映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ナタリー・ポートマン主演ウエスタン『ジェーン』
2016年08月30日 (火) | 編集 |
jane-got-a-gun-trailer-natalie-portman-00.jpg

ジェーン(2016
アメリカ
原題:Jane Got a Gun
監督:ギャヴィン・オコナー
脚本:ブライアン・ダフィールド他
出演:ナタリー・ポートマン  / ジョエル・エドガートン / ノア・エメリッヒ/ ユアン・マクレガー
日本公開:2016/10/22 

【あらすじ
南北戦争後のアメリカ西部、背中に銃弾を受け瀕死のハモンドが妻ジェーンのもとに帰ってくる。
「ビショップ一味が追ってくる」。ジェーンは家族を守るためかつての恋人ダンに助けを求めるが・・

【感想
『英国俳優50人斬り』、今日はナタリー・ポートマンが主演&製作を務めたことで話題の『ジェーン』
荒野で人生を切り拓くため、銃を手にするヒロインを描くウェスタンです。

そもそも『少年は残酷な弓を射る』の女性監督のリン・ラムジーがメガホンをとるはずが、撮影初日にドタキャンとなり、『ウォーリアー』のギャヴィン・オコナーに交代。
キャストもポートマンの恋人ダン役に抜擢されていたファスベンダーがスケジュールの都合で降板し、悪役をやるはずのジョエル・エドガートンがダンにスイッチ。ジュード・ロウ、ブラッドリー・クーパーを経て、最終的に悪役にユアン・マクレガーを迎え入れてようやく完成をみたようです。

そんなゴタゴタも影響してか世間の評価は賛否両論のようだけど、個人的には気に入ってます。

夫と娘をギャングから守るため、ある男の元を訪ねるジェーン。
何故か男はつれない素振りでジェーンを追い返すのだけど、帰路、悪党に襲われそうになったジェーンを助け、結局は用心棒を引き受ける。フラッシュバックから、男がジェーンと結婚を約束していた元恋人のダンだと知ることになります。
jane-got-a-got-01-fr-670-380.jpg
別の男と結婚した元恋人に複雑な思いを抱きながらも、ジェーンを守らずにいられないダン。
ダンに心を残しながら自らの人生を受け止め前を向こうとするジェーンと、揺れる二人の心の描写が丁寧で三角関係含むロマンス部分がマル。

難を言えば、フラッシュバックを多用しすぎかな。
だんだんに真実に迫るのはいいのだけど、リズムが悪いのと、時系列がやや混乱する。
あれほど重傷を負ったハモンドがギャング一味をどう巻いたのかとか、ストーリーに突っ込みどころもあります。オコナー監督の依頼で脚本の書き直しを手掛けたエドガートンが「存在自体が奇蹟」というくらいだから、よほど時間が足りなかったんでしょう。
それでもオコナー監督作品らしく、登場人物のキャラがたった演出は見事。


さて、50人斬りの3人目はビショップを演じるユアン・マクレガー!!
そもそもユアンの悪役というのも珍しいんですが、びっくりなのは、言われなければ彼とわからない風貌になっていること。
Jane.jpg

「誰これ?」

ギャングとはいっても売春宿などを有する賑やかな街を建設するビショップは、土地の発展に貢献する地主の顔も持っている。ただし、自分のものを横取りされるのは大嫌いとあって、彼を怒らせたらただでは済まない。
マクレガーは執拗なまでに残忍なビショップを、優し気な声とのミスマッチで演じていて、私は不気味に感じて面白かったんですが、弱いと感じるかで評価が分かれるのかも。


西部を生きることは難しい。それでも先駆者たちは夢や希望を持ち続け、道を切り拓いてきたんでしょう。
広大な荒野を映す引きの映像も美しかった。


ブログパーツ

 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
荒野で人生を切り拓くため、銃を手にする、、といった伝統が今も銃を手にする言い訳になってるんでしょうか
いっそ いつも銃携帯すべしとすればいいのに 途上国なんやな
2016/08/30(火) 17:25:19 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
Toおみゃあさん
そうですね。この映画の場合は追ってくるものに立ち向かうための銃でしたが
人生を切り拓く=身を守ることで、法に任せておけないから自警する
開拓時代の精神はそのまま生き続けてるんでしょうね。
コロラド州とかは人に見える状態で銃を携帯することが認められてるし。
開拓時代と変わらない。怖いことです。
2016/08/31(水) 00:26:45 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
劇場でチラシを見て気になってました。
ウエスタンでしたか。
最近はジョエル・エドガートンが気になっているので見ると思います。
私はホモではない(爆)
ここにセッ〇スというワードを入れたら弾かれますね。知ってましたか・
2016/08/31(水) 03:40:44 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
オコナー監督だからのエドガートンなのかな。
ウォーリアーお兄ちゃんがやるはずだった悪役をマジあんた誰?!なユアンが……。
この間観たギャングが脱獄するやつも悪役っちゃー悪役だけど、ユアンはなりきれないんだよねー究極に。
優しげな雰囲気でどこまで残虐に悪役するのかは楽しみ。
ってかユアンはもーートレスポが楽しみすぎて!!期待外れだったらどーしよーと今から不安ってもー💧

それにしてもキャスト、ファスで!ファスで観たかった!!
しばらく演技から離れてゆっくりするとか言ってるみたいだけど。まー撮りだめしてんのかつーくらい出演作続いたからなー。
ゆっくりしてそろそろアリシアと結婚なのかなー……。
2016/08/31(水) 03:46:04 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To ゾンビマンさん
はい。女性が主役のウエスタンになってます。
ジョエルは脚本も書くし、監督もできるし、映画に対するビジョンもしっかりしてて先が楽しみです。
あー、FC2はアダルトカテゴリーがあるからか、禁止ワードが多いんですよね。
これが?っていうような言葉に蹴られることあります。
2016/08/31(水) 07:06:03 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
エドガートンはオコナー監督が決まる前からキャスティングされてたんだけど、エドガートンがオコナー監督を推薦したのかな。ってのは未確認です。
なんにしても二人のコラボはいいよ。トムハもいたらもっと嬉しかったな。

ユアンね~。眉が濃かったりひげがあるだけでこんな別人になるかなって感じ。
ギャングの脱獄ものって知らなかった。『ガンズ&ゴールド』?
なり切れないのは根が優しいからなのかなぁ。
でもちょっとずつ悪役に挑戦して頑張ってるなら成長を楽しみにしましょう。って上から目線ww
『トレスポ』は楽しみ!

で、ファスとポートマンだと美カップルだったよね~。
『X-men』のために降板したみたいだけど、ファスだと一層ロマンティックだっただろうなぁと。
しばし役者業お休み?ちょっと寂しいけど、これから公開のもいっぱいあるし
尽きたころにまた顔を見せて欲しいね。
育メンしてたりして・・。まそれもいいよね。
2016/08/31(水) 07:25:15 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Jane,,
”ジェーン”が”シェーン”に見えちゃいましたよ。こりゃ映画館へゴーですね、、一昨日再再にユアン&エミリーの”Salmon Fising"を見たばかりです。この映画はおっさんのアンテナには引っかかってませんでした。でも調べたらオーストラリア公開はない??
2016/09/01(木) 15:34:16 | URL | guch #-[ 編集]
Re: Jane,,
>guchさん
邦題は『シェーン』を意識したのかもですよね。
これこちらでは1月の公開でした。オーストラリアは公開なしですか。
プロダクトのゴタゴタでかなり損害も出し、オリジナルの監督に訴訟を起こしたりしてるみたいで
十分な宣伝もできなかったのかも。
『砂漠で~』のユアンは優しげでよかったですね。
イエメンはすっかり危険地域だけど。
2016/09/01(木) 21:08:17 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
西部劇は好きなジャンルなので、観たいですね。
「ブラス」の田舎っぽいおにいちゃんが大スターになり、こんなに渋くなるとは、予想もしませんでした。
2016/09/02(金) 19:54:24 | URL | yymoon #-[ 編集]
To yymoonさん
西部劇はお好きならきっと楽しめると思います。
ジョエルは『ブラス』に出てたんですか。結構芸歴長いんですね。
今も田舎っぽいですが、ボチボチ活躍するスターになりましたね。
脚本も手掛けるし、初監督作品も評判よかったです。
2016/09/03(土) 06:53:54 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
いつも言葉が足りず済みません。
ユアン・マクレガーのことでした(笑)。
2016/09/03(土) 19:26:30 | URL | yymoon #-[ 編集]
To yymoonさん
うわw こちらこそすみません。
ユアンでしたか(笑)
『ブレス』観てないもので、ごめんなさい。
そういえばイギリスの映画でしたね。
2016/09/03(土) 20:04:59 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
ナタポー西部に生きる
西部劇の雰囲気はしっかりあって、おもしろく観ました。
監督や配役の交代があって、何年もかかって…でも、ちゃんとできていました(?)ね。
ナタポーがウエスタンに出たのが意外でしたが。
2016/10/26(水) 06:36:55 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
Re: ナタポー西部に生きる
私もナタリー・ポートマンが西部劇?と意外な気がしたけど
しっかり者が似合うのもあってよかったですね。
そうそう、製作のゴタゴタのわりに落ち着いた感じで私も楽しめましたが、
当事者の皆さんはもう少し練りたかったのかも。
監督好きなので、そんな風に思いました。
2016/10/26(水) 09:05:58 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アメリカ西部で夫と娘とともに穏やかに暮らしていたジェーン。 しかしある日、夫が撃たれ重傷を負ってしまう。 相手は悪名高きビショップ一家。 地の果てまで追い続け、全てを奪い去るビショップの恐ろしさを知るジェーンは、瀕死の夫と愛する娘を守るため、かつての恋人ダンに助けを求めるが…。
2016/09/07(水) 09:24:54 | 象のロケット
普通に西部劇なんだけど、実は一味違う。 女性の地位が高くなかった時代の物語に、過去、守られるだけのものとして描かれていた女性が、自らの意志で銃を取り立ち向かっていく設定は、やはり時代を反映しているということか。
2016/10/19(水) 00:14:36 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
夫を守り、敵と戦う、西部の女!
2016/10/26(水) 21:19:01 | 或る日の出来事
『ブラック・スワン』や『マイティ・ソー』シリーズなどのナタリー・ポートマンが、製作と主演を務めたウエスタン。ニューメキシコを舞台に、夫を傷つけた悪漢に戦いを挑む女性とその手助けをする元恋人の姿を描く。メガホンを取るのは、『ウォーリアー』などのギャヴィン...
2016/10/27(木) 14:20:39 | パピとママ映画のblog