映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】バスキア
2016年09月13日 (火) | 編集 |

basposter.jpg
 バスキア(1996 アメリカ
原題:Basquiat
監督:ジュリアン・シュナーベル
脚本:ジュリアン・シュナーベル/マイケル・トーマス・ホルマン
出演:ジェフリー・ライト / クレア・フォーラニ/ マイケル・ウィンコット/ デヴィッド・ボウイ/ デニス・ホッパー/ ゲイリー・オールドマン/ ベニチオ・デル・トロ / ウィレム・デフォー/ クリストファー・ウォーケン

【あらすじ
1979年、壁に落書きするグラフィティスタイルで独自の世界観を表現していたバスキアは、徐々にその実力を認められるようになる。

basquiat.jpg

感想
1988年に 27歳で亡くなったアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキアの伝記映画。
『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベルの監督デビュー作品です。

主役はバスキアを演じるジェフリー・ライトですが、「イギリス男優50人斬り」につき、今日は主に共演のデヴィッド・ボウイゲイリー・オールドマンについて書きます。
e7ef9fb9630d44c5c735949d0e95f7c2.jpg
まずはオールドマン。
登場人物のほとんどが実在の人物という中、オールドマン演じるアルバート・マイロは架空の人物です。実はこの役に監督は画家でありバスキアと親交のあった自身を投影したんですね。家の廊下にバスキアが排尿するのも監督の家で実際にあったこと。オールドマンの娘として登場するのは監督の実の娘です。

basquiat1.jpg
ボウイ演じるアンディ・ウォーホルはポップアートの旗手として有名ですが、バスキアとも親交があった人。
映画の中でバスキアの恋人ジーナが「ウォーホルはバスキアを利用している」と言うシーンがあるように、世間ではそういう噂も立っていたようだけど、監督はウォーホルをバスキアのメンターであり父親のような存在として描きたかった様子。ボウイ自身は頭角を現した新しい才能に敬意を表しつつ、自分の知識を与え、ともに成長しあう存在として演じたとのことで、当人をよく知る監督と、アーティストとしてウォーホルを尊敬するボウイ、2人とも引けないものがあるらしくらインタビュー動画で少し気まずい空気が流れてました。

それでもボウイの演技には監督も絶賛で、本物のウォーホルが着用していたという銀髪のウィグをつけ、世間を見る空虚さや反発心を目で表現したボウイが凄くいい。
劇中バスキアがキャビアを買って、ウォーホルが3000ドルをカードでポンと払うシーン
これは「お前なんかに買えないだろう」という態度の店員をバスキアが見返す場面として描かれてますが、成功の影には世間の偏見や中傷にもさらされてきたんでしょう。
ちなみに実際に一緒にキャビアを買ったのはウォーホルではなく監督だったらしいですよ。

ジャンキー仲間で何言ってるのかわからないベニー役のベニチオ・デルトロには吹き出したけど、ラストシーンにはベニーのやさしさが救いに感じられて心が温まった。

初監督のインディーズ作品にもかかわらず、デニス・ホッパーやクリストファー・ウォーケンなど著名な俳優陣や多くのミュージシャンが参加してるのもアーティストへの共感とリスペクトがあるからこそ。

時に洗脳ビデオを見てるような感覚に陥る映像も面白かったし、アーティストによるアーティストの映画としてユニークさを楽しみました。

ちなみにこちらバスキアの作品
02022-JEAN-MICHEL-BASQUIAT.jpg

私も描けそうな気がする・・・w





ブログパーツ



 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
どう見てもラクガキにしか見えない絵
この映画っておやっと思える人がちょい役で出てるんよね
2016/09/13(火) 16:37:47 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
うぉぉぉ!久しぶりだわこれ!何年ぶりかな。
素敵ボウイさん観るつもりで鑑賞してら驚くほど演技派で、嗚呼この人は本当に才能豊かなアーティストなんだな~と更に敬愛度が上がったという。おどおどして不思議な仕草とか細かい演技が上手くてなー。
音楽も映像も絵画も文章も表現することに長けた人なんだなー。あ、またもや喪失感が……💧

あと、いつもははっちゃけてるのに作中一番ノーブルで素敵だったゲイリー。
娘と踊るダンスシーンが大好き!
共演者も豪華でバスキアへのリスペクトをやたらと感じるよね。。

あ、確かにバスキアの作品て描けそうwwwピカソとかね。しかし無理なんだよね。
アートは奥が深い。
2016/09/13(火) 17:22:49 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
バスキア
あれ、、あのデルトロおじさんも出ているんですか??”Usual Suspects"じゃ本当に何言っているのか判りませんでしたよ、、”Sicario"はシッカリしてましたがね、。ゲイリー・オールドマンも良いですね、、やっぱり”スマイリー役”がサイコーでした、、あの”レオン”のキレた刑事もスゴかったけど。
2016/09/13(火) 23:07:50 | URL | guch #-[ 編集]
No title
ボウイって存在感凄いのに画の邪魔しないところが良いですよねぇ・・・。
絵は誰にでも描けるからセンスが出るんですよね。
2016/09/14(水) 02:40:42 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To おみゃあさん
そう、私なんかからみたら小学生が書いた絵に見えちゃうんですよね。
最初に売れたとき仲買人が「2でどうだい?」というのでてっきり「2ドル」かと思ったら「2000ドル」でびっくりしちゃった(笑)
キャストが豪華でした。
2016/09/14(水) 07:35:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
もう20年前の映画になっちゃったね。
ただの真似じゃなくて内面をちゃんと演じる、ボウイはこんなに演技派だったんだって私も今さらながら思ったなぁ。
ほんとアーティスト。
インタビュー動画からも芸術への思いがひしひしと伝わったし素敵でね。ファンを魅了したのもわかる。
ゲイリーも登場時間は短かったけどスッとしてよかったね。
そう、映画全体にバスキアと芸術へのリスペクトが溢れてた。

バスキアの作品描けそうだよね(笑)
ちなみにバスキアのお父さんから絵画の使用許可が下りず、監督とアシスタントがバスキア風に描いたものを使ったみたいだけど、真似ることはできてもオリジナルで描くのはやっぱり才能がいるんだろうな。
見る人が見なければただの落書きで終わっただろうし。
2016/09/14(水) 07:52:47 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: バスキア
>guchさん
若きデルトロも出てるんですよ。
わはは、昔はラリってなくても何言っているか判らなかったのかな(笑)
ゲイリー・オールドマンは私も好き。
レオンのキレたオールドマンがあってこそ、渋いスマイリーも柔らかな中年のギャップも生きますね。
2016/09/14(水) 07:57:10 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
あ、うまいこと言うなぁ。
確かに存在感凄いけど、映画にしっかり溶け込んでて全然邪魔にならない。
それもセンスでしょうね。

絵もねぇ、ほんと、この画像の絵を真似しろと言われればできそうだけど、センスがなければこの独自の世界観は生み出せませんね。観る者のセンスと鑑賞眼も必要。
2016/09/14(水) 08:00:46 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
観てるわコレ。
でも昔すぎて「ああ、見たな」って感じしかない。
ゲイリーかっちょええ!!!昔からかっちょええ!!

バスキアのドレッドヘアー、今でも全く違和感ナシだね。
流行は一周廻って戻って来て、もう一周ってとこかな!?
2016/09/15(木) 03:52:29 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
キャストが意外に豪華だもんね。
はい。ゲイリーさんはやっぱ素敵っす。
キレた役から優しい役までなんでも自然に演じちゃうよね。

バスキアのヘアスタイルレゲエ風の人の定番って感じ?
ははは、最近はそんなものがまた帰ってきたんか?って驚くようなファッションがあるよね。
2016/09/15(木) 16:38:16 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック