映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】心霊ドクターと消された記憶
2016年06月28日 (火) | 編集 |

wcgb2mfr.jpg

心霊ドクターと消された記憶(2015)
オーストラリア
原題:Backtrack
監督/脚本:マイケル・ペトローニ
出演:エイドリアン・ブロディ/ サム・ニール /  ジョージ・シェヴソフ/ ロビン・マクリーヴィー/ クロエ・ベイリス


最愛の娘を亡くした悲しみから未だ立ち直れずにいる精神分析医のピーターのもとには奇妙な患者が訪れる。その一人エリザベス・ヴァレンタインという少女の出現はピーターを過去のある事実に直面させた。


【感想 
エイドリアン・ブロディ主演のミステリー・ホラーです。
エイドリアン演じる精神科医ピーターは娘を事故で亡くして以来不思議なものを見るようになる。
backtrack__2015_8570.jpg 


邦題から想像がつく通りそれは幽霊なんですが
てっきり、霊能力のあるピーターが幽霊たちの悩みを聞いて
それぞれの問題を解決するゴースト・ウィスパーみたいな映画かと思ったらちょっと違いましたね。

不幸を身にまとわせたらピカイチのエイドリアン・ブロディ
本作でも不注意から娘を亡くし、妻からもジワリと責められお気の毒のところに持ってきて
幽霊にまでまとわりつかれるというどん底状態。
backtrack__2015_8568.jpg 


やがてすべては20年前、故郷で起きたある事故につながることが分かってくるんですが
でもなぜピーターに?というところをミステリーに物語が展開します。

前半、徐々にホラー描写が過激になってCG丸出しのクリーピーなお化けを出してきたときには
ちょっと気持ちが離れそうになったけど、ピーターが事実を解明しようとするあたりから俄然面白くなりました。
心霊ホラーから、ピーターの封印された記憶を紐解く部分は一筋縄でいかないのでちょっとややこしいけど
サイコロジカルミステリーにシフトしていくのが面白く、さらに警察の捜査で謎を解明していくという犯罪ミステリーの側面も見事で期待以上に楽しめました。

エイドリアン・ブロディのどん底ながらすべてに誠実であろうとする姿が
映画に優しさを与えていた気がしますね。

幽霊たちにそんな力があるなら自分たちで解決すればと思わないでもないですが
ピーターの心の平安なくしては家族の再生はないわけで
娘ちゃんは若くて死んでしまったのは可愛そうだけど、彼女はピーターの心を解き放つ使命を持って
生まれてきたのだなと、そんな風に感じさせてくれるのがよかった。

強調して描かれている部分(患者の靴下とか)は、のちに意味を持って再登場するので
記憶にとどめながら見るのが正解。


backtrackneillbrody.jpg
水先案内を務めたサム・ニールも面白い描き方でした。
いつもおんなじ服だし・・


ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
backtrack
知ってますよ、、これ。オバケでしょ??どうもオーストラリアの映画って住んでいるにそんな事を言うとバチがあたるのですが馴染めないんだなぁ~、。TVドラマでも何かストライクゾーンが私と違うんですよ、、。でもエクストラのオリエンタル爺で結構活躍したんですがね(*´∀`*)。
2016/06/29(水) 23:24:54 | URL | guch #-[ 編集]
No title
先月の心身ともに辛い時期に公開されていた作品で、見たかったんですよ。
秋頃に新世界国際でやると期待しながらスルーした。
だから見る可能性があるので、ミ・タ・ラ・・・ね(汗)・・・。
2016/06/30(木) 02:58:28 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
Re: backtrack
>guchさん
オーストラリア映画だめですか。
私も数は観てないんですが、これはエイドリアンが出てるせいか、心霊描写が見慣れた感じだからか
ハリウッド映画と変わらない感じでした。
荒野が舞台じゃないからかな。
ミステリー映画としてかなり面白かったですが幽霊もしっかり出てくるのでguchさんにはお勧めできないかもです。
2016/06/30(木) 06:59:09 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
これきっとゾンビマンさんも面白くご覧になると思います。
新世界国際でぜひ観・て・ね♪
2016/06/30(木) 07:01:16 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
Backtrack、、って意味わからない
調べると、同じ道を帰る とありますが
邦題、 えらいB級感 どう考えてもヒットしない と同じような映画タイトルあった気が 、、、と、、、 といった感じで
2016/06/30(木) 16:13:25 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
エイドリアン・ブロディもあの不思議なお顔でこの手の色物系な作品に出る頻度高いような気がする。
しかもサム・ニールか!
目力きたね。
つよしさん主演でもこんなサブタイの映画無かったっけ?
バナの心霊刑事が期待はずれだったんで、これは如何でしょうか。気になる。
2016/06/30(木) 21:24:20 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/06/30(木) 23:51:32 | | #[ 編集]
To おみゃあさん
Backtrackって多分過去の記憶に立ち返って事件を解決したことを指してると思うけど違うかな。
最近の邦題はタイトルで内容を説明しすぎるよね。
そそ、同じようなタイトルのもあった。

追加コメありがとうございます。
早速ご覧になったのね。
それなりに楽しめたようでよかったです。

でね、コメントがネタバレなので申し訳ないけど公開しないでおきますねw
まだ新しい映画なので。
2016/07/01(金) 06:48:03 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
そそ、 エイドリアン・ブロディのあの困り顔、不幸顔がこういう映画から引っ張られる理由だよね。(と勝手に決めつけるww)
サム・ニールは怪しくて存在感抜群(笑)

そうそう、このタイトルからどうしてもつよしさん映画とバナ映画思い出しちゃう。
それぞれ持ち味が違ってて比べられないけど、少なくともオカルト一点張りだったバナ映画よりはるかにミステリーが充実してて面白いよん。
2016/07/01(金) 07:00:37 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
この邦題w

サム・ニールに靴下w
それ「ポゼッション」ですか?w
この邦題からだと、心霊系だとどうしても思いますよね。
結構渋い感じそうですね。
2016/07/01(金) 11:01:31 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
最近邦題せ説明しすぎですよね。
ネタバレしてるときまであるしw

これ心霊ものには違いなんですけど、それに心理サスペンスと刑事ものが加わるという
ごった煮感のあるミステリーなんです(笑)
サム・ニールに靴下、そそられるでしょ(笑)
タコは出ませんw
2016/07/01(金) 23:27:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
予告編を観て、これ夢シーンがいっぱい出てくる映画なのかなあってところで腰が引けてしまいました。ホラー映画の夢シーンって前後の脈絡なくドッキリショックを仕掛けてくるので、小心者の私には敷居が高くて。キャスティングは魅力的なのですが。
2016/07/04(月) 04:42:06 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
夢はそんなになかったと思いますが
診察にやってくる心霊たちがびっくり系に脅してくるんですよ。
なのでeinhornさん苦手かもと思いながら観てました。
後半は面白いミステリーが展開するので、前半のチープなホラーシーンがもったいないと思っちゃいます。
2016/07/04(月) 06:20:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
心霊ドクターと消された記憶 愛娘を事故で亡くした精神分析医が診る 患者は20年前の列車脱線事故で亡くなった 亡霊たちだった... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Backtrack
2017/01/16(月) 22:57:21 | cinema-days 映画な日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。