映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ある一点に向かって運命が交錯する『イレブン・ミニッツ』
2016年08月20日 (土) | 編集 |
11-minute-1.jpg


イレブン・ミニッツ(2015
ポーランド/アイルランド
原題:11Munites
監督/脚本:イエジー・スコリモフスキ
出演:リチャード・ドーマー / パウリナ・ハプコ / ヴォイチェフ・メツファルドフスキ/  アンジェイ・ヒラ/  ダヴィッド・オグロドニック/  アガタ・ブゼク/ ピョートル・グロヴァツキ/ ヤン・ノヴィツキ/ イフィ・ウデ
日本公開:2016/8/20

【あらすじ

ホテルの一室で面接を受けようとする女優のアンナ、アンナを連れ戻したいやきもちやきの夫、ドラッグを届けるバイク便の男、ホットドッグ屋、画家、パラメディック、シスターたち・・それぞれの5時が始まろうとしていた・・

【感想
『アンナと過ごした4日間』『エッセンシャル・キリング』のイエジー・スコリモフスキ監督の新作は、女優アンナ(パウリナ・ハプコ)とアンナを面接する自称映画監督(リチャード・ドーマー)、面接を阻止しようとホテルに踏み込む女優の夫(ヴォイチェフ・メツファルドフスキ)のエピソードを中心に様々な人の5時からの11分をで描くちょっと変わった群像スリラーです。
ROB_7027.jpg 

11分といっても、簡単なエピローグがあって、登場人物は携帯カメラや防犯カメラでを紹介されます。
低飛行でジェット見たり、5時を告げる時計台の鐘の音を聴いたりすることから、彼らが同じ街で同じ時間を共有していることがわかってくる。
彼らは街ですれちがったり、同じビルを眺めたり。
07ca95d419fddbe247a7db2296d7f3d6.jpg 

そしてひとたび運命が時を刻み始めると、ある運命の一点に向かって集結するのです。
袖振り合うも多生の縁といいますが、スピリチュアルな視点でいえば全てははじめからプログラムされていたこと。ジグソーパズルのピースは運命共同体なのです。
11_minutes_2.jpg 

11という数字やジェット機のシーンなどは否が応でもNYの同時多発テロを思い出しますが、監督は本作で911を表現したわけではないと言います。
ただし、ニュースで見たジェット機の映像はトラウマ的に残ったそうで、そのイメージから解放されるために映画に取り入れたというから、まったく関係ないとは言えないのでしょうね。
2012年に息子さんを亡くしたことも、運命について考えるきっかけになったのかな。
11minutes_0.jpg 

効果音にもあおられ、ドキドキしながら「その時」を迎える至福。
再見すると一度目に気づかなかったことも発見できて一層楽しめます。
あの「黒い点」は予言なのか、はたまた宇宙侵略なのか。
最後まで答えを見出せないとしてもそれも面白さのうち。
77歳のイエジー監督の遊び心には感服です。

ブログパーツ

 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
今月はいろいろあったので1本も映画見てないんですが、まず見たい映画がなかった。
これ、大阪は27日から公開になってる。
時間が合えば見ようと思います。
2016/08/20(土) 23:18:01 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
Toゾンビマンさん
日本では夏休み中は子供向けが多くなりますよね。
オスカーに絡みそうなのもまだ出てこない中途半端な時期で、私も映画館から足が遠のき気味です。
これね、一度ではわかりにくいところあると思うけど「運命」に興味があればかなり面白く観れると思います。
時間が合えばぜひ。
2016/08/20(土) 23:51:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
途中、寝てしまったらわけわからんでしょうなぁ 気合入れないと
2016/08/21(日) 16:17:00 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
11 Minutes
11分ですか?ポーランド映画ってのも珍しいんじゃないですか?英語の字幕ですか?半分アイルランドなら英語かな?
何となく”Tird Person"を思い出してます、、。
2016/08/21(日) 22:27:18 | URL | guch #-[ 編集]
To おみゃあさん
ストーリー的に問題になるのは、監督の女優とその夫のパートだけで、そこさえ押さえていれば大丈夫。
81分というコンパクトな作品でもあり多分眠らず観れると思います。
2016/08/22(月) 07:20:13 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: 11 Minutes
> guchさん
ポーランドからは何人か巨匠といわれる方も出てますね。
イエジー監督もそのお一人かと思いますが、ポーランド映画自体は少ないかもですね。
ストーリーの中心となるホテルで女優を面接する監督というのが外国人監督ということで、面接シーンはすべて英語で、そのほかはポーランド語という感じです。
群像劇ではありますが、”Tird Person"ほどオムニバス的でなくトリッキーでもないですね。
『クラッシュ』が近いかな。
2016/08/22(月) 07:26:17 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
スコリモフスキ監督お元気ですねw
でも、老齢な監督に頑張ってほしいですね!
映像がいいですね。
冴えた感じと云うか、鈍くない。
面白そうです。
2016/08/23(火) 03:32:40 | URL | miskatonic #-[ 編集]
No title
ポーランド!へぇぇ、内容面白そうで興味わくな。
しかし配給するのか?って、およよ!ゾンビマンさんの情報ありがとうございます!関西でやるんですか。
ミニシアターたわろな、checkしてみる!

でもその前に最低あと2回X-メン観てゴーストバスターズも観たいし、すっごく揺れてるゴジラも観といた方が……と言ってるうちに夏が終わる!やばい!!
もー仕事が超絶忙しくて映画行く暇も元気も無いぃぃ💧
2016/08/23(火) 07:30:14 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To miskaさん
今年78歳だそうで、でも全然年寄りの映画になってなのがすごい!w
アイルランドとワルシャワで撮ってるようだけど、特にワルシャワのシーンが透明感がありますね。
戦争の傷を持つこの地が、近代的な大都会だったのもへーっとなりました。
いったいどうやって?と思う映像もあったりして後半は特に要チェックです。
2016/08/23(火) 07:47:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
コンパクトながら結末に向かう緊張はなかなかのもの。
イエジー監督イェーイ!ってかんじよ(笑)
checkよろ。

ふわー、X-メンまだ観るのねw 『ゴーストバスターズ』私も観とけばよかったな。
仕事忙しいのかぁ。夏バテしないでね。ガンバ!
2016/08/23(火) 07:52:08 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
色々と思わせぶりで、腑に落ちるようで落ちない感じは監督に遊ばれているような気分にもなりましたが、映画としては満足度もあって、面白かったです。
2016/08/28(日) 00:18:42 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
そう、すべてに理由を見受けるのは難しいんですが、色々翻弄されてそれもまた楽しかったという気がします。
面白かったですね。
2016/08/28(日) 07:41:21 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
離婚問題でもめている女好きの映画監督、セクシー女優と結婚したばかりの嫉妬深い男、刑務所を出所したばかりのホットドッグ屋の主人、バイク便の仕事中に情事にふけるジャンキー、ポルノ映画を見る登山家の男女、勇敢な女性救命救急医、映画撮影現場に居合わせた老画家、強盗をしくじった少年、元彼から犬を返してもらったパンクヘアの女性。 時を同じくして、彼らの人生は突如変貌する…。 リアルタイム・サスペンス。
2016/08/24(水) 10:15:24 | 象のロケット
今回は、新作の「イレブン・ミニッツ」を有楽町のヒューマントラストシネマ有楽町で観てきました。ここは上映サイズに合わせてスクリーンサイズを変えてくれる映画館です。それだけでも結構点数が上がるご時世になってしまいました。 午後5時、映画監督の男が出演候補の女優をホテルの部屋で待っていました。その夫、ヘルマンは妻を探しにホテルに向かっていました。元教師で保護観察中らしいホットドッグ売りの男は...
2016/08/28(日) 15:19:31 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
 『出発』『アンナと過ごした4日間』『エッセンシャル・キリング』などのイエジー・スコリモフスキ監督の最新作。    5時に始まり5時11分に終わる物語。予告編でもそんなふうに宣言されているから、何か起きそうな予感は漂っている。それでも11分で何ができるのかと言えば、たいしたことはできないだろう。たとえばパウロ・コエーリョの小説『11分間』によれば、前戯とかピロートークとか一切の余...
2016/08/29(月) 19:06:00 | 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
『ムーンライティング』などで知られ、カンヌ、ベネチア、ベルリン国際映画祭で受賞経験のあるポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキが放つ群像サスペンス。大都会に暮らすわけありの11人の人々と1匹の犬が織り成す、午後5時から5時11分までのそれぞれのドラマを交錯...
2016/08/31(水) 20:19:08 | パピとママ映画のblog
映画『イレブン・ミニッツ』は、イエジー・スコリモフスキ監督78歳の新作。かなりア
2016/08/31(水) 22:57:09 | 大江戸時夫の東京温度
 ポーランドの巨匠、スコリモフスキ監督のある意味実験的なサスペンス。午後5時からの11分間、多彩な登場人物のさまざまな動きと、その一気に収束する様子を描いているのですが、ラストのカタルシスが今イチだったかも。  作品情報 2016年ポーランド、アイルランド映…
2016/09/02(金) 17:40:50 | 映画好きパパの鑑賞日記
 『イレブン・ミニッツ』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)評判が良さそうなので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はワルシャワでしょう(注2)。  最初の方では、警察から戻った夫・ヘルマン(ヴォイチェフ・メツファルドフスキ)が妻で...
2016/09/02(金) 18:36:56 | 映画的・絵画的・音楽的
28日のことですが、映画「イレブン・ミニッツ」を鑑賞しました。 女たらしの映画監督、やきもち焼きの夫、刑務所から出てきて間もないホットドッグ屋、 強盗に失敗した少年など、大都会で事情を抱える11人の男女と1匹の犬 午後5時から5時11分まで、わずか11分間の人間模...
2016/10/02(日) 21:31:58 | 笑う社会人の生活