映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】あの頃ペニー・レインと
2016年05月14日 (土) | 編集 |
MPW-44165.jpg

あの頃ペニー・レインと(2000)
アメリカ
原題:Almost Famous
監督/脚本:キャメロン・クロウ
出演:パトリック・フュジットケイト・ハドソン / ビリー・クラダップフランシス・マクドーマンド  
 ジェイソン・リー  / アンナ・パキン/ フェアルーザ・バーク/ ノア・テイラー/  ゾーイ・デシャネル/ フィリップ・シーモア・ホフマン 


 【感想
クラちゃんを探せ! 2本目は
クラダップが新進のロックバンドのギタリストを演じた『あの頃ペニー・レインと』。

主役はパトリック・フュジット演じるウィリアム少年。
家出した姉がアルバムを残してくれたのをきっけにロックにはまることになったウィリアムは学校新聞や地方誌にロック記事を投稿する音楽好き少年に成長。伝説のロック・ライター(フィリップ・シーモア・ホフマン)に認められ、さらにはローリングストーン誌のめにとまり新進ロックバンド「スティルウォーター」のツアーに同行取材することに。
グルーピーの中でひときわ輝くペニー・レインにひそかな恋心を抱くウィリアムだったが・・

boys11.jpg 


自身も15歳でローリング・ストーン誌の記者をしていたというキャメロン・クロウ監督の体験をもとに、ウィリアムの奮闘を描く青春ロードムービーです。
クラちゃん演じるラッセルはスティルウォーターの人気ギタリスト
原題のAlmost Famousはブレイク寸前のこのバンドのことを言ってるんでしょうね。
映画用の架空のバンドとはいえスティルウォーターのパフォーマンスはなかなかのもので
クラちゃんも決まってる。
劇中挿入される曲もいいし、コンサート会場の裏側が見れるなどロック好きにはたまらないものがありますね。

ロックに疎い私は置いてけぼりを食らうんだろうなと長いことスルーしてましたが
曲名を知らなくても十分に楽しめるし、再見するごとに涙の量が増える、今では大好きな作品です。


Almost-Famous-0080.jpg 


まず印象的なのが、ウィリアムが家出した姉からアルバムを貰い受けたアルバムを聴くシーン
姉が密かに集めたであろうそのコレクションの一枚には
"ろうそくを灯して「WHO」の「トミー」を聴きなさい”と書いたメモが挟まっている
ウィリアムが音楽に目覚める瞬間が感動的で
弟よ、自分自身で未来への扉を開くのだよ とする姉の思いにもほっこり。

姉のほかにも母親や地方紙の伝説のライターなど、ウィリアムの周りには彼を地味に支える大人がいる。
娘への過干渉の失敗を踏まえ、ウィリアムを心配しながらもツアーに参加するという最大限の冒険を容認する母。
ウィリアムズにジャーナリズム指南をしつつ、ロックへの愛と危惧を語る伝説のロック・ライター。
それぞれを演じるフランシス・マクド―マンドとフィリップ・シーモア・ホフマンが最高で
この映画が単なる15歳の大冒険になっていないのは、そうした大人たちの温かいまなざしがきちんと描かれてるから。

大人の階段を登るのに時には冒険も必要。
でも大人がちゃんと見守って、傷ついた心もフォローしてようやく子供は成長できるのかもしれないね。
AlmostFamous.jpg 


ウィリアムが淡い思いを寄せることになるペニー・レインを演じるケイト・ハドソンが飛び切りキュートでした。
クラちゃんはいかにもロックスターというより、まだ田舎のバンドの人という感じで
虚栄とリアルのはざまを行き来するラッセルを好演。
脆さの中にカリスマ性を感じる存在でしたね。若いよ。
01 Billy Crudup as Russell Hammond 


真実に向き合ってこそ得られるものが大きい
ペニー・レインにももうサングラスはいらない
ほろ苦いけれどさわやかで、ラスト10分には訳の分からん涙があふれた

とにかくこれ最高です。


ブログパーツ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
この映画は内容はぜんぜん覚えてませんだってないんだもんね  監督の思い出だけ  本来、あまり観ない映画だけどタイトルがビ-トルズの曲と同じで
曲は70年代がいっぱいで WHOなんかも
当時、アイドルだったピ-タ-フランプトンもすっかりハゲおやじになってもうて
2016/05/14(土) 15:33:54 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
監督の思い出だけで内容がないってw
まぁそこに青春のきらめきを感じて共感するかどうかですかね(笑)
でもおみゃあさんは曲に完全についていけたでしょうからそれだけでもうらやましい。

ピ-タ-・フランプトンyoutubeで確認しました。
映画の中のシンガーたちもみんなこんな(昔の)感じでしたね。
40年も経つんだからみんなもうおっさんだよね。
2016/05/14(土) 17:49:54 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
これは偶然ですが私のブロ友さんも先日紹介していました。
凄く評判の作品なんですが未見なんです。
今度探してみます。
2016/05/14(土) 18:01:00 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
新作でもないのにほんと偶然ですね。
そう、こちらの新聞のテレビ欄でも星4つの満点評価で、凄く評判がいいんですよね
ロック好きのゾンビマンさんはきっと楽しめると思うな。
ぜひ感想を聞かせてください。
2016/05/14(土) 18:18:20 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Almost Famous
これはしっかり見てますよ。もう15年になるんですね、、フランシスの”Fargo"での印象が強すぎて最初はちょっと面くらいました。これは☆☆☆☆でしょ、、。
2016/05/14(土) 21:10:19 | URL | guch #-[ 編集]
No title
ううう、これ好きです。
未成年ながらあれよあれよとライターとして同行する事になる過程は少し映画チック過ぎるけど、そそ、それを周囲の大人が支えるのがなんとも暖かくていーんだよねー。
ホフさん!いい仕事するよやっぱ。
お母さんのマクドーマンドも叱りながらも認めてあげる愛情ありがたやー。
クラちゃん、まだ突き抜け過ぎない素人臭さのあるキャラがいーのよー!何本観てもこの人のキャラの安定しなさがいい!(誉めてる)。何にでもなれるのはカメレオンさがいーよなー。でもどれも目が優しいのだ。万歳!
ケイトのお胸を見て、ちっちゃくてもセクシーでいーんだ!とありがたやーww
2016/05/14(土) 22:38:19 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
Re: Almost Famous
> guchさん
ね、時日のたつのの早いこと。
フランシスさんはここでもちょっとコーエン風味のペーソスがあるんですよね。
彼女自身の持ち味でもあるのかな。
でも目いっぱい子供を心配しながらもグッと耐えて成長を見守る母を演じてて凄くよかったですね。
2016/05/15(日) 06:59:00 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
やっぱり好きね。これ良かったね~。
確かに映画的な展開だけど実際監督も15歳で同じような体験してるっていうのがすごい。
ウィリアムを支える大人たちが最高ですよね。
ホフさんなんか撮影中インフルエンザだったらしいけどwそれでもあの優しさを感じる演技。
マクドーマンドの愛には泣けちまいますよ。
うんうん、 クラちゃんの良さもようやくわかってきた。
たしかに作品ごとに別人で、無名のおっさんと勘違いさせる素人臭さな(笑)
下手という意味ではないよ。
ケイトのお胸は私も思わず巻き戻して見ちゃったわ(笑)
小ぶりでも形がきれいで超可愛い。

ところでクラちゃんは今度リド爺のエイリアンでファスト共演だね。
『プロメテウス』とリド爺の元祖『エイリアン』の間という時間の設定にもそそられるし
クラちゃんはメインなキャラになるらしいから今から楽しみ!!
2016/05/15(日) 07:18:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ピ-タ-・フランプトンはこの作品のアドバイザ-で作品にも出てます ちょっと  かって在籍してたのがハンブルパイ
2016/05/15(日) 16:50:44 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
忘れてるし
コレはずーーっと前に観たケド
すっかり忘れてます。
今ココでクラダップの笑顔見たら、またキュン死にしたわ!!

今日は私もクラちゃんが出ずっぱりの
『ビッグ・フィッシュ』観ましたよん。
2回目なのに、やっぱラスト泣いちゃったぜ。

コレもう一回レンタルしてこーーっと!クラちゃ~ん!
2016/05/16(月) 03:21:56 | URL | chaco #-[ 編集]
To おみゃあさん
ありゃ、出てたのね。
全然知らないから観てもわからない(汗)
やっぱりプロのミュージシャンもたくさん制作に係わってるんでしょうね。
2016/05/16(月) 07:45:38 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
忘れちゃった?
クラちゃん若いよ~(笑)

おー、 『ビッグ・フィッシュ』私も泣いたなぁ。
ストーリーは覚えてるし息子がたくさん出たのは覚えてるのに
顔に靄がかかったように覚えてない(汗)
私も再見だな、こりゃ。
クラちゃ~ん!(笑)
2016/05/16(月) 07:58:47 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
15歳の少年ウィリアムは、地元紙に書いた原稿がローリングストーン誌の目にとまり、一転ロックの世界に没頭してゆく。 ブレイク寸前のバンドに同行取材することになった彼は、グルーピーのリーダー、ペニー・レインと出会う…。 青春ヒューマンドラマ。 
2016/05/19(木) 19:31:05 | 象のロケット
「あの頃ペニー・レインと」(原題:AlmostFamous)は、2000年公開のアメリカの半自伝的コメディ&ドラマ映画です。15歳で「ローリング・ストーン」誌の記者になり、レッド・ツェッペリン...
2016/11/18(金) 21:03:05 | 楽天売れ筋お買い物ランキング