映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ザ・ウィッチ(原題)
2016年10月27日 (木) | 編集 |
 witch.png

ザ・ウィッチ(2015 アメリカ/イギリス/カナダ/ブラジル
原題:The Witch 
監督/脚本:ロバート・エッガース
出演:アーニャ・テイラー‐ジョイ/ラルフ・アイネソン

【あらすじ】
17世紀のニューイングランド。イギリスからの移民であるウィリアムとキャサリン夫婦は敬虔なクリスチャンであろうと努めていたが、住民との意見の食い違いから村を離れ、4人の子供と森の奥で暮らし始める。やがて5人目の赤ん坊が生まれるが、長女のトマシンがいないいないばぁであやしている最中に忽然と姿を消す。悲しみに暮れる母キャサリンはトマシンに不信感を抱き始め・・


【感想】
英国男優総選挙特集もあと二本で終了する予定なんですが、まもなくハロウィンということで
恒例のハロウィン・ホラー特集に突入しました(笑)

今日紹介するのは『ザ・ウィッチ(原題)』。サンダンス映画祭で監督賞を受賞したホラーです。
サンダンスで絶賛された というと想像がつくかもしれませんが、万人に受けるタイプの作品ではありません。
IMDbを見てみても、マスターピースと歓喜する者がいる一方で、★一つ(★10個で満点)がズラリと並ぶなど、評価が完全に二分しています。


勝手な想像をすれば、敬虔なクリスチャン一家に不幸が及ぶことに嫌悪感を覚える人が多いのかなと思います。
クリスチャンにしたら、懺悔をしても救ってもらえないなんて許せないことでしょ。
宗教関係なしの私は凄く怖くて面白かったんですけどね。
TheWitch.jpg
まずこの映画、想像していたのとまるで違いました。
最近の魔女ものときたら、アクションまがいのウッチハンターものが主流でしょ。
ところが、本作はアクションなど皆無で、赤ん坊のサミュエルが消えたことをきっかけに、家族が互いに猜疑心を募らせるというサイコロジカル・ホラーの様相を呈すんですわ。

一応魔女も姿を見せるので完全な心理ホラーではないんですが、家族の誰が魔女にとり憑かれてるのかとドキドキ。ほとんど自然光で撮ってると思われる暗い映像や、風のざわめき、近くに魔女がいることを思わせる声や音といった音響効果も効いて、アーティステックで陰鬱な怖さを演出しています。

監督は本作が初という新鋭。
言葉が古い言い回しになっていて私にはわかりにくかったんですが、エンドロールの説明によると、台詞はセイラムの魔女裁判での記録をもとにしているとのこと。家族の暮らす家の素材や道具にも当時のものを使っており、すべてにこだわりをもって作られてるんですね。
harvey-scrimshaw-and-anya-taylor-joy-in-the-witch-(2015).jpg
出演者の中では、子供たちが印象的です。
長女のトマシン、長男のケイレヴ、双子の兄妹それぞれの演技の巧いも印象的です。トマシン役のアーニャが漂わせる幼い色香にロリ心をくすぐられる人も多いかも。

家族内で起きる魔女狩りをエンタメ性を排除したリアリティで描き、それがトラウマ級に怖い。
「魔女」ということばに置き換えられる「邪悪な心」はどうやって生まれるのかを考えさせられる一本でした。

ブログパーツ


 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
魔女モノ。
ドーンバーン!でなく、心理的に恐がらすのは後に残ってじわじわ怖くていいよね。寒々しい配色もいー感じ。

魔女と言えば、幼稚園の頃悪いことをした後「そんな事すると魔女がくるよ!」と言われるとギャン泣きしていたそうな。
どうも『魔女ビー』を観たトラウマのようなんだけど、幼稚園児がどうやってあんなホラーを観たのかは謎である。
2016/10/27(木) 17:10:23 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
そう、アクションなしで、魔女に翻弄される家族を描いてます。
ジワジワもくるし、あとリアルだからショッキングという映像もありましたよ。

おっと、みーすけさんにも怖いものがあったのね。って幼稚園児かw
その「魔女ビー」ってなんだっけ?
前に聞いてたらごめんなさい。
幼稚園児にはトラウマ級の魔女が出る映画?
まさか今はやりの「美魔女」じゃないよね(笑)
2016/10/27(木) 20:58:39 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
『妖婆 死棺の呪い』ってやつだわ。
題名全然違うな~
でもこれ『魔女ビー』だったようなきがしてたけど。
めちゃくちゃ気持ち悪かったの……今は多分平気……かな?
2016/10/27(木) 23:36:10 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
おーー、ありがとう!
それ原題がヴィーなんやね。
ビデオタイトルも『魔女伝説・ヴィー』ってなってた。

それにしても60年代のソ連映画やん!
渋すぎる幼稚園児だ(笑)
私やっぱり前に聞いたんだっけ。レンタルリストに入れてるけレンタルされてないや。残念~。
テレビでやってくれないかなぁ。
2016/10/27(木) 23:54:10 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
アメリカ・イギリス・カナダって魔女ものが好きですよね・・・。
そうそう、宗教の関係なのか、魔女に無縁で恐怖にアクションを盛り込みたくないのが日本の心霊とかで、本来、サスペンス色を上げて怖がらせるにはアクションは無用なんです。
サンダンス映画祭からみの作品はね、パッと見スカスカなんやけど後から斬新かもしれんというヤツが多いよね。
これは楽しみ。
2016/10/28(金) 02:48:28 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
魔女、というと ばぁば ヤ-ガ思い出しますが  ばぁば  おばぁさんの意味 ホントはバ-バ ヤ-ガ ですな
展覧会の絵 であります
むかし 魔女の季節 やったか 魔女なんちゃら かB級映画あったけど思い出せない ニコラスのではない
2016/10/28(金) 04:21:41 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
そうそう、ヨーロッパでは悪魔祓いを職業にする人も多いようで
悪魔や魔女が邪悪なものの主流なのが日本と違いますね。
私たちは魔女がピンとこないので、映画もファンタジーとして観がちだけど
アクションのないこういう映画を観ると、怖さを実感します。

サンダンスは新人の登竜門なので、参加作品もお金をかけてなくて、映画としての規模が小さいものが多い。
そんな中でも斬新さなど、何か光るものがあるかが選出のカギになるんでしょうね。
これも新しいセンスを感じられる作品でした。
2016/10/28(金) 07:28:57 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To おみゃあさん
おみゃあさんは色んな分野に強いよね~。
私はつくづく自分の無知を実感する。。
魔女の季節 うーん、なんだろ。
2016/10/28(金) 07:38:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
魔女狩りネタにはすごく興味惹かれます。魔女の怖さはなかなかピンとこないので、異文化ものとしても面白そう。でも、魔女は存在するという前提なのですね。ショッカー系でないなら、観てみたい気がします。
2016/10/29(土) 08:51:40 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
追い込まれ困窮する一家の心理を魔女狩りをテーマに描いていてなかなか面白かったです。
最近よくある音やびっくり描写で脅すものではないので、einhornさんも大丈夫かと。
効果音は不気味で怖いんですけどね。
魔女は存在しているという描き方ではありますが、混乱した心理が見せるものととっても通用する感じではあります。

2016/10/29(土) 16:15:34 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
面白そうですね。
こっちで見られるようになるかな?
セイラムの魔女裁判での記録をもと、
ってのも面白いですね。
言葉が解ると、余計怖そう。
古語だと雰囲気も出そうですしね。
2016/10/30(日) 10:52:09 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
こちらでもそこそこ。特に批評家に評判よかったみたいなので
公開されるといいな。
ただ、どうしても日本人は「魔女」になじみがないので、どうかなと思うところです。
セイラムの魔女裁判での記録をもとにするという発想がいいですよね。
初めて知る監督ですが、ちょっと覚えておきたい感じです。

古い言葉はですね、確かに雰囲気は出るんだけどthou,thy,thee とかがやたら出てきて困りましたw
2016/10/30(日) 23:27:35 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック