映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】高慢と偏見とゾンビ
2016年08月27日 (土) | 編集 |
PridePrejudiceZombies-1024x680.jpg


高慢と偏見とゾンビ(2016
アメリカ
原題:Pride and Prejudice and Zombies
監督/脚本:バー・スティアーズ
出演:リリー・ジェームズ / サム・ライリー /  ジャック・ヒューストン/ ベラ・ヒースコート/ ダグラス・ブース
日本公開:2016/9/30 

【あらすじ
片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な男性との結婚を夢見ながら、日々ゾンビとの戦いに備えスキルを磨いていた。

【感想
英国男優総選挙のっかりシリーズ『英国俳優50人斬り』をスタートしましょう。
1本目は、『シンデレラ』のリリー・ジェームズを主演に迎えた『高慢と偏見とゾンビ』です。

舞台となるのは18世紀後半のイギリス。
この時代、女性には家を相続する権利がなく、男の子のいないベネット家ではお父さんが死んだらいとこのコリンズが家を相続することになるんですって。だから年頃の5人姉妹を抱えるベネット家の最大の関心ごとは姉妹が良縁に恵まれること。そんな折、お隣に富豪の男子が越してきたとあってがぜん盛り上がるわけです。

え?ゾンビは? 
clairestbearestreviews_filmreview_prideprejudicezombies_slaying.jpg 

心配ご無用、ゾンビもしっかり出てきます。
男の子のいないベネット家の姉妹たちは日々ゾンビと戦うし、ダーシーに至っては冷酷なまでにゾンビをやっつける。
でもね、恋愛の機微やらもちゃんと描かれていて思いのほかジェーン・オースティンの世界なんですよ。

英国男優50人斬り、今日は2人一緒に斬っちゃいますが
まずはダーシーを演じるサム・ライリーですね。
b65919b7cab0341e6c09c2d9ff88c21d5423ddbb1a7a6e4cae8ef0cf93d278cd.jpg 

ダーシーと言えば、ハンサムでお金持ちだけど高慢で気難しく、人との付き合いも下手
中流階級を下に見る発言もありエリザベスに反感を食らったりする役どころ。

私はBBC版の『高慢と偏見』は未見ですが、現代版『高慢と偏見』である『ブリジット・ジョーンズの日記』のダーシー役のイメージからして、コリン・ファースがピッタリなんだろうと思います。サム・ライリーは暗めで人づきあいが下手そうではあるけれど、複雑に屈折してシニカル、それでいてそこはかとなくユーモアを醸し出すコリンのダーシーには及びません。それでも、根の誠実さは感じられて、エリザベス役のリリーとの相性もいい。
二人の喧嘩シーンも壮絶で、アクションコメディとしても見せ場を作ってくれました。
2DBE495E00000578-0-image-m-24_1445728155499.jpg 

50人斬りもう一人は、ベネット家のお父さん、Mrベネットを演じたチャールズ・ダンス。
女系家族の中にあって、結婚結婚とうるさいお母さんとは違って穏便で事なかれ主義。しっかり者のエリザベスをとても愛していて、よき理解者でもあるという役どころですが、正直言うとダンスさんにはちょっと物足りないなぁ。
できればゾンビになった姿を見たかった(笑)


ともすれば退屈になりがちな文芸ものですが、ゾンビを投入したことで、私みたいな人間にはとても見やすいものになってました。ただし、コアなホラーファンや純粋な文芸もの好きにはどっちつかずってことになるのかな。
とはいえ、人間VSゾンビの戦いはシビルウォー的な迫力もあり、全体にわたって手抜きなし。
多分ろうそくの灯りだけで撮影したのかなと思われる、室内の舞踏会シーンなども趣があり。

なかなかのクオリティですぞ。



ブログパーツ



 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
あのさ、<あらすじ>を読んで笑っちゃったんだけど。
「何のこっちゃ?」って(笑)

ゾンビなのにコメディタッチなの?
う~ん、英国男優2人一気切り、貫録で
チャールズ・ダンスの勝ちかな~!?
2016/08/28(日) 05:34:48 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
ありゃ、あらすじ笑った?(笑)
でもジェーン・オースティン知ってたら多分これで十分w

ゾンビってコメディものが多くて、これもとことんコメディじゃないけどユーモアにアクション、ロマンスありで盛りだくさん♪
まずはチャールズ・ダンスに軍配ね。ラジャー!
2016/08/28(日) 07:53:03 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
あらすじまで見ましたが、どんな映画やねんという感じ。
コレ、気になってたんですが、見てよさそうですね(笑)・・・。


2016/08/28(日) 08:40:56 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
原題通りのタイトルなんですね。
そして、その原題の本が全米で100万部売れているとは。
ゾンビものはちょっと苦手ですが、観てみたいです。
2016/08/28(日) 15:15:08 | URL | yymoon #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
ありゃ、やっぱりあらすじ変ですか。
私は感覚がすっかりマヒしてるみたいww
くだらないパロディ映画だと思ったら思のほかエンタメしてて楽しめます。
女の子もかわいいですしね。

2016/08/28(日) 16:32:26 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To yymoonさん
ジェーン・オースティンとゾンビの組み合わせというのがユニークですよねw
へー、元小説も人気なんですね。凄い。
ゾンビものといってもあまりグロくないし
下品にもなってないので、ゾンビもの苦手な方や初心者にもお勧めです♪
2016/08/28(日) 16:35:27 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
原題放題  同じだけど なんてタイトルだ と内容もか  ゾンビくっつけるか  ゾンビはグロいほうがよろしい
2016/08/28(日) 17:05:55 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
どうも、今年も(とうぜん)ファス推しのみーすけです!!

サム・ライリーかぁ。若いな。
いやぁーコリン・ファースと比べたら可哀想だよ。役者の器としてはまだまだ若いからぁ~ってライリーさんのファンに殺されるなwww
ゾンビとイギリス古典の邂逅が面白いので楽しみにはしてるんだよ。
一番見たいキャストのダンスさんはね、やっぱりゾンビになってもらわないとね!!
2016/08/28(日) 17:11:32 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To おみゃあさん
凄いタイトルですよねw
どんな映画やって思うけど、それが案外面白い映画に仕上がってるんです。
でもそう。お食事シーンもないし、ゾンビ映画を期待する人には物足りないはず(笑)
2016/08/28(日) 22:30:12 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
今年はカンバーバッチ推しとこか・・なんて
みーすけさんは絶対そんなことにはならないの、よーく知ってるよ(笑)

サム・ライリー、ダーシーにはまだ青い気がするよね。
でもって、確かにコリン・ファースト比べるのはまだかわいそうだ。

ゾンビと思うがけずうまくコラボしてます(笑)
で、ダンスさんは絶対ゾンビやるべきww
2016/08/28(日) 22:35:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
すみません。ゾンビの方の売り上げのことです。
元小説の売り上げ部数は知りませんが、全世界レベルで相当売れていると思います。まだ未読ならばお薦めです。
2016/08/29(月) 01:20:46 | URL | yymoon #-[ 編集]
To yymoonさん
元小説は人気の古典なので、ゾンビ版を仰ってるのだとわかりました。
大丈夫ですよ~。
でもって映画は何本か観てるのに原作小説は未読なので、いつかしっかり読まないといけませんね。
追加コメントありがとうございました。
2016/08/29(月) 15:09:43 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
解説からそれてしまいますが、『On the road』のサムライリーはどうでしょうか。時間があったら観てください。
2016/09/02(金) 01:13:33 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To NZ_RR さん
『On the road』は観ました。
サム・ライリーは静かにサルを演じてましたね。彼には合ってたと思います。
『コントロール』のライリーもいいですよ。
2016/09/02(金) 14:35:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
18世紀イギリス。 謎のウィルスが蔓延し、感染者はゾンビとなり人々を襲っていた。 片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な人との結婚を夢見ながら、得意のカンフーでゾンビと戦う日々を送っていた。 そんなある日、屋敷の隣に、大富豪の騎士ダーシーが引っ越してくる。 狂喜乱舞する姉妹だったが、次女エリザベスだけは、初対面でみせたダーシーの高慢な態度に嫌悪感を抱く…。
2016/09/07(水) 09:27:22 | 象のロケット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。