映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】スタンフォード・プリズン・エクスペリメント(原題)
2016年05月17日 (火) | 編集 |
the-stanford-prison-experiment-dvd-cover-95.jpg 
スタンフォード・プリズン・エクスペリメント
(2015)アメリカ
原題:The Stanford Prison Experiment
監督:カイル・パトリック・アルヴァレス
脚本:ティム・タルボット/フィリップ・ジンバルドー(本)
出演:ビリー・クラダップエズラ・ミラータイ・シェリダン /ネルサン・エリス/ マイケル・アンガラノ/トーマス・マン 
日本公開:未定
  


【感想
クラちゃんを探せ!3本目
今日はTiVoが拾って録画してくれた『スタンフォード・プリズン・エクスペリメント』を観ました。

タイトルに「あれ?」と思われた方がいると思います。
そう、これはドイツ制作の『es〔エス〕』やエイドリアン・ブロディ主演の『エクスペリメント』のもととなる
いわゆるスタンフォード大学監獄実験を描く作品なんですね。

脚本に名を連ねるフィリップ・ジンバルドーという心理学学者がこの実験の責任者であり
本作はその著作に基づいているらしく、実際に行われた実験を忠実に再現したドキュドラマといった作りです。

スタンフォード大学監獄実験をご存じない方のために簡単に説明すると
大学の地下に模擬監獄を作り、募集で選んだ大学生21人を看守役と囚人役に振り分け
それぞれの役割を演じさせるとどのような行動をとるようになるかを実験で検証しようとするもの。
詳しくはウィキ

stand.jpg 

『es〔エス〕』と比べると被験者が皆大学生であることと
報酬も一日15ドルぽっちであったこと
2週間の予定が6日で強制終了になったことなどが違いますが
囚人役に『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラーや『MUD』のジェイ・シェリダンがいることから
彼らが何かやらかすに違いないと不安に駆られるわけで
次第に緊張をはらんでくる様にはやっぱりドキドキしました。

THE-STANFORD-PRISON-EXPERIMENT-Billy-Crudup-Photo-by-Jas-Shelton.jpg 

大学側は実験を成功させたいあまり、被験者に非人道的な行為を強要してしまうわけで
クラちゃんは今回ダークな一面をのぞかせる博士を悪役顔で演じてます。

44a60470-0bc4-0133-f4ce-0e18518aac2f.jpg 

まぁ、はたから見ればとんでもない実験ですが、学問的には意義があったようです。
最後に被験者たちの(役者が演じてますが)感想を聞いて実験の意味を総括してるのが
他の関連作品と違うところかな。

彼らは権威を持ったり圧力下におかれることで人間性が変わってしまうことに驚きそして(精神的に)傷ついている
実験者側も同じ痛みを味わっているというのが興味深いところでした。


ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
割と知られている実験だから、切り口勝負ですかね?
そこが最後とのところ?
時代も画像見ると、再現してそうですね。
そう云えば、クラちゃんw
「Alien: Covenant」に出るんですね。
2016/05/17(火) 09:26:39 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
そう、今回は事実に沿ったものになってるようで、
だからこそ、そんなことまでしたの?とか
最後のインタビューも勿論のこと、主催者側の葛藤の部分が描かれてるのが面白かったです。

そうそう71年ということで、大学職員の服装も時代を感じさせるものになってましたね。

「Alien: Covenant」!ね、楽しみですね~。
クラちゃんは結構メインのキャストになるみたいなんですが・・
『エイリアン』の前日譚ってことで、え?じゃリプリーは?
もしかしてリプリーの性転換前の姿?とか勝手に想像して一人でウケてますww
2016/05/17(火) 09:42:31 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
あ、何々これ、こんなん出てるのー?ファンのわたしが言うのもなんだけど、クラちゃん地味なんで出演作の、インフォが日本のsnsではゲットしにくいのよー。だからこその一人広報室!
『es』の元ネタなのね。あれ面白かったー。
おお、エズラくんやタイくんも出てるの!てかタイくん大人になったなー、相変わらずちょいと暗めの目力してるね。
クラちゃんやな奴やってらのね。サラッとやっちゃうんだろうな。MIPでも……あ、ダメだネタばれだ。
なかなか面白そうだけど劇場公開なーしないだろうなーww
リド爺のプロメテウス続編も、前作のガイピのようにあんた誰?なくらい溶け込むんだろうかwwwせめて外見クラちゃんと分かるようでいて欲しいものです。
2016/05/17(火) 18:52:03 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
観たいじゃん!
ええええ!!
クラちゃん腹黒ちゃんなのね。。。ううう

『es』は思い出したくもないよ。。。
閉所恐怖症の私は、観てて何度息苦しくなったことか。

こーゆー実験って、大事な事なんだね。
深層心理を探るってか、本性を暴くってか。

どっちにせよ映画だとしても実際あったことなんだから、
やっぱ「おっかね~~~~!!」だよな。
2016/05/17(火) 23:23:55 | URL | chaco #-[ 編集]
No title
面白そう。
クラさんって、イケメンやし紳士っぽいんやけど、どこか屈折したというか、逆に真っ直ぐすぎて痛い人の顔がうまいよね(爆汗)・・・。
久々にエズラ・ミラーの名前を見ました。
2016/05/18(水) 03:18:45 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To みーすけさん
こんなの出てるのよー。知らなかったでしょ。
そそ、『es〔エス〕』の元ネタ。
あれは随分過激に演出されてたけど、実際はこんなだったんだなってわかるの。
エズラ君、タイ君、後半は前に記事にした『Me and Earl and the Dying Girl』のトーマス・マン君や『メイズランナー』の子とか今売り出し中の若者が出てるんだよね。
そそ、タイ君相変わらず、というか一層暗い目で(笑)
クラちゃんは実験を成功させることに執着するあまり・・ってなるの。
いい人と悪い人のグレイゾーンを演じさせたら上手い人なんだと改めて思う。
『MIP3』や『スリーパーズ』に出てたことさえ覚えてない私の「クラちゃんを探せ!」はしばらく続きそうよw
ブハハハハ・・
『プロメテウス』続編でガイピ風の出演だけはやめておくれ。私記事書くときに気づいてブハってなったもん(笑)
までもクラちゃんの優しい目は特殊メイクしてても気づくかな・・って、そんなのヤダ!(笑)
2016/05/18(水) 08:02:25 | URL | pu-ko #lICd2zaU[ 編集]
Re: 観たいじゃん!
chacoさん、観たいでしょ。
クラちゃんは腹黒って表現は当てはまらないけど、実験のために権力をふるってしまう学者をグレイに演じてますよ。
今回はロッカーみたいなところには入れられるけど狭くないし観客が閉塞感を味わうようなこともないから大丈夫。
そもそも『エス』は過激にアレンジされてるんであって実際には死人も出てないんよね。
素人目にはとんでもな実験だけど、学問的には意味があるんだろうねぇ。
前向きに総括してたのも意外でした。
2016/05/18(水) 08:11:10 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
あ、そこそこ、鋭い。
私もここのとこ続けて観てそこ凄く印象に残ってます。
クラちゃんは人の弱さからくるグレイな部分を醸し出すのがすごく上手い。
『スポットライト』なんかもイケメンで人の好さそうな外観とのギャップが印象的だったよね。
彼の屈折感はどこから生まれるんだろうと気になるくらいです。
エズラ・ミラー君は大人っぽくなりましたよ。
ただ彼はアクが強すぎて気になったな。
上手く脱出しないと使いにくい役者になりそう。
2016/05/18(水) 08:21:31 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
う~~ん、カタルシスゼロなんだろうな
観ると後悔する  悪夢にうなされる
2016/05/18(水) 16:51:33 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
そうね、心理学実験なのでカタルシスはないけど、
ハラハラしながら、人間ってのはこうなるんだねぇという傾向を知る映画でしょうか。


2016/05/18(水) 21:36:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Stanford、、
確かFOXさんのラインアップにあったような??何となくドキュメンタリータッチかな?と思いつつそのまんま通過してました、、。
2016/05/19(木) 20:24:28 | URL | guch #-[ 編集]
Re: Stanford、、
>guchさん
そう、実際にあったことを再現する形なのでドキュドラマって感じですかね。
テレビで放送あれば観てみてください。

2016/05/20(金) 00:39:39 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック