映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『グリーン・ルーム』パンクバンドVSネオナチ集団!
2016年07月14日 (木) | 編集 |
gr1.jpg 


グリーン・ルーム(原題)(2015)アメリカ
原題:Green Room
監督/脚本:ジェレミー・ソルニエ
出演:アントン・イェルチン/イモージェン・プーツ
 /パトリック・スチュワート 

【感想 
アントン・イェルチン主演のバイオレンス・スリラーです。

イェルチン君演じるパットは売れないパンクロックバンドのベーシスト。
駐車中の車からガソリンを拝借しなきゃいけないほどビンボーな彼らは
パンク好きのネオナチ集団が集うクラブでの仕事をオファーされ、嫌々ながら引き受ける。

green-room-anton-yelchin-alia-shawkat-joe-cole.jpg  

ところが演奏を終えた楽屋でとんでもないモノを目撃してしまった彼らは
楽屋(green room)に拘束され、危険にさらされることになるのです。
メンバーはクラブから生きて帰ることができるんでしょうかという話

イェルチン君が出てるのと、監督が『ブルー・リベンジ』のジェレミー・ソルニエということで食指が動きました。
前作『ブルー・リベンジ』はバイオレンスの中にユーモアがあって、ユニークなスリラーでしたが
今回はバイオレンスが主体のサバイバルものになってます。

白人至上主義のネオナチはスキンヘッドが人を寄せ付けない感じがして独特の怖さがありますよね。
彼らの思想が理解不能なところも不気味さに拍車をかける。
しかも彼らを牛耳るのが、(多分スキンヘッドで雇われたであろう)パトリック・スチュアート。
アントン君とはスタトレ仲間のはずなのに、本作のスチュワートさんは容赦なしです。

green-room-poster-3.jpg  

バイオレンス映画につき、好みは分かれるところでしょう。
正直私にはホラーだったし、及び腰で観てしまいましたが
イェルチン君のサバイバルを軸にしてるので、いやでも先が気になるし
リアルなグロをちら見せして痛さを伝える映像や緊張感を途絶えさせない演出はうまいと思う。

嵐のあとのブラインドのようにズタボロになりながら踏ん張るイェルチン君には
いやもうそりゃ無理でしょと思っちゃいましたけど(笑)

background_home.jpg 

相容れるところのない集団を相手に、敵陣からの脱出を図るという点で、
ジョン・ブアマンの『脱出』に通じるものがあるし、暴力に無縁の者が
身を守るために暴力に暴力で立ち向かうさまは『わらの犬』。
でもありとあらゆる武器を駆使して戦う映画でもあり、監督としては戦争ものという位置づけらしい。

戦いを制したものが必ずしも爽快感を得るとは限らないのが暴力ですね。
最後にトコトコと戻ってきたワンコの行動に、戦士も普段は一人の心ある人間なんだと思った。


ブログパーツ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
パトリック・スチュアートはスキンと云うよりただのは。。。(以下自粛www)。
ともあれ、面白そうですね。
ある意味ワン・シチュエーションホラー。
見たいけれど、こっちでは見れないんすかね?
2016/07/15(金) 01:06:11 | URL | miskatonic #-[ 編集]
No title
これはいつの作品ですか?
これから公開されるんですかね?
公開されたら見るかも。
2016/07/15(金) 03:31:51 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To miskaさん
> パトリック・スチュアートはスキンと云うよりただのは。。。(以下自粛www)。

やばい。私両者をいっしょくたにしてました。
パトリックさんらのいわゆるあれはスキンヘッドと言っちゃいけないんですね。
よかった、勉強になりました。

私は公開情報を探せなかったんで原題表記にしたんですが、
町山さんのツイッター告知によると今秋公開が決まってるらしいです。

2016/07/15(金) 08:36:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
ごめんなさい、制作年書き忘れていたので追加しました。
2015年の作品ですね。
まだ大手の映画サイトでは情報を確認できてませんが公開のうわさはあります。
タイトルを覚えておいてくださいね。

2016/07/15(金) 09:11:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
アントン・イェルチン君の遺作、これ町山参賀どこかで最高って言ってたやつかなー。
こんな内容なんですね。ってフワッとしか分かんないけどwww
バイオレンス、パンクバンドサスペンス?
眩しい方も出てるし多分日本公開しないかなー。してもらえるのでは。
あ、町屋二丁目さんがするっておっしゃってるの?なら かくじだな。楽しみ。
2016/07/16(土) 02:50:38 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
このあと『スタトレ』含み5本くらいの作品に出てるので遺作ではないかも。
『ペネロペ』の監督さんのとか、これまでにないイェルチン君を見れそうなのよね。
そのほとんどが主役級だからすごい。


これ私多分賛否の分かれる作品だと思うけど、絶賛する人はすごく褒めてる。
町山さんも褒めてますよね。
そそ、 バイオレンス、パンクバンドサスペンス(笑)
眩しい方w出てるし、監督もライジングサンだし、
公開多分あると思うのでチェックしてみてね。
2016/07/16(土) 07:27:00 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
海外のBlutay情報で題名だけは
知りましたがそんな内容だったのね。

ピカード船長がネオナチ(笑)
2016/07/18(月) 15:39:07 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To 字幕さん
こんなんだったんですよ。
監督はブルーからグリーンになって次は赤か黄色でしょうかね(笑)

船長そもそも悪役顔ですね。
今回はほぼギャングでした。
2016/07/18(月) 23:41:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
売れないパンクバンド「エイント・ライツ」のメンバーは、オレゴンの僻地にあるライブハウスに出向く。 しかし、そこはネオナチ(ナチス信奉者)集団の巣窟だった。 殺伐とした雰囲気の中で何とか演奏を終えた彼らは、偶然バックステージ(楽屋=グリーンルーム)で殺人現場を目撃してしまう。 ネオナチのボスは口封じのため、目撃者全員を消すことを部下に命じる…。 バイオレンス・スリラー。
2017/01/26(木) 15:07:36 | 象のロケット
第9回したまちコメディ映画祭in台東 映画秘宝まつりで鑑賞。
2017/02/07(火) 13:19:38 | あーうぃ だにぇっと
 昨年27歳で事故死したアントン・イェルチン主演の低予算スリラー。評論家筋の受けは良いのですが、リアルさを狙ったためか、ちょっと双方ともイライラさせられる場面が多く、不完全燃焼でした。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ジェレミー・ソルニエ 出演:ア…
2017/04/03(月) 06:50:47 | 映画好きパパの鑑賞日記