映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】奇跡がくれた数式
2016年10月04日 (火) | 編集 |
mwki2.jpg
奇跡がくれた数式(2015
イギリス
原題:The Man Who Knew Infinity
監督/脚本:マシュー・ブラウン
出演:デヴ・パテルジェレミー・アイアンズ/デビカ・ビセ/トビー・ジョーンズ/スティーブン・フライ
日本公開:2016/10/22

【ストーリー
1914年、英国。ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授は、インドから届いた一通の手紙に目を止める。そこには驚くべき“発見”が記されていた。ハーディは差出人の事務員ラマヌジャンを大学に招くが、学歴もなく身分も低いことから教授たちは拒絶する・・。

【感想
著名なイギリス人数学者と独学で数学を学ぶ名もない事務員のインド人。
人種も境遇も違う二人が出会い、ともに世界を変える奇蹟を成し遂げるという実話に基づいた話です。

数学者ハーディにジェレミー・アイアンズ、事務員ラヌマジャンにデヴ・パテル
ラマヌジャは画期的な数式をノートにしたため、それを証明したいと思っている。

ケンブリッジ大学のハーディ教授のことを知ったラマヌジャンは手紙をしたため、渡英することになるんですが、数式など簡単に証明できるものではないらしく、彼は差別に苦しみながら大学で長い時を過ごすことを余儀なくされるんですね。
the_man_who_knew_infinity_48050683_st_1_s-high.jpg
当時インドにはカースト制があって、ラマヌジャンの階級では海外渡航すら禁じられていたらしい。
結婚間もなく、世間に冷遇されることを覚悟で夫を送り出す妻の献身がまず偉い。
themanwhoknewinfinity-01.jpg
映画の売りとしては境遇も身分も違う二人の数学者が世紀の数式を証明したということで、ハーディ教授の心の広さと二人の友情を熱く描くものかと思ったけど少し違った。というのもジェレミー・アイアンズ演じる教授の興味はラマヌジャンの数式であって、ラマヌジャン本人にはなかったから。ラマヌジャンがどんな思いでイギリスで過ごしているか知ろうともしない教授には少々腹が立ってしまった。ハーディは学者バカであって悪気はなかったんでしょうけどね。医者は病名を見て患者を診ないというのに近いかな。

ハーディのそんな欠点もちゃんと描いてるのは、正直な映画かもしれません。
ジェレミー・アイアンズが演じると憎めないしね。
人道的な部分で大きな役割を担ったのはむしろトビー・ジョーンズ演じるお友達の教授。

戦争が勃発しカレッジ上空にも敵機が襲来します。
そんな中でも世紀の発明が生まれるんだから凄い。
学問を究めるものは細かいこと気にしてちゃだめってことね(笑)

個人的には二人の成し遂げた共同作業の部分よりも、「奇跡がくれた数式」の、本当に「奇跡」な部分に興味を惹かれましたわ。天才の偉業をよくよく調べると、こういうのもほかにあるかもなぁ。

デヴ・パテルは全身全霊で使命を全うするラマヌジャンを熱演してました。
犠牲にしたものも大きかったけれど、今も彼の数式が宇宙工学など様々な場面で使われていることや、当時植民地であったインドの知性を知らしめたことなど功績が大きいのが救い。
51991072.jpg
撮影は実際にケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジで行われたらしい。
古くはアイザック・ニュートンやホーキング、最近ではイアン・マッケランにレイチェル・ワイズ、エディ・レッドメインなどの多くの天才、秀才が学んだ美しいキャンバスを見るのも一興ですね。

ということで、今日の「英国男優」はここのところ教授役がやけに多いジェレミー・アイアンズさまでした。
2016年は6本の映画にご出演の68歳。無理せず頑張ってくださいな。


ブログパーツ
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
イギリス、インド  ともに身分制度が残ってる国ですね  そんな背景はないんかな 映画作りに
2016/10/04(火) 16:17:21 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
数学とか数式、基本的に勉強が嫌いなので、これはタイミングが合えば見ます。
パテル君とアイアンズは好きなんですが、彼らの作品で眠くなることが多いので・・・。
2016/10/05(水) 02:59:31 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
デブじゃないペテル
今日映画館で”Lion"のプレヴュー見ましたよ。ちょっと気になる展開でした、、ママがニコール・キッドマンらしい、、明日は”Seven"を予定しているのですがさて、、野球もあるんですよ。
2016/10/05(水) 03:40:34 | URL | guch #-[ 編集]
No title
おお、同じジェレミー作品でもこちらは良さそう("天文学者"はな~💧)
デブ・パテルは役によって雰囲気変わるなー。面長だけどスイッチ入らない不思議。
でもお話面白そうだし、トビージョーンズも出てるしこれは観ようっと。
ジェレミー今年そんなに働いてるの?!凄い、モーガンフリーマンみたいwwwレストランビジネスでも失敗したのか?www
2016/10/05(水) 06:51:40 | URL | 名なしさん #Tzg06d/s[ 編集]
To おみゃあさん
身分の違いや差別はこの映画の大きなファクターですね。
それを乗り越えイギリス人とインド人が世紀の数式を生み出したところが面白い映画でした。
2016/10/05(水) 07:03:27 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Toゾンビマンさん
私も数学とか数式とかわからないんですが、小川洋子さんの『博士の愛した数式』(映画は未見)が面白くて大好きだったので、これも大丈夫かなと思って観ました。
実際、数学の知識はなくても鑑賞には支障ないんですけど、ただ、数学の面白さが伝わってこなくて残念なんですよね
主題はそれじゃないと言われればそれまでなんだけど・・
なので個人的には大プッシュはできませんわ。

2016/10/05(水) 07:19:49 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: デブじゃないペテル
> guchさん
ははは、パテル君はおデヴじゃないよね(笑)
この映画ではどんどん衰弱するので心配しました。
”Lion"って全然知りませんでしたよ。パテル君は主演映画もいくつか出てきて順調にキャリア重ねてますね。
お、ついに”Seven"行きますね。楽しんできてください。
アクション最高です。
2016/10/05(水) 07:22:32 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To 名無しの・・・多分みーすけさんw
うーん、映画はそれほど悪くないんですがジェレミー的には"天文学者"の方がいいのでは?と想像してます。どうだろう。
おデヴ君(太ってないけどw)はひょうきんからシリアスまで幅広いですよね。
一生懸命が似合う主人公が意外に貴重でニーズがあるのかなって気がします。

でもスイッチ入らないのね。まぁそれはわかる(笑)
トビー・ジョーンズはジェレミーの親友という感じで、いい雰囲気出してました。

耕志のジェレミーはフリーマン越えだよね(笑)
借金あるのか?w
インタビューで沢山映画に出てること指摘され「クタクタだ」って言ってましたw
2016/10/05(水) 07:36:56 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
あ!名無しにしてもーた!ごめんなさい!
スマホ落としすぎて左半身タッチパネル不随になって修理中で、代替え機なので使い勝手が悪い💧
んーー、ジェレミー良くても内容が個人的にイマイチ合わなかったからなー。あはは!クタクタなのかwww 数出ても演技が粗くならないのは流石だよねー。
2016/10/05(水) 08:27:39 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
名無しでもすぐにみーすけさんとわかるけどね(笑)
スマホ半身不随ってw どっか接続切れちゃったのかな。
慣れないの使うのは大変だわ。

そう、出てる人が良くても映画的に合う合わないはあるね。
ジェレミーさま出すぎww
でも求められるとチャレンジしちゃうのかな。
心身ともにカッコいいジェレミーさまでいて欲しいわ。
2016/10/05(水) 13:33:56 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ねね、彼って「マリーゴールドホテル~~」のあんちゃんだよね。
何だか見違えちゃったぜ。カッケーな。
もち、ジェレミー爺さんもかっけーよ。

ああ、何だかアレ思い出したよ。アレ。。。
マットデイモンが出てたアレ。掃除夫なのに、
黒板の面倒な数式解いちゃうってヤーツ。

2016/10/05(水) 18:35:04 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
そそ、「マリーゴールドホテル~~」のあんちゃんね。
あの陽気な青年とは一味違うよね。
主役も張るようになって成長したなって感じ。

マット・デイモンのは『グッド・ウィル・ハンティング』だね。
あの頃のマットは孤独な天才という役がハマってたな。好きな映画です。


2016/10/06(木) 08:56:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
時代的にもいいですね!
イギリスとインド、ブリティッシュ!
って、これって実話?
数学が美しいって云う主張は解ります。
いや、だからって私が数学得意なわけでではwww
ジェレミーさまは、こういうロケーションが合いますよね♪
2016/10/07(金) 10:23:04 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
そう、実話ベースらしいんです。
劇中も数式をアートに例えるシーンがありました。
数学を突き詰めるとそういう感覚なんでしょうね。
私は全然わかりません(笑)

ジェレミーさまは、最近教授とか学者役が多いですね。
品格があって、質実な感じがピタリとはまります。
2016/10/07(金) 23:26:22 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ジェレミー・アイアンズは、「スワンの恋」以来気に入っている人で、文芸系の作品の似合う俳優ですね。
この映画も学者役をうまく演じているのでしょうね。
2016/10/08(土) 06:26:29 | URL | yymoon #-[ 編集]
To yymoonさん
あ!『スワンの恋』、ジェレミーさまも出てるんですね。
ほんと、文芸系の作品に似合います。
知的でストイックでいて穏やか大人の余裕も感じられしかもセクシー。
本作も教授役がピッタリですが、また危ない役もお願いしたいですw
2016/10/08(土) 12:58:31 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
評価:★★★★【4点】(P) インド式の算数はやはり伊達ではなかった(←映画と関係ないから)^^;
2016/10/23(日) 07:22:01 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
あふれ出る数式 公式サイト http://kiseki-sushiki.jp10月22日公開 実話を基にした映画 原作: 無限の天才 (ロバート・カニーゲル著/工作舎) 1914年のイギリス、ケンブリ
2016/10/23(日) 15:22:45 | 風に吹かれて
インドの天才数学者ラマヌジャンと、彼を見出したG・H・ハーディとの交流の実話を描いた作品。 本当に、ラマヌジャンとハーディの交流しか描かれていません(笑)。そう言う意味では、ラマヌジャンが、なぜ数学に興味をもったのかと言う事が判らないので、突然現れた天才と...
2016/10/23(日) 22:13:44 | 勝手に映画評
 伝説的なインド人の天才数学者ラマヌジャンの伝記映画。非常に真面目に作っていますが、その分、おもしろみにかけてしまった気もします。しかし、彼がもし長生きしたら数学界はどうなっていたのかと、思いをはせてしまいます。  作品情報 2015年イギリス映画 監督:…
2016/11/20(日) 06:49:38 | 映画好きパパの鑑賞日記
1914年、イギリス。 ケンブリッジ大学教授である数学者G.H.ハーディのもとに、遥か遠くの英植民地インドから一通の手紙が届く。  差出人は、マドラス港の事務員をしながら独学で数学の研究をしていた青年マシュリニヴァーサ・ラマヌジャン。 手紙には驚くべき“発見”が記されていた。 ハーディはラマヌジャンを大学に招聘するが、学歴のないインド人の研究を、他の教授たちは認めなかった…。 実話から生まれ...
2016/11/23(水) 00:24:37 | 象のロケット
「スラムドッグ$ミリオネア」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のデヴ・パテルがインドの天才数学者ラマヌジャンを演じた伝記ドラマ。独学で数学を学んだラマヌジャンが、異国の地イギリスへと渡り、文化の違いに苦しみながらも、著名な数学者G・H・ハーディ教授と数学を通じて友情を育み、強い絆で結ばれていく感動の実話を描く。共演にジェレミー・アイアンズ、トビー・ジョーンズ。監督は本作が長編2作目のマ...
2016/12/11(日) 19:46:57 | パピとママ映画のblog