男
②帽子の男の後ろ姿と激似
③金持ち
などの条件が一致する氏が写真に写りこんだ男とする方が自然でしょう。
握手する際に時計も強調されていました。

もう一人、犯人として浮上したのが小児愛者のセバスチャンです。
犯行はキニ、セバスチャン、コラレスの三人によって行われていたのです。
しかし、セバスチャンはフアンらをマーシュランドで襲撃してきたため、フアンがめった刺しにして殺してしまう。

さて、ここで映画は一気にラストになだれ込みます。
事件はキニの犯行として報道され、事件を解決に導いたペドロは妻子の待つマドリードに栄転するのです。

氏は? セバスチャンのことはどうなったの?


ここから私の勝手な妄想ですが
思うに、フアンは氏とフランコ政権下で同じ秘密警察で働いていたのではないか
フアンが犯したという100人の少女虐殺も、氏の指揮のもとに行われてきたのではないかと思うのです。
氏はすでに80を超えてはいるものの、小児性愛の性癖は変わらず、今は写真を撮ることで欲求を満たしている。

フアンは今では自分の過去を悔い虐殺を憎んでいて、セバスチャンをめった刺しにしたのも、犯行を憎み、また彼に自身を重ねたからかなと。あと、コラレスになんらかの恩義を感じていて、(おそらく今の仕事に転身する手助けをした)氏の犯行は隠ぺいしたい。セバスチャンからコラレスのことが出てくることを恐れ、口封じのため殺したとも考えられます。

問題の「時計」については、もしも二人が同じ時計をしているのだとすれば、それはフランコの時代に「贈り物」のような形で受け取ったものかもしれませんね。




とにかくこの映画はやたら、見返りと報酬が描かれます。
町の警察とフアンがコラレスの関与を隠ぺいし、セバスチャンの存在自体を消し去った。ペドロはその事実を自分の胸の内に収めることで栄転を手にした。つまり取引したのでしょう。
あるいはフアンはコラレスとは関係がなく、町がコラレスの関与を隠ぺいし、フアンのセバスチャン殺害の隠ぺいとペドロの栄転とで取引したのかもしれません。
いづれにしても正義感が強いあまり田舎に左遷されていたペドロが、最後には正義を捨てることでマドリードに戻ることになるわけで、やるせないことです。それがフランコの亡霊の置き土産ってことかな。

ちなみに、映画の中には一人少女の幽霊が出てきましたね。と思ったけど違う?

というわけで、自分勝手な推理を並べたてました。
駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
気になる映画ですけど、これ、日本で劇場公開しているのですね。うちの近所では上映しそうもないのが残念です。犯人は誰かははっきり見せないところも気になりますけど、ずっと字幕を追わないと置いてきぼりになりそうなのが気掛かりです。
2016/11/21(月) 05:07:29 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
No title
私、昔から映画の中の人の顔を識別するのが遅いというか、めんどくさいんですね。
「エイリアン2」を見た時に、海兵隊員の顔がみんな同じに見えたくらいやから。だからこの映画には絶対に置いていかれる自信がある(汗)・・・。
2016/11/21(月) 05:52:21 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To einhornさん
去年公開されたみたいですね。ごく小さな公開だったのかな。
犯人は私の中で明確だったんですが、なぜかネットを見るとあいまいって風になってて
私としてはびっくりしてるんです、
なのでeinhornさんにも機会があれば観ていただきたいんですが・・
スペイン語なので私も字幕が頼りでしたが、本作の場合字幕を追う苦痛は特に感じませんでした。
頭をシャープにしていれば十分楽しめる映画だと思うので、記憶力のいいeinhornさんには向いてるかも。
映像、音楽は凄くよかったです。
2016/11/21(月) 08:48:07 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
私の書き方が悪かったかなぁ。
ネガティブな印象を与えてしまったみたいだけど、映画の雰囲気としては『羊たちの沈黙』や『殺人の追憶』に似た感じで
気が抜けない分映画ファンには楽しみどころも多い作品でした。
2016/11/21(月) 09:08:02 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
はい、 地元のレンタル探したらあったんで 忘れないよう書いてて行ったとき探してみます
2016/11/21(月) 16:26:53 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
おー、ありましたか。
ぜひ観てみてください。なかなか面白かったです。
2016/11/21(月) 19:58:04 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
冒頭の俯瞰図から「ん?」って身を乗り出して観ちゃいますよね。これはなんだ?でまず捕まっちゃった。pu-koさんの説明で監督がこの土地からインスピレーションを受けたことに納得。
途中色々怖かったですよねえ。あの夜のカーチェイスなんて名場面として語り継がれてもいいんじゃない?と思うほど。きんきんの緊張感に縛られてしまいました。
私もファンじゃないと確信していますが、本当に怖いのは過去の亡霊に魂を売った人間なんでしょね…
うちのダンナもこれ観て怖かったらしく、見応えあったねー、もっとみんな観たらいいのにねーと(小学生か)ずっと晩御飯食べながら言ってましたよ。

ああ、あれは少女の幽霊だったのかしらん。そうかもだわぁ。。
2016/11/24(木) 00:15:15 | URL | 恋 #-[ 編集]
To 恋さん
あの冒頭のは脳みそにも見えて美しいんだか気持ち悪いんだか・・w
そうそう、カーチェイスに言及しなかったけど、どうやって撮ったんだろうって思ったし緊張しました。
ジェイソン・ボーンみたいにお金かけ破壊しなくても怖いものは作れるってことですよね。

> 私もファンじゃないと確信していますが、本当に怖いのは過去の亡霊に魂を売った人間なんでしょね…
ですよねぇ。これでフアンが犯人なら、彼を叩き倒したのは誰だって話だし
ご主人もお気に入りなのね。本当にもっとみんな観たらいいのにねー(笑)
ご飯食べながら一緒に映画の話できるの羨ましいです。うちのはあまり映画観ないので。。

恋さん、看病でお疲れのところ、わざわざありがとうございました。
どうしても語りたい作品なのでとっても嬉しかったです。
恋さんも体力つけて頑張ってね。
2016/11/24(木) 07:39:09 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
結末について
すみません、「勝手な妄想」に関してですが、まずフアンとコラレスは初対面同士です。この村とは何の関係もないフアンは純粋に、彼なりの、秘密警察時代のやり方(暴力&盗聴)で捜査をガシガシ進めていました。コラレスが黒幕だということも彼が先に突き止めました。しかし、コラレスを逃す?形で捜査を終わらせたのは、彼らが共にフランコ支持者だからです。フランコ体制の中核にいた連中は、体制に意を唱える者たちを虫けらのように殺してきました。内戦から続くこの社会対立が映画の大きなバックグラウンドです。フランコが死んで時代が大きく変わりつつある中でも、かつての悪人たちは亡霊のようにスペイン社会の片隅を密かに彷徨っているよということです。スペインの過去と未来を象徴する2人の刑事の対比がこの映画のストーリーの主軸です。
それにしても、フアンが犯人って言うバカの脳みそってどうなってるんでしょうね。スペイン人でなくても呆れますよ。
2017/05/07(日) 10:03:42 | URL | ちょっとお邪魔します #-[ 編集]
Re: 結末について
> ちょっとお邪魔しますさん
わー、コメントありがとうございます!!
なるほどー。コラレスとフアンがともにフランコ支持者であり、いまなおスペインはフランコの亡霊(言葉のあやです)に支配されているということですね。大いに納得。やっと映画の主題が見えた気がしてスッキリです。
素晴らしいい解説に感謝!!
フアン犯人説はないですよねぇ。
正しい解釈をみんなも知って、スッキリして欲しいな。
2017/05/07(日) 16:44:00 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントありがとうございます
そうなんですよ、フアンを単なるサイコ拷問モンスターにしてしまうと、それまでのフアンの繊細な心理描写や演技(鳥に驚いたり、涙したり、十字架を見つめたり)が無意味になってしまいます。そうではなくて、彼は病に侵されながら、自身の暗い過去を引きずり、罪悪感に苛まれつつも、酒や女で気を紛らわせ、フランコ時代の特権にしがみつく老いた悪人たちへの同志としてのシンパシーも捨てきれない、という内面の葛藤を演じていたのです。(それで受賞。)フランコ時代にスペイン中で行われていた公然の秘密、弾圧=拷問という共通項で、民主化の中で消えゆくかつての特権階級たちはゆるく繋がっていたのです。表面上は、2年後の総選挙で旧体制派は消滅するのですが。それこそ、スペイン中のありふれた田舎に亡霊のように過去の悪の遺産はしばらく見え隠れしていたのでしょう。自然の圧倒的な美しさと、辺境ゆえにそこに残された醜悪な過去との対比も見事ですよね。
長々と失礼しました。
2017/05/08(月) 01:59:00 | URL | ちょっとお邪魔します #-[ 編集]
Re: コメントありがとうございます
>ちょっとお邪魔しますさま
スペイン映画にはフランコ政権の負の遺産を描くものが多いですが、実際に過去に拷問にも関わった内部の人間を描くものは私には斬新でした。
そのため、同志的な部分に目が行きにくかったのですが、その精神的な繋がりこそがこの映画の謎を解き明かすカギでもありますね。
弾圧に関わった経験が快楽として体に染みついていているというのは恐ろしい話ですが、そこから逃れるのは老人ほどに難しかったのでしょう。罪悪感に苛まれ葛藤するフアンは、フランコ政権をまるで知らない若い世代との中間的な存在。各世代の対比も見事ですね。
時代が変わってもくすぶり続けたであろうフランコの影響を描く、なんとも深い映画だったと思い知ることができました。
頂いたコメントを参考にまたぜひ再見してみたいと思います。
ありがとうございました。
2017/05/08(月) 07:36:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
モノクロ写真
本編でも事件の鍵は写真でしたがアティン・アヤのマシュー・ランドの写真の美しさが撮影のアレックス・カタランのカメラワークを刺激的なものにしたのでしょう。
2017/10/10(火) 15:59:41 | URL | pinewood #mdX0xzVk[ 編集]
Re: モノクロ写真
>pinewood さん
初めまして。(でよかったですか?)
ご訪問コメントありがとうごいます。
まるで人の脳みたいな冒頭の美しい映像が印象的でした。
深く深く入っていく映画の展開も写真(映像)のイメージとかぶさりましたね。
アレックス・カタラン撮影の作品を観るのは多分この『マーシュランド』が初めてで唯一なんですが
スペインでは有名な方なのですか?
2017/10/11(水) 22:18:49 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
LA ISLA MNIMA/MARSHLAND 2014年 スペイン 105分 サスペンス/ミステリー 劇場公開(2015/10/17) 監督: アルベルト・ロドリゲス 脚本: アルベルト・ロドリゲス 出演: ラウール・アレバロ ハビエル・グティエレス アントニオ・デ・ラ・トレ ネレア・バロス ...
2016/11/23(水) 13:01:16 | 銀幕大帝α