映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】マグニフィセント・セブン(2016)
2016年10月01日 (土) | 編集 |
the-magnificent-seven-2016-5k.jpg
 マグニフィセント・セブン(2016 アメリカ
原題:The Magnificent Seven
監督:アントワーン・フークア
脚本:ニック・ピゾラット/
リチャード・ウェンク
出演:デンゼル・ワシントン
クリス・プラットイーサン・ホーク/ヴィンセント・ドノフリオ/イ・ビョンホン/
マヌエル・ガルシア=ルルフォ/
マーティン・センスマイヤー/ヘイリー・ベネット/ピーター・サースガード
日本公開:2017/1/27

感想
黒澤明監督の名作『七人の侍』のハリウッドリメイク『荒野の七人』の再リメイクです。
監督は『トレーニング デイ』『サウスポー』などのアントワーン・フークア

mag.png
非道な実業家バーソローミュー・ボークに牛耳られたローズ・クリ―クの町
目の前で夫を殺されたエマ(ヘイリー・ベネット)ら町の住人の依頼により、賞金稼ぎのサム・チザム(デンゼル・ワシントン)を筆頭に7人のならずものが集結する。


「誰にも気を許せない時代」の緊張感をピリピリに漂わせるの酒場のシーンから秀逸です。
無法地帯を生き抜くには必ずしも善人ではいられないわけで、集まった7人も例外ではない。
そんな彼らが雇われて戦ううち、いつしか縁もゆかりもない町のために仕える侍と化す。
ドラマ部分は控えめではあるものの、個々にトラウマや闇を抱えているがゆえに、戦いを通して自分を克服し、仲間と絆を深め命をかける様にグっとくるんだな。
magnificent-seven-2016-cast.jpg

リメイクとはいっても別ものというだけあって、今回、7人は黒人、アジア人、ヒスパニック、ネイティブ・アメリカンなど多様な人種の集まりとなっています。これも時代の流れでしょうか。
黒づくめのリーダー、デンゼルはさしずめユル・ブリンナー。ユーモアで盛り上げるクリス・プラットはマックイーンでしょうね。
ナイフ使いで惚れ惚れするほどキレのいいアクションを見せるイ・ビョンホン、一回り大きくなった体で敵に体当たりをくらわすヴィンセント・ドノフリオ(あの高い声はなんやねんw)など、各々の個性が光ります。

なんといっても
この映画の核はアクション!
縦横に馬を走らせる銃撃戦の迫力たるや!
今どきこれほどリアルなアクションで魅せてくれる映画も少ないでしょ。
デンゼル・ワシントンの馬上からの銃さばきにも感心してしまった。61歳には見えませんから。
クリスもデンゼルも銃をクルクルっとしてホルスターに収めるのがカッコいい。相当練習したんでしょうね。

最近悪役が多くなったピーター・サースガードは、本作でもジメっとした悪党ぶりがナイス。

残念に思う点は、夫を殺されたエマを除いて町の人々の存在感がやや弱いこと。
これでは新たな悪党が現れたら、住人はまた苦境に追いやられるのではと不安になる。
『七人の侍』は村人に力を感じさせたところが巧かったんだと思う。
『七人の侍』の「白いご飯」に相当するものを求めるのは無理かもだけど、住民との繋がりをもう少し感じられるとよかったね。

でももう一度観たいと思うほど楽しめました。
あの方が生きているのを最後の最後まで期待して待ってしまったけれど・・

日本公開は来年だそうです。


ブログパーツ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
近年、ようやくアントアン・フークアの作風に馴染んできた。
おもろい映画を作る、痒いことろに手があともう一歩届かない80点の人って感じ(汗)・・・。
これは絶対に観ます。
そうそう、『世界一キライなあなたに』は涙あふれてカッコ悪かったわ(笑)
2016/10/01(土) 00:20:05 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
素晴らしき七人
ああ~、、またpu-koさんに先を越された、、、先週の木曜から始まっているのですがこれも”Sully"もまだです、何せ野球が今佳境に入って来てて目が離せないのと学校が今週一杯お休みでシネコンが大騒ぎなんですわ、、。見てからまた寄らせて貰います(・∀・)。
2016/10/01(土) 01:03:42 | URL | guch #-[ 編集]
No title
クリスのタイムラインに落ちて楽しみにしてたんだけど良かったんだー。
キャストが豪華でいーねー。
なんとわたくし『七人の侍』は何度も観てるのに『荒野の七人』流し見しかしたことない。
ので、オリジナルは良かった、てのが多分あまりないので先入観無しで楽しめそう。

あの方って誰だろーー!菊千代?www
2016/10/01(土) 02:51:33 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
No title
「荒野の7人」はこれはこれで名作だと思うので、リメイクは楽しみですね。
黒人が主人公だと、
この時代差別されてたと思うんですけど、そこは言及されてるんですか?
キャストも派手すぎず、地味すぎないのがいいですね。
私、マット・ボマーさん割と好きなんですけど、
データ見ると役からして
すごいちょっとしかでてなさそうですね(笑)。
2016/10/01(土) 05:19:23 | URL | miskatonic #-[ 編集]
M7!
こんばんは🌉
Oh!待ってました!M7!いいなあ~。私も早く観たい観たい観たい!
キャストが豪華で美味しいメンツですよね~。特に気になるのは、やっぱクリス・プラットとイ・ビョンホンですわ~。クリスがマックイーン的な役やってるですね~。カッコよくてコミカルなクリスが好き!ビョンホンのキレッキレさは、ハリウッドでも活かされてるみたいで嬉しいです。日本公開が待ち遠しい~。宣伝で誰か日本に来るかな?
2016/10/01(土) 06:27:10 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
To ゾンビマンさん
今回アクションのすばらしさに驚いたので、フークア監督のフィルモグラフィー見直したんですが
アクション以外のジャンルも撮ってて器用な方ではありますね。

これはね、私としては90点あげたい。
アクションだけでも見ごたえたっぷりで、キャストもよかったです。

『世界一キライなあなたに』泣くよね~。
ゾンビマンさんのレビューも最高でした。
2016/10/01(土) 08:58:37 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: 素晴らしき七人
>guchさん
お先しましたよ~♪クリス・プラット好きなんだもの。
ああ~、子供でごった返す時期はいやですね~。
でも私の一番近場の映画館夏休みが終わった途端にウィークデイは夕方からの上映のみになってしまいました(泣)
ずっと閑古鳥が鳴いてたので仕方ないでしょうねぇ。
金曜日は朝からやってくれるのがせめてもの救いです。

野球が落ち着いたら・・
というか、野球は録画してでも大きなスクリーンの上映が終わる前に映画館に駆け付けるべし。
どちらも見ごたえありますよ。
2016/10/01(土) 09:55:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
途中ちょっとウトウトしたところもあるんだけどwアクションは迫力だし、キャストも豪華でこれよかったよ。

『七人の侍』は何度も観てるのか。凄いね。
私も『荒野の七人』は一回しか観てないなぁ。
見直さずに臨んだけど、色々忘れてるほうが先が読めず楽しめるよね。
内容も同じじゃないはずだし。

> あの方って誰だろーー!菊千代?www
それは明かせないww
2016/10/01(土) 10:14:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To miskaさん
> 黒人が主人公だと、
> この時代差別されてたと思うんですけど、そこは言及されてるんですか?

私の見落としの可能性もありますが、黒人ということに関しては特に言及がなかったように思います。
監督へのインタビュー記事を読むと、実際、この時代テキサスでは黒人のカウボーイも普通にいたそうで(ミュージアム館長の話では80%が有色)、単に映画に登場しなかっただけらしいんですね。
今はいろんな人種が心を一つにして国を守る時代というのもあって、監督(ご本人も黒人ですね)はデンゼルの主役を切望したようです。

マット・ボマーは早々にご退場ww
というか、あれがボマーだったんだと今知りました(笑)

2016/10/01(土) 10:30:45 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: M7!
>松たけ子さん
これ思った以上に気に入りましたよ。
キャストがいいよね~。
カッコよくて面白いクリスだけでもうれしいんだけど、ビョンホンのキレッキレにはほんと感心した。
黒澤映画が元なんだから、日本こそ盛大に盛り上げてほしいですよね。
クリスやデンゼルの来日あるといいな~。ビョン様も!
2016/10/01(土) 10:43:29 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ヴィンセント・ドノフリオ って、ほほえみデブなんよね  またメンインブラックにも出てたんやね アレは気づかんかった フルメタルではムリして太ったようだけど ほんまのデブになったんやね
2016/10/03(月) 16:41:23 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
ドノフリオはかなり太ってました。
しかも声が高くて最初誰かわからんかった(笑)
最近は変態さんやら悪人が多いけど、どこか憎めないとこもある性格俳優ですよね。
今回もいい味出してます。
2016/10/03(月) 21:52:55 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
The Magnificent Seven
黒沢の作品はリアリズムを追究した社会派映画だと思っています。この映画は、エンタメです。そういう視点で観て充分楽しみました…(^^)
2016/10/07(金) 17:56:35 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
Re: The Magnificent Seven
> NZ_RRさん
ご覧になってますね。
本作は確かにエンタメ性も高く、私もすごく楽しめました。
キャストの使い方もよかったですね。

引きの絵も美しく、劇場鑑賞してよかったと思う一本です。
2016/10/07(金) 23:53:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Maginificent Seven
いや~、、大興奮で帰ってきましたよ。まさに”マグニフィセントな西部劇”じゃないですか??”このメシおろそかには食わんぞ”なんて事は言わずにアクション大作に徹した成果ですよ。最後にあのテーマ曲がかかった時は立ち上がって拍手しようかと思いました。この邦題はヒドイじゃん、、、と思ってましたが最後のナレーションで納得、日本の担当者が”荒野の七人”にしなかった訳がやっと判りました。こりゃ傑作でした、、もう何本もデンゼルと組んでいるしツボを押さえているって感じ、それにしても黒澤監督の偉業に恥じない設定でした。
2016/10/18(火) 02:37:23 | URL | guch #-[ 編集]
Re: Maginificent Seven
わーい、ご覧になりましたね。
ねー、これ面白かったですよね。
アクションの見ごたえと、男たちの刹那的な男気がたまらん。
うんうん、、最後のナレーションが効いてた。
大満足の一本でした。
ちなみに紅一点で頑張ってた未亡人は『ガール・オン・ザ・トレイン』で殺される人妻を演じてます。

2016/10/18(火) 08:34:10 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
評価:★★★【3点】(12) 『荒野の七人』シリーズが個人的にダメダメだったので
2017/01/29(日) 20:53:54 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
黒澤明の傑作『七人の侍』と同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇。冷酷非道な悪に支配された町の住人から彼を倒してほしいと雇われた、賞金稼ぎやギャンブラーといったアウトロー7人の活躍を追う。メガホンを取るのは、『サウスポー』などのアントワーン...
2017/02/02(木) 18:40:55 | パピとママ映画のblog
なんだかんだで魅入ってしまった。
2017/02/05(日) 02:27:27 | だらだら無気力ブログ!
悪徳実業家から立ち退きを強制された村人が 七人のアウトローの力を借りて村を死守する姿を描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原題:The Magnificent Seven(雄大な七人) 原案:『七人の侍』『荒野の七人』
2017/02/05(日) 02:56:38 | cinema-days 映画な日々
名画「荒野の七人」(1960年)のリメイク。 そもそもは日本映画「七人の侍」(1954年)がそのルーツ。 という超「名門」な血筋(笑) そこで考えるに、再映画化のポイントは以下の3つに尽きると思う。 ①如何に魅力的なメンバーを集めるか ②そして彼らをどう輝かせるか ③あの名曲を、どこでどう使うか その視点でみると、 ①如何に魅力的なメンバーを集める...
2017/02/05(日) 07:00:16 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
【出演】  デンゼル・ワシントン  クリス・プラット  イーサン・ホーク  イ・ビョンホン  ヘイリー・ベネット  ピーター・サースガード 【ストーリー】 悪漢バーソロミュー・ボーグによって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民...
2017/02/05(日) 13:10:24 | 西京極 紫の館
マグニフィセント・セブン '16:米 ◆原題;THE MAGNIFICENT SEVEN ◆監督:アントワン・フークア「サウスポー」「エンド・オブ・ホワイトハウス」 ◆主演:デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホン、ヴィンセント・ドノフリオ、ピーター・サースガード、ヘイリー・ベネット ◆STORY◆ローズ・クリークの町の人々は悪党バーソロミュ...
2017/02/05(日) 21:12:36 | C’est joli ここちいい毎日を♪
1879年、アメリカ西部の町ローズ・クリーク。 苦労して町を築いた開拓者たちは、金の採掘を目論む冷酷非道な資本家ボーグから立ち退きを迫られていた。 ボーグらに夫を殺された未亡人エマは、賞金稼ぎの治安官サムに助けを求める。 ワケありのアウトロー7人は町の用心棒となり、ボーグの軍団と戦うことに…。 アクション。
2017/02/06(月) 08:51:36 | 象のロケット
『あの』曲が流れただけでもういいの♪ 何度もテレビの再放送で見た「荒野の7人」が好きすぎて☆ たとえこのリメイク作品がそれぞれの個人的背景が描かれなさすぎても・・・・・精神的に参っているスナイパーが突如として復活する違和感があったとしても・・・・・
2017/02/06(月) 18:23:24 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
□作品オフィシャルサイト 「マグニフィセント・セブン」□監督 アントワン・フークア□脚本 ニック・ピゾラット、リチャード・ウェンク□キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、       ビンセント・ドノフリオ、イ・ビョンホン、...
2017/02/09(木) 07:51:45 | 京の昼寝~♪
イビョンホンなかなかよかったですね~。寡黙でナイフ使いってめちゃめちゃ好みでした。(聞いてない聞いてない)・・・・ただ、この映画が七人の侍だの、荒野の七人だのの焼き直 ...
2017/02/10(金) 09:15:03 | ペバーミントの魔術師
悪党一味が冷酷非道で強いことが前提で、敵わないだろうと予想させる。でも、集まった腕利きが知恵を出し合い、素人の庶民もいっしょに戦う。その醍醐味はたっぷりと楽しめる。
2017/02/25(土) 23:47:13 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver