映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】アンジェリーナ・ジョリー・ピット監督『白い帽子の女』
2016年07月09日 (土) | 編集 |
010b3718d9c52a9f4d95100fbceba5b942650146_jpg__0x1500_q85-1200x675.jpg

白い帽子の女(2015)アメリカ
原題:By the Sea
監督/脚本:アンジェリーナ・ブラッド・ピット
出演:ブラッド・ピット
アンジェリーナ・ジョリー・ピット /  メラニー・ロラン /メルヴィル・プポー/ ニエル・アレストリュプ/ リシャール・ボーランジェ
日本公開:2016/9/24

【感想 
アンジェリーナ・ジョリー・ピットが監督をつとめ
ブラピとアンジーが役の上でも「夫婦」を演じたヒューマンドラマ。
フランスの海辺のホテルでひと時を過ごす、作家ローランドとその妻バネッサの物語です。


file_597956_by-the-sea-pitt-jolie-3.jpg

ブラピ演じるローランドはスランプ状態にある作家です。
ローランドは一本を書き上げる覚悟で南フランスの海辺のホテルに滞在を決めるものの
筆は進まず、一日中カフェで酒に浸る始末。
一人ホテルで悶々と過ごすバネッサは孤独にさいなまれ、夫婦の関係はさらにぎくしゃく。
ある日、寝室の壁に覗き穴を見つけたバネッサは、隣の新婚カップルの部屋を覗いてしまう。
そのことが夫婦の関係に変化をもたらすのですが・・



550622_jpg-r_640_600-b_1_D6D6D6-f_jpg-q_x-xxyxx.jpg

メラニー・ロラン&メルヴィル・プポー演じる隣の新婚カップル、バネッサ夫婦、
妻に先立たれたカフェのオーナーと、登場人物の結婚の経験値はそれぞれに違っています。
アンジーは確か、この映画が作られた時期にフランスで結婚していて
おそらくブラピとの関係を真剣に考える時期にあったんでしょうね。

そういう意味でこの映画は極めてアンジーの個人的な要素が強いと思います。
長い結婚生活の間には問題にぶち当たることもあるだろうけど
正直でいることが一番の解決策であると誓い合うみたいな。

4rKPAmocZamRaOJhri5qlxOZ06d.jpg


だから、どうぞ勝手にやって頂戴という感じがしないでもないんですが(笑)
うまくいかない夫婦間の問題を突き詰めていくのは興味深かったし
普遍的なドラマとして観ることができます。

ところが後半に、痛みの根幹をなすある問題が露呈すると
「あんたらが言うな」的な嫌悪感まで感じてしまい、気持ちが引いてしまったんですよね。
多分、他の役者に演じさせたら共感できたかもしれないんですけどね。
不幸な題材を不幸然と描く演出はいただけなかったし
弱っちく暗いバネッサのキャラ作りも好きじゃなかった。

よかった点は映画にスリルと官能を与えた「のぞき穴」の存在
その先にいるのがメラニーちゃんとプポー君という美しどころを持ってきたのもいい。

時代設定が70年代ということだったけど、タイプライターとアンジーの決めメイク、
使われている音楽以外はあまり時代を感じなかったな。


それにしてもこの邦題はなんでしょうかー。
「白い帽子」に特段の意味がないのと、「By the Sea」であるべき理由が後半に示されることから
シンプルに「海辺にて」とか、原題の意をくんでほしかった。







ブログパーツ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
By the Sea
スゴい邦題ですねぇ~、、ちょっと想像出来ませんでした。アンジー監督二作目って事になるんでしょうか??
此方では11月に公開されたんですが、、忘れてました。”Unbroken"へ目が行ってたかも?
2016/07/09(土) 20:31:53 | URL | guch #-[ 編集]
Re: By the Sea
>guchさん
邦題なんなんでしょうね~。
いろんな帽子かぶるし、生成りのものはあっても白い帽子なんて出ても来ないんですが
アンジー監督3作目です。
一作目はボスニア紛争もの。戦争好きなのね。
2016/07/09(土) 21:07:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
よくわかんないけどさ、
余りに有名なセレブ夫婦だからさ、
「あんたらでいいのかよ?」的になりがちじゃね?

pu-koちゃんが言うように、
「どうぞお好きなように」ってなったらドン引きだよね。

要らない情報だろうけど、
私はブラピは嫌いじゃないけど(好きでもない)
アンジーは「いいかな」って感じです。全くイラン情報だ!
2016/07/10(日) 00:15:31 | URL | chaco #-[ 編集]
No title
あーっと。この手の内容なー。
ちょっとおフランス映画みたいな感じですか?
結局「夫婦の事は夫婦にしかわからん」で終わっちゃうこと多いからなー。
そこまでをあれこれ考えて味わうのが正しい見方なんだろうね。
ただ、ヴォイ先生の二部作(三部作?)のあれとか、イーサンとデルピーの三部作のあれとか、最後まで観てから「で?」って思っちゃうからなーわたしww

これはサスペンス要素があるのかー。メラニーさんはめちゃ好きなので興味はわくな。

まーでも、主演夫婦にはあんまり興味が湧かないのでスルーしてケーブル待つかもしんないwwww

アンジー最近痩せすぎでそっちが気になるわい。
2016/07/10(日) 03:39:35 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
No title
Trailerを観て、後ずさりでした…(^^)
2016/07/10(日) 03:56:19 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To chacoさん
ドン> よくわかんないけどさ、
ははは、アンジーじゃ「いいかな」は
要らないって感じ?(笑)

まぁとにかく有名なお二人だから、夫婦を演じるともなると興味もあったんだけど
結局愛し合ってる的なところに落ち着いたら落ち着いたで
「どうぞお好きに」ってか、「ほんと?」みたいな感じもあってね。
結局は私的な感情で観てしまうところあったな。
だから彼らじゃなければちゃんと見れた映画だったかも。
2016/07/10(日) 06:54:40 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
そうね、舞台がフランスで音楽にしてもちょっとフランス的なのかも。
わかりにくい話ではないんだけど、あーそーですか、お好きに~って感じでw
ヴォイ先生のやらビフォアシリーズもそれなら、これ観たら面倒くさいと思うはず(笑)
メラニーちゃんは可愛いし、穴の向こうではほぼ下着か裸。
フランスってみんあそうなの?(笑)
なのでメラニーちゃんはチェックしてみて。ケーブルでw

そうそう、アンジーの最近のやせ型は普通じゃないよなぁ。
忙しいの?やばいと思う~。
2016/07/10(日) 07:11:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To NZ_RRさん
トレーラーでは確か蹴とばすシーンも入ってますよねw
まぁでもそのシーンは納得でした(笑)
2016/07/10(日) 07:15:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
私もこの邦題???って思いましたw
アンジェリーナ・ジョリー・ピット ってクレジットが私的な感じを匂わせますよね。
アンジーのやりたい事はわかるんですけど、
たぶん、ちょっと力量不足なんだと思います。演技はできるんだから、
意図を伝えて、初めのうちは
脚本を本職の人に書かせればいいと思うんですけどね。
自分でやりたいんだろうけどw
PU-KOさん、実はアンジーあんまり好きじゃないでしょ?w

2016/07/10(日) 10:20:02 | URL | miskatonic #-[ 編集]
No title
こんばんは!
え!この映画、メルヴィル・プポーとメラニー・ロランが出てたんですね!がぜん観たくなってきました!二人とも好きなんですよ~。確かに、のぞきたくなるカップルですね。船越英一郎夫妻とか、ベッキー&ゲス乙女とかと違って。
ブラピ&アンジーの再共演には、ぶっちゃけあんまし惹かれない…おフランス映画気取りっぽい映画なのでしょうか?アンジーはほんと痩せすぎて心配。私の体重、わけてげたい…
2016/07/10(日) 11:21:09 | URL | 松たけ子 #-[ 編集]
To miskaさん
邦題あまりにも意味がないと思うんですよねぇ。
同じタイトルにできない難しさがあるでしょうけど、もう少し考えてほしいです。

撮影中か後かに正式に結婚して、だからピット付き(w)の名前でクレジットするのはこれが初だそうです。
そうそう、私も脚本はやめた方がいいと思ったな。
やせ過ぎだし、そんなに頑張らなくてもねぇ。

アンジーは好きか嫌いかと訊かれると
たしかにあまり好きじゃないかもw 演技含め(笑)


2016/07/11(月) 06:46:58 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To 松たけ子さん
そうなんです。
私もメルヴィル&ロランちゃんが出てるのも知らずに見てちょっとうれしかった。
サービスショットもあるよん。
フランスが舞台ってことで、ブラピとアンジーも少しフランス語を披露してくれます。

ブラピ&アンジーはあれから10年って感じで、プライベートの不仲を覗く感じでちょっと興味があったんだけど
結果的に「勝手にやって」でした(笑)
逆にリアリティがなく感じたしw
アンジーはあれだけやせてるとさすがにヤバい気がしますよねぇ。
ほんと、お肉あげたいわぁ。ってか貰ってほしい(笑)
2016/07/11(月) 06:58:52 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1970年代。 アメリカ人小説家ローランドと、その妻ヴァネッサは、ヴァカンスに南フランスの浜辺にあるリゾート・ホテルを訪れる。 思いがけない不幸に向き合うことができず、夫婦の間には距離ができていた。 ある日、隣の部屋に若いカップルがハネムーンでやってくる…。 ラブ・ストーリー
2016/09/07(水) 16:42:51 | 象のロケット
 アンジェリナ・ジョリーとブラッド・ピットがけん怠期の夫婦の危機を描いた作品。アメリカで昨年制作されたときは、映画と違ってラブラブだよとアピールしていたけど、日本公開にあわせたかのように、本人達の離婚スキャンダルがでるというのも何ともかんとも。  作品…
2016/10/08(土) 08:04:53 | 映画好きパパの鑑賞日記
交際のきっかけとなった『Mr.&Mrs. スミス』以来となる、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー・ピット共演のラブストーリー。1970年代の南仏を舞台に、あることがきっかけでそれぞれの殻に閉じこもった夫婦の関係を映す。『ミモザの島に消えた母』などのメラニー・ロランや、『わたしはロランス』などのメルヴィル・プポーらが共演。監督も務めるアンジーをさまざまな側面で支えたブラッドとの...
2016/11/02(水) 16:54:12 | パピとママ映画のblog