映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】セルフレス/覚醒した記憶
2016年11月06日 (日) | 編集 |
selfless_ver4.jpg

セルフレス/覚醒した記憶(2015
アメリカ
原題:Self/less 
監督:ターセム・シン
脚本:アレックス・パストール/ダビ・パストール
出演:ライアン・レイノルズベン・キングズレー/ナタリー・マルティネス/マシュー・グード/ヴィクター・ガーバー/デレク・ルーク

【あらすじ】
大富豪の建築家ダミアン・ヘイルは余命半年と宣告され失意の中にあった。そんな折、天才科学者のオルブライトに遺伝子操作で作った肉体にダミアンの頭脳を転送することを持ち掛けられる。莫大な料金と引き換えに新しい肉体を手に入れたダミアンだったが、やがてその肉体はクローンではなく、家族のために身売りしたマークという男のものだと知ることになり・・


【感想】
富豪のダミアンにベン・キングズレー
キングズレーが得ることになるボディがライアン・レイノルズです。

格差社会が進むとこういうことも出てくるかもねぇ。
実際、例えばホーキング博士の遺伝子を何とか残そうなんて話は秘密裏に進んでいるんじゃなかろうか。
ただ、クローンを作ろうという話ならまだしも、頭脳の転送というのはどうよ。
『トランスセンデンス』のジョニー・デップ以上に現実味が薄い気がするんですが。
でも映画の中の装置があまりにも簡単だったところをみても、そこはスルーでお願いね ってことでしょう。

selfless.jpg

↑これでもツッコむ なと言うのですね。わかりました。。



以下少々ネタバレしますので、未見の方はご注意ください。



映画はそのSF的な部分はすんなーり扱いつつ、秘密を知ったダミアンがマークの家族と一緒に命を狙われるというサスペンスに突入します。そこでライアン・レイノルズがいきなりデップーになるんですわ。
ジョニー・デップ―じゃなくて『デッドプール』の方ね。
レイノルズは銃を構える姿もきれいに決まるのでカッコいいんだけど、この映画にアクションの要素を期待してなかったので、カーチェイスになだれ込むあたりには心が萎えてしまった。

SELF-less-2.jpg
それでもこの映画はマークの家族を出してくることによって、ダミアンが人間的な心を取り戻していくというヒューマンな部分の描き方に成功してます。仕事に没頭するあまり娘と分かり合えないままだったというところも終盤うまく生かされてました。
最後は想定内でもウルルとなりましたから。

一つ文句を言うなら、こういうある意味入れ替わりものの楽しみどころとして、中身(精神)と外身(身体)のギャップみたいなのがあると思うんですね。施術後初めてベッドインするシーンで「52年ぶりだ」というのに笑えたんだけど、そういうのがもっと欲しかった。
レイノルズはまんまレイノルズで、中身はキングズレーというのはまるで感じられなかったのは残念。
matthew-goode-in-selfless-movie-3.jpg
マシュー・グードがダミアンに施術を持ち掛ける天才科学者をクールに演じてまして
今日はキングズレー(2回目)と二人斬りです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
これ観たかったんだけどおわっちゃってて。
つーか、ベンさんの中身がレイノルズってゆーので「ギャグか?コメディじゃないの?」って思ってたけど真面目なSF映画なのか!!驚きだ!いや、突っ込もうよそこ!!!(笑)
レイノルズに中身が別の人っていう難しい演技を求めるのは酷なのか?(毒)
あっちのデップーの『トランセンデンス』は途中からノリ切れなくなっちゃって自分の頭の固さ(ジョニデにノレない自分)に困ったけれど、これはキャストが面白いから観たいわー。
マシュグが出てるもんねー❤
2016/11/07(月) 06:50:21 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
私も劇場見逃しちゃったんだけど
評判がイマイチだった理由であろうツッコミどころが逆に面白かったわw
いやレイノルズの中身がベンさんね(笑)
ウケるでしょ。だからせめてそこ意識して演じて欲しかったんだけどなぁ。
例えば髪を気にするとかw あ、それだと『ルーパー』になっちゃうかw

インタビュー動画見たら、そこ質問されててレイノルズはそれ意識してなかったって答えてたw
マジか。
とっさの戦闘能力は筋肉が覚えているとしても、喋り方とか何かベンさんであるべきじゃない?
あっちのデップー『トランセンデンス』も大概だったけど、キャストもそうだしヒューマンな部分でこちらが面白いよ。
マシュグはクールな天才役が似合うけど、今回は見かけもう少しセクシーにしてあげて欲しかった(笑)
2016/11/07(月) 08:25:14 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
実はコレも席確保してお金を無駄にした新世界国際待ちの作品なんです(涙)
この記事はじっくり拝見させていただきましたが、絶対に私向きでないのが凄くわかった(爆)・・・。
最後の入れ替わりに対する姐さんの見立ては私も凄くわかる。
そういうところで楽しませてくれるのが映画の語り口ってヤツですもんね。
2016/11/07(月) 08:41:41 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
ありゃぁ、またしても残念。
今回少しウケ狙いで書いたので誤解を招くかもだけど、これ難しそうな転送術をいとも簡単に見せるSF部分の安易さはさておいて、身体のアイデンティティを探し求め、自分が巻き込んでしまった(身体の)家族を救うために頑張るスリラーとして面白かったんですよ。
家族への後悔の念を抱える主人公ならではのヒューマンドラマもいいし。
ただ、ほんと入れ替わりに対する見せ方は映画的な面白味に欠けましたね。
キングズレーの入ったレイノルズに期待しちゃいますもん。
2016/11/07(月) 08:54:27 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
昨日、やっと字幕入りデッドプ-ル見ました  訳せない言葉あるんだろうな
2016/11/07(月) 16:41:57 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
わは、『デップー』ご覧になりましたか。
ライアンのキャラづくりは面白いですよね。
日本語にしちゃうとうまく伝わらない言葉もきっと多いでしょうね。
結構下ネタだったしw
2016/11/07(月) 23:26:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ターセム・シン監督だから、視覚的に凝ったところを見せてくれるのかなという期待もありながら、設定に乗れずに、劇場スルーしちゃいました。記事を拝見すると、何だか想定内の展開かなあ。
2016/11/08(火) 04:58:23 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
私もターセム・シンの美しい風景がみれるのかなと思ったんですが、今回は実験室がクールなのと、カリビアンな海が少し綺麗ぐらいで、さほど映像に凝った部分は感じませんでした。
内容はまさに「想定内」ですね。
という私は結末を少し違った風に想像してたので(←単にニブいw)「ほー( ゚Д゚)」でしたけど(笑)
2016/11/08(火) 10:44:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック