映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ザ・ボーイ 人形少年の館
2016年07月22日 (金) | 編集 |
Gruesome-Banner-TheBoy-Review-820x410.jpg 

ザ・ボーイ 人形少年の館(
2016)アメリカ
原題:The Boy
監督:ウィリアム・ブレント・ベル
脚本:Stacey Menear
出演:ローレン・コーハン/ルパート・エヴァンス
 /ジェームズ・ラッセル/ダイアナ・ハードキャッスル 

【あらすじ 
アメリカ人女性グレタは、イギリスの大きな屋敷にやってきた。
夫婦の旅行中に少年の世話をする約束だったが、紹介されたのは人形!

The_Boy_2016_7471635.jpg

【感想

ベビーシッターとして人形の世話をすることになったヒロインの恐怖を描くホラーです。
 
ふむ、人形の相手してお金をもらえるなんてこんな楽な仕事はないよね。
グレタ(ローレン・コーハン)もそう割り切って老夫妻の留守を守ることにするんですが、
目を離した隙にブラームスの姿勢が変わっていたり、シャワー中に着替えが無くなったり、
物音や声まで聞こえるようになって、恐怖心をぬぐいきれません。
家の中でいったい何が起きてるんでしょう という話ですね。
Screen-Shot-2016-01-20-at-3_38_32-PM.jpg  

グレタは、老夫婦がブラームス人形を可愛がり始めたいきさつなどを
デリバリーボーイ(おじさんですが)のマルコム(パート・エヴァンス)から聞いており
老夫婦への同情や自身の母性から、異常を感じながらもブラームスの世話を続ける。
TheBoy_06_675b895036.jpg 

と言っても、「どうせ人形」という思いから、老夫婦に示された「10のルール」は無視。
「ちゃんと世話してくれたらブラームスも悪さはしない」という警告をないがしろにするグレタに
いやぁな予感がしてくるわけです。

日本でも髪が伸びたり、昔から人形にまつわる不思議な話はあるわけで
人形に魂が宿ることもあるのだと漠然と信じている私は
ブラームスと名付けられたこの人形がいつ動き出すのか
はたまたどんな悪さをするのかと、ビクビクしながら観てしまいました。

ホラーのお定まりの夢オチを挟みつつ、自体はしかし、思いがけない結末へとなだれ込みます。
でも後から考えたら「10のルール」はしっかり伏線になってましたね。
ブラームスと思われる視線や声のくぐもりなども、ミステリーを解くカギ。
theboy-painting-820x410.jpg 

少し説明不足に感じるところはあるものの、老夫妻の子供への情愛や長年の苦悩などの
ドラマがちゃんと描かれているのがよかった。
後半は怖くなくなりますが、単なるクリーピーなスラッシャーものに終わらず、いい意味で予想外なミステリーホラーとなってました。

2016年7月~8月開催の<カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016>にて上映ということだけど、一般公開はあるのかな。

 

ブログパーツ


 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
おお!!Twitterで見かけた気味の悪い人形はこの映画に出てくるのか!で、カリコレでやるんだー。
大坂でも来月カリコレ来るの。
頑張って何作か観るつもりなので、時間が合えばこれ観ようっと。面白そうだわ。

ふふふ、ところでカリコレでファスの『スロウウェスト』やるのよ!!やっと大きな画面で観られる❤❤
2016/07/22(金) 08:00:56 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
ブラームス人形クリーピーだよね(笑)
おー、カリコレ(って初めて聞いたんだけど)大阪でもやってくれるのね。
で、なんと『スロウウェスト』も?すごいじゃーん!
やっとももひき姿のファスを大画面でw
いやいや、壮絶なバトルシーンなど、あれは絶対スクリーン向け
羨ましい~。
2016/07/22(金) 08:06:11 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
カリコレ作品きましたね(汗)・・・。
たぶんね、あの企画はそそられるんですが、何かが足りないとか説明不足作品の集まりやと思われる(爆)
でも、とんでもない良作もあるので、コレも一応チェックいれときます。
2016/07/23(土) 01:56:33 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
10のルールを破る、って辺りでもう怖いよね。
約束は絶対守らなくちゃ~、って突っ込んでも、もう遅い。
相手が普通の子供じゃなくて人形ってのが尚一層!!

怖そうだけど、アレっぽい(何だっけ?)のかな!?
目の見えない子が森を通過する、っての。(超アバウト!)
泣けるホラー系ね。『永遠のこどもたち』もそうだったね。
2016/07/23(土) 06:38:54 | URL | chaco #-[ 編集]
Toゾンビマンさん
カリコレ企画作品何かが足りない感じなのね(笑)
一般公開にならないものを拾い上げてるので、そういうのはあるのかも。
でもミニシアターの取り組みとしてはリスペクト出来ますね。

今日の『ザ・ボーイ』はカリコレ作品と知らずに観ましたが
作品タイトル調べたら前から気になってたものがいくつかあるので、この機に観てみようと思います。
2016/07/23(土) 07:27:24 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
> 10のルールを破る、って辺りでもう怖いよね。
そうなんです。
でも「大きな声で本を読んであげる」とか、相手が人形なら、そりゃ無視するよなってものばかりなのよね。

目の見えない子が森を通過するホラー・・
思いつかない。なんだっけ??

本作はね、別段泣けません(笑)
2016/07/23(土) 07:32:13 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
わかった!!
シャマランはつまらんの『ヴィレッジ』みたいな気がする!
盲目の少女が、決して入っては行けない森に入って、どーのこーの、みたいな。

シャマラン、つまるのも(笑)あるんだね。
勿論『シックスセンス』もホラーだけど泣けたし。

って事は、シャマランやるじゃん!(何故上から…)

しかーーし、緑マンが出て来たアレだけはカンベンして~~~><
2016/07/23(土) 17:15:37 | URL | chaco #-[ 編集]
Re: わかった!!
>chacoさん
はいはい、『ヴィレッジ』思い出しました。
シャマランは『シックス・センス』も『サイン』も好きよ。
最近はっこれっていう映画を撮ってないんで、復活してほしいね。
って、私も上からかw

2016/07/23(土) 22:12:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
評判がよければDVDにはなるかもしれませんね。
かなり良くないと一般公開はムズイかも。
でも、おもしろそうですよね。
あ、「アナベル」見てないの思い出しましたw
今度借りてこようw
人形が怖いってネタは、ジャパニーズ・ホラー的な方が細かく怖いかもしれませんね。
2016/07/24(日) 10:50:42 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
DVDにはなるでしょうね。
カリコレという形で地方公開もあるようなので、それ以上の公開は難しいのかな。
おっと、『アナベル』私も見損ねてます。
ワン監督なんかもそうだけど、最近はジャパニーズホラー風な演出をする監督も多くなりましたね。
そのほうがずっと怖い。
『アナベル』はどうなんだろう。
2016/07/24(日) 19:29:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
こんにちは!
こういう映画はジャンルスイッチムービーというらしいですね。
人形霊的なものかと思ってたら、まさかそうくるか、という驚きがありました。
配送業者のお兄さんは何か悪巧みしているのかと疑ってましたけど、普通に良い人でそこもある意味ビックリ。
色々と予想を外された作品でした~。
2016/10/11(火) 23:14:09 | URL | ヒロ之 #treoO9cI[ 編集]
Re: こんにちは!
>ヒロ之さん
へー、スイッチムービーというジャンルがあるんですか。
私ももっとスーパーナチュラルなものを想像してたので、意外な展開に驚きました。
ははは、デリバリーのお兄さんにもだまされそうになりましたよねw
悲しいお話でもありました。
TBありがとうございます。
2016/10/12(水) 08:27:31 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
THE BOY 2016年 アメリカ 97分 ホラー 劇場公開(2016/07/17) 監督: ウィリアム・ブレント・ベル 『ウェア -破滅-』 出演: ローレン・コーハン:グレタ ルパート・エヴァンス:マルコム <ストーリー> 老夫婦と暮らす8歳の少年のベビーシッターになったグ...
2016/10/12(水) 14:10:26 | 銀幕大帝α