映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ハクソ―・リッジ(原題)
2016年11月05日 (土) | 編集 |
 Cv9Rc9WUMAAQr3h.jpg

ハクソ―・リッジ(原題)(2016 オーストラリア・アメリカ
原題:Hacksaw Ridge 
監督:メル・ギブソン
脚本:アンドリュー・ナイト/ロバート・シェンカン/ランダル・ウォレス/グレゴリー・クロスビー
出演:アンドリュー・ガーフィールド/ヴィンス・ヴォーン/サム・ワーシントン/ヒューゴ・ウィーヴィング/テリーサ・パーマー

【あらすじ】
逃子供時代の体験から武器を持たないことを誓ったエドモンド・ドスは、入隊後も銃を手にすることを拒否する


【感想】
第二次世界大戦中の沖縄戦で、衛生兵として戦地に立ったエドモンド・ドスの活躍を描く実話ベースの戦争映画です。
監督は『アポカリプト』以来10年ぶりにメガホンをとったメル・ギブソン

アンドリュー・ガーフィールド演じるエドモンド・ドスは子供の時の体験から、命の大切さを学ぶと同時に、人を傷つけることをしないと心に決めます。大人になり、入隊することになっても彼は信念を曲げず、敵を殺すためでなく仲間の命を救うため前線に行くと宣言。当然ひと悶着あるんですが・・

これはね、ものすごい映画体験でした。
予告でも手りゅう弾で吹っ飛ぶさまは描かれてますが、それだけではない地獄絵がこれでもかと繰り広げられる。
その長さと恐ろしさに「もう勘弁して!」となるけど、メル・ギブソンが許してくれるはずもなく、まぎれもないホラーを目の当たりにすることになりました。日本兵も米兵も国を守るために戦って、戦場では身を守るために相手を殺すしかないんだよなぁ。
戦争ものとあって会場はお年寄りでいっぱい。中にはご夫婦連れもいて彼らの心臓が止まるんじゃないかと心配したがな。退室者がいなかったのが不思議。
勿論沖縄戦が舞台なので、日本人としては辛く複雑な思いにもかられるんですが、ドスがひたすら仲間を救おうとする姿が痛快で感動してしまうんです。
CrMviwZUAAA6DCj.jpg
戦闘シーンにおけるギブソンの演出はひたすらリアルで、見せたくないものをオブラートで包むことを一切しない。
一方でドスの活躍はファンタジーと言いたくなるほどだけど、実話というのだから凄い。
神風以上に神がかりなドスを描くことは、進行に篤いメル・ギブソンならでは。
勿論、戦場の熾烈さもギブソン仕様。

共演者の中では、ドスの父を演じたヒューゴ・ウィーヴィングとドスの上司に当たるハウエル軍曹を演じたヴォンス・ヴォーンが印象的。特にヴォーンは前半はコメディ担当(笑)兵士を叱りつけながらのセリフがユーモラスで会場は笑いに包まれる。それでも戦場で指揮を執る様子はかっこよくて、初めていい役者だと感じたもんね。
Cp6aXXuUEAAGRHB.jpg
主演のガーフィールド君はどんな状況でも飄々としてユーモアを湛えているのがいいし、その誠実さに仲間が信頼を寄せていくのも気持ちがいい。テリーサ・パーマーとのラブストリーでもあります。
Cv4D-3wWAAALBKk.jpg
ロープを縛る練習のシーンが見事な伏線となって後半に繋がるのも胸がすく。
メル・ギブソンは映画の面白味を知り尽くした人なんだと思う。

内容が内容だけに日本では物議をかもすかもしれないけど、IMDb8.7の好スコアは伊達じゃない。
間違いなく傑作です。公開して欲しいね。

ついでに本作も英国男優50人斬りに加えるとして、今回はアンドリュー君ふたたびと、隊のキャプテンとしてカッコよかったサム・ワーシントンの二人斬りだよ。

アンドリュー君とエマちゃんのカップルが一緒にオスカーノミネートされるといいな。

14533711_1622439601386877_2785500928151650304_n.jpg
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
メル・ギブソンが戦場を描くというだけで、どんだけ中身がえぐいかが想像できました。
あの人はテーマもストレートやし。
知らない映画の情報やったので、早く見たいですね。楽しみ。
2016/11/05(土) 13:37:43 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
沖縄戦は悲惨だったでしょうなぁ
当時、沖縄国民は2等国民だったし 半島と同等  今も名残があるんでしょうなぁ  日本の手榴弾はおまぬけで叩きつけないとダメ   メルって最近ボロボロじゃないろうか とても同世代と思えない あのシワシワ
2016/11/05(土) 16:56:27 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
Re: No title
はい、戦闘シーンは本当にすごいことになってました。
メル・ギブソンだもんね~。
でもこんなにユーモアもあって痛快で面白い映画を作るとは驚きでしたよ。
当事国の監督じゃないから描けることもあるのかも。
日本ではまだあまり知られてないかもですね。
オスカーに絡んでくるのは必至かと思いますのでぜひお楽しみに。
2016/11/05(土) 23:08:27 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To おみゃあさん
沖縄戦こんなに壮絶だったんですね。
最近の空爆より、至近距離で撃ち合う戦争の方がもっと怖いと思っちゃいました。
手榴弾なんか今も沢山埋まってるとか。
メルはアル中やら精神障害やらを経験してるので、老けてるのかもですね。
確かにボロボロ。
2016/11/05(土) 23:13:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Hacksaw Ridge
うう~ん、、実はまだイーストウッド監督の”手紙”も見てないんですよ、、手元にDVDはあるのですが、、もう一つの”旗”の方は見てます。今日やっと意を決して”The Revenant"を見たくらいです、、からこれは心臓マヒか??
2016/11/05(土) 23:30:59 | URL | guch #-[ 編集]
ガーフィールド好き!
こんばんは!
小心者なので、戦争もの苦手…
でも、アンドリュー・ガーフィールドくん好きなので、勇気を出して観たいです!メルギブの監督作って、すごい久しぶりな感じ。いろいろあったメルおじさんですが、才人として面目躍如な作品みたいですね。
ヴィンス・ヴォーンも大好き!やっぱコメディ担当なんですね!昔は怖い見た目通りの極悪専門俳優だったけど、今ではすっかりコメディ俳優になってますよね。この映画でも、いい味出してるみたいですね。
最後のガーフィールドくんの画像、何だか関根勤に似て見えるのは私だけ…?
2016/11/06(日) 03:56:25 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
Re: Hacksaw Ridge
>guchさん
ありゃ、イーストウッドのは観てくさい。
”The Revenant"も厳しかったですか?

メルギブノは間違いなく傑作で、笑いも感動もあるのでお薦めなんですが、なんせ戦闘シーンがね~。
エグい映像もあるので、ホラーが苦手だと厳しいのかなと思ったりします。
でも公開前は8.6だたIMDbが今は8.8ですよ。
前評判良くて、公開されてだんだん落ちるものは多いけど、このスコアでさらに上がっていくものは本当に稀。
鑑賞者の興奮を表した数字だと思います。
なので観てみることをお勧めしますよ。
2016/11/06(日) 08:44:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: ガーフィールド好き!
>松さん こんばんは♪
戦争もの観るには覚悟がいるとこありますよね。
私も途中からスクリーンから目を背けてたりしてました。
おじいちゃん、おばあちゃん大丈夫だったのかなと心配したし。
アンドリュー君の頑張りは必見。
この映画が「痛快」なのは、敵をやっつけるところじゃなくて、命を守るガーフィールド君の姿によるものです。
メルギブは10年ぶりですよね。ここまでの映画を作れるようになったのはメンタル的に回復してるからか、はたまた病みの境地なのかw
いやいや、回復して才能を発揮してると思いたいです。
ヴィンス・ヴォーンはよくある鬼軍曹といった感じで登場するんですが、言ってることがいちいち笑わせてくれるんですよ。
しかも全然のわからずやじゃなくて普通にいい人だった。
今まで私彼を低評価してましたが、観る目が変わりましたよ。極悪+ユーモア キャスティング最高です!
わはは、ガーフィールド君たしかに若い頃の関根さん似かもw
2016/11/06(日) 09:13:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
公開される時に、変な邦題になりそうな予感の映画ですねw

沖縄戦か~。
アカデミー賞に絡んでくれば、
メルギブだし、アンドリュー君だしで、
公開されると思いますが、
なかなかムズいとこついてる感じを問題視する人が多くないといいですが。
内容じゃなくて、そこが一番心配な映画ですね。
メルおじさんは、
病んでるなwって映画見てると思うんですがw
2016/11/06(日) 13:29:30 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
邦題どうなるでしょうね。
映画的にはかなりのクオリティだと思うんですが、日本人としてはちと辛いですよね。
劇中、こんなこと本当にやったのかなぁと思う部分もあって・・・
問題視されそうで、はい。そのあたりが一番心配になりますね。

メルギブね~w 類まれなる才能があるのは間違いないでしょうけど
そこまで・・ってのはありますよね。
やっぱ病んでるんだろうな(汗)
2016/11/06(日) 15:51:57 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
あ、来た。これ、メルギブ容赦なしですか。
『パッション』がホラーで結構(このみーすけが)トラウマだったのー。あの痛みを乗り越えたからこその復活が尊いってことかーと、泣きながらも拷問しーんにヘロヘロに消耗させられてから「メルギブ頭おかしいよ」と密かに思ってたらホントにちょっと病んじゃってあらら。
でも確かに彼は引き込む映画を作れる人だなと思う。
恐いけどそりゃー観るよね。
ガーフィールド君は全くスイッチ入らないけど、ヴィンス・ヴォーンが楽しみ!
公開は来年の春とかなのかなー、勘弁して。
2016/11/07(月) 04:31:54 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
メルギブ容赦ないない!
『パッション』も病んでたよねぇ。とことん痛みつけてた。
今回も、もうやめてよ、ってマジで思ってしまうしそこまで見せなくてもってなるんだけど
一人でも多くの人を助けようとするガーフィールド君の頑張りが痛快で非常に心地よいの。
だから怖いの我慢しても観る価値大いにありです。
ははは、 ガーフィールド君はスイッチ入らないかw
華奢だった彼もいつのまにか細マッチョになって成長したね。
次のスコセッシも楽しみ。
ヴォーンも楽しみに観て見てね。
公開いつだろうね。
ひと悶着ありそうだからオスカーの後、文句言わせない状況にして公開かな(汗)
2016/11/07(月) 08:13:08 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
アンドリューは、別の映画でも日本が舞台ですね。
彼のようなキャラクターだから、重すぎずに描けたのかなと思いました。
戦闘場面は、『プライベート・ライアン』のときも、すごいなと思いましたが、それ以上でしたね。
『Hidden Figures』のときもそうでしたが、良い時代になってきたと思います。
このような人たちにもスポットがあたるようになってきたのは…。
デズモンド・ドスは、アメリカ史上初となる名誉勲章を受けた衛生兵だったんですね。

2017/02/15(水) 21:34:32 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To NZ_RRさん
あ、そうですね。『沈黙』と2作続けて主演作品が日本だ。

アンドリューは『少年A』や『沈黙』では重いキャラですが、この映画では飄々として前向きで、いかにもいい人な感じがユーモラスにもなってうまかったですね。
そうそう、戦闘シーンの映像の凄まじさと言ったら。
もう勘弁して~と思うくらいでしたよ。
そのあたりはさすがメル・ギブソン。
知られざる偉人がまだまだたくさんいるんでしょうね。

2017/02/16(木) 00:10:14 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。