映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】母の残像
2016年09月27日 (火) | 編集 |
louderthanbombs_onesheet_final-US-20160226-02.jpg


 母の残像(2015 ノルウェー/フランス/デンマーク/アメリカ
原題:Louder Than Bombs
監督:ヨアキム・トリアー
脚本:エスキル・フォクト/ヨアキム・トリアー
出演:ガブリエル・バーン
ジェシー・アイゼンバーグイザベル・ユペール/デヴィン・ドルイド /エイミー・ライアン
レイチェル・ブロズナハン
日本公開:2016/11/26

感想
ラース・フォン・トリアーを叔父に持つノルウェーの精鋭ヨアキム・トリアーによる家族ドラマです。
英国男優50人斬り、今日は渋いところでガブリエル・バーンいきましょう。

Louder_Than_Bombs_2015_720p_WEB_DL_mkv_000492229.jpg
ガブリエル・バーン演じるジーンは戦争写真家として活躍した妻イザベル(イザベル・ユペール)を3年前に交通事故で亡くしている。
イザベルの回顧展が開かれることになり、長男ジョナ(ジェシー・アイゼンバーグ)も帰省し、親子3人が顔をそろえた。
ジーンはこの機に次男のコンラッド(デヴィン・ドルイド)に、イザベルの死の真相を話すことを決心するが、心を閉ざしがちなコンラッドと向き合う機会を持てないでいる・・・



監督の前作『オスロ、8月31日』はルイ・マルの『鬼火』にインスパイアされて撮ったという、自殺を決めた青年の2日間を描く繊細な作品でした。

本作は「イザベルの死は自殺の可能性が高い」ことを軸に、そこに至るイザベルの思いや、残された家族の3年間を浮き彫りにしていく作りで、登場人物は違えど前作の続編に近い形ではないかと思います。

今回もイザベルの虚無感が画面いっぱいに広がるのだけど、前作と違うのは虚無感を生むきっかけや原因が少しずつ差し込まれていること。
理解ある振りをしすぎて無関心と取られたり、すれ違う夫婦が痛々しい。
でも、こういうのが亀裂を生むと気づけば、自身を振り返ることもできるんですよね。

ゲームや幻想に没頭し、死にとりつかれたように見える次男コンラッドが初めて涙をこぼすシーンは印象的です。
母の姿を重ねていた同級生のメラニーの生々しさに触れたあの瞬間、彼は母の幻影から解き放たれ、生を実感したのではないか。
hero_Louder_Than_Bombs_Still.jpg
コンラッド役のデヴィン・ドルイドは思春期の危うさと成長をみずみずしく演じ、演技派の共演者の中にあって一番の存在感でした。

一見何の問題もないように見えたジョナも壊れかけている。
そんな一家が集い、言葉を交わし合うことで、何かが変わり始める様子もあたたかい。
いい映画でした


しかし!

個人的にはラストシーンに2つの思いがよぎったんだよね。

そこネタバレになるので未見の方はご注意ください。






















 
ラストは、出産後間もない妻のもとに戻ることをなんとなく躊躇するジョナを送って
ジーンの運転で親子3人ジョナの家に向かうシーン
コンラッドの隣にはイザベル(亡霊)。コンラッドはその肩に身を預け眠りに落ちる。

これは父子の中で何かが変わり始める(絆を取り戻す)あたたかいシーンに違いないんですが
問題はイザベルの表情です。
isabelle.png

息子の成長を見守り安堵する母親のそれとはちと違う
何か影があるんですよね、ユペールさま!!(笑)

この母親、前にも運転中居眠りしかけてる夫を黙認していたことがあって
幸い事故にはならなかったけど「一緒に死ぬなら本望」な人だったわけですよ。

ならばイザベルはコンラッドの成長を素直に喜んでいるだろうか
もしかして彼女は息子たちが死を選ぶことを望んでいたんじゃないか と
そんな思いがよぎってしまった。


実際、ヨアキム監督の次なる新作はスーパーナチュラルなものになる様子。
次はノルウェーでの撮影となるようで、本作とのつながりはないかもだけど
一つの事象を違った視点で掘り下げるような監督の作品展開は非常に興味深いですよ。



ブログパーツ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
へーー、ラースの甥っ子ですか!甥も映画人なのね、知らなかった。
なのでその前作というのも未見なんどけど観てからの方がおーのかな。
キャストが非常に魅力的ねーガブリエル・バーンて!
最近スクリーンからちょっと遠退いてる感じだけど、ドラマとか出てるしやはり上手いよね。何よりこの人独特のフェロモンが……老いてなお素敵❤。
それに語らない表情演技をさせたら右に出るもの無しのユペール様!
あー怖いわーまたピアニストのラストの表情思い出して戦慄。観たいなこれ。
久々にTSUTAYAへgoして前作からチェックしようかな。
2016/09/27(火) 17:32:37 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
甥っ子ちゃんなんですって。
お母さんもショートフィルムの監督らしく、映画一家なんやね。
今まだ3本しか撮ってないけどデビュー作品もお国のアカデミー賞みたいなので三部門受賞したらしく、要チェキだよ。

今回初の英語作品だそう。キャストいいよね。
そそ、ガブリエル・バーンてセクシーだわ。
で、今回思ったんだけど、ちょっとファスベンダーにも似てない?
元映画俳優(現教師)という役柄で、若きガブリエルさんがちょっと出てくるんだけど、意外と歳いったほうが素敵(笑)
ユペールの語らない表情演技!ほんと、語らないほうが怖いんだよねぇ、彼女。
時間あったらチェックしてみて~。傾向みたいなのわかるはず。
2016/09/27(火) 19:28:22 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ファンの間では「ガブちゃん」って呼ばれてる。
ガブ飲みのガブちゃんみたいで可笑しくない!?

キャストがいいね~。暗そう。覚悟して観るべきかな?
老夫婦(でもないのかえ?)に息子2人、って
ウチと一緒じゃん!けどこっちの母親は目いっぱい
ポジティブですがね(笑)こーゆー家族関係を描いた映画、好きだわ~。

しかしガブちゃん(笑)老けたな。。。お前が言うな、っと。
2016/09/27(火) 23:57:11 | URL | chaco #-[ 編集]
No title
ユペールさまだからw
でも、最近の映画の傾向として、
普通にまとまるものも、まとめない作品が
多いですよね。
ひねると云うのとも違うんですけど、
時代柄かなーと思ったりw

ガブリエル・バーンは
性格俳優な印象。
普通のサラリーマンはあんまりないですよね。
これ、面白そうな映画ですね。
ラース・フォン・トリアー
最近おとなしいですよね。
2016/09/28(水) 00:07:48 | URL | miskatonic #-[ 編集]
No title
バーン様ファスに似てるかな?
しっかりした鼻から目もと辺り面影あるかも。
アイルランド産の薫りかな。好きに好き系カテ所属なんだな。
喋らないユペール様の破壊力たるや、半端ないよね。
ピアニストまた観たくてなってきたけど、気合いがっつり入れないと無理www
2016/09/28(水) 03:07:06 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
No title
姐さんが気に入ったようなので、チェック入れときます。
2016/09/28(水) 03:49:20 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
ガブバ!
こんばんは!
ジェシー・アイゼンバーグとイザベル・ユペールが共演してるということで、前から気になった映画!日本でも公開が決まって、やれ嬉しや!
ガブリエル・バーン!なんだか懐かしい!私が洋画を観始めた頃にはもう熟年おじさまでしたが、すごいシブくて、そして大人の男の色気があって、アイドルよりもおじさま好きだった私の幼心をときめかせてくれた人です。何の映画か忘れたけど、すごいエロい役、演技だった作品があったような。お心当たりないでしょうか?また観たいので(^^♪
2016/09/28(水) 06:15:31 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
To chacoさん
ガブちゃん! なんか可愛い💛
キャストいいよね。暗い部分もあるけど幻想的な見せ方もしてて欝々にはならないよ。
たして覚悟しても大丈夫。役者もうまいしね。

ははは、私も15歳の息子いるにしては年寄りすぎだろって思った。
ユペール様も実年齢63歳だよ。ガブちゃんも66歳だからおじいちゃんだよねぇ。
2016/09/28(水) 08:39:41 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To miskaさん
ユペールさまだもんね(笑)

>最近の映画の傾向として、
> 普通にまとまるものも、まとめない

あー、そうかも。
「ありがち」を回避する傾向かな。
この監督の場合は作品が次にリンクしていく感じで、
今回もほんわか一件落着に見えて、ちょっと違う余韻をぶち込んできたといったところ。

ガブリエル・バーンはの普通のサラリーマン、確かにピンとこない。
ところが今回は普通の高校教師を演じてて、それが意外にはまるんですよ。
授業してる光景はなかったんですが(笑)

映画はなかなか面白かったです。

ラース・フォン・トリアー監督、『ニンフォマニアック』以来名前聞かないですね。
鬱の状態が悪いのかな・・と思ったら18年公開予定でシリアルキラー系の映画撮ってるみたい。
まだキャストは発表されてませんね。誰だろ。
2016/09/28(水) 08:54:41 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
バーン様ファス似
と書いてしまったけど、書いた後で「トムヒ似」と思ったんだったかなと思い返したw
観てて、そのどちらかに似てると思ったんだな。
「アイルランド産の薫り」なんだ。
アメリカ人似合わなそうな緑のセーターとか似合いそうだもんね。

喋らないユペール様の破壊力すごいよ。
今回は特にお肌の荒れ具合も半端なく(汗)
うわわわ・・って怖さまで加わってしまったw
『ピアニスト』は初ユペールだったと思う。
よく知らない時でもあったので私もまた観てみたいなぁ。
2016/09/28(水) 09:00:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
時間軸が交錯したり、幻想が入ってきたりするので少しわかりにくいところもありますが
「妻&母の死」を引きずる家族たちの葛藤と再生を描くものとして面白い表現になってるし監督のみずみずしい才能も感じます。
よかったらチェックしてみてください。
2016/09/28(水) 09:11:46 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: ガブバ!
>松たけ子さん こんばんは
ジェシーとユペールの共演というだけでも観たくなるよね。
ガブバは大人のフェロモン半端なしw
すごいエロい役なんだろう。
ガブバ作品あまり観れてないんだけど‥「ゴシック」?
2016/09/28(水) 09:12:46 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ヘビーな雰囲気の映画みたいですね。イザベル・ユペールは「アスファルト」がよかっただけに観たいとも思う映画なのですが、地味すぎて近所での上映があるのかなって気もして。さすがに渋谷まで足を伸ばす映画かというと微妙な感じなのですよね。
2016/10/03(月) 04:24:57 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
深淵な内容ではあるけれど、淡々としてアーティスティックで最後はあたたかいものも感じるので、それほどヘビーには感じないと思います。
でもこの手の洋画は上映規模あまり大きくないかもですね。
監督はこれからの活躍が期待される方なので機会があれば監督作品をご覧いただきたいです。
einhornさん絶賛の『アスファルト』私も早く観たくてたまりません。
2016/10/03(月) 07:30:11 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
6日のことですが、映画「母の残像」を鑑賞しました。 戦争写真家の母イザベルが謎の死を遂げてから3年。母の回顧展のため 長男ジョナが父と弟が暮らす実家に戻ってくる 久しぶりに顔を合わせた父子たちが妻への 母へのそれぞれの思いを語り、イザベルの知られざる一面...
2017/02/28(火) 18:03:21 | 笑う社会人の生活