映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R.I.P.:アントン・イェルチン『ゾンビ・ガール』
2016年06月21日 (火) | 編集 |
31100552_1300x1733.jpg

アントン・イェルチン君が逝ってしまった。
自分の車と煉瓦製の郵便受けに挟まれるという事故
発見されたときにはギアはニュートラルに入り、エンジンがかかったままだったらしい。
事件性はないとされながらも、車はパーキングに入れても自動的にギアが変わってしまう恐れがあるとしてリコール対象になっていたというからなんともやりきれない。

27歳、あまりに若いよ。
デビューは『ER』だそうで、こんなに可愛い。
b0020730_20142571.jpg 

アンソニー・ホプキンス主演の『アトランティスのこころ』(2001)で初めて見たときもまだ12歳の子供だった。

f0324790_01504307.jpg 

『スター・トレック』のチェコフ役も可愛くて好きだったな。
ご両親はロシア人でまだ赤ちゃんのときにロシアからアメリカに亡命したということを知って
ロシア語訛りがうまかったのにも納得。
これからもともっと、いい役者に成長したでしょうに。本当に残念。

追悼にアントン君の未見の作品をいくつか観ていくことにします。
まずはこんなゾンビ映画から。。(すみません)

burying_the_ex_xlg.jpg 

ゾンビ・ガール(2014)
アメリカ
原題:Burying the EX 
監督:ジョー・ダンテ
脚本:アラン・テレッツァ
出演: アントン・イェルチン/ アシュリー・グリーン/ アレクサンドラ・ダダリオ/ オリヴァー・クーパー
恋人エヴリンと別れることを決めた矢先、エヴリン(アシュリー・グリーン)は事故で帰らぬ人に。
エヴリンの死に罪悪感を感じつつも、アイスクリーム店で働くオリヴィア(アレクサンドラ・ダダリオ)に心惹かれ始めるマックス(アントン・イェルチン)。しかし生前マックスと一生離れないと誓ったエヴリンは墓から蘇り・・
buryingtheex_still1.jpg

【感想 
ジョー・ダンテ監督による日本未公開のゾンビ・ホラー・コメディです。
アントン君が演じるのはホラー映画マニアにしてホラーグッズ店店員のマックス。
家でも職場でもテレビには『ドラキュラ』などレトロなクラシック・ホラーが流れ、
壁もレトロ映画のポスターがいっぱい。有名なセリフが盛り込まれているのも楽しい。
  
fc2blog_20160621161807e91.jpg 

別れようと思った矢先に恋人が死んでゾンビ化というのは
デイン・デハーン君の『ライフ・アフター・べス』と似てるけど
マックスは恋人に振り回され、あげくゾンビとなったエヴリンにもなかなかノーと言えない
優柔不断だけど最後まで誠実さを感じられたのがアントン君らしくてよかった。
 
ジョー・ダンテ監督昨品ゆえ、B級風であってもホラーの押さえは効いていて
だんだんと腐敗が進む彼女の特殊メイクはイケてたし、怖い部分はしっかり怖いのがいい。
burying-the-ex-ashley-greene-scream.jpg 

実はこの映画を観る前に一本『約束の馬』(2015)という作品を観かけたんだけどどうにも辛い内容で挫折。
最近は困り顔のアントン君ばかり観てる気がするので、
遺作となってしまった『スタトレ』の新作でまた可愛いチェコフが観れるといいな。
その前に『ブルー・リベンジ』の監督作品の、アントン君最後の主演作『グリーン・ルーム』を観たい。




ブログパーツ
 


 

関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
ちょっとびっくりしました。
ヒース・レジャーの時もびっくりしましたけど。
これからなのに。
私も見ようと思って見てない作品あるので見たいです。
「約束の馬」は確かにつらい内容。
「スタトレ」かわいいよねw
「ターミネーター4」のお姫感も忘れ難い。
どう云う流れかわからないのですけど、
邦画の「誰かが私にキスをした」に出てるのも今となっては貴重かも。
これも普通の高校生の役でした。
検索したら知らない映画もあって
「アナーキー」がタイムリー。見たいです。
とにかく若すぎる!
ご冥福をお祈りいたします。
2016/06/21(火) 04:18:44 | URL | miskatonic #-[ 編集]
No title
早朝いきなり落ちてきたニュースにビックリしました。
若すぎる。しかも亡くなり方が痛々しくて辛い。
高齢役者が好きなので、どこかでいつも覚悟というか、身構えて過ごしてるけど、それでもショック受けるのに、こんな若い役者が亡くなるなんて。
彼独特な子どもっぽいハイピッチボイスと、下から見上げる甘え顔が頭を廻ります。
『君が生きた証』のクラダップのラストの弾き語りが、別のモノに聞こえて切ない。

2016/06/21(火) 05:01:44 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
No title
ああ、彼でしたか  新聞で知りましたが 名前と顔が一致しない 顔見てわかりました  映画は観てへんなぁ
2016/06/21(火) 05:19:41 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
アントン・イェルチン
『アトランティスのこころ』が最初でした。12歳だったんですね。好きな俳優でした。最近の映画は、『5 to 7』でしたか…。『Beyond』は、もちろん映画館で観る予定です。
2016/06/21(火) 05:24:37 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To miskaさん
びっくりでしたね~。本人もびっくりだったにちがいありません。
ヒース同様、本当にこれからの役者だった。

「約束の馬」ご覧になりましたか。我慢しようと思ったけどちょっと辛くてリタイアでした。
今見るのなら「スタトレ」が癒されますよね。
あ、私まだ 「ターミネーター4」観てないんです。え?お姫感なの?ww
そうそう、過去作調べてて邦画に出てて驚きました。
高校生役ですか。それ観てみたいなぁ。
「アナーキー」ももとはシェークスピアなんですってね。気になる。
イーサン主役だし私も観たいです。
最近は少しやつれ気味で生き急いでた気までしちゃいます。
2016/06/21(火) 06:04:32 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
いきなりだったよね。
最初ヤフーのヘッドニュースのタイトルだけ見てもっと無名な人なのかと思ってクリックしたら
アントン君でえーー??(泣)ってなった。
まだまだ全然死んじゃいけない歳なのに。
そう、中身はまだ子供っぽ子重っぽさが残ってて、危うさとかも彼の魅力の一つかもしれない。
>『君が生きた証』のクラダップのラストの弾き語りが、別のモノに聞こえて切ない。
本当だよね。クラちゃんもそんな気がしてるかも。
2016/06/21(火) 06:10:16 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To おみゃあさん
アントン君だったんですよ。
間違いであってほしかった。
若すぎるよ。
2016/06/21(火) 06:13:01 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: アントン・イェルチン
> NZ_RR さん
『アトランティスのこころ』では今よりちょっとチャビーでまだ本当に子供でしたね。
近所のおばさん気分で成長を見ていただけに悲しいです。
『5 to 7』は近々放送があるので観たいと思ってます。
チェコフ役好きだったので『Beyond』は私も劇場に行きます。
遺作になるなど本人も夢にも思わなかったでしょうね。
2016/06/21(火) 06:24:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
この人は何本か見てますけど、凄く良い俳優だと思ってた。
「君が生きた証」とか「それでも、愛してる」とか、ナイーブな役が似合いますよね。
かなりショックです。
2016/06/21(火) 08:52:21 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
そうそう、ナイーブな青年役が実によくハマる。
彼が出てるなら観たいと思う役者の一人。
これからというときに、本当にショックです。
2016/06/21(火) 14:44:54 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
なんかエラーが出てしまって、
同じ内容のコメントがあったらすみません<m(__)m>。

「T4」のアントン君は、
カイル・リースで、
カイルが死ぬと、ジョン・コナーは
生まれないので、
機械側がカイルを殺そうとするんです。
人間側はもちろん、何とか救おうとします。
アントン君のカイルは
もう狙われる狙われるwそして、
さらわれるwww
人間側はお姫様よろしく守る守るww
普通こう云う役って女性ですよねw
この作品のヒロインはアントン君と思われwww
邦画の方は、ヒロインの日本人の女の子の彼氏役。
振られちゃうんですけどね。
ヒロインがインターナショナルスクールに通っているんです。
アントン君、確かテニス部だったかな?
精神的に繊細な人だったのも。
そう云う人はいい役者だったりするんですけどね。
2016/06/22(水) 05:18:07 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
ありゃ、何が悪かったんだろう。お手数かけてすみません。
「T4」は私観てないんですよねぇ。
で、カイル・リースはクリスチャン・べベイルだったんだろうと勝手に思ってました。
アントン君だったんですね~。
うん、お姫様みたいに狙われ守られるカイルww
アントン君の方が絶対適役だわ(笑)
一気に観たくなった!!w

邦画のも面白そうだなぁ。
今となったら凄く貴重ですよね。
アントン君の活躍をもっともっと観たかった。

追加コメントありがとうございました。
2016/06/22(水) 09:12:22 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。