映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】他人の眼
2016年06月01日 (水) | 編集 |
eyesofastranger07.jpg

他人の眼(1980)アメリカ
原題:Eyes of a Stranger
監督:ケン・ウィーダーホーン
脚本:エリック・L・ブルーム /  マーク・ジャクソン
出演:ロ―レン・チューズ/ジェニファー・ジェイソン・・リー/ジョン・ディサンティ/ピーター・デュプレー 



 eoas_shot13l.jpg

主に若い女性を標的とした猟奇殺人事件が立て続けに起こり
ニュースキャスターのジェーン(ロ―レン・チューズ)は懸命に注意を呼び掛けた。
ジェーンにはかつて変質者に誘拐され、ショックから聾唖者となってしまった妹トレイシー(JJリー)がいて
この手の事件にとりわけ嫌悪感を抱いていたのだ。
ある日、深夜に帰宅したジェーンはアパートの地下駐車場で不可思議な行動をとる男を見かけ
事件との関連を疑う・・

【感想
アトランダム映画祭」のっかり特集3本目
入手困難ということで急きょコンペ作品から外されてしまった1本ですが
ジェニファー・ジェイソン・リーの映画デビュー作と聞けば観ないわけにいきません。
変更が告げられた時にはすでにアマゾンポチってたし(笑)


『13金』のプロダクション制作とあって、殺人事件自体が結構残忍
いきなり首チョンパですからね。(特殊メイクはトム・サヴィーニ)
どんだけ切れのいい包丁なんや。
eyes-of-a-stranger-26.jpg
でも殺人鬼は生身の人間で、それをニュースキャスターが独自に追うという構図がスリルを生み
スラッシャーを楽しむ以上の面白さがあります。

04124855a2ca401fd62GaJ8LR.jpg 

いきなりピンクのセーター姿で登場するJJがまた可愛いんだ
聾唖者ということでセリフはほとんどないですが、「見えない」演技が自然で
流石と思っちゃいました。
至近距離に犯人がいても気づかない感覚の鈍さは「んなことないだろ」と思うけど、
観客を楽しませる演出としてはあり。
後半は大活躍でサービスショットはファン必見です。
eyes4sq7.jpg 

クローゼット、電話などのアイテムは既視感ありで
他のホラー映画の寄せ集めと言われてたり、リアリティに欠ける描写もあるものの
警察の捜査をほとんど見せることなく猟奇殺人事件を描ききる
80年代スリラーならではのシンプルさがよかった。




ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
この映画ならアマゾンの配信にあったんですけどねw

犯罪系の映画は、
時代によっても変わってくる感じが顕著ですね。
撮り方自体が今の映画と違うし。
ショットも長しい、時間の流れがスローな感じ。
逆を云うと、短サイクルショットでごまかせないからw
演出面が長けていないと、ってのはありますね。
映画祭が落ち着いたら見てみたい気もw
2016/06/02(木) 23:56:27 | URL | miskatonic #-[ 編集]
No title
これ、チラシとパンフ持ってるのに未見ですわ。
この作品の頃はホラー映画が劇場でバンバン公開されていました。
でも、私が一番映画から離れていた時期で残念。
2016/06/03(金) 02:45:20 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
他人丼
これはワーナー配給で
日本も上映されたけど、この時期
この手の映画が多くてね(笑)
見逃しちゃったわ。
2016/06/03(金) 02:57:59 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
No title
おおおおー、サヴィーニ兄貴の仕事観てみたい。
物凄く80年代臭溢れてるなー、(主に服装が)
わたしJ・J・リーがちょっと苦手なんです。いや、苦手と言うか、怖いのかな。上手いじゃないですか。
ルームメイトがけっこうトラウマで。あ、でも黙秘は痛々しくて良かったな。あの神経質な病み系演技、可哀想だっと。親の血を感じます。
てか、画像、犯人こんなに近かったりわかるやろ!!www
2016/06/03(金) 03:39:26 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To miskaさん
ありゃ、じゃ入手困難ではなくHKさんの手元にないということだったのか。

年代年代でこの手の映画は雰囲気が違いますね。
そうか、私なんかぼんやりと「らしい」とか「雰囲気」と言ってしまうけど、カメラワークや時間の流れの見せ方など
ちゃんと比較観察しなくちゃいけませんね。
これもぜひご覧になってください。もしかしたら次回コンペ作品になったりしてねw
2016/06/03(金) 08:01:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Toゾンビマンさん
いかにも80年代という感じ。
『13金』もヒットしたこの時代、気軽に観れるホラースリラーが好まれたんでしょうね。
単純だけど今観ても面白いです。
2016/06/03(金) 08:04:52 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: 他人丼
>字幕さん
あー、やっぱり、これ系多かったんですね。
JJリーのデビュー作として、今なら付加価値があるけれど
当時としては たくさんのうちの一本だったのかな。
2016/06/03(金) 08:07:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Toみーすけさん
サヴィーニ作スラッシャー描写がグゲゲだったりします(笑)

ね、ザ80年代!
あ、J・J・リー苦手なんだ。『ルームメイト』怖かったもんなぁ。
根が深そうだもんね。って上手いからなんだろうけど。
デビュー作からこれってことはやっぱり親の血ってことなんだろうね。
わはは、盲目でこんだけ感覚鈍かったらやばいだろって感じでしたww
2016/06/03(金) 08:12:01 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
そっかぁ  名前出てると思ったんだけど  うたなあかんかった  ようになってた  サヴィーニの仕事  いい仕事してますなぁ  ちょろのゾンビ出演 ジェイソン・・リーってビックモロ-の娘なんよね  似てない
2016/06/03(金) 15:40:33 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
コメの途中で用事が出来て完成コメ送れていなかったぜ。スマン

>首チョンパ
好きだね~ソレ系(笑)
で、見えていない演技、ムズいんだろうね。

関係ないけど、1980年は次男が生まれた年。
36年前の映画か…香ってる香ってる(笑)
2016/06/04(土) 08:02:57 | URL | chaco #-[ 編集]
To おみゃあさん
あ、やっぱりおみゃあさんでしたね。
一度コメントすると名前が表示されるようになるけど、
表示されないときもあるみたい。
首チョンパから、重婚からの流血、喉掻っ切りまで、サヴィーニさんの仕事っぷりは流石でした。
私はヴィック・モローさん名前しか知らないんですが、この2年後に事故死しちゃうんですよね。
JJはママ似だったのかな。
2016/06/04(土) 17:05:25 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
いえいえ、再びのコメントありがとうね~。

首チョンパはお好きですね(笑)
ゾンビ映画でもないのにきなりびっくりしちゃいましたよ。

次男君誕生の1980年、
なんとなく最近な気がしてたのに、もう36年!
あらためて驚いちゃったわ。香るわけだなぁw
2016/06/04(土) 17:28:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
この映画、公開時に劇場で観ました。懐かしい映画です。シンプルな構成に双子マンションのロケーションが面白くて、スリラーの小品としていい線いってたと思います。サービスショットは、今観ればそう感じますが、公開当時はそこそこの必然性ありかなってことで「いやらしい」という感情は持たなかった記憶があります。まあ、他に少女系エロ洋画がいっぱいあったからってこともあるのでしょうけど。
2016/06/05(日) 08:26:02 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
劇場鑑賞されてますか。いいなぁ。
いかにも80年代という感じですがシンプルで観やすく面白かったですね。
そう、犯罪がレイ○して殺害というものだったので、サービスショットも必然なんですが、JJ自ら鏡の前で自分の胸をさらけ出すシーンはファン向けサービスなのかなと思った次第ですw
でも全体的にいやらしいとは思わない作品でしたね。
ホラー風にスリルを盛り上げる効果音も印象的に使われていたんですが、音楽のクレジットにリチャード・エインホーンとあって、einhornさんのハンドルネームはもしかしてこの方に由来するのかな?と思いお聞きしたかったんです。
2016/06/06(月) 07:04:17 | URL | pu-ko #-[ 編集]
No title
追コメ失礼します。私のハンドルネームのeinhorn2233は、ご指摘のとおり、この映画の音楽担当のリチャード・エインホーンから取ったものです。だから、と言って、それほどこの作曲家に思い入れはないんです。名前の響きがいいからチョイスしたのが大きいです。でも、この人の音楽では、「地獄のシスター」「冬の嵐」といった佳品がありまして、好きな作曲家の一人ではあります。
2016/06/07(火) 06:43:31 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
Re: No title
私はeinhornさんのハンドルネームが人の名前ということすら知らなかったもので、由来はなにかなぁと思ってまして
今回クレジットにリチャード・エインホーンさんの名前を見つけて、もしやと思ったのでした。
映画音楽好きのeinhornさんらしいハンドルネームだったんですね。
『地獄のシスター』『冬の嵐』未見ですので、観る時には音楽に気を付けてみます。
追コメありがとうございます!
2016/06/07(火) 09:11:32 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック