映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】フローレンス・フォスター・ジェンキンス(原題)
2016年08月17日 (水) | 編集 |
florence-featured.jpg 
フローレンス・フォスター・ジェンキンス(2016
イギリス
原題:Florence Foster Jenkins
監督:スティーヴン・フリアーズ
脚本:ニコラス・マーティン
出演:メリル・ストリープヒュー・グラント /サイモン・ヘルバーク /レベッカ・ファーガソン/ニナ・アリアンダ

【あらすじ
夫の舞台に脇役で出演する富豪のフローレンスは、長年の夢だったオペラ歌手に挑戦!

【感想
『クィーン】のスティーヴン・フリアーズ監督の新作、メリル・ストリープ主演のコメディ・ドラマです。
今回メリルが演じるのは、実在した有名なオペラ歌手フローレンス・フォスター・ジェンキンス
どう有名かというと、客も思わず吹き出すような音痴だけど自分ではそうとは知らず、かのカーネギー・ホールの舞台に立った人だそうです。

と聞いて「あれ?」と思う方も多いでしょ。
そう、カトリーヌ・フロ主演のフランス映画『偉大なるマルグリット』は同じ実話をもとにしてるんですね。
489465848.jpg 

本作でまず光るのは、メリルの歌声ですね(笑)
もともと声楽も学んだメリルは声もしっかり出るし歌も素人にしてはうまいわけで
下手に歌うというのは逆に難しいでしょ。
それでも絶妙に音を外し、笑いを取るなんてなかなかできることじゃないはず。

しかも、天真爛漫なメリルの歌は、思わず吹き出してしまうことがあっても決して不快じゃない。
歌うことが楽しくて仕方ないというパフォーマンスに、映画の観客も、私たちも思わず笑顔になって
いつしか心から歌を楽しんでる。
本物のジェンキンスさんもきっとこうだったんだろうな、と思わせるところがメリルのすごさであり
フリアーズ監督の演出力でしょうね。

ただし、おそらくは伝記とうこともあって正直に描いたであろう夫婦の機微には
少々寂しい部分もあって、楽しいだけの物語ではない。
でも、光と影があるからこそ、泣いて笑える映画でした。Florencefirststill-large.jpg
ジェンキンスの夫役にヒュー・グラント
実は音痴でみんなに笑われているという事実を妻が気づかないように奔走する優しい夫ですが・・
優柔不断さはそのままに、でもシニカルなちゃらんぽらんさが消えておやじになったヒュー様は人間に丸みが出ましたね。

_89587498_simon_cosme.jpg 

本作で一番光っていたのは、ピアニスト役のサイモン・ヘルバーク
可笑しみとペーソスとやさしさをいい具合にブレンドしたキャラが際立って、彼がすごくよかった。
ピアノも実際に弾いてます。

そのサイモンさんが、映画が始まる前に「エンドロール後にカーテンコールでメリルとヒューと僕の話があるよ」と異例の予告。
いつもはエンドロールが始まるや入り口に清掃員が立って待ち構えるもので、普段はゆっくりエンドロールを観ることができにくいんですが、今回はみんな(2/3くらい)でエンドロールを見るといういつにない体験ができて新鮮でした。一度トイレに立った人まで戻ってきたりしてね。これも映画を楽しめたからこそ。
サイモン・ヘルバークを気に入ったからこそだと思いました。

こちら本物のフローレンスさん
tumblr_o9l33c42lv1tm3jaqo1_1280.jpg

メリルのメイクはやりすぎですね。

日本公開はいつかな

ブログパーツ






 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
パッと見メリルだと気づかなかった
オーバー演技のようですね そこは演技者  両脇は軽薄そうなんが
2016/08/17(水) 16:09:41 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
そう、見た目少しアホっぽいというか。
コミカルなのはいいけど、確かにオーバーアクトの感はありますね。
両脇はそれなりによかったですw
2016/08/17(水) 21:41:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
流石メリルじゃの。

両脇男子の顔が長過ぎ(爆)長けりゃ~いいってもんじゃ、
って思わず誰かさんのオカブを取るとこでした。

ヒューは最近若干二流役者っぽくなってる(ちゃうか?)けど、
メリルのお陰で一流じゃ~ん!

おっと、メリル若かりし頃の『マディソン郡の橋』が観たくなったぜ。
2016/08/17(水) 21:52:23 | URL | chaco #-[ 編集]
No title
あーんこれ観たいな観たいな!!
メリルさんが上手いのはもう神様なんで、安心して観れるからいーのいーの。
じわじわとスクリーンに戻ってきだしたヒューが!
以前はヒューと言えばグラントだったのにすっかり「いい人」のジャックマンの方のヒューの冠明け渡して……。
やはりこの人の限りなく素よね?と思ってしまうキャラが憎めなくて好き。
公開早く決まれ!
2016/08/18(木) 05:38:54 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
No title
オリジナルは微笑ましいコメディ映画だと思っていたら、意外にブラックな悲喜劇なんですよね。
カトリーヌ・フロはむちゃくちゃ素晴らしかったけど、ハッキリ言ってどういうカラーで見せるのか凄く難しい役であり、お話であると思う。
2016/08/18(木) 05:59:58 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
ちょっと「恋するリベラ―チェ」的な
オーバーアクト感がありますねw
こう云う人がやっていけたのは、
時代はありますよね。
今だと逆に無理かも、ってところが
面白い時代だったのかも。
イギリス映画っぽい絵作りですね。

しかし、入り口に清掃員が立って待ち構える、ってのもなんか落ち着かないですよね~。
2016/08/18(木) 07:53:09 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To chacoさん
メリルは職人ですな。

> 両脇男子の顔が長過ぎ(爆)長けりゃ~いいってもんじゃ、
わはは、そういえばヒューは面長イギリス男児だけど
規格外ですか?w

ヒューは最近若干二流役者っぽくなってる・・・っていうか
最近はほとんど見かけなくなってたけど、ここにきて持ち味を生かしつつ歳相応に落ち着いた印象よ。
でもメリルが老けメイクなのもあってその夫役というのはちょっと無理を感じたな。
『マディソン郡の橋』もはや懐かしいね。
実はあまり好きじゃなかったんだけどが、今見たら感想変わるかな。
2016/08/18(木) 08:35:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
メリルはほんとうまいよね。オスカーも殿堂入りでいいんじゃと思う。

そうそう、ヒューといえばおヒュー・グラントだったのにね
バブリーな80年代ラブコメキングのイメージが強くてしばらく需要がなかったのかな。
『リライト』はまだラブコメ路線を引きずってたけど、そろそろ新しいヒューも観たいところ。
という意味では本作は半分ラブコメ的でありながら、半分は素を生かしつつ新鮮な部分も見せてくれたのでよかったよ。
公開いつだろう。
2016/08/18(木) 08:56:53 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
本作がフランス版のリメイクなのかはよくわからないんですが、フランス版もやっぱり微笑ましいだけのコメディ映画にはなってないんですね。
実話だから仕方ないんでしょうけど、メリル盤も手放しで感動できず、もやっとしますよね。
いっそのこと夫の設定変えたら・・と思ったくらい。
メリルの役は本当に難しかったと思います。
2016/08/18(木) 09:12:19 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To miskaさん
そうですね。舞台の華やかさの演出でもあるんですが、歌うシーンはオバーアクト気味です。
ただし、メイクをとった素のフローレンスさんの悲しき一面も表現していて
全てコミカルなものではなないところがミソかな。

本当に、フローレンス譲はCDまで出してますからね。
富豪がお金の力で何でもできた時代なのでしょうね。今だと絶対無理かとw
華やかな時代のアメリカが舞台だけど、ロケはイギリスだし、ヒューがイギリス人の夫を演じてるのもあってか
やはりイギリス的です。

> しかし、入り口に清掃員が立って待ち構える、ってのもなんか落ち着かないですよね~。
そうなんですよ。余韻に浸ってエンディング曲を聴きたいと思っても、入り口でほうきもって構えられると席を立たざるを得ません。
全ての映画館ではないはずだけど、よくない風習ですよね。
2016/08/18(木) 09:39:07 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
フローレンス・ストリープ
凄いですね、、メリルは?実在の人物をどんどんやっているし、、あの”ジュリア”の時も旨くあのお料理おばさんの特徴を捉えてました。これは見に行きましょうかね、、。
2016/08/18(木) 15:18:11 | URL | guch #-[ 編集]
Re: フローレンス・ストリープ
>guchさん
どんな人物にもなれてしまうメリルには驚きますね。
劇中老けたなぁと思ったけど、エンドロール後のインタビューではいつものメリルでした。
ただ、最近は「普通」がないw
作りこみすぎないナチュラルなメリルを観たい気にもなります。
2016/08/18(木) 22:23:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
このフローレンス・フォスター・ジェンキンスというオペラ歌手のこと全く知りませんでした。
キャストも良いし、おもしろそうですが、公開未定だと先にカトリーヌ・フロの方を観るべきか迷ちゃいます。
2016/08/20(土) 00:10:06 | URL | yymoon #-[ 編集]
To yymoonさん
驚くほどに歌が下手という方なのでご存じなくて当然かと(笑)
でもこうして映画になるのだから魅力的な方だったんでしょうね。
私もカトリーヌ・フロ版を観たいと思いながらかなわずにいますが、
多分どちらが先でも、主演それぞれの個性を楽しめるような気がします。
2016/08/20(土) 14:34:20 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック