映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】愛と死の谷
2016年08月04日 (木) | 編集 |
gqoi0nbr.jpg


愛と死の谷(
2015) フランス
原題:Valley of Love
監督/脚本:ギョーム・ニクルー
出演:イザベル・ユペール  /ジェラール・ドパルデュー/ダン・ワーナー  
 

【あらすじ
元夫婦のイザベルとジェラールは半年前に死んだ息子から届いた手紙に従ってデスバレーにやってきた

【感想
お盆も近くなったので、スピリチュアルな映画を観ていこうと思います。
まずは、イザベル・ユペール、ジェラール・ドパルデュー共演のミステリードラマから。

イザベルと俳優のジェラールは、自殺した息子から受け取っていた手紙に導かれカリフォルニアのデスバレーにやってきた元夫婦。手紙には日付と場所が明示されていて、そこで死んだ息子と再会できる旨が書かれていたんですね。
そうして久々に顔を合わせる二人が酷暑のデスバレーで過ごす一週間を描きます。
果たして二人は死んだ息子に逢うことができるのでしょうか。
fc2blog_201608042243533d8.jpg

バカバカしいと思いつつも、元妻イザベルに会うことを内心楽しみにしている風のジェラール
一方のイザベルは半信半疑ながら息子に会いたいと思っている。夫との再会は息子に会うための「条件」でしかなく、ジェラールが岩のように太っていようが、別にどーでもいいといった様子。
その温度差が滑稽でもあって、ベテラン二人の演じる元夫婦のかみ合わなさが絶妙です(笑)

そんなわけでシュールなコメディなのかと思いきや、悲嘆が画面を覆ったり、ついにはスーパーナチュラルな方向へと展開していきます。

実は監督自身がデスバレーで不思議な体験をしていて、それがこの映画を作るきっかけになったとのこと。
デスバレーに神秘性があるのかどうかは知りませんが、気温が50度を超える異様な空間だからこそ精神が研ぎ澄まされ、人は限界まで心をさらけ出せるのかもしれない。
valley-of-love-01.jpg 


小さなユペールとデカすぎるジェラール
喪失のリアリティと大自然とスーパーナチュラルと
それらのアンバランスが絶妙なバランスを保った不思議な映画。

彼らの体験に明確に答えを打ち出すものではないけれど、何か心が浄化される気がしました。

ブログパーツ










 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
小さなユペールとデカすぎるジェラールwwww
確かにアンバランスですけど、
監督はそこも狙ってたんでしょうか?www
ともあれ面白そうなので、見たいですけど、
日本ではフランス映画祭で
上演されたきりなんですね。
2016/08/04(木) 11:54:02 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
ジェラールさんは見るたびに巨大化が進んでますw
ユペールが小さいので、なんとか二人画面に収まってるんじゃないでしょうか(笑)
狙ってるかもww
これ、フランス映画祭で上映されたんですね。
ソフトになるのはもう少し先かな。
賛否が分かれそうな気もしますが、変わった映画で面白かったので機会があればぜひ。
2016/08/04(木) 16:04:39 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ジェラール・ドパルデュー,,ヤバイんじゃない  どんどん発達してますなぁ
2016/08/04(木) 16:31:09 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
ねーー、育ちすぎ。
動けば息は切れるしで見ててハラハラしましたわ。
そうとうヤバいです。
2016/08/05(金) 00:48:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
キャストだけ見ても見たいと思って調べてみたら、こちらでは公開してないというか終わってる感じなんですよね。
残念。
画像のドパルデューぐらい私も太ってしまって、わんわんわんわん🎵か、にゃんにゃんにゃにゃん🎵(汗)・・・。
2016/08/05(金) 02:43:24 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
そうなんですよね。
これ6月にフランス映画祭で上映されたらしいんですけど、
多分これからソフトになるんじゃないかと思っています。
このキャストでも一般公開は難しいですね。
ドパルデューさんは脱いだらもっとすごいんで、ゾンビマンさんも流石に追いついてはいないと思うけど
何にしても太ってるのはいいことないですよね。(←自分に言ってます(汗))
ユペールみたいに赤いミニワンピが似合う還暦羨ましい~。
2016/08/05(金) 07:04:47 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
岩のように太っていても別にどーでもいい の下りで吹いたwww
岩というか、小山というか、欧米人の太りかたってすげーなー。
ユペールさんを最初に認識したのがあの『ピアニスト』だったので、この方が美しい人だと分かるまで時間がかかってしまったよ。赤いワンピース素敵。
内容も面白そうな題材だしスタチャン落ちを待ちます。ヨーロッパものだからイマジカ辺りでも期待。

日本の夏はこれからスピリチュアルに向けて一直線だけど、夜中にかかる稲川淳二のホラー話しはあの方の滑舌が苦手で何喋ってるのかよく分からなく、ちっとも怖くないwww
彼の話しより自分の体験の方が怖いのでテレビ見なくていーのよwww
2016/08/05(金) 07:26:19 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
ドパルデューさん見るたびに大きくなってる(汗)
息も切れてるし、やばいよね。
そだそだ、私も初ユペールは確か『ピアニスト』で、確かに美しいとは感じない雰囲気醸し出してたよね。
フランス女性は歳とっても細い人が多くて、ユペールさん今もオシャレだわ。
そのうちにTVで観てみてね。

夏になると出てくるよね、稲川淳二さん(笑)
で、ナニナニ?みーすけさんの怖い体験聞きたい!
2016/08/05(金) 08:23:47 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
デスバレーの元夫婦漫才!
こんばんは!
この映画、好きです~!クールにトボけたイザベル・ユペールと、メタボどころじゃないほとんど出オチな風貌と化してるドパとの大真面目にトンチンカンなやりとりが、何か笑えましたよね~。ラストは果たしてスピリチュアルな奇跡なのか、それとも…意味深な終わり方も印象的でした。
鬼才変態ポール・バーホーベン監督と組んだ新作“Elle”のユペールが、トンデモなくスゴいという噂なので、pu-koさんにはぜひ日本公開前にチェキっていただきたいです♪
2016/08/05(金) 09:46:22 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
Re: デスバレーの元夫婦漫才!
> 松たけ子さん、こんばんは~。
これ私も好きでした。
クソ暑い中、二人よくやったわぁ。なんかニマニマしちゃいました。
ジェラールなんか死ぬんじゃないかと心配したけど(笑)

あー、ラストはスピリチュアルなものと見たけど、何かメタファーみたいなものだったのかもですね。
そこのとこさらに考えてみたい。

おっと、ポール・バーホーベン監督新作ですか。
んがーー、気になる!
でもアメリカ映画以外はこっち逆に遅いんですよねぇ。
松さんの方が先にご覧になれるかも。
観たいですね~。
2016/08/05(金) 16:38:13 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
しっかし、ジェラドパの見事な肥えっぷり!!
内臓にも良くないぞう…ってな。

噛みあわないベテラン夫婦の感じ。
分かるわ~。まさにウチがそれ。
「事実は小説より奇なり」ってね(^_-)-☆
2016/08/05(金) 18:11:06 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
どうしてもジェラールのメタボに目がいくよね。
危険レベル。
わはは、かみ合わないの?
きっとchacoさんが異常に若いからだと思われる(笑)
それもまた絶妙ってことで♪
2016/08/05(金) 23:01:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
この二人が出ている以上、何かを期待したいですね。
太りすぎのドパルデューですか、キャスティグにそれなりの意味があったのでしょうね。
2016/08/06(土) 09:28:47 | URL | yymoon #-[ 編集]
No title
そうですね、、ジェラルドさんもうすぐ破裂するような感じがしてます。映画としてはさてどうしましょう??FOX待ちでしょうね、、確か市内にアート系の小屋が1、2あるらしいのですが出し物が数日で変わるのでもうおっさんにはついて行けません、、。
2016/08/06(土) 18:40:20 | URL | guch #-[ 編集]
To yymoonさん
物語があってないようなお話ですが
二人の醸し出す空気だけでも楽しめる感じなのはさすがです。
太りすぎのドパルデュー・・
一応俳優の役で、ファンからサインを求められるくらいには有名だけど
そのファンも出演作のタイトルは一本も思い出せないくらいの役者さん。
ユペールからも「昔はかっこよかった」という発言も聞かれました。
そういうの含め彼をキャスティングも突き詰めれば繊細な意味合いがあるかもしれませんね。

2016/08/06(土) 18:45:35 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To guchさん
ジェラールさん、ここのとこ、ちょっと育ちすぎですね。
見ててヒヤヒヤします。
エンタメ性などを求める方にはお勧めできませんが、
グリービングを描く作品としてゃ面白いものがあったのでテレビに登場したらチェックしてみてください。
出し物が数日で変わるんですか。よほど観たいものをきっちり狙っておかないと難しいかもですね。

2016/08/07(日) 19:47:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
この映画を観たいと思っているのですが、NZにはまだ来ていないみたいです。
ジェラールは、グリーン・カードからのファンです。
2016/08/07(日) 20:50:07 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To NZ_RRさん
私はネットレンタルのストリーミングで見ることができたんですが
公開があったかどうかは定かじゃないです。
ソフトスルーの可能性もあるので、チェックしてtみてください。
ジェラールさん、グリーン・カードの頃からすると外観的に随分変わったかもです。
2016/08/08(月) 08:57:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 フランス映画祭②  「愛と死の谷」  イザベルは、俳優の元夫ジェラールとカリフォルニアのデスバレーで再会。会いたければ指定した時間と場所に二人で来るように、という自殺した息子の遺書に従う元夫婦だったが…  不思議な映画でした。でも面白かったです。  ほとん...
2016/08/07(日) 19:32:59 | まつたけ秘帖