映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】怪談
2016年08月24日 (水) | 編集 |
kwaidan.jpg 

怪談(1965
日本
英題:Kwaidan
監督:小林正樹
原作:小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)
脚本:水木洋子
出演:三国連太郎 /  岸恵子 / 新珠三千代/ 仲代達矢/ 丹波哲郎/ 中村嘉葎雄/ 志村喬/ 中村翫右衛門/ 杉村春子/ 仲谷昇/ 奈良岡朋子/ 中村鴈治郎 / 渡辺美佐子

【あらすじ
【黒髪】
貧しい武士の男は、妻を捨て金持ちの娘と結婚するが・・

【雪女】
吹雪にあい山小屋に一泊した夜、白い着物姿の女が現れ・・

【耳なし芳一の話】
盲目の琵琶法師の芳一は、ある夜、甲冑姿の男に連れられ『平家物語』の壇ノ浦の合戦の下りを奏でるが・・

【茶碗の中】
茶碗に水を汲みと、そこに見知らぬ男の顔が映っていて・・

【感想

小泉八雲の同名原作をもとに『切腹』の小林正樹が4話のオムニバスに仕上げた日本のホラーです。

昔、怪談といえばお盆に『四谷怪談』や『皿屋敷』が放映されて、一人で顔を覆った指の間から観たものでした。怖がりなのに観たがりだったけど、今の方が観る勇気ないかもしれない。日本のホラーが怖くて年々苦手になっていきます。そんなわけで、随分前に録画したまま放置していた本作を特集に乗じてようやく鑑賞しました。

まずキャストが凄いよ。
『黒髪』では主人公の武士に三国廉連太郎、捨てられた妻に新珠三千代、新しい妻に渡辺美佐子。
『雪女』の木こりに仲代達也、雪女に岸惠子。仲代は雪女に「ハンサムだから殺さないであげよう」と思わせるほどいい男だわ。村の女に菅井きんさんも出てました。あまり変わらないw
『耳なし芳一の話』では芳一に 中村嘉葎雄、住職に 志村喬、甲冑の武士を演じていたのが丹波哲郎なのは気づかなかった。寺男に田中邦衛さんまでいたね。
『茶碗の中』でも中村翫右衛門、杉村春子、奈良岡朋子等そうそうたるメンバーだ。
0_45_48.jpg 

ホラーとして怖かったのは、『黒髪』で長い黒髪が布団の上でザワワとうごめくシーン。
雪女の岸惠子の白塗りは今どきのJホラーの大元みたいなものだけど、ベルトコンベアに乗ってるかのように、ススーっと移動するのは妙に不気味だった。

kwaidan-hoichi-battlehymn2.jpg 

なんといっても圧巻なのは『耳なし芳一の話』でしょう。
冒頭から、壇ノ浦の戦いを丁寧に描いていて、絵巻物を交えた描写は歴史ものとしても観る価値がある。
有名な話ではあるけれど全身に経文を書き込んだ芳一のビジュアルにも圧倒される。
しかも武士の亡霊が芳一の耳をちぎるシーンが思いのほか執拗なのよね(汗)
多分アニメか本で見たそのシーンは簡単に両手でぶっちーっとちぎっていた印象だったのに、映画では結構時間をかけ、力づくでもぎっていて、もうやめて~と思ってしまった。
芳一を迎える平家の亡霊たちも哀れにして美しく、鬼火の飛び交う墓場で弾き語る琵琶も見事。
アート作品としても格式の高い仕上がり。181分という長い作品ですがこれは観てよかった。

カンヌで審査員特別賞を受賞しています。

ブログパーツ

 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
これと「地獄」は結構前に見たことあります。
やっぱり「耳なし法一」をよく憶えてますね。
そそ、なんか執拗だったw
この頃くらいまでの邦画は、
画的にも見るところありますよね。
そもそも、芳一の話は
ビジュアル的にも強烈だし。
これ系?だと「牡丹燈籠」(1968)も、
美しいけれど怖かったです~。
2016/08/24(水) 10:08:01 | URL | miskatonic #-[ 編集]
No title
切腹はすごい映画でしたね  何度も観てる  あえて キリバラ とよむ
クワイダン やね  岸恵子は80すぎのおばばなのになぜに綺麗なのか
むかし、子供の頃和製ホラ-観ると 夜便所怖かったね  なにせ便所 外に出ないといけないし  むかしのお釣りいただくやつ  大阪にいたイトコが小さい頃 便所外だし 一軒家  トラウマになってた って 後で聞いた 二度と泊まるか って
2016/08/24(水) 16:06:17 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To miskaさん
『耳なし芳一』はかなりのインパクトですね。
執拗で、血のりもリアルなのが思いのほか怖かったw
でも日本のホラーの格調を感じました。
『牡丹燈籠』は気になってました。やっぱり怖そうですね。
最近死後の世界とか気になってるので『地獄』面白そう~。


2016/08/24(水) 23:15:39 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To おみゃあさん
『切腹』面白かったよね~。
アメリカでもかなり人気があるみたい。
英題は『Harakiri』ですね。

クワイダン・・
昔の人は「か」が「くゎ」だったんやね。
「1回」を『1くゎい」というお年寄りがいてへーーって思ったことあります。

岸惠子さんがきれいなのはきっと雪女だからw

小さいころ、怖いテレビを見た後のトイレが私も怖くてね。
おばあちゃんにずっと名前を呼んでもらいながら用を足した思い出があります。
外だったらおもらししたかもw


はすごい映画でしたね  何度も観てる  あえて キリバラ とよむ
> クワイダン やね  岸恵子は80すぎのおばばなのになぜに綺麗なのか
> むかし、子供の頃和製ホラ-観ると 夜便所怖かったね  なにせ便所 外に出ないといけないし  むかしのお釣りいただくやつ  大阪にいたイトコが小さい頃 便所外だし 一軒家  トラウマになってた って 後で聞いた 二度と泊まるか って
2016/08/24(水) 23:24:59 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
『耳なし芳一』はね、ずーーーっと昔、まだ私が可愛い少女だった頃TVで偶然観た覚えが。

怖いのについつい見入ってしまい、メッチャ恐ろしかった記憶が!
『雪女』もゆうめいな日本のホラー話だよね。
毎日毎日激暑だから、こーゆーの大歓迎!!
2016/08/25(木) 03:45:57 | URL | chaco #-[ 編集]
No title
ふむふむ。
これはたしか某にアップされていたので見れるかも。
音声が小さいので、私耳がアレなもんでリタイアしたんですよ。
補聴器をうまく当てて再挑戦してみます。
(補聴器にヘッドフォンはけっこう難しいのよ)
2016/08/25(木) 03:52:57 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
武満徹が音楽をやっているので、映像まで前衛的になっていそう。その雰囲気はわかりますね。
たぶん観ているはずですが、オムニバスのせいか思い出せません。
2016/08/25(木) 07:50:28 | URL | yymoon #-[ 編集]
To chacoさん
> あ、chacoさんが可愛い少女だった頃の写真思い出した
結構大人顔のかわいいchacoさん♪

昔はよくお盆に怪談やったよね。行燈の油を舐める猫女?とか。お岩さんも覚えてるし。
今もやるんだろうか。
『雪女』は有名だけど私詳細知らなくてね。見たら母性なんかも持ってたんだと意外な驚きがあったわ。
今年の夏は台風が大暴れしてるようだけど、そちらは大丈夫?
2016/08/25(木) 08:25:52 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Toゾンビマンさん
おおーー、アップされてますか。ぜひトライしてみて。
有名なお話もあるけど『耳なし芳一』のクオリティは一見の価値あると思います。
邦画は普通でも聞き取りにくいものが多いのはなぜでしょうね。
こちらで放送されるものも音が小さくて、英語字幕が助けになったりします。
2016/08/25(木) 08:32:52 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To yymoonさん
武満徹さんんというのは有名な方なのですね。
きしむような音が「違和感」のように恐怖を誘ってくるのが印象的でした。
琵琶法師の語りもわびさびで。
日本のホラーらしいものになっていたと思います。
2016/08/25(木) 09:44:46 | URL | pu-ko #4LGIOTDw[ 編集]
怪談
おお~、、一気にこの映画へ行きましたか?65年ですよ、、もう半世紀ですね、外国で見た記憶があります。この頃はホラーだろうが過激が描写もOKだったんですが、、同じ過激でも”L'Empire des Sens”はノーカット版をパリまで見に行きましたよ(*´∀`*)。じゃない出張中に見たんだった、、。
2016/08/25(木) 18:25:46 | URL | guch #-[ 編集]
Re: 怪談
> guchさん
大昔ですね。大御所の出演者たちもみんな若くてびっくりでした。
”L'Empire des Sens”は私が見たのもノーカット版だろうか。
しかし映画館で観ると照れそうというか、周りが気になりそう。
パリの反応はどうだったでしょうか。
2016/08/26(金) 01:20:59 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
録画してあったのですが、3時間という時間に負けて、そのままにしておいたのを、記事を拝見して見直そうかなという気になりました。何かの本で「茶碗の中」がたいそう怖いと読んだことがあるので楽しみです。
2016/08/27(土) 23:30:36 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
すなんですよね。私も長さもネックで放置してました。
でも観て正解だったので、お勧めします。
『茶碗の中』も不気味でしたが、最後ちょっと集中力に欠けてしまいました。

2016/08/28(日) 07:35:40 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
“国際的な視野から見た日本美の再発見”をテーマに幽玄・妖美な伝説を描いた全4話オムニバス。 『黒髪』、『雪女』、『耳無し芳一の話』、『茶碗の中』。 原作:小泉八雲
2016/09/07(水) 09:28:25 | 象のロケット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。