映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】怪奇!戦慄の怪人/オカルトショック
2016年10月31日 (月) | 編集 |
 am_47t85778v5mr01781_1300x1733.jpg
怪奇!戦慄の怪人/オカルトショック(1973 アメリカ
原題:The Norliss Tapes  
監督:ダン・カーティス
脚本:ウィリアム・F・ノートン
出演:ロイ・シネス/アンジー・ディキンソン/クロード・エイキンス/ミシェル・ケリー/ヴォネッタ・マギー

【あらすじ】
怪奇作家のノーリスは出版会社のラングドンに電話し、「本を書こうとしたが深みに入りすぎ身の危険を感じている。手遅れになる前に会いたい。すべてはテープに吹き込んでいる」と言う。しかしノーリスは約束の時刻に現れず消息を絶った。ラングドンはノーリスの部屋に残されたカセット―テープを聴き始める。


【感想】
みんなのトラウマ映画を教えてくださいシリーズになってますがw
ハロウィンホラー特集3本目、今日はゾンビマンさんに教えてもらったTVムービーです。
今回もYouTubeにありました。


これ、邦題のノリで観初めて「作品間違えた?」と思ってしまった(笑)
というのは、タイトルにあるようなハマー風の感じでなく、失踪した怪奇作家ノーリスに何が起きたのかを
ノーリスの残したカセットテープから知るという現代的なものだったから。
原題は『ノーリスの(カセット)テープ』。そのものです。
vxY63WORb48YZUnQr4qRB8jEvbK.jpg
カセットに吹き込まれた内容は・・
著名な彫刻家の妻であるコート夫人はある晩、夫のアトリエに侵入した男を射殺した。
しかし死体は消え、しかも夫人はそれが「死んだ夫だった」と証言したという怪事件。
真相解明を依頼されたノーリスはやがてある戦慄の事実を目の当たりにするのです。
Norliss -tapes-angie-dickenson-Norliss-Tapes,-The-5
以下少々ネタバレなので、未見の方はご注意ください。


 驚愕の事実というのは、彫刻家であるコート氏が生前病に侵され、命を長らえるためある宗教に関わっていたんですが、それがブードゥー教。しかし氏は宗教を利用しようとして、逆に悪魔の再生に利用されかけていたんですね。

この死んだ夫がいわゆるゾンビ状態で、ある目的を遂行するため人を襲う。
かっと見開いた黄色い目で人を襲うのが怖いんですよね。
Norliss Tapes, The (1973)_027
ゾンビマンさんが言っておられた、悪魔の入り込めない「輪」は、この中では逆に悪魔を閉じ込める「輪」として登場しました。
ゾンビハンターと化したノーリスはその輪を使って、ゾンビの彫刻家を焼き殺そうとする
でもね、その後ノーリス氏は事の次第をテープに残したまま、失踪してるんですよ。
n3.jpg
ノーリスに何が起きたのか
そこでテープ1を聴き終えたラングドン氏はおもむろにテープ2を手に取る
で、映画はここで終わっているわけ

うわぁ、これはきっと前後編があるんだと、焦ってその2を探したけど見つからず
調べてみたら、このTV映画はシリーズもののパイロット版として製作されるも、企画がとん挫。
結局続編もないままに終わってるんですよ。

監督のインタビューによると、その後の展開は何も考えてなかったとのことww
惜しいわぁ。
ノーリスに何が起きたのか、悪魔はこの世に生まれ出たのか等知りたかったし
怪奇作家ノーリスを超常現象解明ハンターとしてエピソードを重ねていけばすごく面白かったと思うんだけどなぁ。

ということで、尻切れトンボではあるんですが、『スケルトン・キー』や『エンゼル・ハート』等ブードゥー教の出てくる映画は結構あるし、宗教として実在するものでもあるので興味津々。面白かったです。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
これYouTubeで見れるんですか?
私も探して見ます。
コレ、好評だったのか、一時期に2度ほどテレビ放映されていましたわ。
とにかく怪人がパワフルで怖かったなぁ・・・。
その当時の私は小学生で、夜は小さい弟とふたりでお留守番が多かったので、夜、離れのトイレに行くのが怖くてたまらんかったです。
取って付けたような方法で怪人をやっつけるあたりが70年代らしいですよね。
記事にしていただき感謝です。
ありがとうございます。
2016/10/31(月) 09:19:01 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
すごい邦題wですが、続きがないのはあれ~ですね。
内容は面白そうなのに。
この頃、ホラーブームだから、
ホラー系でパイロットで頓挫したシリーズって
いくらかあるみたいですね。
「スケルトン・キー」もちょっと変わった感じのホラーでしたね。
2016/10/31(月) 09:37:26 | URL | miskatonic #-[ 編集]
Re: To ゾンビマンさん
> YouTubeにありました!
> ありがとうYouTube ありがとうゾンビマさんです♪
>
> 日本語字幕ないけど、内容をご存じなので大丈夫かと。
> ただし、メモ書きに書いてる文字も判別できないほど画質悪いです(汗)
>
> あのゾンビのダンナさんが怖いですよね。
> 妻の妹が泊まったモーテルの窓の外にいるのが怖かった。
> 小学生だったら相当怖かったはず。夜、しかも雨が降ると余計トイレに行けなかったのでは?
> ツッコミどころは沢山だけど、次にどうなるのかとまるで飽きずに観ました。
> シリーズになったら、色んな部分をきちんと解決して見せたんじゃないかなと残念。
>
> こちらこそ感謝です!!
2016/10/31(月) 12:10:24 | URL | pu-ko #-[ 編集]
To miskaさん
邦題がね~w
当時こういうのが流行ってたのかな。
冒頭からの雰囲気にまるでそぐわないので、戸惑ってしまった(笑)

主人公が行方不明で、二本目のカセットにとりかかるという設定だったので、絶対続きがあるはずと、検索しちゃいましたよw
とりあえず完結することもできる内容ではあるんですけどね。

そっか~、こんなパイロット版だけになるものって、普通にあったのかもですね。
それにしても続きを観たかった。

ブードゥー教がらみのものって独特の雰囲気のものが多いかも。
実はもう一本観てみようと思ってます。
え?これもブードゥー教系?と驚いたので。
2016/10/31(月) 12:20:12 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
シリーズ化なりませんでしたか  よほどひどかった  おおむかしTVでやってましたねこれ  ロイシネスも子供の頃にはお世話になりました
アンディディキンソンは デパルマ映画に出たときは 50前くらいかな  であの美貌とぼでぃ  じゅ-ぶん 使えると なにが  リオブラボ-から7かなり経つけどね  使用期間長い ってなにが
2016/10/31(月) 17:04:26 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
凄い、70年代テイスト溢れる題名だわ!邦題マジック!!
テレビムービーなんですね。
子供の頃観てメチャクチャ怖かったのに、大人になって観ると「あれ?」ってのありますが、ゾンビマンさんいかがだったでしょうか。
これ続きがなくてあれみたいですが興味あるので探してみます。
そーだpu-koさん観たよあれ『ヴィー』
笑ったよwwwあれで泣いていたのかチビッ子みーすけは!!!💧
2016/10/31(月) 17:40:15 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To おみゃあさん
シリーズ化はならなかったみたい。
こういうオカルト交じりのシリーズもの、今でも受けそうなんだけど。
そうそう、アンジーさんは『殺しのドレス』の女優さんだった。
この方デビューが1954年で実にたくさんの映画に出てますね。
美人さんだたけど、今もかわいらしいおばあちゃんになってるみたい。
2016/10/31(月) 22:32:24 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
全然本体の雰囲気とあってないんですがw強烈な邦題よね。
パイロット版のTVムービーゆえ、あまりお金かけてない感はありますね。
でもゾンビの地獄の底から唸るような声が結構怖かったりするので、小さい時に見たら怖かったでしょうね。
でもたいがいは大きくなって見たら、こんなのだっけ?と思うはずだけどw
ゾンビマンさんも見直したら「あれ?」って感じかも・・・(笑)

で、みーすけさんのトラウマ映画観たのね。
わははは、笑ったかww ヴィーなんかユルキャラ風だもんねw
観なおす機会になってよかったね(笑)
2016/10/31(月) 22:43:43 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
あらためて見て、懐かしくて感動!
(私が見たヤツは凄く画像が綺麗で驚きましたが)
制作年の1973年以上の古臭さがいい(汗)・・・。
今見てもあの青いオッサンはベリーパワフルで怖いわ(爆)・・・。
私は成人してこの作品を探すときに、オカルトショックという日本のテレビ局がつけたであろう邦題が覚えやすくヒントになったおかげで探し出せた。
小学生に「戦慄」という漢字は読めなかったもので(爆汗)・・・。
2016/11/01(火) 02:46:34 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
ロイ・シネスにアンジー・ディキンソンでクロード・エイキンスというキャスティングが1970年代という感じで懐かしいです。あの頃、こういうテレビムービーがたくさん日本のテレビでも放映されていたことを思い出します。結構、この類のテレビムービーが夜9時からの映画劇場で放映されてましたからねえ。最近のショッカー優先でない安心して観ていられるホラーという感じも懐かしいです。
2016/11/01(火) 04:01:00 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
おーーご覧になりましたか。懐かしかったでしょう~。
わはは、YouTubeのは画質つぶれてたよねw
私なんか、主人公の顔もよくわかってませんww

青いオッサン(笑)
雨の日に窓の外で立ってられたら相当怖いよ。
妻との関係でまるで夫婦愛がないのもいいよねw

オカルトショックは衝撃的なネーミングだけど、確かに記憶に残る。
おかげで、作品を探し当てられたとするとタイトルの貢献度は高いね。
2016/11/01(火) 08:43:17 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To einhornさん
この時代の映画に詳しいと、懐かしい面々なんですね。
こちらでは今も昔のテレビムービーを専門に放送する番組があります。
CMが入るのでほとんど観ないんですが。
最近はテレビムービーまでは日本にやってこないのかな。
特にちょっとしたホラーで隠れた秀作がありますよね。
それほど怖くないけど、私も再見したいと思うものがあります。(タイトルもキャストもわからないんですが・・)
2016/11/01(火) 08:49:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック