映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ブライアン・デ・パルマ『フューリー』
2016年06月14日 (火) | 編集 |
the-fury-movie-poster-1978-1020378436.jpg


フューリー(1978)
アメリカ
原題:The Fury
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:ジョン・ファリス
出演: カーク・ダグラス/ ジョン・カサヴェテス /  エイミー・アーヴィング/ チャールズ・ダーニング/ キャリー・スノッドグレス/ アンドリュー・スティーヴンス

カサブランカの浜辺でアラブ人集団による銃撃が起き、ビーチはパニックに陥る。
息子のロビンと海水浴を楽しんでいた元諜報員のピーター(カーク・ダグラス)は応戦ののちボートを爆破され命を落としたかに見えたが・・

【感想
アトランダム映画祭」のっかり特集6本目
今日は非コンペ作品
ブライアン・デ・パルマ監督が『キャリー』に続いて超能力を題材にしたアクション・スリラーです。


美しいビーチののどかな風景が一瞬にして地獄絵に変わる銃撃シーンの怖いこと。
フロリダのゲイバーで起きた銃撃事件のイスラム国との関連は特定されてませんが
アラブ人集団が銃をぶっ放す描写は、今なら逆にご法度になりそう

しかし、この襲撃は実はピーターの同僚のチルドレスがピーターの息子のロビンを誘拐するために仕組んだものだとわかってくる。死んだと思われたピーターは生きていて、ロビン奪還に向け奮闘するという話です。」
the-fury-1.jpg 


冒頭から泳いだり走ったり、カーク・ダグラスいくつやねんと持ったらこのときまだ還暦前なのか。
それより老けて見えるので、おじいちゃん頑張ってると思ったんだけど
でもがっちりと胸板も厚く高い身体能力でしっかりアクションしてるのがすごい。
ちなみに今年12月には100歳を迎えられるんですよね。


fury4.png 


ピーターを軸としたストーリーとしてはぶれがないんですが
デパルマ的にはどうしても『キャリー』に代る超能力少女を看板にしたかったんでしょう。
ピーターは息子にたどり着くため、超能力少女ギリアンの力を借りようとする

そこで超能力を開発中のギリアン(エイミー・アーヴィング)を登場させ彼女の能力などが描かれるので
話はあちこちへ飛んで、結局誰の物語かわからなくなる。

ギリアンは人に触れて相手の醜い部分を映像としてキャッチする力を持っている。
同時に相手を流血させてしまうという力をコントロールできず、そこが『キャリー』的なホラーの見せ場を作ります。
デパルマお得意の回転する画面で見せるギリアンの透視シーンなど、映像マジックは炸裂してました。

ただ、原題は『The Fury』すなわち「怒り」で、それを爆発させるのは父を目の前で殺された(と思ってる)ロビンということになるんだけど、その衝動はキャリーの豚血ほどのインパクトはなく、心理描写も浅かったのが説得力に欠けて残念。
fury8.png 



とはいえ、ギリアンとロビン、二人による破壊シーンの迫力はかなりのもの
カーアクションなども交え、映像を楽しむ映画なのは間違いなし。
遊園地のシーンはヒッチコック『見知らぬ乗客』だよね。



4618290_l3.jpg
チルドレスを演じたのは『こわれゆく女』など監督としても有名なジョン・カサベテス
悪役顔!(笑)

悪は必ず滅びるということで、最後はこれでもかの迫力でぶっ飛んでくれて大笑い&スッキリ!でしたw
「アトランダム映画祭」あらため「首チョンパ映画祭」と呼ぶことにしよう(笑)


余談ですが・・

7月5日まではラマダン月にあたりテロが起きる可能生が高いと言われています。
特に金曜日は要注意なので、人の大勢集まるところに行く際には注意しましょうね。
世界のどこにいても安全というものはないですから。




ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
エイミー・アーヴィング がキャリ-に続き登場で可愛かったな このころはやったのが頭爆発、
カ-クダグラスはアレンジメント同様脱ぎたがるけど この人、ロバ-トボ-ンど同等の顎にオイドあり  オイドはおしり  なんでも大魔神のモデルだったとか?
2016/06/14(火) 16:22:04 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
「FURY」と言えば最近は
ブラピの戦争映画なんだけど、
元祖はコレでしたもんね。
デ・パルマが『キャリー』に次いで
作ったサイキックを主人公にして
諜報戦も加わったワールドワイドな
映画やった。『スキャナーズ』に
先駆けて人体爆発もあったし・・・
2016/06/14(火) 18:17:33 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To おみゃあさん
あ、そうか。エイミーさんどっかで観たと思ったら『キャリー』だったw
頭爆発はやりだったのか。
全身木っ端みじんでしまいには笑いがこみ上げたわw
カーク・ダグラスけつ顎ってやつですね(笑)
大魔神もそうだっけ?w
ちなみに我田舎もオイドって言葉あります。
おがつくから丁寧語なのかしら(笑) 
2016/06/14(火) 19:33:55 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To 字幕さん
単なる超能力ものじゃなく、アクションも見ごたえあって一粒で二度おいしかったですね。
あ、『スキャナーズ』よりこっちが先だったのかぁ。
いやー、ボッコーン凄かったww
2016/06/14(火) 20:54:25 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
アトランダム~はわからないので、のっかれなくてスミマセン。
これは私のデ・パルマ初体験映画でした。
劇場で上映が始まる前にパンフのカサベテス粉々画像を見てビビり(汗)、本番は怖くて指の間から見て友人にバカにされた。
想い出がありすぎる忘れられない作品です。当時カーク・ダグラスは日本のCМでお馴染みでした。
2016/06/15(水) 02:56:31 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
カーク・ダグラスってそんなお年なんだ!!!!
でも、考えたらそうですよね。
確かに、今だとやばい描写ありありw
時代ですね。

悪役顔!wwww


このころのデ・パルマって混沌としてますよね。
まぁ、後年洗練されたか?と云うと
そうでもないのが結構魅力だったり
する気もしますけれど。

2016/06/15(水) 08:17:47 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
「アトランダム映画祭」ちょっとマニュアックかなぁ(笑)
でもこういう取り残しの作品も観ていくので「ん?」と思うものがあればお付き合いください。

おー、初デ・パルマでしたか。
木っ端みじんシーンを指の間からw
ゾンビマンさんにもそんなかわいらしい時代があったのね(笑)
でも私も昔は指の間から観てました。お岩さんとかお菊人形とかw
今ではカサベテスの頭が吹っ飛ぶのをケラケラ笑って観るくらいになってしまい・・
可愛げないですよねw
2016/06/15(水) 11:37:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To miskaさん
> カーク・ダグラスってそんなお年なんだ!!!!

ね~、私もこの時おいくつだったんだろうと思って調べたら1916年生まれとあってびっくりww
数年前にオスカー授賞式のステージに上がられたときは歩きもおぼつかない感じでしたが、ご健在でなによりです。

アラブ人が大勢出てきて機関銃ぶっ放すとか、しかもそれをアメリカの諜報員がやとってたとか
なにかとやばいw
しかもそれたった一人の超能力青年の能力が欲しいためだけにですからねw
昔は大らかだったんだなぁと(笑)

カサベテスは悪役しかやれないんじゃないかと思うくらい悪そうな顔してましたw

ははは、確かにデ・パルマ先生はぐちゃぐちゃでいいじゃんって気がします(笑)
2016/06/15(水) 12:12:49 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
この映画、見たと思いますが…。まったく記憶に残っていません…(^^;
記事を読んでから…。たしか、ストーリー展開に無理があったような気がして…。
2016/06/16(木) 02:34:25 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To NZ_RRさん
お久しぶりです。
そう、これ少しあちこちな感じがしました。
でもきっとちょっと見れば、多分いくつかのシーンを思い出すかと。
映像的な面白さがありましたよ。
2016/06/16(木) 09:35:21 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
これまた学生時代に劇場で観た懐かしい映画です。アンドリュー・スティーブンスが主人公かと思っていたらあれれという展開になったという記憶があります。ラストのドッカンシーンよりも遊園地の方が印象に残っているのが不思議です。
2016/06/18(土) 05:53:04 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
劇場でご覧になりましたか。いいなぁ。
そうそう、話の筋からいっても息子が主人公でいいはずなのに、制作側から「華がないから女性で」と指示されたのかなと、下衆の勘繰りを入れちゃいました。
主人公をシフトさせた分、話があちこちになりましたよね。
そうですね。遊園地シーンはまだ息子の力がわかってなかったときでもあり、一層緊張しました。
ヒッチコックでしたけど。
ラストのドッカーンはもはや笑うしかなかったw
2016/06/18(土) 06:24:21 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
激しい怒り
カーク船長(違う)生きてたの!? 100歳とは!
ぐるぐる回転は、やっぱり印象的です。

「フューリー」は戦車映画ではない! こっちが本家だ!と世界中に言いたい!(気もします。弱気)
2016/06/20(月) 06:14:11 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
Re: 激しい怒り
> カーク船長(違う)生きてたの!? 100歳とは!
わはは、なにかと一緒にしてますがw
カークさんは96年に脳卒中を患ったようですけど今もご健在のようです。
凄いですね。

遊園地のぐるぐる、撮影の回転ともにデパルマらしさがあふれてました。
元祖 「フューリー」はこっちだぞってですね(笑)
2016/06/20(月) 06:37:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブライアン・デ・パルマ、若き日の(?)監督作品!
2016/06/20(月) 20:15:08 | 或る日の出来事