映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『手紙は憶えている』認知症ナチハンター 復讐の旅路の果てに・・
2016年07月27日 (水) | 編集 |
poster.png  

手紙は憶えている(
2015) カナダ/ドイツ
原題:Remember
監督:アトム・エゴヤン
脚本:ベンジャミン・オーガスト
出演:クリストファー・プラマー  /マーティン・ランドー/ヘンリー・ツェーニー /ブルーノ・ガンツ 
日本公開:2016/10/28 

【あらすじ 
老人ホームに暮らすゼフ(クリストファー・プラマー)はあるミッションを遂行するためホームを抜け出した

【感想
アトム・エゴヤン監督の新作は、ある老人の復讐の旅路を描くサスペンス・ドラマです。

クリストファー・プラマー演じるゼヴはアメリカの老人ホームに暮らすお年寄り。
腕の数字の入れ墨から彼がホロコーストの生存者であることがうかがえます。
妻を亡くして一週間経ってもまだ朝起きると妻を探してしまうほどの認知症を患うゼヴですが
彼は老人ホームを抜け出し、あるミッションを遂行する旅に出る。
家族を殺したナチスドイツの残党に復讐しようとしているのです。


制作年の2015年は戦後70年の節目。
終戦時、20歳だった人ももう90歳。幹部級のナチス残党ともなれば100歳は超える計算になるわけで、
リアルタイムのナチスハンターを描くこういう映画が作られるのも、もうほとんど最後でしょうね。

ゼヴもまた90歳という高齢で、認知症を患う彼は、どうして見知らぬホテルにいるのか、自分が何をしているのかさえもわからない。そんなゼヴはホーム仲間であり、同じアウシュヴィッツの生存者のマックス((マーティン・ランドー)に渡された手紙を読み、腕の入れ墨を目にすることでかろうじてミッションを自覚しているというのが面白いところ。
remember.png 

つまりゼヴは自分の「恨み」の気持ちの実態を持たぬまま復讐を実行しようとしている。
アイデンティティの不確かさというのが映画のカギですね。

被害者と加害者の両方の思いを伝えつつノワールで終わらせ
でも気づけば見事に復讐を完結させているんだから、見事としか言いようがない。

9 Christopher Plummer - Remember 


人間、忘れることは幸せなこともあるかもしれない
あるいは知らないままでいたいこともある

タイトルの「リメンバー」が深く切ない余韻を残す傑作です。

remember-01.jpg

プラマー様のピアノも聴けるよ




ブログパーツ



 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
ナチス物?と云うかホロコーストの
のドキュメンタリー作品って、教養番組レベルでも、
今だに多いんですよね。
知らないうち録画にたまっていたりします。
ドキュメンタリーですらかなりなアプローチがありますから、
フィクションになると、
その比ではないですよね。
でも、ドキュメンタリーを見ていても、
年齢的には限界感がありますね。
確かにここが最後かも、とも思えます。
ともあれ、これは見たいですね。
公開情報がないのが。。。
ホロコーストは記憶としては実態がなくなってきていますよね、でも、民族浄化の記憶は忘れることができない、
そう云う意味ではリアルな映画ですね。
2016/07/27(水) 12:16:48 | URL | miskatonic #-[ 編集]
No title
何ヵ月か前に偶然予告トレーラーを観る機会があって、キャストに痺れて食いついたwww
アイデンティティの不確かさ?
忘れる方が、知らない方が幸せなことがある?
ぬぉぉぉぉ!!俄然火が付く!
プラマーさんとランドーさん、あとガンツさん?!
早く観たいわ公開決まりますよーに!!
2016/07/27(水) 17:08:04 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To miskaさん
確かにホロコーストに関するっモノっていろんなテーマ性も持たせて
限りなく描かれ続けますね。
それだけ悲惨な民族浄化でありヒトラーの存在含め、検証し、同じことを繰り返さないために伝える意味もありますもんね。

しかし本当に映画の場合『コロニア』にように時代設定をさかのぼらせることは可能だけど
ドキュメンタリーで生の声を聴くのはもう限界に来てますね。

そういう意味でもナチ残党や被害者の生々しい思いを伝える本作はすごく興味深い側面を示してくれました。
公開してほしい~。
2016/07/27(水) 18:40:00 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
キャスト渋いよねぇ。
ガンツさんは出番は少ないんだけど、プラマーさんはほぼ出ずっぱりだし
ランドーさんの存在意義もものすごくて、ゴールデンシニアパワー半端なしよ。

ムホホホ
暑いときに火つけちゃいましたねw
とにかく面白かったのでみんなに観てほしい~。
2016/07/27(水) 18:43:45 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
私も最近は老人の映画が好きになってきているので、これもこれから公開なら楽しみにしています。
学ぶところは“ゆく道”しかないので(汗)・・・。
2016/07/28(木) 03:09:07 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
あら、ゾンビマンさんも老人映画好き仲間ですね♪
いくつになってもかっこいいお年寄りはいて、プラマー様もその一人。
老人映画には人生の先輩からの学びもありますね。
この映画はその系統とは少し違うけど、面白いですよ。
2016/07/28(木) 08:35:01 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
クリストファー・プラマーの前で
『サウンド・オブ・ミュージック』の話題は
厳禁ですが、これへの出演は
そうした背景も感じさせますね。
2016/07/28(木) 19:13:54 | URL | HK #-[ 編集]
To HKさん
クリストファー・プラマーは『サウンド・オブ・ミュージック』の役は乗り気じゃなかったらしいですね。
で、ごめん。
そうした背景というのは どうゆう背景?
なんせ『サウンドオブ~』もちゃんと観てないもので(汗)

2016/07/28(木) 19:57:20 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
これ、タイトルは知ってたのですが、こういう映画だったのですね。これは日本公開されないのかな。ともあれ、年が経てばこういう題材の映画も出てくるのは、納得です。アトム・エゴヤンがどう料理しているのかすごく興味あります。
2016/07/29(金) 08:17:21 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
No title
おはよ!早朝コメ!(笑)

画像だけ見てると「加齢臭」ってよりも
「老人臭」が漂いそうな雰囲気だけど、
人間の脳の深さを思い知る映画のようだね。
今ウチの母も特別老人養護施設に入ってるけど、
家で介護していた時より、頭はシッカリしてきたし、
若いヘルパーさん達との会話が脳に刺激を与えてるのかも!!

まさか母も、脱走してミッション遂行なんてしないだろうね~(笑)
2016/07/29(金) 13:50:30 | URL | chaco #-[ 編集]
To einhornさん
こんな映画だったんです。
と言っても、最後まで観たら「思ったのと違った」と思うかもしれません。
エゴヤンはやっぱり面白い映画を作るなと思った次第。
ぜひ見ていただきたいです。
2016/07/30(土) 00:42:07 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
わはは、お年寄りがいっぱいですよ。
うんうん、老人ホームも話し相手がいっぱいいて、楽しく過ごせれば頭にもいいでしょうね。
しっかりしすぎて脱走は困るけどw
お母さんのミッションは何かな(笑)
2016/07/30(土) 00:47:13 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
劇場で観てきました。これは面白かったです。面白さでは今年のベストワンではないかしら。見せ方とか視点とかも、現代というか今を描いているところに感心しちゃいました。ユルゲン・プロクノフの特殊メイクにびっくり。
2016/10/29(土) 08:58:02 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
おー、絶賛ですね。
本当に、こういう題材で今を描いてるんですもんね。
被害者、ナチ残党それぞれの歴史を深く考えさせられました。
ユルゲン・プロクノフさんというのは知らない方でした。
2016/10/29(土) 16:26:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
おはようございます
主人公が認知症だから、色んな意味でハラハラしちゃいました。
それでもって自分は被害者側だと手紙ですっかり思い込んじゃってるものだから(ここ変ですけどね。普通、認知症なら昔の事が鮮明に思い出されるはず)
ラストのどんでん返しとマックスの最後の台詞が恐ろしく感じました。
収容所にて人生を壊されてしまった人が持つ執念の凄まじさを描いた本作だったなと…。
2017/05/05(金) 13:43:39 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
Re: おはようございます
>makiさん、おはようございます。
プラマーさんの心もとなくあやうい演技も秀逸で、ハラハラしましたね~。
最後は圧倒的な復讐劇に映画として絶賛したい一方で、主人公の悲しさに胸が痛んで、
自分の気持ちをどこに持っていけばいいのか戸惑っちゃいました。

2017/05/06(土) 06:02:31 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最愛の妻ルースが死んでも、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなっていた。 ある日彼は、友人マックスから「約束を果たして欲しい。」という手紙を託される。 2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。 その兵士は身分を偽り、今も生きているという。 体が不自由なマックスに代わり、ゼヴは復讐を決意する…。
2016/09/07(水) 16:39:00 | 象のロケット
今回は新作の「手紙は憶えている」を川崎のTOHOシネマズ川崎で観てきました。シネスコ画面のまま予告編からビスタサイズの本編までの上映。なら最初からビスタサイズにしとけよと思うのですが、それだけの手間を省くほど経営苦しいんですかね。 老人ホームの一室で目覚めたゼブ(クリストファー・プラマー)は妻の名を呼びますがそれに答える人はいません。彼の妻は1週間前に亡くなり、彼自身も認知症が進行して...
2016/10/29(土) 23:57:27 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
 認知症の老人が、ナチス戦犯を追うというサスペンス。アイデアはいいのだけど、予告編で見せすぎ。勘の悪い僕でも気づいたのだから、「ラスト5分の衝撃」みたいなあおりはやめてほしかった。  作品情報 2015年カナダ、ドイツ映画 監督:アトム・エゴヤン 出演:ク…
2016/11/05(土) 07:53:28 | 映画好きパパの鑑賞日記
アトム・エゴヤン新作。 彼といえば、カンヌでグランプリを獲得したスウィート ヒアアフター が有名。 多くの子供を巻き込んだ悲惨な事件後に生きる人々の苦悩と癒し、が響く作品だった。 そして、こちらも悲惨な事件、が物語に大きく関係している。 ただしその事件のスケールは比較にならないほど、巨大。 主人公は第二次世界大戦中、アウシュビッツで家族を殺されたユダヤ人なのだ! その主人...
2016/11/15(火) 17:20:06 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
映画『手紙は憶えている』の原題は“Remember”。はい、確かにそういう映画で
2016/11/24(木) 23:50:53 | 大江戸時夫の東京温度
監督アトム・エゴヤンという人物は…。いや、私ごときが大上段に構えて「論」をぶつつもりはさらさらないのだけれど、アトム・エゴヤンという人物は、本当に凄い。ホロコースト(ユダヤであれアルメニアであれ)の被虐者の心理を描くのが、凄まじく巧みだ。この作品はネタバレしては絶対にいけない作品なので、詳細は省くが、判ったことは…。被虐者の怨念は永遠に残り、怨讐は留まる事を知らないという事だけは憶えておいた...
2016/11/28(月) 12:34:33 | ここなつ映画レビュー
妻が死んだことを覚えていないほど認知症の進んだアウシュビッツ収容所の生き残りが、友人から託された手紙を手がかりに、アウシュビッツ収容所で家族を殺したナチス兵士を探す物語。 重度の認知症で、友人の書いてくれた手紙だけが全てと言う過酷な状態で、よくゼブは任...
2016/11/28(月) 22:22:59 | 勝手に映画評
「スウィート ヒアアフター」「白い沈黙」のアトム・エゴヤン監督が「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマーを主演に迎え、アウシュヴィッツを生き延びた老人の復讐の旅路を描いたサスペンス・ドラマ。70年前にナチスに家族を殺された主人公が、認知症による記憶障害に苦しみながらも、友人から託された手紙を頼りに復讐へと向かう壮絶な旅の顛末をサスペンスフルに綴る。共演はマーティン・ランドー。 あらすじ...
2016/12/28(水) 15:24:47 | パピとママ映画のblog
18日のことですが、映画「手紙は憶えている」を鑑賞しました。 妻の死も覚えていられないほど、もの忘れがひどくなった90歳のゼブ 彼は友人のマックスから1通の手紙を託される 2人はナチスの兵士に大切な家族を殺された アウシュビッツ収容所の生存者だった 手紙にはナ...
2017/02/24(金) 00:07:55 | 笑う社会人の生活