映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】オリエント急行殺人事件
2016年11月11日 (金) | 編集 |
 
英国男優50人斬り、ラストはトム・ヒドルストンで締めるつもりでしたが、みなさんから続々とTB届いて気分はすっかりミステリー(笑)。ということで、英国男優総選挙特集をショーン・コネリー斬りで締めつつ、同時にミステリー祭りに突入することにします!!

あ、その前に本映画祭りの「ミステリー」の定義について確認しておきます。
wikiによると1.狭義には探偵映画、推理映画 2.広い意味で、謎がドラマに深くかかわっている映画作品
となっています。そこで本祭りも広い意味で作品を選ぶことにしますので、すでにたくさんTBを頂いた後で恐縮ですがご了承ください。追加、変更はいつでも可です。

RRB2.jpg
オリエント急行殺人事件 (1974 イギリス
原題:Murder on the Orient Express
監督:シドニー・ルメット
脚本:ポール・デーン
出演:アルバート・フィニー/ローレン・バコール/マーティン・バルサム/イングリッド・バーグマン/ジャクリーン・ビセット/アンソニー・パーキンス/ショーン・コネリーバネッサ・レッドグレーブ

【あらすじ】
1935年、私立探偵ポアロは大陸横断列車オリエント急行に乗り、ロンドンを目指していたが、列車内でアメリカ人の富豪ラチェットが何者かに殺害されるという事件が発生。ポアロは乗客たちから事情を聴き、事件の調査を開始するが、やがて殺されたラチェット氏と5年前にアメリカで起こったある事件とのつながりが見え始め・・


【感想】
祭り一本目はアガサ・クリスティ原作でシドニー・ルメットが74年に監督したオリエント急行殺人事件
名探偵ポワロが主役の推理ものということで、狭義のミステリ映画の代表格ですね。

最初に登場するのが列車の出発点であるイスタンブールの街
最近、youtubeでスタンブール在住の日本の方(多分)の猫動画をよく見てまして、野良犬や野良猫に優しい国イスタンブールに興味を持っているので、映画の中で猫を発見した時には嬉しい気分になりました。

列車に乗り込む前から登場人物の人となりをさりげなく見せる冒頭、
乗務員にお勧めを紹介されながら、いちいち「君が見たのかね」と確認するポアロはヤな奴ですが
事実と噂をきっちり分けて物事を整理するポワロを端的に見せる演出が面白い。
ポマードできれいに撫でつけられた髪に上向きのひげ、大きな体に頭がのめり込んだような奇妙なポアロを演じるA・フィニーになぜか、笑ゥせぇるすまんの喪黒福造を思いだしちゃいました。
9393_5.jpg
さて、雪で列車が立ち往生する中殺人事件が発生し、12人の乗客が順にポアロに話を聞かれることになります。
何故かみんな ある事件とちょっとしたかかわりがあって、それなりに怪しく思えてくる。


贅沢なまでに名優を配し、バコール、ビセット、レッドグレーブなどが優雅な衣装で美を競う。

Murder-on-the-Orient-Express-1974-02-04-59.jpg


ショーン・コネリーなんか靴墨塗ったインド人姿でも美しいですからね。靴墨じゃないとは思うけどw
Murder-on-the-Orient-Express-1974-01-27-54.jpg

オヤっと思うところが味噌だったりすることはあっても、結局私は犯人を推理できなかった。
遠山の金さんじゃないけれど、ポアロの采配には人としての余裕がある
オープニングロールの音楽、列車内のインテリア、衣装と、独特のエレガンスを放つ映画でした。


地味おばさん風に徹したイングリッド・バーグマンがアカデミー助演女優賞受賞。


 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
これはつい最近も見る機会がありましたが、舞台劇のようでいて、実に映画的なテクニックに溢れた名作ですね。
そう、唯一の残念は、犯人探しに参加できないというか、ポアロに置いてけぼりにされちゃう(笑)・・・。
でも、そのポアロの大岡裁きが雪原に温かいところにこの作品のマジックがある。
2016/11/12(土) 00:40:30 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
大好きこれ。
ってゆーか、子供の頃からこのシドニー・ルメット版でしかオリエント急行観た事が無かったので、ドラマ版のを初めて観た時に非常にシリアスな脚本、編集に別物観てるように感じちゃった。
そう、人が一人寄ってたかって殺されてるんだよね。理由はそりゃー殺されてしょうがないなだけど。ショーンがなかなか自分の名前を性格に発音してもらえないのを「アーバスノットだ!」とあの独特のお声で言うのがもーー素敵❤空でセリフ言えるほどこれは観てるなー。
ポアロのおやすみ前のグルーミングあれこれが楽しいのですよ。あ、観たくなった。今から観よう。
2016/11/12(土) 03:23:15 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
No title
この映画のフィニーとドラマのD・スーシェがもっとも原作のポアロのイメージです。
この後映画で活躍するユスチノフはデカすぎて原作の描写とはあってないです。
この映画は主題曲もいいですね。
たまたま、昨日、とあるクリスティ原作の映画の記事を書き始めたんですが、
やはり古典ですから、彼女の作品から広まったものも多いんですよね。
この映画は、とにかく豪華キャストですね。
2016/11/12(土) 06:26:55 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
ゾンビマンさんの記事を読ませてもらって、観なきゃと思ったんでした。
大胆な結末も印象に残りますが、そう、最後に心温まるとは思いませんでした。
確かに犯人捜しには参加しづらいw
出発するときの列車の迫力もよかったですね。
2016/11/12(土) 08:02:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
やっぱり作り手によって同じ原作でも雰囲気は違ってくるんでしょうね。
ドラマ版はよりシリアスなんだ。
あの犯行シーンはちょっと大胆で、しかもあのさばきには驚くものがあったけど、シリアスなドラマになるとどう表現するだろうって気になります。
ショーンは立ち居振る舞いがいちいち素敵だったなぁ。声もいいよね。
バネッサもまぁ美しいこと。
>ポアロのおやすみ前のグルーミング
あれ楽しかった。しかもその動作の一つ一つにも神経質で緻密な性格が見て取れるし
探偵としての天才ぶりとうまくリンクしてましたね。
2016/11/12(土) 08:13:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To miskaさん
> この映画のフィニーとドラマのD・スーシェがもっとも原作のポアロのイメージです。
スーシェさんは最近トムハ出演のデザスター映画で見たばかりだけど、考えたら『ダイヤルM』の刑事ですよね。
鋭くて隙のない感じであの刑事ぶりもよかった。
ドラマ版も観たいなぁ。
ユスチノフさんって全然知らないんです。
miskaさんたくさん観てる~。

そうそう、音楽が映画を格調高いものにしてて、はじめっからワクワクしました。

おー、クリスティ原作の映画の記事 なんだろう。
楽しみにお待ちしてます!!
2016/11/12(土) 08:27:10 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
オリエント急行に乗りたい…
こんばんは!
この映画、めっちゃ好きです!エレガントでゴージャスで楽しい映画ですよね!
子どもの時、TVの日曜洋画劇場で初めて観た時、あまりの犯人の意外さにびっくらこきました。
豪華キャストも、適役だったり意表を突いてたり、みんな好演してますよね~。バーグマンの延々とドアップシーンとか、アンソニー・パーキンスがマザコン扱いされてキレるシーンが特にインパクトあったわ~。美しい衣装、小粋な演出も、今の映画にはないリッチな味わいが。
ケネス・ブラナ監督でリメイクされるとか。新キャストは、豪華なのかそうでもないのか…?
2016/11/12(土) 08:41:04 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
Re: オリエント急行に乗りたい…
>松さん こんばんは!
ほんと、この超豪華メンバーといい、華麗なる衣装に列車内のインテリアにめくりめく音楽
ドロドロの殺人事件を描きながら、なんて格調高くエレガントなんでしょ。
犯人には私もびっくりました!こういうのは初めて。
アンソニー・パーキンスnマザコン話は嫌でも『サイコ』を思いだして楽しいし
バーグマンなんて言われないと彼女とわからないくらい。
でもあの役はご本人が希望したらしいですね。
画像検索中にケネス・ブラナーがたくさん出てくるので何だろうと思ってました。
リメイクが進んでるんですね。ブラナー監督も豪華でエレガントな作品作りに定評があるから楽しみ。
キャストチェックしました!
殺されるラチェットにジョニー・デップ、監督自身がポアロを演じ、その他ミシェル・ファイファー、ジョディ・デンチ、『シンデレラ』のデイジー嬢も出てますね。これは観たい!
2016/11/12(土) 09:44:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
どうも、顔見世興行的配置ばかりが目立って当時のシドニ-ルメットとしては駄作  これは原作が最低であり アガサの本はどれも即犯人がわかってしまうほどの低レベルで 投げ捨ててしまう
オリエントよりカナダ横断鉄道に憧れたね
2016/11/12(土) 17:55:45 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
確かに顔見世興行的っていう感じはありますね。
探偵ものとして謎解きを楽しむタイプではないですよね。
でもこのオールスターの競演とエレガンスを楽しめたので満足だし
あの解決は逆に斬新で楽しめました。
私もカナダ横断鉄道で旅行したい!!
2016/11/12(土) 18:53:17 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
学生の頃に観て、面白かったという印象が残っています。設定の面白さから、オールスターキャストということもあり、見応えある娯楽映画で、劇場でのシドニー・ルメット初体験での映画でもありました。ジャクリーヌ・ビセットきれいだったわあ。
2016/11/14(月) 02:20:48 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
劇場初シドニー・ルメットでしたか。いいなぁ。
格調を感じさせるオープニングロールにオールキャスト、で私も劇場で観たかった。
あ、でも当時私はキャストについて何も知らなかったと思いますが(汗)
ジャクリーヌ・ビセットは輝くような美しさでしたね。
ヴァネッサ嬢も可愛くて、こんな時代もあったんだなぁと。。
2016/11/14(月) 09:05:20 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 「オリエント急行殺人事件」  ニューヨークで富豪アームストロング家の幼い娘デイジーが誘拐され殺される事件が起きる。その5年後、名探偵ポアロが乗車したイスタンブール発のオリエント急行の車内で、金持ちのアメリカ人ラチェットが何者かによって殺害される。国籍...
2016/11/12(土) 23:43:11 | まつたけ秘帖